「アッレグリかサッリを代表監督に? 悪くない」。コスタクルタの選択肢に2018.02.13 23:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)のサブコミッショナーを務めるアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、同国の代表監督選びについて話した。

▽現役時代にミランで活躍したコスタクルタ氏は、ロシア・ワールドカップ出場を逃して解任されたジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の後任を探している。

▽イタリア代表は大きな失望のあとで実績のある監督を招へいするつもりだ。同氏は最近、候補者が「6、7人」と話していたが、「新しいことは何もない」と語り、まだ進展はないと述べた。

▽それでも、セリエAで結果を残す2チームの指揮官に興味があるようで、「(ナポリのマウリツィオ・)サッリと(ユベントスのマッシミリアーノ・)アッレグリ? そうなったら悪くないね。私はイタリア人監督というのが、世界で最も準備のできたものだと考えている」と語った。

▽3月の代表戦ではU-21代表を指揮するルイジ・ディ・ビアージョ氏が監督を務めることが決まったアッズーリ。正式な監督は誰になるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

犠牲になるのは選手…FA会長が代理人への規制強化訴え

イングランドサッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長が、フットボールにおける代理人活動の規制強化を訴えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ナントからカーディフへの移籍が決まった後、搭乗した新天地へ向かう小型飛行機の墜落により亡くなったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)。絶対に繰り返されてはならないこの悲劇の要因として、同選手の代理人であるウィリー・マッケイ氏が不適切な行動を促したのではないか、と疑いの目を向けられている。 関連して、サラの友人は「代理人には責任がある。エミはあの夜、飛行機に乗ることを強制された」とマッケイ氏を糾弾。『スカイ・スポーツ』は、選手の移籍を通じて莫大な手数料を得ることのできる代理人が、時にプロフットボーラーを危険に晒していると指摘している。 元を辿れば、最大の権力である国際サッカー連盟(FIFA)が2015年3月末に選手エージェント制度を廃止したことの問題は大きい。同連盟はそれまで試験に合格した者のみに与えていた公認代理人のライセンスを廃止し、各国サッカー協会への登録のみで仲介業務をこなせるようにした。 仲介人制度と呼ばれる新システムは、選手とクラブにより責任がのしかかるものだ。エージェントへの規制は緩和され、遺恨が残ればすぐに業界から手を引くこともできる。“人身売買”とも揶揄される莫大な移籍金額の取引や、選手の意思を軽んじたオペレーションが増加していることと無関係ではないだろう。 FAやプレミアリーグは、一貫してFIFAの仲介人制度には反対の立場を取ってきており、そのことはFIFA側も十分に認識。エージェントの権限や手数料の制限が求められており、昨年には欧州サッカー連盟(UEFA)、主なリーグ協会、クラブ、選手団によるエージェントに関するルール策定を目的としたワーキングパーティが結成された。 徐々に光明が見えつつある代理人問題について、規制強化派のクラーク会長は以下のように主張している。 「エージェントがしっかりと規制されること、市場がクリーンで透明に保たれるために最良実施に準拠することを、私は大きく支持する。そして、ほとんどのエージェントもそれを求めていると確信している」 「FIFAには(エージェントに関する)ワーキングパーティがあり、私たちはそれを支持している。UEFAは変化を支持し、イングランドFAも変化を支持している」 「私たちはそれを把握し、一連の規制を打ち出す必要がある。全てが透明でベストプラクティスに準拠しているかを確認し、確実に実施されるようにルールを整備する必要があるんだ」 「選手やその他の人々と草案を作成し、全員を守る賢明なルールを作るべきだと私たちは考えている。それから規則に透明性が確保され、(草案に)準拠するか確認され、その後世界中に採用されることになる」 2019.02.10 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリア代表に36歳クアリアレッラがカムバック!《トレーニングキャンプ》

イタリアサッカー連盟(FIGC)は1日、同国代表のトレーニングキャンプメンバーを発表した。 同トレーニングキャンプメンバーは4日から5日までの2日間で実施。ユーロ2020予選に向けた強化合宿となる。 注目の招集者はセリエAで得点ランキングトップの16得点を挙げるFWファビオ・クアリャレッラ。2015年10月以来の代表入りだ。 イタリア代表はユーロ2020予選のグループJに入り、3月にフィンランド代表(23日)、リヒテンシュタイン代表(26日)と対戦する。 ◆イタリア代表メンバー GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) アレックス・メレト(ナポリ) サルバトーレ・シリグ(トリノ) DF アレッサンドロ・バストーニ(パルマ) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) アンドレア・コンティ(ミラン) ドメニコ・クリーシト(ジェノア) マッティア・デ・シリオ(ユベントス) アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ) アルマンド・イッツォ(トリノ) マヌエル・ラッザーリ(SPAL) アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン) レオナルド・スピナッツォーラ(ユベントス) MF ニコロ・バレッラ(カリアリ) マルコ・ベナッシ(フィオレンティーナ) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) ロベルト・ガリアルディーニ(インテル) ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ) ステファノ・センシ(サッスオーロ) サンドロ・トナーリ(ブレシア) ニコロ・ザニオーロ(ローマ) FW ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ) ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ) ロベルト・イングレーゼ(パルマ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) モイゼ・ケアン(ユベントス) ケビン・ラザーニャ(ウディネーゼ) マッテオ・ポリターノ(インテル) ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア) 2019.02.02 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルFWロンゴ、ウエスカとの契約を解除しセリエBのクレモネーゼにレンタル移籍

インテルは30日、イタリア人FWサムエレ・ロンゴ(27)がウエスカとの契約を解除し、セリエBのクレモネーゼにレンタル移籍することを発表した。 インテルやジェノアなどの下部組織で育ち、2012年にインテルでトップチームに昇格したストライカーのロンゴは、エスパニョールやヴェローナ、ラージョ、カリアリ、フロジノーネ、ジローナといったクラブで武者修行を積んだ。 昨季はテネリフェにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラ2部で24試合に出場し12ゴール1アシストを記録し、今季リーガエスパニョーラに昇格したウエスカに買い取り義務付きのレンタルで移籍していた。だが、ウエスカではリーガエスパニョーラで15試合に出場したものの、1ゴールを決めるに留まっていた。 2019.01.31 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表FWボッリエッロがイビサとの契約を解除

元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(36)が30日、セグンダB(スペイン3部)のUDイビサとの契約を双方合意で解除したことを発表した。 かつてミランやローマ、ユベントスといったビッグクラブに在籍し、セリエA通算96ゴールをマークしたイタリア代表歴を持つボッリエッロは、今季イビサに加入。そのイビサではリーグ戦7試合に出場したが、ゴールを決めることはできていなかった。 ボッリエッロは契約解除について自身のインスタグラムで次のように語った。 「クラブと双方合意の下、選手としての契約を打ち切ることに同意したことを知らせるよ。この場を借りて、会長、スタッフに感謝を示したい。僕はこれからもイビサのファンだ。選手としては契約が終わることになったが、今後もイビサのプロジェクトに関わるべく、会長と共に働きたいと思っている。彼からできるだけ多くのことを学びたいんだ」 2019.01.31 00:08 Thu
twitterfacebook
thumb

“NEXTピルロ”争奪戦にリバプールも参戦へ

リバプールが、ブレシア(セリエB)に所属するイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(18)の獲得に動いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとに大手『ESPN』が伝えている。 2000年生まれのトナーリは昨シーズンにプロデビュー。19試合に出場したセリエBでは2ゴール5アシストを記録した。長短使いこなす高精度のパスや中盤でのボール奪取能力を武器にセントラルMFやディフェンシブMFを主戦場とする同選手は“NEXTピルロ”と呼ばれ、ミランやユベントス、インテル、ナポリ、ローマといった国内クラブに加え、チェルシーら国外のビッグクラブも関心を示す逸材であり、今夏の移籍が有力視されている。 リバプールでは、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー(33)の契約が今シーズン限りまでとなっていることに加え、イングランド代表MFアダム・ララーナ(30)には故障癖がある。そのため中盤の強化を目指していたところ、ユルゲン・クロップ監督の目に留まったのがトナーリだったようだ。 また、イタリア人ジャーナリストの二コラ・シラ氏が、リバプールはイタリアの逸材MF獲得に向けスカウトをイタリアに派遣しており交渉を行っているとツイート。ブレシアが移籍金として3500万ユーロ(約44億円)を要求していることも明かしている。 なお、リバプールは他にもパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)にも関心を寄せているとのこと。 2019.01.29 22:03 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース