引退報道もあった元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが古巣フラメンゴとの"3カ月契約"でキャリア続行!2018.01.30 00:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フラメンゴは29日、元ブラジル代表GKジュリオ・セーザル(38)の加入を発表した。なお、契約期間は3カ月間という短期契約となる。

▽フラメンゴの復帰会見に出席したジュリオ・セーザルは、今回の古巣復帰が同クラブでキャリアを終えるための特殊な契約であることを明かした。

「ここに戻ってくることができて嬉しいよ。チャンピオンになりたいし、ここで輝かしいキャリアを終えたいと思っている」

「他にも幾つかのクラブからオファーが届いていたけど、このクラブへの愛がここでキャリアを終えたいという思いにさせたんだ」

「今回の3カ月間のプロジェクトに賛同してくれた会長とロドリゴ・カエターノ(監督)に感謝したい」

「もし、プレーするチャンスがあれば、チームを助けたい。ただ、今回のプロジェクトはここでキャリアを終えるためのものだ。だから、契約を延長する考えはないんだ」

「僕はプロフェッショナルとして振る舞い、キャリアの最後をトロフィーで締めくくれることを願っている」

▽フラメンゴでキャリアをスタートさせたジュリオ・セーザルは、2005年1月にインテル加入後、直後の半年間だけキエーボにレンタル移籍。インテル復帰後は、5度のセリエA優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献した。

▽その後、QPRやトロントFCでのプレーを経て、2014年夏に2年契約でベンフィカ入り。その後、2016年に2018年6月までの新契約にサインしていた。だが、今シーズンはアンデルレヒトから加入したU-19ベルギー代表GKミル・スヴィラール(18)の台頭もあり、思うような出場機会を得られず。そして、昨年11月末にはベンフィカとの契約を半年残した段階で契約を解消していた。

▽インテルの黄金期を支え、通算87キャップを記録したブラジル代表でも輝きを披露してきた名守護神に関しては、このまま現役を引退する可能性が報じられていたが、プロキャリアをスタートした古巣でのわずかながらのキャリア続行となった。
コメント
関連ニュース
thumb

降格圏に沈むラージョが1部昇格に導いたミチェル監督を解任

ラージョ・バジェカーノは18日、ミチェル監督(43)の解任を発表した。暫定的に、ディレクターのルベン・レジェス氏がチームを指導するとのことだ。 ミチェル監督はラージョの下部組織出身で、1993年7月にトップチームへ昇格。その後はアルメリアやレアル・ムルシア、マラガなどでプレーし、キャリアの最後にラージョへと復帰。2012年に現役を引退していた。 引退後はユースで指導をしていたが、2017年2月にルベン・バラハ監督の後任として就任。2017-18シーズンにはセグンダ(2部)で優勝し、チームをリーガエスパニョーラに昇格させていた。 しかし、今シーズンはここまで28試合を戦い6勝5分け17敗の勝ち点23で、現在降格圏の19位に位置。残留ラインの17位ビジャレアルとの勝ち点差は6となっており、最後の巻き返しに向けて監督交代に至った。 2019.03.19 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

レスター、35歳主将モーガンと2020年まで契約延長!

レスター・シティは18日、元ジャマイカ代表DFウェズ・モーガン(35)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 屈強なセンターバックとして知られるモーガンは、2012年にノッティンガム・フォレストからレスターに移籍。これまでレスターで公式戦293試合に出場して13ゴール5アシストを記録。2015-16シーズンにはクラウディオ・ラニエリ監督の下、日本代表FW岡崎慎司らと共にプレミアリーグ優勝を果たす偉業を成し遂げていた。 全盛期に比べれば衰えを感じるものの、それでも今季の公式戦で23試合に出場する主将に対するブレンダン・ロジャーズ監督の信頼は厚く、今回の契約延長に至ったようだ。 2019.03.19 03:38 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーで一時代を築いたエッシェンがアゼルバイジャンの新興クラブに加入!U-19コーチも兼任

アゼルバイジャンのサベイルは16日、かつてチェルシーやレアル・マドリー、ミランなどでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(36)との契約を発表した。契約期間は1年半となり、U-19チームのコーチングスタッフも兼任するとのことだ。 エッシェンは、バスティア、リヨンとリーグ・アンでその名を上げると、2005年にチェルシーへと移籍。チェルシーでは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で重要な役割を担い、プレミアリーグやFAカップ、チャンピオンズリーグなど多くのタイトル獲得に貢献。2012年には1シーズンのみレアル・マドリーへとレンタル移籍を経験した。 2014年1月にミランへと完全移籍すると、2015年7月にはパナシナイコスへと移籍。2016年9月に退団すると、その後はフリーとなったが、2017年3月にインドネシアのペルシブ・バンドンへと加入していた。 2018年3月にペルシブ・バンドンを退団。その後はフリーとなっていたが、今回サベイルに加入することとなった。 サベイルは2016年に創設された新興クラブで、現在はアゼルバイジャン・プレミアリーグ(1部)に所属。2017-18シーズンが1部初挑戦となると7位で終えていた。今シーズンはここまで3位に位置しており、リーグ最多優勝を誇るネフチ・バクーや、ヨーロッパリーグにも出場しているカラバフに次いでいる。 2019.03.17 10:56 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG、オセールやユーベ在籍の元フランス代表MFオリヴィエ・カポの甥とプロ契約!

パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、フランス人MFメクセン・カポ(18)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 かつてオセールやユベントス、ウィガン、セルティックなどでプレーし、フランス代表として通算9キャップを記録した元フランス代表MFのオリヴィエ・カポ氏(38)を叔父に持つメクセン・カポ。 守備的MFを主戦場とする逸材MFは、チアゴ・モッタ監督が率いるユースチームの主力として活躍しており、そのパフォーマンスが評価されてプロ契約を勝ち取った。 ※画像はユベントス時代のオリヴィエ・カポ氏 2019.03.14 23:48 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルが若手有望株のU-18イタリア代表FWヴェルガーニと契約延長

インテルは13日、プリマヴェーラに所属するU-18イタリア代表FWエドアルド・ヴェルガーニ(18)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。 ヴェルガーニは、モンツァのユースから2014年にインテルのユースに加入。世代別のチームではエースとして活躍してきた。 世代別のイタリア代表にも招集され続け、U-17イタリア代表としては2018年に行われたU-17欧州選手権に出場。大会4ゴールを記録しチームを決勝に導くと、U-17オランダ代表戦ではPK戦の末に敗戦。しかし、チーイムの準優勝に貢献するとともに、大会得点王にも輝いていた。 2019.03.14 11:02 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース