鳥栖、DFキム・ミンヒョクとDFチョン・スンヒョン、MFアン・ヨンウ、FW小野裕二と契約更新2018.01.13 17:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は13日、韓国代表DFキム・ミンヒョク(25)と韓国代表DFチョン・スンヒョン(23)、MFアン・ヨンウ(26)、FW小野裕二(25)の契約を更新したことを発表した。

▽韓国出身のキム・ミンヒョクは2014年に韓国の崇実大学校から入団。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで33試合3得点を記録した。また、天皇杯に2試合、YBCルヴァンカップに3試合出場している。

▽同じく韓国出身のチョン・スンヒョンは、2017年6月に蔚山現代FCから加入。昨シーズンはJ1リーグで16試合1得点を記録した。

▽同国出身のアン・ヨンウは、2017年7月に全南ドラゴンズから加入。昨シーズンはJ1リーグに8試合出場している。

▽小野は2017年にベルギーのシント・トロイデンから加入。昨シーズンはJ1リーグで19試合2得点を記録した。また、天皇杯に1試合、ルヴァンカップには2試合出場している。

▽契約を更新した4選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆キム・ミンヒョク
「サガン鳥栖ファミリーの皆さまと共にチームのスローガン「ITADAKI」を目指して、犠牲心を持って2018シーズン戦い抜くことを誓います。これからもよろしくお願いします!」

◆チョン・スンヒョン
「いつも温かい応援に感謝しています。またベストアメニティスタジアムで戦えること、大変嬉しく思います。2018シーズンはアウェイでもっと勝点を「ITADAKI」たいので、サガン鳥栖ファミリー皆さま、後押しをよろしくお願いします。みんなで「ITADAKI」目指しましょ!」

◆アン・ヨンウ
「今年もサガン鳥栖の一員として戦える事をとても嬉しく思います。自分自身もさらに発展できるよう最善を尽くして戦います。応援よろしくお願いします」

◆小野裕二
「今年もサガン鳥栖でプレーさせてもらう事になりました。鳥栖でプレーできる喜びをピッチで表現し、常に全力で楽しんでがんばります! 今年も熱い声援、サポートをよろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

鳥栖、DF吉田豊に第三子となる次男が誕生

▽サガン鳥栖は22日、今月20日にDF吉田豊(28)に第三子となる次男が誕生したことを発表した。 ▽吉田はクラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「この度、二男が生まれました。妻、生まれて来てくれた子どもに感謝の気持ちと嬉しさでいっぱいです」 「まず目の前の試合に全力を尽くしてファン・サポーターの皆さんに勝ち点3をプレゼントしたいですし、家族のために、チームのためにもより一層がんばりますので、引き続き熱い応援よろしくお願いします」 2018.04.22 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

パト3戦連発の首位広島が5連勝! 鳥栖4連敗《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖は、ホームの広島が1-0で勝利した。 ▽広島は、パトリックの相方として渡を先発起用。対する鳥栖は、ビクトル・イバルボが引き続き欠場となり、趙東建と小野の2トップをスターティングメンバーにチョイスした。 ▽試合は、開幕から無敗を続ける首位の広島がペースを握る展開に。連動した攻守で敵陣内で時間を進め、ターゲットマンのパトリックを中心に鳥栖のゴールマウスに襲いかかっていく。 ▽その中で、ボールを握れば積極的に広島ゴールに迫る鳥栖は30分、バイタルエリア中央で左サイドからのパスに反応した原川が右足インサイドのシュート。だが、これはクロスバーを叩く。 ▽互いに決定打を欠くまま後半へ。一進一退の攻防に持ち込む鳥栖が引き続き攻勢を強める中、61分に小野に決定機が巡ってくるが、右サイドからのクロスに合わせたヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽なかなか鳥栖の守備ブロックを攻略できずにいる広島。ティーラシン、吉野を立て続けにピッチに送り込み、攻撃の活性化を図るが、有効打を見いだせず、時間だけが過ぎていく。 ▽それでも、広島は83分、ついに均衡を破る。細かいパスワークで鳥栖を押し込むと、バイタルエリア中央でティーラシンの落としからパトリックが右足ダイレクト。これが決まり、広島が先制した。 ▽パトリックの3戦連発となるシーズン6得点目でリードした広島はその後、3連敗の悪い流れを何とか断ち切ろうと反撃に出てきた鳥栖の追随を受けるが、危なげなく5連勝を飾っている。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

プロ初ゴールの郷家が土壇場決勝弾…神戸が首位に! 鳥栖vs湘南はゴールレス《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループD第4節の2試合が18日に行われた。 ▽トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎(2勝1分け/1位)vsヴィッセル神戸(2勝1分け/2位)は、アウェイの神戸が2-1で勝利した。 ▽勝ち点で並ぶ両者の一戦は、22分に動く。ボックス右外で相手からボールを取り返した名倉がドリブルで侵攻。ゴール前のファンマが名倉のパスを流し込み、長崎が先制した。 ▽だが、1点を追う神戸は67分、右サイドから那須がクロスを供給すると、これれにウェリントンが反応。ウェリントンの高い打点のヘディングシュートがゴール左に決まり、神戸が同点に追いつく。 ▽その後、長くこう着状態が続くが、後半アディショナルタイム5分に左サイドの敵陣中央で神戸にFKのチャンス。安井のクロスに中央の郷家が頭で合わせ、ゴールネットを揺らして勝ち越した。 ▽結局、高卒ルーキーのプロ初ゴールが決勝点となり、長崎との頂上決戦を制した神戸がグループ首位に浮上した。 ▽そして、グループDのもう1試合、ベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖(3敗/4位)vs湘南ベルマーレ(1勝2敗/3位)は、0-0で引き分けた。 ▽互いに先の明治安田生命J1リーグから大幅に先発メンバーを入れ替えた一戦は、拮抗した展開となる。その中で互いにスタイルを生かしてゴールに迫るシーンをつくり出すが、なかなかチャンスを生かせない。 ▽先制したい鳥栖は、後半の頭から攻勢を強めたいところだったが、対する湘南も運動量を生かしたらしい戦いで応戦。サイドのスペースを生かした攻撃を仕掛け合うが、局面の打開には至らず、こう着状態が続く。 ▽74分には鳥栖にチャンス。敵陣左サイドで得たFKから藤田がシュートに持ち込むが、惜しくもゴール右外に外れてしまう。続く82分にも敵陣左サイドで得たFKからゴール前の混戦を生むが、これも生かし切れない。 ▽すると、87分には湘南が猛攻が仕掛け、右サイドを攻略した流れから途中出場の野田が押し込んだものの、オフサイドの判定でノーゴール。89分には大野が決定機を迎えるが、ヘディングシュートはわずか枠の上に外れた。 ▽その後も湘南が主導権を握る展開に持ち込んだ一方で、鳥栖もカウンターで反撃。だが、互いに決定打を欠き、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。 V・ファーレン長崎 1-2 ヴィッセル神戸 【長崎】 ファンマ(前22) 【神戸】 ウェリントン(後22) 郷家友太(後45+5) サガン鳥栖 0-0 湘南ベルマーレ 2018.04.18 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

松浦弾守り抜き磐田が3戦ぶり勝利! …鳥栖は手痛い3連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節、ジュビロ磐田vsサガン鳥栖がヤマハスタジアムで行われ、1-0で磐田が勝利した。 ▽リーグ2試合勝利がない磐田は、0-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを4名変更。櫻内、山田、上原、川又に代えて、小川大、松浦、山本、小川航を起用した。 ▽対するリーグ連敗中の鳥栖は、1-2で敗北した前節の柏レイソル戦からスタメンを2名変更。小林、趙東建に代えて、チョン・スンヒョン、河野を起用した。 ▽1分、試合開始早々に鳥栖陣内右サイドで磐田がFKを獲得。キッカーの中村がディフェンスとGK権田の間に落ちるようなボールを入れたが、飛び込んだ小川航にはわずかに合わず、得点には繋がらない。 ▽その後、中盤での激しい奪い合いが続き、お互いに危険なゾーンまで迫ることができない。43分、高橋秀の落としに反応した原川がボックス手前中央で右足を振り抜いたが、GKカミンスキーがセーブ。スコアが動きを見せないまま、試合は折り返しを迎えた。 ▽後半に入ると、磐田が積極的にチャンスを作っていく。49分、ボックス手前中央で田口のパスを受けた中村が、素早くターン。しかし、左足で放ったシュートは枠を外れた。さらに、53分には小川大がボックス手前中央に切り込んで左足を振り抜く。これも得点とはならなかったが、連続して鳥栖ゴールを脅かした。 ▽57分、磐田のカウンターが発動。左サイドを駆け上がったギレルメが中央マイナス方向にクロスを上げると、松浦が飛び込む。右足で放ったシュートはGK権田の手を弾き、ゴールに吸い込まれた。 ▽得点が求められる鳥栖は、68分にDF高橋祐に代えてFW趙東建を投入。守備の枚数を減らして攻撃のカードを切り、前線の圧力を高めていく。 ▽すると77分、途中出場の安庸佑が右サイドからクロスを供給すると、磐田のボックス内に混戦が生まれる。しかし、こぼれ球を拾った趙東建が放ったシュートがネットを揺らすことは叶わない。 ▽85分にも鳥栖に好機が訪れる。左サイドからの原川のシュートはGKカミンスキーのファインセーブに阻まれたが、ボックス手前中央の高橋秀がこぼれ球を拾う。しかし、右足で放たれたグラウンダーのシュートはわずかに枠を捉えることができない。 ▽結局、試合は1-0のスコアで終了。この結果、磐田はホームでリーグ3試合ぶりの白星を飾ることに成功。対する鳥栖は、手痛い3連敗を喫した。 2018.04.15 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

柏が鳥栖の猛攻を凌ぎ切りアウェイで初勝利! 鳥栖はゴールが遠く連敗《J1》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第7節のサガン鳥栖vs柏レイソルがベストアメニティスタジアムで行われ、1-2で柏が勝利した。 ▽中3日の鳥栖と、中2日の柏の対戦。鳥栖は1名だけ変更。ビクトル・イバルボに代えて、趙東建を起用。その他のメンバーは前節のセレッソ大阪と同じとなった。 ▽一方の柏は4名を変更。MF中川寛斗、DF亀川諒史がリーグ戦初先発。さらに、DFパク・ジョンス、MF小泉慶が先発した。 ▽試合は1分、原川が右に展開すると、右サイドを駆け上がった小林がそのままクロス。これは小池が対応してCKとなる。このCKから鳥栖は波状攻撃を仕掛けるも、柏がしっかりと対応する。 ▽柏は3分、中谷からのフィードを駆け上がった小池がトラップ。そのままキム・ミンヒョクをかわしクロスを上げるも、DFがクリアする。 ▽さらにCKが続くと、サインプレーからクリスティアーノのクロスを伊東がヘッド。これを中川が押し込むも、福田がブロックする。 ▽攻勢を強める柏は7分、亀川がボックス左からグラウンダーのパス。これをキム・ボギョンが、ボックス内で1つ持ち出し、そのまま左足で豪快にシュート。柏が先制に成功する。 ▽1点を追う鳥栖は13分、FKを獲得。原川がクロスを入れると、ファーサイドで田川が合わせるも、シュートは枠の左に外れる。 ▽20分には鳥栖がチャンス。趙東建のパスに抜け出た小野が競り合いながらボックス内に侵入。しかし、わずかに届かず、中谷に対応されてしまう。 ▽徐々に鳥栖がペースを握り始める中柏は37分、パク・ジョンスからのロングフィードをキム・ボギョンが右サイドでダイレクトでマイナスのパス。これを亀川が左足でシュート。キックミスとなるも、最後は中川が滑り込みながら合わせ、柏が追加点を奪う。 ▽柏が2点リードして迎えた後半、鳥栖は攻勢を強めていく。57分、ショートコーナーから原川がクロス。高橋秀が頭で触れると、高橋祐が飛び込むもわずかに合わない。 ▽鳥栖は59分、浮き球のパスをボックス内で受けた田川がシュート。しかし、GK桐畑がセーブし、ゴールが遠い。柏は61分、中川が左サイドからゴール前にクロス。伊東がわずかに届かなかったが、GK権田がセーブする。 ▽鳥栖は70分、左CKを獲得。原川のクロスが流れると、田川がシュート。これはGK桐畑がセーブするも、こぼれ球を小野が詰め込むも、中谷がブロック。小野は手に当たったと抗議するも、認められない。 ▽ペースを握る鳥栖の攻撃は75分に実る。ボックス外右から安庸佑がクロス。これをボックス内中央で待ち構えた小野がダイレクトボレー。これがネットを揺らし、1点差に詰め寄る。 ▽その後も鳥栖が攻勢を強め、柏ゴールを目指すもあと1点が遠い。アディショナルタイムには趙東建が入れ替わろうとするも、ファウルを取られてしまう。結局、そのまま試合は終了。柏がリードを守り切り、1-2で勝利。敗れた鳥栖は連敗となった。 2018.04.11 22:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース