スター選手2人を犠牲に? サンチェスに迫るユナイテッド、プレミア最高給与提示か2018.01.14 10:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)に破格の給与を用意しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽シティ行き濃厚とみられていたサンチェスの去就だが、ここにきてアーセナルと選手に対して好オファーを用意していると伝えられるユナイテッドが争奪戦のポールポジションに立ったことが報じられている。

▽『デイリー・メール』によれば、ユナイテッドはアーセナルに対してシティよりも好条件のオファーを出しているだけでなく、サンチェスに対しても週給35万ポンド(約5300万円)以上を提供する用意があるという。

▽また、仮に高額をかけてサンチェスを獲得した場合、これまで噂されてきたアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、レアル・マドリーMFガレス・ベイルの獲得には乗り出さない見込みとのことだ。

▽なお、仮にサンチェスが週給35万ポンドを受け取ることになれば、プレミアリーグで初となり、現在のリーグNO.1高給取りになる模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

「ファンが待ちわびていた選手」ファーガソン氏の元右腕がA・サンチェスの移籍に太鼓判

マンチェスター・ユナイテッドの元コーチ・レネ・ミューレンスティーン氏がアレクシス・サンチェスの移籍に太鼓判を押した。<br><br>今夏アーセナルとの契約が切れるサンチェスは、当初マンチェスター・シティ行きが濃厚とされてきたが、同クラブが争奪戦からの撤退を表明したことを受け、ユナイテッドがポールポジションに立ち、移籍成立に限りなく近づいたと報じられている。この報道を受け、アレックス・ファーガソン政権時代のコーチであるミューレンスティーン氏は、チリ代表FWはオールド・トラフォードで活躍できると『Goal』で語ってくれた。<br><br>「彼らがこの移籍を成立することができれば、マンチェスター・ユナイテッドにとって本当に良い補強だと思う。それにアレクシス・サンチェスにとっても良い移籍だ。エネルギッシュで、運動量があり、チャンスも作れ、得点も奪える彼のような選手をマンチェスター・ユナイテッドのサポーターは待ちわびていた」<br><br>「彼は見ている人を魅了できる選手だ。移籍が成立すれば、それは双方にとって非常に良いものになるだろう」<br><br>また、ミューレンスティーン氏は、サンチェスに入れ替わり、ユナイテッドを離れアーセナルに加入するヘンリク・ムヒタリアンについても言及。<br><br>「これはビジネスで、契約の中で時々生じることだ。人員整理を進めたい彼らは、ムヒタリアンを放出することを元々考えていて、そしてサンチェスの契約の中に埋め込むことを思いついたのだろう。市場が閉まるまでに時間はあるから、まだまだ多くのことを議論すると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 12:44 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、C・ロナウドのユナイテッド復帰にゴーサイン?

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)の希望が叶うかもしれない。スペイン『アス』が報じた。 ▽ポルトガル人ストライカーの希望は来夏、古巣マンチェスター・ユナイテッドへの復帰だ。現在、フロレンティーノ・ペレス会長と会談で約束したはずの契約内容の改善がなされない現状に不信感を募らせ、シーズン終了後の退団を決心したとの報道があとを絶えない。 ▽スペイン『La Sexta』によれば、今冬の移籍市場でアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に迫っているとみられるユナイテッドだが、水面下でC・ロナウド連れ戻しに向けた計画も進行中。ジョゼ・モウリーニョ監督も同選手の復帰に前向きだという。 ▽また、『La Sexta』が報じたところによると、現在のユナイテッドはマーケティング面から見ても、C・ロナウド復帰計画を実現させるだけの財力が備わるクラブとのこと。モウリーニョ監督とC・ロナウドのオールド・トラフォードでの再会は実現するのだろうか。 2018.01.19 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州クラブが選手に支払った総給与額が判明!

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は17日、欧州クラブに関するベンチマークレポートを発表した。スペイン『アス』はその中で、各クラブが選手に支払った給与の総額に着目している。 ▽報道によれば、2016年にヨーロッパのサッカークラブは総額73億ユーロ(約9913億円)の給与を選手に支払った。そのうち42%をプレミアリーグのクラブが占め、給与支出額トップ20に9クラブが入ったようだ。 ▽最も高額な給与を支払っているクラブはバルセロナで、その額は3億7200万ユーロ(約505億円)。これは1年間の総収入の60%にあたるという。最近クラブとの契約更新が合意したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがブラウグラナから受け取る年俸総額は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをはるかに凌いでいるといわれ、その額は1億ユーロを超えるもののようだ。 ▽次点でマンチェスター・ユナイテッドが続いた。フランス代表MFポール・ポグバやベルギー代表FWロメル・ルカクらを要する赤い悪魔が3億2100万ユーロ(約436億円)で2位となった。3位にはレアル・マドリー。C・ロナウドやクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ブラジル代表DFマルセロらを抱える銀河系軍団は3億700万ユーロ(約417億円)の給与を選手らに支払っていることが明らかになった。 ▽以下、チェルシー、マンチェスター・シティと続き、昨夏の移籍市場を賑わせたパリ・サンジェルマンが6位に入った。その下にリバプール、バイエルン、アーセナル、ユベントスが続いた。トップ10の半分をプレミアリーグのクラブが占めるという構図になっている。 ▽2013-14シーズンから施行されたファイナンシャル・フェアプレーによって、クラブの支出が制限される一方、高騰する放映権料により、近年では移籍金のインフレが激しくなっているフットボール界。それに伴い、選手の年俸も徐々に上がってきているようだ。 ◆欧州最高支払い給与額トップ20 1.バルセロナ/3億7200万ユーロ(約505億円) 2.マンチェスター・ユナイテッド/3億2100万ユーロ(約436億円) 3.レアル・マドリー/3億700万ユーロ(約417億円) 4.チェルシー/2億9800万ユーロ(約405億円) 5.マンチェスター・シティ/2億9400万ユーロ(約399億円) 6.パリ・サンジェルマン/2億9200万ユーロ(約397億円) 7.リバプール/2億8100万ユーロ(約382億円) 8.バイエルン/2億7000万ユーロ(約367億円) 9.アーセナル/2億6300万ユーロ(約357億円) 10.ユベントス/2億2100万ユーロ(約300億円) 11.ミラン/1億6100万ユーロ(約219億円) 12.ローマ/1億5600万ユーロ(約212億円) 13.ドルトムント/1億4000万ユーロ(約190億円) 14.トッテナム/1億4000万ユーロ(約190億円) 15.アトレティコ・マドリー/1億3700万ユーロ(約186億円) 16.ヴォルフスブルク/1億3400万ユーロ(約182億円) 17.エバートン/1億2800万ユーロ(約173億円) 18.インテル/1億2700万ユーロ(約172億円) 19.アストン・ビラ/1億2500万ユーロ(約170億円) 20.ウェストハム/1億1400万ユーロ(約155億円) 2018.01.18 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、サンチェスとムヒタリアンのトレード成立をほぼ認める「起こりそうだね」

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、同クラブFWアレクシス・サンチェス(29)とマンチェスター・ユナイテッドMFヘンリク・ムヒタリアン(28)のトレード成立が間近であることを明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽サンチェスに関しては、シティ移籍濃厚から一転して、急きょ参戦したユナイテッドへの移籍が確実視されている状況。オペレーションに関しては、ムヒタリアンとのトレードの可能性が伝えられていたが、これが実現間近であるとヴェンゲル監督も認めた。 「30年間にわたって市場に携わっているが、(今回の移籍は)起こりそうだね。でも、物事というのは、いつ崩れるか分からない」 ▽また、ヴェンゲル監督はムヒタリアンとの取引に関して、「私はあると理解している。給与は問題にならない」と語っており、個人合意に向けた交渉が進展していることを示唆している。 ▽なお、『スカイ・スポーツ』は16日、サンチェスとムヒタリアンのトレードが等価交換になることを報じている。 2018.01.18 19:19 Thu
twitterfacebook
thumb

U-20イングランド代表DFボースウィック=ジャクソンがレンタル先のリーズからユナイテッドに復帰

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、U-20イングランド代表キャメロン・ボースウィック=ジャクソン(20)がレンタル先のリーズ・ユナイテッドから復帰したことを発表した。 ▽ユナイテッドの下部組織出身のボースウィック=ジャクソンは、2015-16シーズンにトップチームに昇格し14試合に出場。昨季前半はウォルバーハンプトンに、今季はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズにレンタル移籍していた。リーズではリーグ戦1試合、FAカップ1試合、EFLカップ4試合に出場していた。 ▽世代別のイングランド代表経験を持つ左サイドバックは、復帰後まずはリザーブチームでの出場を予定しているという。 2018.01.17 19:57 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース