元熊本MF田島翔が所属するアメリカ4部ラスベガスシティFCの経営にFirst-Mover Foundationが参入2018.02.13 22:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪市中央区 以下:FMF)が、2018年からアメリカ4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCの経営に参入する事を発表した。

▽ラスベガスシティFCには、かつてロアッソ熊本でもプレーしたMF田島翔(34/写真左)が所属。FMFは、今回の業務提携により、ラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの提携や交流を図り、主に指導者、トレーナー、栄養士、運営スタッフを対象とする国際交流プログラムを提供することとなる。

▽ラスベガスシティFCのオーナーであるラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメントしている。

▽また、FMFの代表理事を務める大伴龍輝氏は「当財団の北米パートナーがオフィスを構えるラスベガスにて語学とスキルを養い、若者が実践で経験を積み、実力を発揮できる場がラスベガスシティFCです。欧米で求められるスキルを養い、更なるステップアップを遂げていただきたいです」と語り、プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏[写真右]は「ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待しています」と展望を語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽2017年から所属する田島は、開幕戦で途中出場。シーズン中には、リーグ1位のチーム相手に左足ボレーで決勝ゴールを記録するなどチームの信頼を得て、開幕戦以外の8試合はスタメン出場。しかし、シーズン途中にケガもあり16試合のうち9試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するに終わった。

▽また、昨シーズンからユニフォームスポンサーとなった日系企業のネバダ観光サービスが継続してスポンサーに。グラウンド内外での活躍がクラブに認められた田島は、3年契約を新たに結び、ラスベガスシティFCでのプレー継続が決定している。

▽今回の業務提携に一役買った田島は「FMFのパートナーのオフィスがラスベガスにあり、その方々が僕の試合を観に来てくれました。そこから、一緒にラスベガスサッカーを盛り上げたいというようになり、昨年の秋頃からクラブのオーナーらとミーティングを重ね、今回の経営参入、業務提携に至りました」とコメント。また、「僕にとってラスベガスは集大成の場所であり、去年は悲惨な銃撃事件もありましたが、サッカーでラスベガスを盛り上げたいと思っていたので、このような形になり嬉しく思います」と語り、ラスベガスでのサッカー普及に貢献する意気込みを明かしている。

▽新シーズンに向けては「今年は去年を上回る結果を残し、さらに日本とラスベガスの交流も積極的に行なっていきたいです」と語っている。MLS(メジャーリーグサッカー)参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFC。田島のピッチ内外での活躍に加え、日本の経営参入で高みを目指す。

◆First-Mover Foundationホームページ

コメント

関連ニュース

thumb

元アルヘン代表アルメイダ氏、来季MLSのサンノゼ監督就任! 今年グアダラハラを北中米カリブ海王者に!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するサンノゼ・アースクエイクスは9日、来シーズンの監督にマティアス・アルメイダ氏が就任することを発表した。 ▽現役時代に「7つの肺を持つ男」「二つの心臓と四つの肺をもつ男」と呼ばれるほどの豊富な運動量で、ラツィオの黄金期を支えた元アルゼンチン代表MFのマティアス・アルメイダ氏。引退後は、リーベル・プレート、バンフィエルドを経て、2015年9月にメキシコのグアダラハラの監督に就任した。2015年には国内カップ戦であるスーペルコパMX前期(アペルトゥーラ)、2017年には後期(クラウスーラ)優勝。また、同年には国内リーグであるリーガMXの後期(クラウスーラ)優勝に導いた。さらに今年にはCONCACAFチャンピオンズリーグ(CCL)優勝を成し遂げた。 ▽サンノゼ・アースクエイクスは現在、ウェスタン・カンファレンスで4勝8分け20敗という成績で最下位に沈んでいる。今シーズンの残り2試合はスティーブ・ラルストン監督が指揮を執る。 2018.10.09 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカムがLAの大豪邸を売却…価値高騰で11億円超の利益

▽デイビッド・ベッカム氏が、自宅を売りに出している。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ベッカム氏が売りに出したのは、ビバリーヒルズにある豪邸。その価格は3310万ドル(約37億6400万円)とのことだ。この自宅は、2007年にベッカムがロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍加入した際に購入したもの。購入から11年後に売りに出されることとなった。 ▽大豪邸は、寝室が6つ、バスルームが9つ、その他プール、書庫、音楽なども聞けるメディアルームが備わっており、プライバシーを守るための鉄製の門もある。 ▽ベッカム氏は、2200万ドル(当時のレートで約26億1600万円)でこの豪邸を購入しており、1100万ドル(約11億4800万円)の利益を得たことになる。なお、近所にはトム・クルーズの邸宅もある場所とのことだ。 ▽現在ベッカム氏は、マイアミを本拠地とするクラブ『インテル・マイアミ』の共同オーナーを務めており、拠点がマイアミになっているとのこと。また、ヴィクトリア夫人や子どもたちはロンドンを拠点としており、ロサンゼルスの自宅を使う機会が減っているようだ。 2018.10.06 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ベッカム、MLS参戦に元同僚ジダン指揮官就任を希望?

▽元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムが、自身が共同オーナーを務めるクラブの指揮官にジネディーヌ・ジダン氏(46)を招へいすることを目指しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2020年からのメジャーリーグ・サッカー(MLS)への新規参入が決定しているインテル・マイアミ。最近ではバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)やユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の獲得を画策していることが伝えられるなど、参戦に向けて着々と準備を進めている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ベッカム氏は同チームの指揮官としてレアル・マドリー時代の同僚であるジネディーヌ・ジダン氏を招へいすることを希望。すでにベッカム氏はジダン氏に接触しており、軽い話し合いが行われたという。 ▽昨シーズンまでレアル・マドリーで指揮を執っていたジダン氏は、現在マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の後任候補として浮上。ジダン氏は現状ヨーロッパでの仕事が理想的であると考えているようで、インテル・マイアミへの就任が早期決定する可能性は低いとみられている。 ▽しかし、同メディアはユナイテッド就任の話が長引くことになれば、ベッカム氏との再タッグの可能性は高まっていくと見解を示している。 2018.09.24 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー公式「マジかよ? 」イブラ通算500点目は衝撃弾!

▽ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、16日のメジャーリーグサッカー(MLS)第29節トロントFC戦でキャリア通算500点目を決めた。クラブ公式ツイッター(@LAGalaxy)が伝えている。 ▽先発メンバーに名を連ねたイブラヒモビッチは、前半終了間際の43分に味方からのフィードに反応してボックス内に走り込むと、体を反転させて右足のアウトサイドで回し蹴り。右ポストを叩いたシュートがネットを揺らした。 ▽結局、チームは3-5で敗北してしまったものの、これがイブラヒモビッチにとってのクラブキャリア通算500点目に。クラブは、ツイッター上にゴールシーンの動画を投稿。「マジかよ? 」という文言を添え、その衝撃を伝えている。 ▽また、敵地で行われたその一戦、イブラヒモビッチはトロントサポーターからスタンディングオベーションによる祝福を受けたという。しかし、そのことの感想について問われると、「アウェイチームからのスタンディングオベーションを受けるのは初めてじゃない」と“イブラ節”たっぷりに返答した。 ▽更に、試合後には「トロントに祝辞を送るよ。俺の500ゴール目で奴らは記憶に刻まれるだろう」とコメント。新たな名言を生み出した。 2018.09.16 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏オーナーの新MLSクラブの名称は『インテル・マイアミ』に決定!

▽デイビッド・ベッカム氏(42)が共同オーナーを務める、マイアミを本拠地とする新クラブの名称が発表された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ベッカム氏やメジャーリーグ・ベースボールの前マイアミ・マーリンズオーナーのホルヘ・マス氏、『ソフトバンクグループ』創始者の孫正義氏、エンターテイメント界の大物、サイモン・フラー氏などを擁する投資家グループ『マイアミ・ベッカム・ユナイテッド・オーナーシップグループ』は、2020年のMLS新規参入を目指してマイアミ市とのフランチャイズ権の取得、新スタジアム建設地の選定と資金調達の問題をクリアしてきた。 ▽今年1月末には、MLS総会で通算25番目の新規クラブとして参入することが承認されており、着々と準備が進んでいる。そして5日、ついにクラブ名とエンブレムがツイッターを通じてお披露目となった。 ▽クラブ名は『インテル・マイアミ』。エンブレムは、赤みがかった黒を基調とした円の中央に、マイアミの原住民に縁が深いとされる鶴が、2羽描かれたデザインだ。クラブ公式ツイッター(@InterMiamiCF)を通じて公開されている。 ▽また、クラブ公式ツイッターは以下の内容を投稿して応援を呼び掛けた。 「4年前、私たちはサッカークラブの夢をみました」 「今日、クラブの正式な紋章を自信を持って発表します」 「たった今始まったばかりの旅にご参加ください」 「これが私たち。これがマイアミ」 ▽この記念すべき日にベッカム氏は「今日は自分自身やチーム全体にとって誇らしい日だ。ファンに向けて新しい名前と紋章をアナウンスすることは光栄だよ」とコメントし、喜びを伝えている。 2018.09.05 22:15 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース