スター選手2人を犠牲に? サンチェスに迫るユナイテッド、プレミア最高給与提示か2018.01.14 10:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)に破格の給与を用意しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽シティ行き濃厚とみられていたサンチェスの去就だが、ここにきてアーセナルと選手に対して好オファーを用意していると伝えられるユナイテッドが争奪戦のポールポジションに立ったことが報じられている。

▽『デイリー・メール』によれば、ユナイテッドはアーセナルに対してシティよりも好条件のオファーを出しているだけでなく、サンチェスに対しても週給35万ポンド(約5300万円)以上を提供する用意があるという。

▽また、仮に高額をかけてサンチェスを獲得した場合、これまで噂されてきたアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、レアル・マドリーMFガレス・ベイルの獲得には乗り出さない見込みとのことだ。

▽なお、仮にサンチェスが週給35万ポンドを受け取ることになれば、プレミアリーグで初となり、現在のリーグNO.1高給取りになる模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル、マドリー残留に前進! ロペテギ監督徹底慰留

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、マンチェスター・ユナイテッド行きから遠ざかっている。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽負傷などの影響もあり、昨シーズンはマドリーでジネディーヌ・ジダン前監督から信頼を得ることが出来ていなかったベイル。5月末のチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦では、途中出場から2ゴールを決める活躍で並外れた能力を再証明していたが、試合後には退団を仄めかすような発言をしていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン前監督が退任を電撃発表し、クラブの“主役”としてスコアラーの役割を一手に引き受けていたFWクリスティアーノ・ロナウドもユベントスに移籍。前線での爆発力を誇りながらも守備のタスクを課されていたベイルの去就は、どちらとも取れない不透明な状況が続いていた。 ▽今回の『テレグラフ』の記事によると、ベイルはフレン・ロペテギ新監督から、C・ロナウドを喪失後したマドリーの新時代の中で重要な役割を担う、と聞かされたという。これに対して、ベイルもポジティブな反応を示しているようだ。 ▽ベイルにはこれまでマンチェスター・ユナイテッドからの興味が主に報じられていた。しかし、C・ロナウドの退団とロペテギ監督からの期待を考慮すれば、ユナイテッド行きは立ち消えになるだろう、と記事は伝えている。また、決断が迫っているベイルは今週末にもマドリーとの協議を予定しているそうだ。 ▽攻守に奮闘し、批判に晒された昨シーズンも公式戦39試合21ゴール7アシストを記録しているベイル。C・ロナウドという大きな存在感を放つスーパースターの退出後、マドリーの顔に成り代わることはできるのだろうか。 2018.07.17 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスがブリントの復帰を発表! 4年契約で移籍金は約21億円

▽アヤックスは17日、マンチェスター・ユナイテッドからオランダ代表DFダレイ・ブリント(28)が加入することを発表した。5シーズンぶりの復帰となる。 ▽ブリントは2014年夏、アヤックスからオランダ代表で師弟関係を築いたルイス・ファン・ハール前監督が率いるユナイテッドに加入。センターバックやボランチ、左サイドバックなど複数のポジションでプレーした。 ▽しかし、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任してからは出場機会が激減。ユナイテッド在籍4年間で公式戦141試合に出場し6ゴール10アシストを記録。2017-18シーズンは17試合に出場し、1ゴール2アシストを記録していた。 ▽アヤックスは、ブリントと2022年6月30日までの4年契約を締結。移籍金は1600万ユーロ(約21億円)とのことで、最大2050万ユーロ(約27億円)に増加する可能性があるようだ。 2018.07.17 19:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがアルナウトビッチ放出を容認か ユナイテッド関心も本人は…?

▽ウェストハムは、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)を表出する構えのようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽今夏積極的な補強を見せているウェストハム。先月、クラブ史上最高額でトゥールーズからフランス人DFイッサ・ディオプを獲得したかと思えば、今月15日にラツィオのブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンをそれを上回る4200万ポンド(約62億4000万円)で獲得。ほかにもドルトムントからウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ、アーセナルを退団したイングランド代表MFジャック・ウィルシャーら即戦力候補となる選手らを次々と獲得している。 ▽そんなウェストハムが今度は余剰戦力の整理に動くようだ。アルナウトビッチは2017年夏に当時クラブ史上最高額の移籍金2000万ポンド(当時のレートで約28億8000万円)でストーク・シティから加入。2017-18シーズンはリーグ戦31試合に出場し11ゴール6アシストを記録し、クラブの年間最優秀選手に選ばれた。 ▽しかし、ウェストハムがフェリペ・アンデルソンを獲得したことでアルナウトビッチは放出候補に。『カルチョメルカート』によれば、マンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せているようだが、同選手はローマ移籍を希望しているようだ。 2018.07.17 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

A・サンチェス、アメリカ遠征不参加に…脱税による有罪判決でビザが発給されず

マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスが、ビザ発給に問題が生じたためチームのアメリカ遠征に帯同できなかったようだ。<br><br>今冬にアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェス。新シーズンを前に行われるクラブのアメリカツアーに帯同する予定だったが、アメリカ政府からビザが発給されず、イングランドに残ることが決まった。<br><br>スペインの税務当局は、バルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけてにサンチェスが100万ユーロ(当時約1億3000万円)を脱税したとして告発。そして今年2月、サンチェスに対して懲役16カ月の有罪判決が確定した。スペインの法律により収監は免れたものの、アメリカの法律では詐欺罪の有罪を受けた者に対してビザは発給されない。<br><br>サンチェスはアメリカ遠征に帯同するために、弁護士とともにビザ申請に動いていたが、その過程は予想以上に長く、結局プレーシーズンが始まるまでに間に合わなかった。<br><br>ユナイテッド、このアメリカツアーで20日にクラブ・アメリカと、22日にアースクエイクスと対戦。その後、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でACミラン、リヴァプール、レアル・マドリーとの試合を控えている。<br><br>8月10日のプレミアリーグ開幕戦まで1カ月を切った重要な時期に、主力のサンチェスの離脱はジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームにとって大きな痛手になりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.17 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ブリントの5季ぶりアヤックス復帰に合意

▽マンチェスター・ユナイテッドは16日、オランダ代表DFダレイ・ブリント(28)のアヤックス復帰に合意したことを発表した。詳細についての発表は後日行われるとのこと。 ▽ブリントは2014年夏、アヤックスからオランダ代表で師弟関係を築いたルイス・ファン・ハール前監督のユナイテッドに加入した。 ▽ユナイテッド加入後は守備的ポジションなら複数こなせる万能ぶりを発揮。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督就任の2016年夏以降、出番を減らしている。 ▽なお、ユナイテッド在籍4年間で公式戦141試合6得点10アシストを記録。2017-18シーズンは17試合に出場し、1得点2アシストの成績を収めた。 2018.07.17 08:40 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース