うわっ…、ガットゥーゾの給料低すぎ…。ミラン復調の立役者はセリエA最低年俸2018.02.13 23:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の給料がセリエAで最低だと、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。▽ガットゥーゾ監督は昨年11月、ヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督の解任を受けて、下部組織からトップチームに引きあげられた。

▽しかし、同紙によるとガットゥーゾ監督の契約は下部組織を率いていたときから変わっておらず、年俸12万ユーロ(約1600万円)だという。もちろん、一般的な収入に比べれば高いが、セリエAの名門クラブを率いる監督としては安すぎる。

▽ガットゥーゾ監督はミランを率いて10試合を戦った。その間、勝ち点18を稼いでいる。これはこの期間における戦績としてはかなり優秀で、ユベントス(勝ち点18)、ナポリ(同25)、ウディネーゼ(同21)に次ぐ4位タイの好成績だ。

▽それでも同紙によると、ガットゥーゾ監督の情熱はあふれ出ている。12日は9時に練習場に到着して、門を出たのは夜の9時30分だったという。これが日常である上、クラブハウスのリラックスルームで姿を見た者はいないとされており、日々忙しく働いているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

初のダービーへ挑むイグアイン、同胞イカルディとの対決に「テニスではない。11人対11人」

ミランに所属するFWゴンサロ・イグアインが、18日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、21日に行われるミラノダービーについて語った。<br><br>今シーズンからミランでプレーするイグアインは、21日に初めてのミラノダービーを迎える。これまで母国やスペイン、イタリアにおいて36試合におよぶダービーを経験してきた30歳のアルゼンチン人FWは、初めてのミラノダービーを楽しみにしているようだ。<br><br>「どのダービーも特別な雰囲気がある。ミランで初めてのダービーになるが、それは同じだ。プレーを楽しみにしている。今は試合に向けて集中し、落ち着いた時間を過ごしている。良い試合ができればと思うよ。(インテルのホーム試合のため)サンシーロは向こうのファンでほぼ一杯になるだろうが、僕らにとってはより刺激になる。熱気溢れるダービーであるという点は、マドリードダービーに似ていると思う。それにサンシーロでのプレーは最高だよ。これは敵としても認めることだ」<br><br>続いてイグアインは、ダービーで対峙することになるインテルのエース、FWマウロ・イカルディとのアルゼンチン対決について言及した。<br><br>「テニスをやっているわけではなく、サッカーだよ。11対11の対決だ。センターフォワード対センターフォワードというわけではない。勝利するのはチームであり、選手個人ではない。いずれにせよ、彼は数年前から良いプレーをしているし、ゴールを量産してきた。彼はエリア内の刺客だよ。まだ若いし、成長の伸びしろがある。この調子で続けていけるかどうかは彼自身にかかっている。彼の成功を願っているよ」<br><br>また先日、MFラジャ・ナインゴランがインテルの選手の方がミランよりレベルが高いと話していたことについて反論した。<br><br>「当然、そのように言うだろう。誰もが自分のチームの利益になることを言うからね。僕が言えることは、僕らだってダービーに勝てるだけの武器を兼ね備えているということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 18:57 Fri
twitterfacebook
thumb

「ザックは恩師」W杯覇者の元ブラジル代表DF、ザッケローニとの思い出を語る

2002年日韓ワールドカップにブラジル代表として出場し、優勝経験を持つロッキ・ジュニオール氏は、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニを師と仰いでいる。18日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューの中で明かしている。<br><br>ロッキ・ジュニオール氏は現役時代、ミランやレバークーゼンなどで活躍。2002年の日韓W杯では、&ldquo;フェノーメノ(怪物)&rdquo;ことロナウドやロナウジーニョ、リバウドらを擁するブラジル代表の一員として世界の頂点に立った。引退後は、母国ブラジルのイトゥアーノなどで指揮を執ったこともあったが、現在はフェロヴィアリアでSD(スポーツディレクター)を務めている。<br><br>そんなロッキ・ジュニオール氏が、イタリア時代に最も影響受けた監督として、現在UAE(アラブ首長国連邦)で指揮を執る元ミラン監督のザッケローニを挙げた。<br><br>「イタリアに行ったとき、ミランではザッケローニが私にとって偉大な恩師だった。ブラジルでは、守備面についてあまり習っておらず、この点に関して彼が非常に多くのことを教えてくれた。それにチームワークやチームプレーについても学んだ。相手だけを見るのではなく、ボールを見たり、ピッチのスペースを消したりしなければならないことなどね」<br><br>続いて元ブラジル代表DFは、チームメートとして出会った最強センターバックを挙げた。<br><br>「素晴らしい選手はたくさんいたよ。(パオロ)マルディーニや(アレッサンドロ)ネスタ。それに(アレッサンドロ)lコスタクルタは身長が高くもないし、あまりスピードもなかったが、戦術眼に優れていて頭の良い選手だった。だが忘れている選手がいるかもしれない。あとダリオ・シミッチ、(ホセ)チャモ、(ロベルト)アジャラもいたね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第9節プレビュー】日曜にミラノ・ダービー開催、CL控える強豪勢は格下と対戦

▽代表ウィーク前に行われた前節ではユベントスが開幕8連勝を飾り、ナポリやインテル、ローマにラツィオと強豪勢が揃って勝利を収めた。迎える第9節では日曜にインテルvsミランのミラノ・ダービーが開催され、チャンピオンズリーグ(CL)を控える強豪勢は格下と対戦する。 ▽前節SPAL戦では真っ向勝負を挑んできた相手に苦戦しながらもエースのイカルディのドッピエッタで2-1と競り勝った3位インテル(勝ち点16)。リーグ戦4連勝と結果が出ているチームは、水曜にバルセロナとのCLを控える中、ダービーを制してさらなる勢いに乗れるか。 ▽一方、こちらも新エースのイグアインのドッピエッタなどで最下位キエーボに3-1と快勝して今季初のリーグ戦2連勝とした10位ミラン(勝ち点12)。徐々に内容と結果が伴ってきている中、ライバルを下して上位に食らいつけるか。調子を上げているアルゼンチン代表FW対決にも注目だ。 ▽前節ウディネーゼ戦をベンタンクールの加入後初弾とC・ロナウド弾で快勝して開幕8連勝としたユベントスは、ジェノアとのホーム戦に臨む。火曜にCLマンチェスター・ユナイテッド戦を控える中、今季ここまで9ゴールを挙げて得点ランク首位を快走するピョンテク擁する10位ジェノア(勝ち点12)に勝利して連勝を9に伸ばせるか。 ▽前節サッスオーロ戦ではインシーニェやハムシク、カジェホンら大半の主力をベンチスタートとした中、ウナスのセリエA初ゴールとインシーニェのビューティフル弾で2-0と快勝した2位ナポリ(勝ち点18)は、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。水曜にはCLパリ・サンジェルマン戦を控える中、3連敗中の15位ウディネーゼ(勝ち点8)を下してユベントスを追走できるか。 ▽格下エンポリに苦戦しながらもエンゾンジの移籍後初弾や相手のPK失敗などで2-0と勝利し、リーグ戦3連勝とした5位ローマ(勝ち点14)は、13位SPAL(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。火曜にグループ最大のライバルと目されるCSKAモスクワ戦を控える中、4連敗中ながら前節インテル相手に好勝負を演じたSPALを下してリーグ戦での連勝を4に伸ばせるか。 ▽難敵フィオレンティーナをインモービレの一撃で1-0と辛勝した4位ラツィオ(勝ち点15)は、7位パルマ(勝ち点13)とのアウェイ戦に臨む。昇格組みながらここ5試合で4勝と好結果を出しているパルマ相手に、ラツィオは勝利して上位に留まれるか。 ◆セリエA第9節 ▽10/20(土) 《22:00》 ローマ vs SPAL 《25:00》 ユベントス vs ジェノア 《27:30》 ウディネーゼ vs ナポリ ▽10/21(日) 《19:30》 フロジノーネ vs エンポリ 《22:00》 ボローニャ vs トリノ パルマ vs ラツィオ キエーボ vs アタランタ 《25:00》 フィオレンティーナ vs カリアリ 《27:30》 インテル vs ミラン ▽10/22(月) 《27:30》 サンプドリア vs サッスオーロ 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアイン、ミラン移籍の真実…「ユーベが追い出した」

▽ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)がユベントス退団の真実を明かした。 ▽イグアインは2016年夏、ナポリからユベントスに移籍。だが、今夏にレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに押し出される形でミランに活躍の場を移した。 ▽このユベントス退団を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるイグアイン。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して、その当時の舞台裏について次のように語った。 「コッパ・イタリア決勝の日から何かが壊れてしまったように感じる」 「そして、彼らはロナウドを獲得した。移籍は僕じゃなく、彼らの決断だ。僕はユベントスに全てを注ぎ、たくさんのトロフィー獲得に貢献した」 「だが、クリスティアーノがやってきた。さらなる質の向上を望むクラブが僕に移籍を求めてきたから、ミラノを選んだ。それが最高の解決策だった」 「(ユベントスに復讐?) そんなことは全く考えていない。ファンやチームメートを含め、僕に良くしてくれたクラブだから愛情しかない」 「だから、僕から移籍を志願したわけじゃない。みんなが話しているように、彼らが僕を追い出した格好だよ」 2018.10.19 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

2019年で天津権健との契約満了を迎えるパト、今冬にも欧州復帰を模索か

▽天津権健に所属する元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(29)が、欧州からのオファーが届いていることを明かした。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽若くして才能を認められたパトは、これまでインテルナシオナル、ミラン、コリンチャンス、サンパウロ、チェルシー、ビジャレアルでプレー。度重なる負傷癖が仇となり、2017年から天津権健に活躍の場を求めた。 ▽パトと天津権健の契約は2019年12月末で満了を迎えるが、同選手はその1年前となる今冬の移籍市場で欧州復帰を模索している様だ。『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューで以下のようにコメントしている。 「セリエAのクラブやその他の欧州クラブからオファーを受けているよ。この冬にどう展開するか見てみよう」 ▽また、かつての恩師であるレオナルド氏と元チームメイトであるパオロ・マルディーニ氏がフロント入りした古巣ミランについてその深い愛情を語った。 「レオナルドとマルディーニがミランに戻ってきたことはとても嬉しいことだね。彼らにとってもファンにとってもそれは望んでいたことだ」 「僕はレオナルドとは、何度か電話でも話したし、復帰に関するジョークだって言ってきたよ。だけど僕には天津権健との契約がまだ1年残っているから、何が起こるか分からないよ」 2018.10.19 05:45 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース