川崎Fへの移籍発表から1週間…齋藤学、移籍理由や横浜FMへの思いを明かす2018.01.20 08:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽横浜F・マリノスから川崎フロンターレへの移籍を決断した日本代表MFMF齋藤学が心境を明かした。

▽横浜FMの下部組織で育ち、2008年にプロデビューを果たした齋藤は、2011年にFC愛媛へと期限付き移籍。その後横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍。昨シーズンからはジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔の背番号「10」を引き継ぎキャプテンとしても任命されていた。

▽しかし、齊藤は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。全治8カ月と発表されており、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合1ゴール、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合2ゴールという成績にとどまった。現在はまだ完治していない中、今月12日に同選手の川崎Fへの完全移籍が発表された。

▽驚きの移籍発表から1週間が経過した19日、齋藤学は自身のインスタグラム(manabu011)を更新。移籍を決断した理由や経緯を説明し、8歳から過ごしてきた横浜F・マリノスへの思いをつづった。

「僕はサッカーが好きで、プロの選手として成長したくて、純粋にその想いに駆られ今回、この道を選ぶことにしました」

「居心地の良いところにいるよりも新しいところに行く怖さ。正直、不安はあるし、緊張するし。それでもここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、挑戦すると決めました」

「みんなで一丸となって勝利した試合があった。悔しい思いをした試合もあった。あらゆることを「マリノス」で得て、学んだ。だからこそ、自分自身こうして移籍するなんて1つも想ってなかったです」

「でも、自分の成長のためにマリノスを離れる決断をしました。マリノスでも成長出来るだろ? そう思う方がいるのもわかります。でも僕の中では、サッカー選手としてこれまで積み上げてきたものやチーム内での立場、ここで一度リセットして、いちから始めることがさらなる成長に繋がると、悩み抜いた上に判断しました」

「そして、これだけは言えます。10番もキャプテンも中途半端な気持ちで背負っていません。日々その重みを感じながら、怪我する前はピッチで、怪我してからもピッチ外で、マリノスがどうすれば良いチームになるか自分なりに考え行動してきました」

「僕はマリノスが大好きです。だって、自分の全てが、詰まった、8歳から過ごしてきたクラブですよ。 「屑、死ね、裏切り者、怪我治るな」など何を言われてもしょうがない。そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。今までマリノスの選手として闘ってきたことこれだけは否定されたくない」

「たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。ありがとうございました」

「最後に、横浜F・マリノスに関わる全ての皆さん、今まで本当にありがとうございました。長い間、お世話になりました」

「そして、川崎フロンターレの皆さん、お世話になります。誠心誠意 全力を尽くしてプレーします! よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

公式戦3連敗も何のその! J1王者の川崎F、憲剛3発演出で開幕白星《J1》

▽25日にエコパスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のジュビロ磐田vs川崎フロンターレは、アウェイの川崎Fが3-0で勝利した。 ▽前年度の6位から更なる飛躍が期待される磐田は、サンフレッチェ広島に復帰した川辺の後釜として新加入の田口がベンチスタートとなり、新助っ人のギレルメを左ウィングバックの位置に配置。Jリーグ王者ながら公式戦3連敗中の川崎Fは、この開幕戦で知念をスタメンに抜擢している。 ▽2人の中村対決にも注目を集める一戦は、一進一退の攻防戦が繰り広げられる中、17分に中村俊輔が敵陣左サイドで得たFKからクロス。高橋のヘディングシュートが左ポストに嫌われ、こぼれ球を川又、大井が続けざまに押し込みにかかるが、先制のチャンスを不意にしてしまう。 ▽さらに、22分にはアダイウトンが川又のポストプレーから敵陣左サイドのスペースに流れたボールに反応。タックルを試みたエドゥアルドをかわして完全に川崎Fの最終ラインを抜け出したが、GKチョン・ソンリョンの身体を張ったブロックに阻まれ、またしても好機を逸した。 ▽すると、川崎F守護神の頑張りに攻撃陣も呼応する。24分、バイタルエリア左寄りでルックアップしたエドゥアルド・ネットが磐田最終ラインの背後に左足で浮き球パス。これに反応した中村憲剛がヘディングシュートを決め、アウェイの川崎Fが先にスコアを動かした。 ▽チームに先制点をもたらした中村憲剛の勢いは加速する。43分、右CKの流れから中村憲剛が中央にクロスを入れ直すと、大井のマークを剥がした谷口がヘディングシュートで追加点。続く45分には、ボックス右外の角付近で得たFKから中村憲剛のクロスにエドゥアルドが頭で合わせ、磐田を突き放した。 ▽3点差を追う磐田は、後半の頭から森下に代えて松本をピッチに送り込み、布陣も3バックから4バックに変更。続く58分にも櫻内を下げて田口の交代カードを切り、より反撃の色を強めていく。その田口は60分、ムサエフの落としから左足ハーフボレー。枠内に飛ぶが、相手GKに弾かれた。 ▽エドゥアルド・ネットから守田にスイッチして中盤のテコ入れを図った川崎F。守勢を強いられるが、落ち着いた対応で磐田の攻撃を凌いでいく。残る交代枠で大久保と登里を投入して試合を終わらせ、公式戦3連敗の不安をかき消す開幕戦白星スタートを飾っている。 2018.02.25 17:26 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】昨季最強の矛盾が開幕節で激突!《磐田vs川崎F》

▽Jリーグ史上初の平日金曜日開催となる23日(金)に開幕した2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。開幕節3日目の25日(日)15時30分には、エコパスタジアムでジュビロ磐田vs川崎フロンターレがキックオフを迎える。 <span style="font-weight:700;">◆強豪復活を目指す盾か〜ジュビロ磐田〜</span> ▽昨シーズンは、J1復帰初年度となった前年度の13位(年間順位)から6位と大きく躍進した磐田。その主因は安定した守備組織の構築により、でき上がったリーグ最少失点の堅守だ。名波浩監督就任5年目を迎える今季のテーマは、昨季をベースとするハイレベルな「競争」と「育成」での「トップ5入り」。そんな中、迎える開幕戦の相手は高い攻撃力を誇る王者・川崎Fだ。しかし、今シーズンから主将に就任したDF櫻内渚には「引いて守るだけじゃなく攻撃的な守備で対応したい」と臆する姿なし。昨シーズンに掴んだ自信を前面に出して、強豪復活への第一歩を踏み出したい。 <span style="font-weight:700;">◆常勝軍団を目指す矛か〜川崎フロンターレ〜</span> ▽昨シーズンに悲願のJ1初優勝を成し遂げた川崎F。鬼木達新監督が要求する守備意識の浸透で徐々に粘り強い戦いを見せると、攻撃面でも効を奏し、リーグ最多得点数で優勝争いを制した。しかし、そんな王者も新シーズンは公式戦3連敗中。今シーズンの目標である「4冠」に向けても、リーグ戦の白星スタートで嫌な流れを断ち切りたいが、相手は昨シーズンに上位キラーとも称された難敵だ。主将FW小林悠も「乗せてしまうと怖いチーム」と警戒するが、昨シーズン王者のプライドを見せつけて、常勝軍団の仲間入りへ好スタートを切りたい。 <span style="font-weight:700;">◆昨季は1勝1敗の互角</span> ▽2017年5月にヤマハスタジアムで行われた第11節では、MF阿部浩之、MF長谷川竜也のゴールで川崎Fが2-0で勝利。対して同年7月に等々力陸上競技場で行われた第19節では磐田が大量5ゴールを奪って5-2で勝利している。ちなみに、今回行われるエコパスタジアムは、同カード初開催となる。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ジュビロ磐田</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_36_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、森下俊 MF:櫻内渚、山田大記、ムサエフ、ギレルメ MF:中村俊輔、アダイウトン FW:川又堅碁 監督:名波浩<hr>▽名波浩監督は今オフで新システムの採用を示唆したり、2トップを試したりしてきたが、昨シーズンからの「3-4-2-1」を採用すると予想。期限付き移籍期間の満了で退団した川辺の位置には、キャンプ中にボランチへコンバートされたMF山田大記が務めることになりそうだ。また、左ウィングバックのMF宮崎智彦が負傷したことで新加入のDFギレルメが先発濃厚。1トップには昨季の第19節で4得点に絡む活躍を見せたエースFW川又堅碁が入る。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽システムは従来の[4-2-3-1]。ゼロックス・スーパーカップではDFエウシーニョ、ACL初戦の上海上港戦ではDF車屋紳太郎、第2戦の蔚山現代戦でMF中村憲剛が欠場したことで昨シーズンのベストメンバーが初めて顔を揃えることになりそうだ。出場すればJ1通算400試合達成となるFW大久保嘉人はベンチスタートを予想。1トップにはここまで開幕節で4年連続ゴール中のFW小林悠が入る。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF中村俊輔(ジュビロ磐田)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_36_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽磐田のキープレーヤーにはプロ22年目のMF中村俊輔だ。昨シーズンはリーグ戦30試合に出場して5ゴール8アシストをマークし、リーグ2位タイとなる69回のチャンスクリエイト数を記録。また、数字以外でも堅守速攻を展開するチームを巧みにコントロールした他、豊富な経験の還元でチームに高い意識や自信を植え付けた。昨季を超えるサックスブルーの躍進は、天才レフティーの活躍なしではありえない。経験に裏打ちされた戦術眼と、質の高いプレーで王者を翻弄したい。 <span style="font-weight:700;">◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180223_36_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽川崎Fの注目選手は、プロ16年目のMF中村憲剛だ。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場して6ゴール11アシストを記録。チャンスクリエイト数でも最多となる断トツの96回。自身が渇望したプロ初のJ1タイトル獲得の原動力となった。衰えの知らないバンディエラだが、新シーズンの2試合ではコンディション不良を露呈。直近の蔚山現代戦では欠場したが、磐田戦では不調続きのチームの不安を払しょくする活躍で堅守を打ち砕きたい。 2018.02.24 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季限りで横浜FCを退団したDF小宮山尊信が自身のSNSで現役引退を発表…神奈川3クラブでプレー

▽昨シーズン限りで横浜FCを退団したDF小宮山尊信(33)は22日、自身の『instagram』を通じて現役引退を発表した。 ▽千葉県出身の小宮山は、順天堂大学在学中の2006年に特別指定選手として横浜F・マリノスに登録されると、2007年に正式加入。横浜FMでは、2007年から2009年までウイングバックのレギュラーとして活躍し、2009年12月に同県内に本拠地を置く川崎フロンターレに完全移籍。 ▽川崎Fとの契約満了に伴い、2017年からは横浜FCに加入。横浜FCでは、明治安田生命J2リーグで25試合に出場していたが、昨シーズン限りで契約を満了し退団していた。 ▽小宮山は、自身の『instagram』を通じて、以下のようなコメントを残している。 「この度現役を引退する決断を致しました。振り返ると本当に幸せな時間だったなぁとつくづく思います。これまで支えていただいた方々や仲間、一人一人との思い出が浮かび上がり、感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。どんな時も自分を応援し最後の最後まで信じ続けてくれたサポーターにも心から感謝しています。全ての方のおかげでここまで走りきることができました」 「引退を決めてから、たくさんの事が楽になりましたが、今はまだ、それを寂しく思います。でも次の目標にワクワクしている自分もいます。新しい道に進みますが、サッカーで培ってきた精神を生かし、一歩一歩進んで行きます!今まで本当にありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします!!」 [写真は川崎フロンターレ時代] 2018.02.22 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「川崎での2年間は僕にとってかけがえのない時間」川崎F退団のFW大塚翔平がSC相模原加入

▽SC相模原は22日、昨季限りで川崎フロンターレを退団したFW大塚翔平(27)の加入を発表した。 ▽大塚は、2016年にギラヴァンツ北九州から加入。在籍した2シーズンで明治安田生命J1リーグでは15試合2得点、YBCルヴァンカップでは2試合2得点を記録。天皇杯には2試合、ACLには1試合に出場していた。 しかし、昨季は公式戦4試合の出場に留まり、2017年12月に契約満了が発表された。 ▽相模原への加入が決定した大塚は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「相模原のために精一杯がんばります! 応援よろしくお願いします!」 ◆川崎フロンターレ 「川崎での2年間は僕にとってかけがえのない時間でした。川崎に関わる全ての人に感謝しています。ここで得た経験を生かしてこれからも頑張っていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました」 2018.02.22 10:21 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F、知念弾で一矢報いるも蔚山現代の2発に沈む…昨季J1王者が公式戦3連敗《ACL2018》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第2節の蔚山現代vs川崎フロンターレが20日に行われ、川崎Fは1-2で敗れた。 ▽ゼロックスのセレッソ大阪戦とACL初戦の上海上港戦(0-1)で敗れ、公式戦連敗スタートとなった川崎F。グループステージ突破のためにも勝ち点3が欲しい川崎Fは、前回の上海上港戦から先発メンバーを3人変更した。エウシーニョと中村に代えて守田と阿部を起用。前回大会の退場で初戦を欠場した車屋が登里と代わって左サイドバックに入った。 ▽一方、初戦のメルボルン・ビクトリー戦を3-3のドローに終わった韓国FAカップ王者の蔚山現代は、今シーズンにサガン鳥栖から加入した豊田が前線に入った。 ▽試合は互いに主導権を握ろうとする中、川崎Fは蔚山現代のサイド攻撃に冷静に対応。川崎Fは15分、敵陣中央やや左からの大島の縦パスを受けた小林がボックス手前やや左から右足を振り抜く。しかし、これはゴール左外へと外れた。 ▽川崎Fは直後、蔚山現代のキム・チャンスのアーリークロスを豊田にゴール前左で合わせられたが、わずかにゴール左へと外れて難を逃れる。21分にも一本のパスがゴール前右の豊田に渡ったが、谷口が体を張って防ぐ。 ▽押し込まれる時間帯が続いた川崎Fは29分、大島のパスをボックス左手前で受けた家長がカットインから左足シュート。しかし、これが左ポストに嫌われてしまい、先制点とはならない。 ▽その後、ボールを保持するもなかなかボックス内に侵攻できない川崎F。すると42分、蔚山現代にボックス左での混戦で粘られる。オルシッチ落としを最後はボックス左手前のチョン・ジェヨンに右足で丁寧に合わせられ、ゴール左隅へと突き刺された。 ▽後半、川崎Fは攻勢を強めたいものの、蔚山現代の激しい当たりに苦しめられる。流れを掴み切れないでいると66分、谷口が最終ラインでボールを奪われてシュートまで持ち込まれる。ここはGKチョン・ソンリョンが防いだものの、こぼれ球を拾われて最後はオルシッチの落としをイ・ヨンジェにボックス手前からゴール右上隅へと豪快に決められて追加点を許してしまう。 ▽突き放された川崎Fは71分に大久保に代えて知念を投入。しかし、ボックス付近でのパスワークが噛み合わずシュートチャンスを作ることが出来ない。それでも85分、ボックス左手前でパスを受けた登里がゴール前にクロスを入れると、知念が頭で合わせてゴール右へと流し込んだ。しかし、反撃はここまで。川崎Fは1-2で敗れ、公式戦3連敗を喫している。 2018.02.20 21:04 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース