レアル・マドリー、メッシ強奪を試みた過去が明らかに2018.01.13 13:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン『アス』は、レアル・マドリーがバルセロナからアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを強奪しようと画策していたと、ドイツ『Der Spiegel』の情報をもとに報じた。

▽レアル・マドリーが獲得を試みたのは2013年6月。バルセロナとの契約に存在したバイアウト条項額2億5000万ユーロ(現在のレートで約338億2000万円)を支払い、宿敵からエースの引き抜きを企てていたという。

▽レアル・マドリーは、弁護士であるイニゴ・フアレス氏にメッシ獲得の意思を表明。代理人からメッシの父親であるホルヘに対して、レアル・マドリーの意思が伝達されたようだ。

▽会談はプライベートジェットの中で行われ、メッシ、フアレス代理人、レアル・マドリー側からフロンティーノ・ペレス会長、スポーツ・ディレクターのミゲル・パルデサ氏、クラブの専属代理人が介した。

▽その中で、フアレス代理人はホルヘ氏に対して、当時メッシにかけられていた脱税容疑を晴らすため、「マリアノ・ラジョイ首相に圧力をかける」ことを保証したとみられている。

▽なお、レアル・マドリーはこの報道に関して、「全くの誤り」であるとし、完全否定しているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、C・ロナウドに代わって最多のユニ売り上げを誇るのは背番号10のあの選手

ユベントスへと移籍したFWクリスティアー・ロナウドに代わって、レアル・マドリーのユニフォームを最も売り上げているのは、ロシア・ワールドカップMVPに輝いたあの選手だった。スペイン『アス』が報じている。<br><br>レアル・マドリーは、C・ロナウドの名と背番号7番がプリントされたユニフォームで、1シーズンに5400万ユーロというクラブ史上最高の売上高を記録した。その最大のスターが去った今夏、ファンにユニフォームを最も買わせているのは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチだった。<br><br>レアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウに隣接するオフィシャルショップによれば、モドリッチの名と10番がプリントされたユニフォームは現在、最も勢いよく売れているという。その次に続いてるのは、MFマルコ・アセンシオ、MFイスコのスペイン人2選手とのことだ。<br><br>またMFガレス・ベイル、GKケイロール・ナバスも売り上げに貢献しているようで、それぞれ英国人、南米人がユニフォームを購入しているとのこと。一方オフィシャルショップで、でかでかと写真が掲載されるなど、まるでクラブの一押しのようになっているFWカリム・ベンゼマのユニフォームの売り上げは、どうやら芳しくないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.24 00:48 Tue
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、退団希望をロペテギ監督に通達

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が、退団希望をフレン・ロペテギ監督に伝えたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コバチッチは、2015年夏に推定3000万ユーロ(現在のレートで約39億2000万円)の移籍金でインテルからマドリーに加入。しかし、これまでの3シーズンの間にレギュラーを掴むことはできておらず、6月下旬には『マルカ』のインタビューで「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」と語っていた。 ▽当然、コバチッチの移籍は既定路線と見られており、それはロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝メンバーになっても変わっていない。W杯決勝の5日後である7月20日にロペテギ監督と面会したコバチッチは、可能な限り早く将来を決定したい、と伝えたという。その深刻さ故に、マドリー側がコバチッチを引き留めることは事実上不可能だと考えるようになったと、『マルカ』は伝えている。 ▽マンチェスター・シティやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど名だたるクラブからの関心が囁かれているコバチッチ。退団する場合の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約65億3000万円)に昇ると試算されている。 2018.07.22 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー入団ヴィニシウスが意気込み! 「ネイマールが僕のアイドル」

▽レアル・マドリーの入団会見に登場したブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが、新天地での意気込みを語った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーは昨年の5月に“次代のネイマール”と称されるヴィニシウスの加入内定を発表。移籍金は4500万ユーロ(現在のレートで約58億7000万円)と伝えられており、当時16歳だった同選手としては破格の契約だ。 ▽そんなヴィニシウスも今年の7月に18歳となり、20日にプレゼンテーションで契約書にサイン。正式な入団を果たし、晴れてチャンピオンズリーグ3連覇チーム、“ロス・ブランコス”の一員となった。 ▽新たなキャリアの1ページに、ヴィニシウスは以下のように意気込んでいる。 「ネイマールが僕のアイドルだ。僕だけでなくブラジル人みんなが彼を追いかけているよ」 「(フレン・)ロペテギ監督は何をすべきかいつも話してくれる。ディフェンスの必要に迫られた時にやり過ぎだし、ドリブルが出来なくなると言われるよ。僕はいつも得点を目指すべきなんだ」 「(チームメートの)みんなが僕の憧れだよ。ビデオ・ゲームの中でした見たことのなかった彼らと、今では一緒に練習できるんだ。言葉で表せないよ」 「目標は勝つこと。僕は勝利に憑りつかれているし、それがレアル・マドリーに来た理由だ」 「僕は左でプレーするし、右もできるよ。レアル・マドリーには残る。何試合かはレアル・マドリー・カスティージャでプレーするかどうか、まだ決めていない」 「自分のスタイルはネイマールに似ていると思う。(元ブラジル代表の)ロナウドと比べられるけど、どちらも偉大だね」 ▽スペインでの生活に慣れるため、数カ月間はBチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性が伝えられているヴィニシウス。適応力を発揮し、トップチームで活躍することはできるのだろうか。 2018.07.22 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&代理人がミラン移籍報道を徹底否定

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)の代理人が、ミラン移籍の噂を断固否定した。スペイン『アス』が報じている。 ▽イタリア『スカイ』が先日に伝えたところでは、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行ったという。具体的な契約内容まで約束され、ミラン側が1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意するまでに至ったとされていた。 ▽上記の内容は、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏からの情報を基にしたものだ。高い信憑性を誇ることで知られる同氏だが、今回ばかりは当てを外したかもしれない。ベンゼマの代理人であるカリム・ジャジリ氏が、自身のツイッターアカウント(@KDjaziri)を通じて以下のように否定した。 「ディ・マルツィオはピエロだ。自分の名声を高めるための戯言だし、本当に笑わせてくれる」 ▽また、ベンゼマ本人も自身のインスタグラム(karimbenzema)を更新し、激しく否定している。 「ディ・マルツィオ、君は新しい仕事を探す必要があるみたいだ。#嘘つき」 ▽なお、現在では両投稿ともに削除済みだ。『アス』は、これらのベンゼマに関する噂はマドリーのフレン・ロペテギ監督が最終的な決断を下すまで続くだろう、伝えている。 2018.07.22 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがW杯で株急騰のトリッピアーをマーク?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(27)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽2015年からトッテナムでプレーするトリッピアーは、今夏のロシア・ワールドカップでベスト4入りしたイングランド代表の一員として、抜群のキック精度を披露。グループステージ最終節のベルギー代表戦を除く6試合に出場し、準々決勝のクロアチア代表戦で直接FKから得点もマークした。 ▽今夏にレアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得したレアル・マドリーだが、トリッピアーにも興味を示している様子。トッテナムは、2022年まで残すトリッピアーを手放すとなれば、移籍金5000万ポンド(約73億1000万円)を求めるとみられる。 2018.07.22 10:05 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース