ロシアW杯出場を惜しくも逃したアイルランド代表のオニール監督が2020年まで契約延長!2018.01.24 13:44 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドサッカー協会(FAI)は24日、マーティン・オニール監督(65)の契約を2020年まで延長したことを発表した。これにより、オニール監督はユーロ2020まで指揮を執ることになった。

▽現役引退後、レスター・シティやセルティック、アストン・ビラ、サンダーランドなどで指揮したオニール監督は、2013年11月にアイルランド代表監督に就任。ユーロ2016では首位通過のイタリア代表を破り、3位でグループステージを突破して、大会初のベスト16に導いた。

▽昨年11月まで行われていたロシア・ワールドカップ予選では、グループリーグを5勝4分け1敗の2位でプレーオフに進出したが、デンマーク代表に2戦合計1-5で敗れてしまい、あと一歩のところで本大会進出を逃している。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル&ラムジー欠くウェールズ、敵地でアイルランドに勝利し暫定首位に《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ4、アイルランド代表vsウェールズ代表が16日に行われ、0-1でウェールズが勝利した。 ▽3日前に行われたUNL2戦目のデンマーク代表戦を0-0で引き分けて1分け1敗となったアイルランドは、デンマーク戦のスタメンから2選手を変更。ヘンドリックやマクレーン、アーターといった主力が引き続きスタメンとなった一方、ロングはベンチスタートとなった。 ▽一方、先月行われたUNLの2戦を1勝1敗としたウェールズは、5日前に行われた国際親善試合のスペイン代表戦を1-4と大敗した。その試合のスタメンから5選手を変更。ラムジーが負傷欠場となり、ベイルも引き続き欠場となった。 ▽ウェールズにポゼッションを譲る展開としたアイルランドは9分、ハイプレスをかけて敵陣でボールを奪い、クリスティーがシュートに持ち込んだが、GKヘネシーの好守に阻まれる。 ▽その後もカウンターを狙うアイルランドは37分、右CKからダフィーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲に飛び、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もウェールズがボールを持つ中、アイルランドは56分にオブライエンに代えてロングを投入する。 ▽しかし58分、ウェールズが均衡を破った。ボックス手前右で得たFKをリバプールが保有権を持つウィルソンが直接ゴール左に強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽失点を受けて前がかるアイルランドは66分、ヘンドリックが枠内シュートを浴びせるもGKにセーブされる。終盤にかけてもアイルランドが攻勢に出たが、ウェールズが逃げ切り。デンマークを交わして暫定首位に立っている。 2018.10.17 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

アイルランドvsデンマークは低調なゴールレスドローで痛み分け《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19・リーグB・グループ4のアイルランド代表vsデンマーク代表が13日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽先月行われたUNL初戦のウェールズ代表戦で1-4と惨敗を喫した最下位のアイルランドは、ロングやマクレーン、K・ロングといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、UNL初戦のウェールズ戦で2-0完勝しグループ首位に立つデンマークは、GKシュマイケルやY・ポウルセン、マティアス・ヨルゲンセン、ケアーといった主力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続く中、アイルランドは39分に中盤でFKを獲得。ヘンドリックのFKをゴール前のダフィがヘディングで合わせたが、これはゴール左に外れた。 ▽対するデンマークは、前半終了間際のチャンス。ダルスゴーアの右クロスをゴール前でドハーティがクリアミスすると、これをファーサイドに走り込んだマティアス・ヨルゲンセンがプッシュしたがシュートは枠の左に外れた。 ▽両チーム枠内シュート0本で迎えた後半、先にチャンスを作ったのはデンマークだった。58分、シェーネの右CKをボックス中央で合わせたケアーのヘディングシュートがゴール左隅を捉えるも、これはゴールライン手前でアーターのクリアに防がれた。 ▽対するアイルランドは72分、左クロスをボックス中央のロングが落とすと、ボックス手前からクリスティがミドルシュート。しかし、ゴール右を捉えたシュートはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 ▽デンマークは84分、中盤でのボールカットからカウンター。シストのパスをボックス左で受けたブラースヴァイトがカットインから右足を振り抜くも、シュートは相手GKがキャッチ。 ▽その後は互いにチャンスを作り出せずに0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。 ▽アイルランドは16日にUNL3戦目となるウェールズとのホーム戦を戦い、デンマークは16日にオーストリア代表との国際親善試合をホームで戦う。 2018.10.14 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アイルランド戦に向けたデンマーク代表メンバー発表、負傷のエリクセンは選外《UEFAネーションズリーグ》

▽デンマークサッカー協会(DBU)は3日、13日に行われるUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4のアイルランド代表戦と16日に行われるオーストリア代表との国際親善試合に向けたメンバー22名を発表した。 ▽先月行われたUNL初戦ではウェールズ代表に2-0と勝利して白星スタートとしたデンマークは、主軸のMFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)が負傷のため招集外となった一方、GKカスパー・シュマイケル(レスター・シティ)やDFシモン・ケアー(セビージャ)、MFトーマス・デラネイ(ドルトムント)にFWピオネ・シスト(セルタ)といった主力は順当に選出されている。 ▽今回発表された22名のメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆デンマーク代表メンバー22名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カスパー・シュマイケル</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・レッスル</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレデリック・レノウ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ペーター・アンカーセン</span>(コペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">マティアス・ヨルゲンセン</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・クヌドセン</span>(イプスウィッチ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘンリク・ダルスゴーア</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・クリステンセン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤニク・ヴェステルゴーア</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">イェンス・ストリガー・ラーセン</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">シモン・ケアー</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ミケ・イェンセン</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) <span style="font-weight:700;">アンデルス・クリスティアンセン</span>(マルメ/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">ルーカス・レラガー</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">ラッセ・シェーネ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">トーマス・デラネイ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ピエール・ホイビュルク</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ユスフ・ポウルセン</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ピオネ・シスト</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・コーネリウス</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">カスパー・ドルベリ</span>(アヤックス/オランダ) 2018.10.04 00:25 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手、コールマンが再びウェールズ戦で負傷…右足の疲労骨折か

▽エバートンに所属するアイルランド代表DFシェイマス・コールマンが再びウェールズ代表戦で負傷したようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽『リバプール・エコー』が伝えるところによれば、コールマンは6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグBグループ4のウェールズ戦(1-4で敗戦)にアイルランド代表の一員としてフル出場を果たした。だが、同試合後に右足の疲労骨折を負い、11日に行われたポーランド代表との国際親善試合の出場を回避していた。 ▽コールマンと言えば、2017年3月に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のウェールズ戦で相手DFニール・テイラーの悪質なタックルで右足を骨折し、長期離脱を強いられた過去がある。今回は相手選手との接触プレーが原因のケガではないものの、再びウェールズ戦での負傷となった。 ▽なお、コールマンの離脱期間は数週間単位と見込まれている。 2018.09.13 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ベイル1G1Aのウェールズ、アイルランドとの隣国対決を4発圧勝で制す《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ4のウェールズ代表vsアイルランド代表が6日に行われ、4-1でウェールズが圧勝した。 ▽共にロシア・ワールドカップ出場を逃した隣国対決。ウェールズはベイルやラムジー、ジョー・アレンといった主力が先発となった。 ▽対するアイルランドはコールマンやウォルタース、ヘンドリックらが先発となった。 ▽立ち上がりから前に出たのはアウェイチームのアイルランド。しかし、ベイルを最前線に配置し、カウンターを狙うウェールズが6分に先制する。ジョー・アレンのスルーパスをボックス右で受けたローレンスがシュートを突き刺した。 ▽先制後、14分にオドウダのミドルシュートを浴びたウェールズだったが、18分に加点する。ロングボールを受けたベイルがボックス手前右からカットインシュートをゴール左上に突き刺した。 ▽ベイルが格の違いを見せたウェールズは31分にカウンターからゴールに迫れば、34分にはC・ロバーツが際どいヘディングシュートを浴びせる。そして37分、アンパドゥのボールカットからショートカウンターに転じ、ボックス右のラムジーがシュートをゴール右隅に決めて3-0で前半を終えた。 ▽前半で勝負を決めたウェールズは55分にベイルの横パスを受けたC・ロバーツがミドルシュートを叩き込んで4-1とした。 ▽余裕のウェールズは66分にウィリアムズのゴールを許すも4-1で圧勝。白星発進としたウェールズは9日にUNLでデンマーク代表とアウェイで戦い、アイルランドは11日にポーランド代表と親善試合を戦う。 2018.09.07 06:10 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース