今日の誕生日は誰だ! 2月5日は、フットボール界の頂点に君臨する2選手2018.02.05 07:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆クリスティアーノ・ロナウド
【Profile】
国籍:ポルトガル
誕生日:1985/2/5
クラブ:レアル・マドリー
ポジション:FW
身長:187㎝
体重:83

◆ネイマール
【Profile】
国籍:ブラジル
誕生日:1992/2/5
クラブ:パリ・サンジェルマン
ポジション:FW
身長:175㎝
体重:63

▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月5日はクリスティアーノ・ロナウドとネイマールだ。

▽世界最高選手リオネル・メッシと並んで評価されるC・ロナウドとネイマール。奇しくもこの二人は同じ日に生まれた。

▽7歳上のC・ロナウドは母国ポルトガルの名門スポルティング・リスボンでキャリアをスタートさせた。2003年にアレックス・ファーガソン監督に誘われる形でマンチェスター・ユナイテッドに移籍した頃から一気にスターダムにのし上がった同選手は、2009年にはレアル・マドリーに入団。これまでに5度のバロンドールを受賞するなど名実ともに世界最高の選手となった。

▽一方のネイマールのキャリアはブラジルのサントスで始まる。2011年のクラブ・ワールドカップでは柏レイソル戦でゴールを決めて、すでに日本でも有名な選手となっていた。そして2013年にバルセロナに移籍。2005年にも加入の噂があったマドリーとの争奪戦の末の移籍であった。リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピンズリーグなど多くのタイトル獲得に貢献したブラジルの至宝は、昨夏に史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。

▽この世紀の移籍が実現する前に、ライバルであるC・ロナウドから助言があったという。それはPSG移籍を引き留めようとするもの。「より小さなクラブに行くことはない」とC・ロナウドはネイマールにバルセロナ残留を勧めていたようだ。

▽クリスティアーノ・ロナウドとネイマール、世界最高の2選手が生まれた2月5日は、他にも大物サッカー選手が生まれた日でもあり、現役ではカルロス・テベスやアドナン・ヤヌザイ、ステファン・デ・フライなど有名選手が多数。また、チェーザレ・マルディーニやゲオルゲ・ハジ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストなど、かつてのスター選手らも同じ日に生まれており、サッカー選手にとってなにか縁があるように思える。今後、新たなスター選手が生まれるのはこの“2月5日”なのかもしれない。

※誕生日が同じ主な著名人
チェーザレ・マルディーニ(元サッカー選手)
大地真央(女優)
ゴラン・ユーリッチ(元サッカー選手)
ゲオルゲ・ハジ(元サッカー選手)
長州小力(お笑い芸人)
ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト(元サッカー選手)
ロドリゴ・パラシオ(サッカー選手)
カルロス・テベス(サッカー選手)
ベドラン・チョルルカ(サッカー選手)
ステファン・デ・フライ(サッカー選手)
アドナン・ヤヌザイ(サッカー選手)

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミラン獲得合意のパケタを強奪か

▽レアル・マドリーが、フラメンゴに所属するブラジル代表ルーカス・パケタ(21)の獲得を諦めていないようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽多くのビッククラブから関心が寄せられていたパケタ。しかし、11日にミランのスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、「フラメンゴとの基本的な合意に達している」と発言し、ミラン行きが確定的となった。また、公式発表はないものの、既報によると移籍金3500万ユーロ(約45億円)での合意となったようだ。 ▽しかし、関心を示していたマドリーはパケタ獲得を諦めず。ブラジルの同胞であるマルセロやヴィニシウス・ジュニオールが、説得を試みるという。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを本職とするゲームメーカーだ。2016年には、トップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣き、リーグ戦17試合の出場に留まっていたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと躍動中だ。また、9月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合で、ブラジル代表デビューも飾った。 2018.10.17 14:06 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン戦2発スターリングにレアル・マドリー本腰か

▽イギリス『デイリー・メール』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)に対する関心を深めていると報じた。 ▽2015年夏にリバプールからシティに加入したスターリング。その当時からスターリングに興味を抱くレアル・マドリーは、15日のスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げる活躍ぶりを受け、さらに獲得意欲を強めた模様だ。 ▽その渦中にいるスターリングは、2020年に満了となる契約の延長交渉が続いているが、依然として合意に至っていない。この状況で年末を迎えれば、1億ポンド(約148億円)とされるスターリングの市場価値の下落が見込まれるという。 ▽そうなれば、レアル・マドリーにとっても、スターリングはより手の出しやすい買い物に。シティとしても手放さざるを得なくなるのであれば、現金に還元できるタイミングで売却したいはずだが、果たして…。 2018.10.17 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

S・ラモスがまたやった? スターリングへの踏み付け疑惑浮上

▽昨季、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプール戦以降、イングランドでアンチが増えているレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが15日のイングランド代表戦で再び物議を醸す行為を働いたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽スペインは15日、ホームで行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4のイングランド戦で2-3の敗戦を喫した。ホームで約15年ぶりの公式戦敗戦を喫したラ・ロハの中でセルヒオ・ラモスは、試合終了間際にヘディングによるゴールを記録し一矢報いた。 ▽だが、前半に3失点を喫するなどディフェンスリーダー、キャプテンとしてフラストレーションを溜めていた同選手は、後半に相手FWラヒーム・スターリングに対してスタンピングを行った疑惑が浮上している。 ▽『メトロ』が掲載した一般のファンによる同試合の短い動画には、ボールに関係ないところで倒れていたスターリングに近づいたセルヒオ・ラモスが故意に右足を同選手の左足に乗せているような場面が映されていた。 ▽昨季CL決勝でリバプールFWモハメド・サラーを負傷退場に追いやったレアル・マドリーDFに対して悪感情を抱くイングランドファンは、セルヒオ・ラモスが退場になるべきだったなどとSNS上で反応し、改めて嫌悪感を示した。 ◆故意か? https://twitter.com/Lordy88/status/1051926435210948609 2018.10.16 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

モドリッチが考えるバロンドールにふさわしい選手は?「この1年を考えると…」

レアル・マドリーのルカ・モドリッチは、アントワーヌ・グリーズマンがフランスで最もバロンドールに値する選手だと自身の考えを話した。<br><br>先日に発表された2018年バロンドールの候補者30選手の中に、モドリッチをはじめ、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシはもちろん、ワールドカップで優勝したフランス代表からはグリーズマンやキリアン・ムバッペをはじめ6選手がノミネートされた。<br><br>2018年のFIFAやUEFAの最優秀選手賞に輝いたモドリッチは、バロンドールを主催する『フランス・フットボール』のインタビューで、アトレティコ・マドリーFWがバロンドール受賞に匹敵すると語った。<br><br>「この1年に成し遂げたことを考えると、アントワーヌ・グリーズマンがフランス3選手(受賞が期待されるグリーズマン、ムバッペ、ラファエル・ヴァラン)の中でポールポジションに立っているだろう」<br><br>2018年にはW杯だけでなく、ヨーロッパリーグ、そしてUEFAスーパーカップのタイトルを手にしたグリーズマン。モドリッチはその活躍は賞に値すると考えているようだ。<br><br>また、19歳ながら目覚ましい活躍を見せるムバッペについても、「彼は傑出した才能を持ち、素晴らしい将来を約束されている。すでに最高のレベルでのプレーを見せている。彼は本当にスペシャルだ」とコメントしている。<br><br>2018年は前述の個人賞2つだけでなく、ロシアW杯ゴールデンボール(大会最優秀選手賞)にも輝くなど、個人賞を総なめにするモドリッチ。自身がバロンドールを勝ち取れる可能性についても言及している。<br><br>「『自分がゴールデンボールに相応しい』なんて言いたくはない。僕にとって重要なのは今までのようにフィールドでのことだ。2018年は間違いなくキャリアにとって最高の年だ。でも、『僕がバロンドールを取るべき人間だ』なんて僕に言わせないでくれ」<br>注目が集まる2018年バロンドールの受賞者は12月3日に発表される。<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 15:30 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース