鳥栖、DFキム・ミンヒョクとDFチョン・スンヒョン、MFアン・ヨンウ、FW小野裕二と契約更新2018.01.13 17:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は13日、韓国代表DFキム・ミンヒョク(25)と韓国代表DFチョン・スンヒョン(23)、MFアン・ヨンウ(26)、FW小野裕二(25)の契約を更新したことを発表した。

▽韓国出身のキム・ミンヒョクは2014年に韓国の崇実大学校から入団。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで33試合3得点を記録した。また、天皇杯に2試合、YBCルヴァンカップに3試合出場している。

▽同じく韓国出身のチョン・スンヒョンは、2017年6月に蔚山現代FCから加入。昨シーズンはJ1リーグで16試合1得点を記録した。

▽同国出身のアン・ヨンウは、2017年7月に全南ドラゴンズから加入。昨シーズンはJ1リーグに8試合出場している。

▽小野は2017年にベルギーのシント・トロイデンから加入。昨シーズンはJ1リーグで19試合2得点を記録した。また、天皇杯に1試合、ルヴァンカップには2試合出場している。

▽契約を更新した4選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆キム・ミンヒョク
「サガン鳥栖ファミリーの皆さまと共にチームのスローガン「ITADAKI」を目指して、犠牲心を持って2018シーズン戦い抜くことを誓います。これからもよろしくお願いします!」

◆チョン・スンヒョン
「いつも温かい応援に感謝しています。またベストアメニティスタジアムで戦えること、大変嬉しく思います。2018シーズンはアウェイでもっと勝点を「ITADAKI」たいので、サガン鳥栖ファミリー皆さま、後押しをよろしくお願いします。みんなで「ITADAKI」目指しましょ!」

◆アン・ヨンウ
「今年もサガン鳥栖の一員として戦える事をとても嬉しく思います。自分自身もさらに発展できるよう最善を尽くして戦います。応援よろしくお願いします」

◆小野裕二
「今年もサガン鳥栖でプレーさせてもらう事になりました。鳥栖でプレーできる喜びをピッチで表現し、常に全力で楽しんでがんばります! 今年も熱い声援、サポートをよろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

鳥栖退団のMF太田徹郎、JFLラインメール青森に加入 昨季途中から古巣山形に期限付き移籍

▽日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森は22日、MF太田徹郎(28)の完全移籍加入を発表した。 ▽太田は、2008年にモンテディオ山形でプロデビュー後、柏レイソル、サガン鳥栖でプレーした。昨年夏から期限付き移籍で古巣の山形に加わったが、シーズン終了後に期限付き期間満了で退団。さらに、保有元の鳥栖も契約満了を発表していた。 ▽ラインメール青森でプレーすることになった太田は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度ラインメール青森に加入することになりました、太田徹郎です。青森の為に、チームの勝利の為に一戦一戦全力で戦いたいと思います。宜しくお願いします」 2018.01.22 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

サガン鳥栖の新ユニフォームは今年も「加速力」がコンセプト

▽ニューバランスは、サプライヤー契約クラブであるサガン鳥栖の2018シーズン新ユニフォームを発表した。 ▽デザインのコンセプトは昨年に続き、「加速力(アクセラレーション)」となっており、脇のb切り替え部分にシャープな切れ込みデザインをいれることでスピード感を表現。さらなる高みを目指すチームを後押ししている。 ▽全てのユニフォームは、ベース素材に吸汗速乾性に優れたニューバランスオリジナル素材「NBDRY」を採用したセミブライニットを用いており、編地組織によるライトストレッチ機能で身体の動きに負担を掛けない新機能を備えた生地で、闘う選手たちを機能面からもサポートする。 ▽ファーストユニフォームはチームの象徴カラーであるサガンブルーをベースに、サガンンピンクの鋭角な斜めピンストライプを重ね、加速力を表現。セカンドユニフォームは“サガン”の由来の1つである砂岩をテーマに、ブロックパターンを砂に見立て表現。1つ1つのブロックが集まる事で、1つの柄になるというデザインは、例え1粒1粒は小さくても、団結することで大きな岩となり、すさまじい力、そして新しい力を生むというメッセージが込められている。 ▽GKユニフォームは袖にアクセラレーションプリントを施し、相手より一瞬先に出てゴール前に立ちふさがるような加速力を表現している。また、全てのユニフォームの襟の内側には、チームスピリットである「True champions in the herarts of all who love Satantosu.」の文字が印字されている。ユニフォーム価格は1万3000円+税。2月下旬に発売される予定だ。 2018.01.19 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖、神戸の元日本代表MF高橋秀人を完全移籍で獲得! 昨季はJ1通算150試合達成

▽サガン鳥栖は16日、ヴィッセル神戸から元日本代表MF高橋秀人(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽FC東京でプロキャリアをスタートさせた高橋は、2017年に神戸へ加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで22試合1得点を記録して、2017年3月18日に行われた第4節のジュビロ磐田戦でJ1通算150試合を達成した。また、YBCルヴァンカップには6試合、天皇杯には3試合出場している。 ▽日本代表には2012年4月に初招集。同年5月のキリンチャレンジカップのアゼルバイジャン代表戦でデビューを果たし、ここまで7試合に出場している。 ▽鳥栖への加入が決定した高橋は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆さん、はじめまして高橋秀人です。クラブの目標を達成するためにまず自分がサッカーと真摯に向き合い、仲間と切磋琢磨し、皆さんの応援を力に一歩ずつ歩んでいきたいと思います。サッカーの醍醐味である“勝利の喜びをみんなで分かち合う”ことに全力を注ぎますので、応援よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「ヴィッセル神戸のファン・サポーターをはじめ皆さまこんにちは、高橋秀人です。この度、サガン鳥栖に移籍することになりました。昨シーズン、たくさんの応援を頂き、それが僕のエネルギーとなり全力で戦うことができました。本当にありがとうございました。しかしながら個人、チームともに大きな成果をもたらすことができなかったことは悔しさで一杯です」 「そして、皆さまと今シーズンを一緒に戦えないことも残念です。ホーム開幕戦ではスタジアムの雰囲気に魅了され、感動したことを今でも鮮明に覚えています。また、天皇杯準決勝での素晴らしい応援も記憶に新しいです。これから別々の道を歩みますが、僕は神戸で学んだことをこれからの人生に活かして、もっと活躍していきます。また近いうちに会いましょう」 2018.01.16 10:21 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖が選手背番号発表、GK権田修一は33→20番に

▽サガン鳥栖は14日、2018シーズンの選手背番号を発表した。 ▽今年で3年目を迎えるマッシモ・フィッカデンティ体制。2018シーズンに向けては、さらなる飛躍に期待が集まる。 ▽背番号は、新加入のDF高橋祐治が3番、DF安在和樹が24番、MF伊藤遼哉が26番。GK権田修一は背番号33から20番に変更となっている。 ▽鳥栖は15日、沖縄県に出発。2月6日までトレーニングキャンプに臨む。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.赤星拓 12.辻周吾 20.権田修一 30.ファンティーニ燦 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.三丸拡 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">高橋祐治</span>☆←(京都サンガF.C.)※完全 5.キム・ミンヒョク 8.藤田優人 13.小林祐三 15.鄭昇炫 23.吉田豊 24.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">安在和樹</span>☆←(東京ヴェルディ)※完全 <span style="font-weight:700;">MF</span> 4.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">原川力</span>☆←(川崎フロンターレ)※期限付きからの完全 6.福田晃斗 7.河野広貴 14.高橋義希 25.安庸佑 26.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">伊藤遼哉</span>☆←(デュッセルドルフU-19)※完全 28.石川啓人 29.谷口博之 50.水野晃樹 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.趙東建 22.池田圭 27.田川亨介 32.ビクトル・イバルボ 40.小野裕二 2018.01.14 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖、FWビクトル・イバルボと契約更新 「ハートを込めてプレーします」

▽サガン鳥栖は14日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(27)との契約更新を発表した。 ▽コロンビア代表としてもワールドカップ出場歴を持つイバルボは、昨年3月より鳥栖でプレー。シーズンが進むにつれて、爆発的な推進力で存在感を強めていき、明治安田生命J1リーグ25試合5ゴールをマークした。 ▽来シーズンも引き続き鳥栖でプレーすることになったイバルボは、クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「全てはサガン鳥栖の勝利の為に、ハートを込めてプレーします。皆様の応援よろしくお願いします!」 2018.01.14 16:50 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース