川崎Fへの移籍発表から1週間…齋藤学、移籍理由や横浜FMへの思いを明かす2018.01.20 08:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽横浜F・マリノスから川崎フロンターレへの移籍を決断した日本代表MFMF齋藤学が心境を明かした。

▽横浜FMの下部組織で育ち、2008年にプロデビューを果たした齋藤は、2011年にFC愛媛へと期限付き移籍。その後横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍。昨シーズンからはジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔の背番号「10」を引き継ぎキャプテンとしても任命されていた。

▽しかし、齊藤は昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。全治8カ月と発表されており、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合1ゴール、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯2試合2ゴールという成績にとどまった。現在はまだ完治していない中、今月12日に同選手の川崎Fへの完全移籍が発表された。

▽驚きの移籍発表から1週間が経過した19日、齋藤学は自身のインスタグラム(manabu011)を更新。移籍を決断した理由や経緯を説明し、8歳から過ごしてきた横浜F・マリノスへの思いをつづった。

「僕はサッカーが好きで、プロの選手として成長したくて、純粋にその想いに駆られ今回、この道を選ぶことにしました」

「居心地の良いところにいるよりも新しいところに行く怖さ。正直、不安はあるし、緊張するし。それでもここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、挑戦すると決めました」

「みんなで一丸となって勝利した試合があった。悔しい思いをした試合もあった。あらゆることを「マリノス」で得て、学んだ。だからこそ、自分自身こうして移籍するなんて1つも想ってなかったです」

「でも、自分の成長のためにマリノスを離れる決断をしました。マリノスでも成長出来るだろ? そう思う方がいるのもわかります。でも僕の中では、サッカー選手としてこれまで積み上げてきたものやチーム内での立場、ここで一度リセットして、いちから始めることがさらなる成長に繋がると、悩み抜いた上に判断しました」

「そして、これだけは言えます。10番もキャプテンも中途半端な気持ちで背負っていません。日々その重みを感じながら、怪我する前はピッチで、怪我してからもピッチ外で、マリノスがどうすれば良いチームになるか自分なりに考え行動してきました」

「僕はマリノスが大好きです。だって、自分の全てが、詰まった、8歳から過ごしてきたクラブですよ。 「屑、死ね、裏切り者、怪我治るな」など何を言われてもしょうがない。そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。今までマリノスの選手として闘ってきたことこれだけは否定されたくない」

「たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。ありがとうございました」

「最後に、横浜F・マリノスに関わる全ての皆さん、今まで本当にありがとうございました。長い間、お世話になりました」

「そして、川崎フロンターレの皆さん、お世話になります。誠心誠意 全力を尽くしてプレーします! よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

MF大島僚太、偉大な先輩MF中村憲剛に感謝…神戸加入のイニエスタについても言及《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、川崎フロンターレのMF大島僚太が取材に応対。ロシア・ワールドカップ出場のチャンスを得ることができていることに対して、川崎Fの“バンディエラ”MF中村憲剛の存在に感謝した。また、24日にヴィッセル神戸への加入が決まったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)についても言及している。 <span style="font-weight:700;">◆MF大島僚太</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)とは会ったか</span> 「挨拶だけしました」 <span style="font-weight:700;">──青山の離脱について</span> 「残念だなと思います。ただ、そこに関して僕自身は僕自身で集中してやっていくだけだと思います」 <span style="font-weight:700;">──MFイニエスタがヴィッセル神戸に加入したが</span> 「アウェイ神戸戦が終わってしまったので(笑) 早くホームで対戦したいという気持ちもあります。Jリーグでどんなプレーをするのか楽しみです」 <span style="font-weight:700;">──川崎Fも誰かとってほしいか</span> 「別に…神戸ぐらいじゃないですか? 獲れるのは(笑)」 <span style="font-weight:700;">──監督やチームメイトからは声をかけられたか</span> 「頑張ってということを言われましたし、オニ(鬼木達監督)さんからも少し話はありました。気持ちのことを言われましたね」 <span style="font-weight:700;">──MF中村憲剛(川崎フロンターレ)からは何か</span> 「いやもう頑張ってこいと。みんなそういう感じです」 <span style="font-weight:700;">──ここまで来れたのにはMF中村憲剛という存在が近くにいたことも大きいと思うが</span> 「ボールを扱うことや試合に勝つ術は教わった部分は多いです。感謝をしています。超えたい存在だと思って毎日背中を見て追いかけて来ました。感謝の気持ちは大きいです」 <span style="font-weight:700;">──今日は自身の横断幕が掲げられていたが</span> 「気づきました。応援してもらえることに感謝しています。それに応えられるように頑張らなくてはいけないなと思っています」 2018.05.24 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

中村2発&阿部弾! 清水に快勝した川崎Fが連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが20日に等々力陸上競技場で行われ、3-0で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで7勝3分け4敗で4位につける川崎F(勝ち点24)と、5勝3分け6敗で9位につける清水(勝ち点18)が激突した。前節の柏レイソル戦を2-1で勝利して、連敗を「2」でストップした川崎Fはその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。小林に代えて長谷川を起用した。 ▽一方、前節の湘南ベルマーレ戦を4-2で勝利して、川崎F同様に連敗を「2」で止めた清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。出場停止の松原に代えて二見を起用した。 ▽連勝を目指す両者の一戦。試合はホームの川崎Fが序盤から押し込む。4分、敵陣中央左からのFKをキッカーの中村がクロス。ファーサイドへのこぼれ球をエウシーニョが左足でボレーを放つも、GK六反に阻まれた。 ▽12分には中村の左CKから守田、14分には大島のスルーパスに抜け出した長谷川がゴールに迫るもどちらも決めきれず。それでも19分、ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーの中村が右足を振り抜く。カーブを描いたシュートがゴール右に吸い込まれて川崎Fが先制に成功した。 ▽先制して以降も清水を押し込み続ける川崎Fは28分、エウシーニョのパスに抜け出した阿部がボックス中央やや右でシュートを放つが、GK六反にブロックされる。それでも33分、右サイドから切れ込んだエウシーニョからパスを受けた阿部がボックス内から反転しながら左足シュート。GK六反に触られたが、そのままゴールネットを揺らし、川崎Fが2-0とリードを広げた。 ▽後半に入ると、ここまで思うように攻撃を組み立てることができなかった清水がサイドからチャンスを作り始める。しかし、この嫌な流れを川崎Fのバンディエラが断ち切る。57分、中村が相手最終ラインでボールを持った河井からインターセプト。そのままボックス内に侵攻してシュートを放つと、一度は防がれたものの、こぼれ球を押し込んでチームの3点目を記録した。 ▽苦しい状況となった清水は70分、ボックス左外でFKを獲得。石毛のゴール前へのクロスにクリスランが飛び込む。頭で合わせようとしたが、肩に当たってしまい、シュートはゴールの上を越えてしまう。 ▽その後も攻勢を強めていきたかった清水だが、川崎Fに攻撃で時間を使われて試合終了。3-0で勝利した川崎Fが連勝を飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

強い決意を語る川崎FのMF大島僚太「川崎フロンターレの代表として」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバー27名を発表した。 ▽川崎フロンターレのMF大島僚太は、クラブを通じてコメント。強い決意を語るとともに、「川崎フロンターレの代表」とクラブを代表することへの想いを語った。 「選出していただき、非常に嬉しく思うのと同時に日本代表としての責任を感じています。チームとしてはリーグ戦がまだ一つ残っていますので、今はリーグ戦に集中していくことを考え、終了後に代表のことを考えていきたいです」 「代表チームでは自分の特徴や自分の出来ることをしっかり出して行くこと、チームメイトに伝えていきたいと思っています。本大会までは限られた時間しかないので、チームが一つになること、チームの方向性を確かめることに全力で取り組んでいきたいと思います。川崎フロンターレの代表として頑張っていきたいと思います」 2018.05.18 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎F、川崎市制記念試合で等々力を盛り上げた歌手・西城秀樹さんの訃報を受けて追悼の意…

▽歌手・西城秀樹さんが5月16日に急性心不全のため亡くなった。63歳だった。この訃報を受けて川崎フロンターレが追悼の意を示している。 ▽1972年に「恋する季節」でデビューを飾り、「ちぎれた愛」、「傷だらけのローラ」など立て続けにヒットを放った西城秀樹さん。1979年に発売された「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」ではミリオンセラーを記録し、両腕を使った「Y・M・C・A」の振り付けが大流行した。 ▽2004年に当時川崎市に在住していた西城秀樹さんは、川崎市の市制80周年記念試合として等々力陸上競技場で開催されたJ2第21節の川崎フロンターレvs横浜FCのハーフタイムで「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を熱唱。以降、2007年を除いて毎年「川崎市制記念試合」に出演し、毎回会場を盛り上げていた。 ▽西城秀樹さんの訃報を受けて川崎フロンターレクラブ公式ツイッター(@frontale_staff)と、同クラブマスコットのふろん太(@kawasaki_f)がツイッターを更新。追悼の意を表すと共に、感謝を告げている。 ◆クラブ公式ツイッター 「いつも謙虚で気さくで笑顔がとても素敵な方。せっかくの縁だからと、フロンターレのサポーターのために、わずか数分の出演にも関わらず毎回毎回リハーサルから一切の妥協を許さない厳しい方でもありました。あの、等々力が一体となる瞬間が大好きでした。秀樹さん、ありがとうございました」 ◆ふろん太 「多くの芸能事務所から『冗談でしょ?』って言われるような費用しか用意できなかったのに、当時川崎在住というだけで男気で来てくださった。以来ずーっと頭が上がらなかったけど、去年西城さんの方から『毎年呼んでくれてありがとうね』って。僕、感謝の気持ちを持つ大切さを教えてもらったよ」 2018.05.17 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

20日等々力開催のJ1第15節川崎Fvs清水、チケット完売…中断期間前最後の一戦

▽川崎フロンターレは15日、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第15節清水エスパルス戦におけるチケット完売を発表した。 ▽川崎Fはクラブ公式サイトを通じて「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービス・遅割は実施いたしません」「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」とアナウンスしている。 ▽ロシア・ワールドカップによる中断期間前最後の一戦となるJ1第15節。満員の等々力陸上競技場で、現在7勝3分け4敗で4位につける川崎Fが、5勝3分け6敗で9位に位置する清水を迎える。 2018.05.16 10:35 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース