ロシアW杯出場を惜しくも逃したアイルランド代表のオニール監督が2020年まで契約延長!2018.01.24 13:44 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドサッカー協会(FAI)は24日、マーティン・オニール監督(65)の契約を2020年まで延長したことを発表した。これにより、オニール監督はユーロ2020まで指揮を執ることになった。

▽現役引退後、レスター・シティやセルティック、アストン・ビラ、サンダーランドなどで指揮したオニール監督は、2013年11月にアイルランド代表監督に就任。ユーロ2016では首位通過のイタリア代表を破り、3位でグループステージを突破して、大会初のベスト16に導いた。

▽昨年11月まで行われていたロシア・ワールドカップ予選では、グループリーグを5勝4分け1敗の2位でプレーオフに進出したが、デンマーク代表に2戦合計1-5で敗れてしまい、あと一歩のところで本大会進出を逃している。
コメント
関連ニュース
thumb

ハマーズ逸材MFライスがイングランド代表入りを表明! アイルランドに悲報…

ウェストハムに所属するアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)は13日、自身の公式ツイッターを通じてイングランド代表入りを決断したことを明かした。 センターバックと守備的MFを主戦場とするロンドン生まれのライスは、7歳から2014年までチェルシーのアカデミーに在籍。その後、ウェストハムのユースに移籍し、昨シーズンはリーグ戦26試合に出場した。そして今季はマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を勝ち取ると、[4-1-4-1]のアンカーポジションで攻守に質の高いパフォーマンスを続けている。 現在、チェルシーやトッテナム、リバプールなど国内のビッグクラブの関心を集める逸材に関しては、祖父母の生まれ故郷であるアイルランド代表と、自身の生まれ故郷であるイングランド代表の間でも綱引きが行われていた。 これまでライスはU-16代表からアイルランドの世代別代表でプレーし、昨年3月に行われたトルコ代表との国際親善試合ではフル代表デビューも飾り、ここまでいずれもフレンドリーマッチながら通算3キャップを記録。 しかし、より高いレベルでのプレーを希望するライスは13日、アイルランド代表を率いるミック・マッカーシー監督と、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督の双方に直接連絡し、今後イングランド代表としてプレーする意向を固めたことを伝えた。 「今日の午後、僕はミック・マッカーシーとガレス・サウスゲートの2人に対して、FIFAにアイルランドからイングランドに国籍変更を求める書面の提出を行う旨を電話で伝えた」 なお、アイルランド代表として公式戦に出場しておらず、イングランドの国籍も持っているライスの国籍変更はすぐに許可される見込みだ。 そのため、3月末に行われるチェコ代表とモンテネグロ代表とのユーロ2020予選でイングランド代表初招集されるようだ。 2019.02.14 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーン氏、ノッティンガムのアシスタントマネージャーに就任! オニール監督との再タッグ結成

28日、元アイルランド代表MFロイ・キーン氏(47)が、ノッティンガム・フォレストのアシスタントマネージャーに就任した。クラブが公式サイトで発表している。 現役時代にノッティンガムやマンチェスター・ユナイテッド、セルティックなどでプレーしたキーン氏。2006年の引退後は、サンダーランドやイプスウィッチで監督を歴任。その後、2013~18年まではアイルランド代表のアシスタントマネージャーを務めていた。 なお、現在チャンピオンシップ(イングランド2部)で9位に位置するノッティンガムは、11日に昨夏に就任したアイトール・カランカ監督を解任。15日に後任としてアイルランド代表でキーン氏と共に仕事をしていたマーティン・オニール氏(66)を招へいしていた。 2019.01.29 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ロビー・キーンが現役引退を正式発表! 「フットボール狂いの男の子の願いは全て超えた」

▽トッテナムなどプレミアリーグ複数クラブで活躍した元アイルランド代表FWロビー・キーン(38)が、現役引退を発表した。アイルランド公共放送局『RTE』が28日に報じている。 ▽1997年にウォルバーハンプトンでプロデビューを飾ったロビー・キーンは、コベントリ・シティでプレーしたのち、2000年7月にインテルへと移籍。しかし、イタリアのサッカーに馴染めず、2001年1月にリーズへレンタル移籍する。同年7月には完全移籍でリーズに加入すると、日韓ワールドカップ(W杯)で活躍を見せ2002年7月にはトッテナムへと移籍した。 ▽トッテナムで6シーズンに渡ってプレーした後は、2008-09シーズンにリバプールに移籍したが、1年でトッテナムに復帰。さらに、2010年にはセルティック、2011年にはウェストハムにローンで加入し、2011年夏からの5年間はMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに身を移した。2017年1月からはフリーの期間が続いたが、昨年夏から今年夏まではインド・スーパーリーグ(ISL)のアトレティコ・デ・コルカタに所属していた。 ▽キャリアの中で11のクラブを渡り歩いたロビー・キーンは、公式戦通算で737試合295ゴールを記録。また、アイルランド代表としても146試合で68ゴールの成績を残し、最多出場記録、最多得点記録を保持している。 ▽21年間の現役生活に別れを告げたロビー・キーンは、以下のようにコメントしている。『RTE』が伝えた。 ◆FWロビー・キーン 「クルムリン・ユナイテッドからミラノ、ロンドン、ロサンゼルスにいたるまでの世界中に、僕のサッカー生活が連れて行ってくれるとは想像も出来なかった」 「ダブリンで育ったフットボール狂いの男の子の願いは全て超えたよ」 「イングランドでプロとしてのキャリアを始めるために家を出たのが、前世の頃のようだ。僕は希望に満たされたストリート・フットボーラーで、大きな野望と成功への決意を抱いていた」 「僕が必要としていたのは、1つのチャンスだけだったんだ」 ▽なお、アイルランドサッカー協会(FAI)はロビー・キーンが現役引退を表明する以前の25日、アシスタントコーチとして招へいしたことを発表していた。 2018.11.28 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アイルランド代表にミック・マッカーシー氏が再任! アシスタントコーチにロビー・キーン氏

▽アイルランドサッカー協会(FAI)は25日、ミック・マッカーシー氏(59)が代表監督に就任したことを発表した。契約期間はユーロ2020までの2年間となる。 ▽20日にマーティン・オニール監督の辞任を発表したFAIは、その舵取りを元アイルランド代表のマッカーシー氏(写真右)に託した。同氏は1996年から2002年にかけて同代表を率いており、2002年の日韓ワールドカップではベスト16に導いた。 ▽クラブレベルでは、サンダーランドとウォルバーハンプトンをプレミアリーグに昇格させた実績を持っており、直近では2012年から昨シーズンまでイプスウィッチ・タウンで指揮を執っていた。 ▽FAIはまた、テリー・コナー氏(写真左)とロビー・キーン氏がアシスタントコーチに就くことも発表。コナー氏はマッカーシー氏の下、ウルブスやイプスウィッチでアシスタントコーチとして10年間サポートした経験を持つ。ロビー・キーン氏はアイルランド代表の最多得点記録を持つ同国のレジェンドだ。 ▽16年ぶりの就任に際し、マッカーシー氏は「光栄であり、ユーロ2020に導く機会を与えてくれたことを喜んでいる」とコメント。「新しい挑戦であるが、個々のことはよくわかっていると」自信ものぞかせた。 ▽なお、FAIはU-21代表チームにステファン・ケニー氏(47)が就任することも併せて発表している。 2018.11.26 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表監督のアラダイス氏が、次期アイルランド代表監督に名乗り

▽元イングランド代表監督のサム・アラダイス氏(64)が、アイルランド代表監督に名乗りを挙げたようだ。アイルランド版『サン』が伝えている。 ▽アイルランドサッカー協(FAI)は20日に、マーティン・オニール監督(66)の辞任を発表した。同監督は2013年11月にアイルランド代表監督に就任し、2016年のユーロでは史上最高のベスト16に導いた。しかし、ロシア・ワールドカップ出場を逃すと、UEFAネーションズリーグではリーグBからリーグCへ降格。その責任を負い辞任に至った。 ▽そして今回、新たなアイルランド代表監督の座を狙っているのがアラダイス氏だ。同氏は1991年にアイルランドのリムリック・タウンで指導者を始め、以降はニューカッスルやウェストハム、サンダーランドを歴任。2016年にはイングランド代表と2年契約を結んだが、イギリス『デイリー・テレグラフ』の囮取材によって、ロイ・ホジソン前イングランド監督やそのアシスタントマネージャーのギャリー・ネビル氏を批判していたことや、国際サッカー連盟(FIFA)やイングランドサッカー協会(FA)が禁じている選手の第三者保有に関与していたことが明るみになり、就任から2か月後に契約を解消していた。 ▽その後はクリスタル・パレスやエバートンの監督を務め、今年5月にエバートンを辞任して以降はフリーの状態が続いている。 ▽また、アラダイス氏のほかにも、1996年から2002年にかけてアイルランド代表を率いたミック・マッカーシー氏や、同国のレジェンドで、指導者としてはインドのアトレティコ・デ・コルカタでプレイングマネージャーを務めた経験を持つロビー・キーン氏も立候補しているという。 2018.11.24 01:41 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース