ロシアW杯出場を惜しくも逃したアイルランド代表のオニール監督が2020年まで契約延長!2018.01.24 13:44 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドサッカー協会(FAI)は24日、マーティン・オニール監督(65)の契約を2020年まで延長したことを発表した。これにより、オニール監督はユーロ2020まで指揮を執ることになった。

▽現役引退後、レスター・シティやセルティック、アストン・ビラ、サンダーランドなどで指揮したオニール監督は、2013年11月にアイルランド代表監督に就任。ユーロ2016では首位通過のイタリア代表を破り、3位でグループステージを突破して、大会初のベスト16に導いた。

▽昨年11月まで行われていたロシア・ワールドカップ予選では、グループリーグを5勝4分け1敗の2位でプレーオフに進出したが、デンマーク代表に2戦合計1-5で敗れてしまい、あと一歩のところで本大会進出を逃している。

コメント

関連ニュース

thumb

元ユナイテッドDFオシェイが代表引退を発表「とても素晴らしい旅だった」

▽サンダーランドのアイルランド代表DFジョン・オシェイ(37)が代表から引退することを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2001年のクロアチア代表との親善試合で代表デビューして以降、これまで117試合に出場してきたオシェイ。ロシア・ワールドカップ予選で、アイルランド代表はプレーオフまで進んだものの、デンマークに敗れ本戦出場は逃していた。 ▽およそ17年間の代表生活に幕を閉じることを決意したオシェイは次の世代に襷を託すタイミングが来たと告白している。 「とても素晴らしい旅だった。だが、次の世代に譲るタイミングが来たと感じているよ。そこに私はいてはならない」 「このレベルで出来るだけ長くプレーしたいと思っていた。だから117試合というのはとても誇らしいことだよ」 「私の人生はサッカーが全てだった。しかし、私の父や、友人で仲間のリアム・ミラーの死は私にどんな瞬間でも大切にしなけれなばならないことを教えてくれた」 「私は代表のキャリアを大事にしてきたが、最後の試合、アイルランドのサポーターの前では感傷に浸ってしまうだろう。でもそれがみんなにありがとうを伝え、他の仲間たちがチームを前に引っ張っていくタイミングだと思う」 ▽また、1999年から2011年までマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたオシェイは、脳出血のため緊急手術を受けたアレックス・ファーガソン元監督にエールを送っている。 「サー・アレックス・ファーガソンはいつだって私の心の中にいる。早く良くなってくれよ、ボス!」 ▽なお、オシェイの代表最後の試合は6月2日に行われるアメリカ代表との親善試合になるようだ。 2018.05.10 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーン、シメオネ監督に学ぶ

▽現在、アイルランド代表のアシスタントコーチを務めるロイ・キーン氏(46)が、監督としてのノウハウを得ることに勤しんでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2013年からアイルランド代表のマーティン・オニール監督の下でアシスタントコーチを務めているロイ・キーン氏。これまでにサンダーランドやイプスウィッチ・タウンで指揮を執った経験がある同氏だが、好成績を残すまでには至っていない。 ▽『アス』が伝えるところによれば、ロイ・キーン氏がこのたびアトレティコの練習場を訪問。これまでにも、バルセロナの練習場に赴き、当時監督を務めていたルイス・エンリケ氏の練習風景を視察するなど、監督としての勉強を続けるアイルランドのレジェンドは、今回はディエゴ・シメオネ監督の練習メソッドを得るために、セル・デル・エスピノを訪れたようだ。 ▽現役時代、アレックス・ファーガソン監督の下、マンチェスター・ユナイテッドで数々のタイトルを獲得してきた闘将も、監督としての人生はまだまだ始まったばかりのようだ。 2018.02.04 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

アイルランド撃破のデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場! エリクセンが圧巻ハットで敵地での大勝に導く《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、アイルランド代表vsデンマーク代表が14日に行われ、アウェイのデンマークが5-1で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたデンマークの2大会ぶり5度目のW杯出場が決定した。 ▽3大会連続4度目の出場を目指すアイルランドは、敵地で行われた1stレグを守護神ランドルフの活躍によって0-0のドローで終えた。ホームで必勝を期すこの試合に向けては1stレグからオドウダに代えてメイラーを復帰させた以外、同じメンバーを採用。引き続き[4-1-4-1]の布陣を採用した。 ▽一方、2大会ぶり5度目のW杯出場を目指すデンマークは先発2選手を変更。アンカーセンとコーネリウスに代えてA・クリステンセン、Y・ポウルセンを同ポジションで起用し、[4-3-3]の布陣で臨んだ ▽1stレグはゴールレスドローに終わったが、この2ndレグは開始早々に動く。6分、ハーフウェイライン付近でFKを得たアイルランドは、キッカーのブレイディがゴール前に向けてボールを入れる。これがDFのクリアミスを誘いゴール前にこぼれると、DFケアーとGKシュマイケルに先んじて浮き球に反応したダフィが打点の高いヘディングで流し込んだ。 ▽敵地で痛恨の失点を喫したものの1点でもアウェイゴールを奪えば、逆転可能なデンマークは、エリクセンを起点にボールを動かしながら反撃を試みる。17分にはボックス手前でクリステンセンから横パスを受けたクヴィストが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これはGKランドルフの好守に遭う。直後にも右サイドからの崩しからボックス中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチの浮き球パスでシストの決定機を演出するが、1stレグ同様にGKランドルフの牙城を破れない。 ▽一方、粘り強い守備に加え、素早い守から攻の切り替えでカウンターを狙うアイルランドは、22分に右サイドを破ったクリスティの低いクロスに反応したダリル・マーフィーがニアでワンタッチシュートも枠の右。直後には左サイドを破ったマクレーンがボックス左角度のないところから左足を振り抜くが、わずかに枠の右に外れた。 ▽一進一退の攻防が続く中、再びセットプレーから試合が動く。29分、デンマークの左CKの場面でショートコーナーからシストがドリブルでボックス左ライン際に抜け出したクロス。これをファーに走り込んだクリステンセンがワンタッチで合わすと、やや当たり損ねたボールは右ポストを叩く。しかし、この跳ね返りが相手DFクリスティに当たってゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形で追いついたデンマークは、2戦合計でも優位に立つ。畳みかけるアウェイチームは32分、右サイドでY・ポウルセンがウォードからボールを奪いカウンターを発動。Y・ポウルセンの折り返しを中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチでファーに流すと、ボックス手前左でエリクセンが見事な右足のダイレクトシュート。これがクロスバーの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。そして、エースのゴールで勝ち越したデンマークが、その後も安定した試合運びをみせ、1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、メイラーに代えてフーラハンを投入してより攻撃的な布陣で前がかるアイルランド。しかし、攻め切れない展開が続く中、徐々にデンマークのカウンターの脅威にさらされ始める。 ▽すると63分、バイタルエリア左でボールを持ったシストから横パスを受けたエリクセンが巧みなボールコントロールから左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽痛恨の3失点目を喫したアイルランドは、DFクラークに代えて切り札のロングをピッチに送り出し、リスクを冒して前に出る。だが、球際と守備の局面で集中力を切らさないデンマークの守備を前にフィニッシュの形を作り出せない。 ▽一方、2点リードにも気を抜かないデンマークは、その後も攻め気を失わずに試合の主導権を渡さない。74分にはN・ヨルゲンセンの左サイドからのクロスを相手DFがクリアミス。これをボックス中央に走り込んだエリクセンが豪快な右足のシュートで突き刺し、この大一番でプロキャリア初のハットトリックを達成した。 ▽その後、試合終了間際の90分にもベントナーが自ら得たPKをきっちり決め、5点目を奪ったデンマークが敵地で5-1の大勝。エースの圧巻のハットトリックで勝ち切ったデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。 2017.11.15 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

【W杯欧州予選POプレビュー】ゴールをこじ開けるのは《アイルランドvsデンマーク》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのアイルランド代表vsデンマーク代表が日本時間14日の28:45にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは互いに譲らずゴールレスドロー決着に終わっていた。 ▽GKランドルフの活躍もあって敵地での1stレグを引き分けに持ち込んだアイルランドは、勝利すれば3大会連続4度目のW杯出場を決められる状況となった。ホームでの2ndレグではゴールを奪う必要があり、1stレグほど守備を固めてくることは予想しにくいが、引き続きカウンターに活路を見いだす戦い方に変わりはないはずだ。堅守からのカウンターでデンマークとの戦力差を埋めたい。 ▽一方、0-0以外の引き分け、勝利で2大会ぶり5度目のW杯出場となるデンマークは、1stレグ同様のアプローチで臨むのが最善策だろう。アウェイゴールを奪えればアイルランドは2点を奪う必要が出てくるため、デンマークとしては相手のカウンターを警戒しつつ、果敢にゴールを狙っていきたい。 ★注目選手 ◆アイルランド:GKダレン・ランドルフ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171112_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ゴールが必要なアイルランドではあるが、失点すれば得点力が乏しいだけに一気に苦しい展開に追い込まれる。そのため1stレグ同様、失点せずに時間を進めるのが突破に向けての最善策だと思われる。そこで鍵を握るのが1stレグでも活躍した守護神のランドルフだ。1stレグではゴール至近距離からのシュートを2本止めて2ndレグに可能性をつなげた。2ndレグでも彼の好セーブが必ず必要となる場面が予想されるだけに、ランドルフのゴールキーピングに注目したい。 ◆デンマーク: MFピオネ・シスト<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171112_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽デンマークの注目選手にはシストを推したい。1stレグではエリクセンと共に攻撃を牽引した左ウイングのシストは、ボールスキルと打開力に優れたアタッカー。所属先のセルタでは今季のリーガで11試合に先発して2ゴール8アシストと活躍している。1stレグでは決定機を1本逸したが、チャンスメークの面では存在感を発揮しており、アウェイゴールを奪いたいデンマークとしては、エリクセンと共にシストのチャンスメークが鍵を握りそうだ。 2017.11.14 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アイルランド指揮官、敵地でデンマークとゴールレスに満足げ「選手たちは立派」

アイルランド代表を率いるマーティン・オニール監督は、デンマーク代表とのゴールレスドローに満足感を示した。『スカイスポーツ』が報じている。<br><br>アイルランドは11日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでデンマークと激突。コペンハーゲンで行われた第1戦は0-0で終わった。オニール監督は試合をこのように振り返る。<br><br>「我々にとってタフな夜だったと思うが、選手たちは立派なプレーをした。選手たちは多くの努力を注いだ。ゴールを決めなければならない。デンマークは点を取る能力があるからね。点は取れなかったが、状況はタイだ」<br><br>また、好セーブを連発したGKダレン・ランドルフについては「特別いいプレーをした」と話しながらも、「全体的に相手をうまく制限できていた」と守備陣の奮闘を称賛している。<br><br>なお、第2戦は14日、アイルランドのダブリンで行われる。<br><br>提供:goal.com 2017.11.12 09:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース