ナポリ、得点源メルテンスに新契約提示へ 年俸500万ユーロ用意か2018.01.14 02:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリが、ベルギー代表FWドリエス・メルテンス(30)に新契約を提示する用意があるようだ。『TUTTOmercatoWEB』が伝えている。

▽2013年夏に、PSVから加入し今シーズンで5シーズン目を迎えているメルテンス。昨季からセンターFWで起用されるようになると、公式戦46試合で34ゴール15アシストと、才能が開花。今季もここまで公式戦30試合で14ゴール12アシストをマークし、ナポリの前線に欠かせない選手となっている。

▽そんなメルテンスとナポリの契約は2020年6月まで。契約解除金も2800万ユーロ(約38億円)となっており、近年の活躍を顧みるとあまりにも低い。そこでクラブは新たな契約として、年俸500万ユーロ(約6億7000万円)を用意。30歳と円熟味が増すチームの得点源をチームに留まらせたい意向のようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ボローニャFWヴェルディが今冬のナポリ移籍を拒否 「1月にボローニャを離れたくなかった」

▽ボローニャのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(25)が、今冬のナポリ移籍を拒否したことを明かした。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽今冬の移籍市場でウイングの獲得を目指すナポリは、イタリア屈指のウイングに成長したヴェルディ獲得に動いていた。ボローニャとの間では2400万ユーロ(約32億7000万円)の条件で合意を取り付けていたものの、ヴェルディ本人との個人間での交渉が難航していた。 ▽渦中のヴェルディはナポリからのオファーを「光栄」と喜びながらも、今冬の移籍を望まず、この申し出を断ったことを明かした。 「ナポリに対して、ノーという言葉を突き付けたわけではないんだ」 「ただ、僕は1月にボローニャを離れたくなかった。僕はここに残ることを望み、6月までここで成長していくプロジェクトを選んだんだ」 「もちろん、ナポリからの申し出には心から光栄だと思っているし、真剣に移籍の可能性を考慮したけど、結局は自分の決断を重視した。ナポリは僕に対して、尊敬や感謝の気持ちを示してくれた。そのことを光栄に思うけど、僕はここに残ることを決めたんだ」 ▽ミランの下部組織出身のヴェルディはトップチーム昇格を果たすも、2011年にトリノに移籍。その後、エンポリなどでの活躍を経て2015年にミラン復帰を果たしたが、ミランでの出場機会を得られないまま2016年にボローニャへ移籍した。ボローニャではすぐにレギュラーを勝ち取り、加入2年目となった今シーズンはリーグ戦ここまで20試合に出場し6ゴール5アシストをマーク。積極果敢なドリブル突破に加え、両足から繰り出される正確なプレースキックが高く評価されている。 ▽なお、ヴェルディ獲得に失敗したナポリは、マンチェスター・ユナイテッドも獲得を狙う、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表MFルーカス・モウラ(25)への関心を強めているようだ。 2018.01.16 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリが長期離脱中のミリクとグラムのトレーニング復帰を発表

▽ナポリは15日、長期離脱中のポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクとアルジェリア代表DFファウジ・グラムの両選手がトレーニングに復帰することを発表した。 ▽昨季、左ヒザ前十字じん帯を断裂したミリクは9月22日に行われたSPAL戦で右ヒザ前十字じん帯を断裂。立て続けに大ケガに見舞われていた。また、グラムは11月1日に行われたマンチェスター・シティ戦で右ヒザ前十字じん帯を断裂していた。 ▽負傷から4カ月が経過したミリクと2カ月半が経過したグラムについてナポリは以下のような声明を発表している。 「両選手が15日にテストを受け、良い結果が得られた。両選手共にリハビリの経過が順調でナポリのコーチングスタッフの下、個別に組まれたメニューをこなしていくことになる」 ▽セリエAを20試合消化した段階で2位ユベントスに1ポイント差を付けて首位に立っているナポリにとって、両選手のトレーニング復帰のニュースは明るい材料となりそうだ。 2018.01.16 01:24 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、酒井宏樹の元同僚MFマシャクをフリーで獲得!

▽ナポリが先日にトゥールーズとの契約を解消したフランス人MFジネディーヌ・マシャク(22)をフリートランスファーで獲得した。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が11日、自身の公式『ツイッター』を通じて加入を明かした。 ▽2012年から2014年までマルセイユの下部組織に在籍していたマシャクは、2014年夏に加入したトゥールーズでプロキャリアをスタート。卓越した身体能力とテクニックを誇るセントラルMFは、2015-16シーズンのリーグ戦16試合に出場し、1ゴールを記録していた。 ▽また、昨シーズンは古巣マルセイユに買い取りオプション付きのレンタルで加入し、公式戦12試合に出場し1ゴールを記録。今季はトゥールーズに復帰したものの、昨年10月末にクラブと双方合意の下で契約を解消していた。 2018.01.12 04:02 Fri
twitterfacebook
thumb

冬の王者・ナポリがデウロフェウを狙う? 代理人がイタリアで目撃

▽バルセロナでポジションを掴めていないスペイン代表FWジェラール・デウロフェウに対し、ナポリが興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽バルセロナのカンテラ出身のデウロフェウは、トップチームに昇格すると2013年7月にエバートンへレンタル移籍。2014年8月にはセビージャへのレンタル移籍を経験すると、2015年7月にエバートンへ完全移籍。その後、ミランへのレンタル移籍を経験し、2017年7月からバルセロナに復帰していた。 ▽しかし、今シーズンはリーガエスパニョーラで9試合に出場し1ゴール2アシストと思うような結果を残せていない状況が続いており、ナポリが獲得に興味を示しているとのことだ。 ▽『gianlucadimarzio.com』によると、デウロフェウの代理人を務めるヒネス・カルバハル氏がイタリアに滞在。ナポリがバルセロナに対し、1500万〜1600万ユーロ(約20億〜21億円)から移籍金を引き下げる要求をしているとのことだ。 ▽ナポリは今冬の市場で、ボローニャのシモーネ・ベルディの獲得を優先していると考えられ、デウロフェウは最優先事項ではないとのこと。同じく獲得に興味を持っていたインテルがデウロフェウから手を引くことも報じられており、ナポリとしては獲得に最も近い位置にいる状況となっている。 2018.01.11 17:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ドイツ代表ウインガー補強へ

▽ナポリが、アヤックスのドイツ代表FWアミン・ユーネス(24)の獲得に近づいているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽2015年7月にボルシアMGからアヤックスに加入したユーネスは、168cmの低身長を生かしたドリブルを武器とするアタッカーだ。在籍3シーズン目となるアヤックスではこれまで公式戦96試合に出場し17ゴール24アシストをマーク。また、各年代のドイツ代表にも選出されている逸材は、6月に行われたコンフェデネーションズカップ2017でフル代表デビューを飾ると、これまで5試合で2ゴールを記録している。 ▽去年12月のイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道によると、ナポリは昨シーズンから興味を示しており、ナポリのクリスティアーノ・ジュントーリSD(スポーツディレクター)は、昨シーズンに行われたヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのリヨンvsアヤックスを視察していたという。また、同選手はクラブからの契約延長オファーを拒否しているとみられている。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、アヤックスも適正な移籍金を支払えば来冬での移籍を認める方針だと説明していたが、今回伝えられるところによると、ナポリは、ユーネスとアヤックスの契約が切れる来夏にフリーでの獲得に個人間で合意に至ったようだ。 ▽しかし『TRANSFERmarketWEB』は最後に、「ほかのクラブが強い関心を示さない限り」と但し書きを残しており、ほかのクラブへの移籍の可能性もほのめかしている。 2018.01.10 01:46 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース