レアル・マドリー、メッシ強奪を試みた過去が明らかに2018.01.13 13:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン『アス』は、レアル・マドリーがバルセロナからアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを強奪しようと画策していたと、ドイツ『Der Spiegel』の情報をもとに報じた。

▽レアル・マドリーが獲得を試みたのは2013年6月。バルセロナとの契約に存在したバイアウト条項額2億5000万ユーロ(現在のレートで約338億2000万円)を支払い、宿敵からエースの引き抜きを企てていたという。

▽レアル・マドリーは、弁護士であるイニゴ・フアレス氏にメッシ獲得の意思を表明。代理人からメッシの父親であるホルヘに対して、レアル・マドリーの意思が伝達されたようだ。

▽会談はプライベートジェットの中で行われ、メッシ、フアレス代理人、レアル・マドリー側からフロンティーノ・ペレス会長、スポーツ・ディレクターのミゲル・パルデサ氏、クラブの専属代理人が介した。

▽その中で、フアレス代理人はホルヘ氏に対して、当時メッシにかけられていた脱税容疑を晴らすため、「マリアノ・ラジョイ首相に圧力をかける」ことを保証したとみられている。

▽なお、レアル・マドリーはこの報道に関して、「全くの誤り」であるとし、完全否定しているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワの選択…レアル・マドリーor PSG移籍か、世界最高給GKとして青に染まるか

▽ベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)にレアル・マドリーとパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を示しているようだ。ベルギー『HLN.be』が報じた。 ▽クルトワはチェルシーとの契約が来季限りとなっているが、ここまで契約延長のオファーを固辞しているとみられる。著名なベルギー人ジャーナリストであるクリストフ・テルール氏が『HLN.be』で伝えたところによれば、そのクルトワに対してレアル・マドリーとPSGが獲得を考慮しているという。 ▽レアル・マドリーに関しては、かねてからビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバガラの獲得が濃厚とみられていた。しかし22日、ビルバオはケパと2025年まで契約延長し、契約解除金を8000万ユーロ(約108億6400万円)に設定したと発表。これにより、レアル・マドリーは同選手狙いの考えを改め、クルトワに方向転換することを考慮しているとのことだ。ただ、ここまで具体的な提案をチェルシーに出すことはしていないという。 ▽一方のPSGもレアル・マドリーと同様に、クルトワに対する具体的な提案をしていない状況。FWネイマールを史上最高額の2億2200万ユーロで昨年の夏に引き抜いたPSGは、今シーズン終了後に現在モナコからレンタルしているFWキリアン・ムバッペを1億8000万ユーロで買い取る可能性があり、そこからクルトワも狙うとなると、ファイナンシャルフェアプレーに抵触する危険性があるため、二の足を踏んでいるという。 ▽なお、クルトワの契約延長交渉に苦戦しているチェルシーは、週給22万5000ユーロ(約3000万円)を超えるオファーを出している模様。この額はマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアを凌ぐ、GKとしては世界最高額となる給与とのことだ。 ▽クルトワの家族や子どもはマドリッドに住んでいるとのことで、レアル・マドリーから好条件のオファーが届けば理想的とみられているが、果たして今後どのような選択をするのだろうか 2018.01.23 19:44 Tue
twitterfacebook
thumb

CR7のユナイテッド復帰への影響は? サンチェスが背番号7着用へ

▽マンチェスター・ユナイテッド移籍決定のチリ代表FWアレクシス・サンチェスが背番号7を手にしたことで、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドの古巣復帰は立ち消えとなったかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ユナイテッドは22日、サンチェスが加入することを発表した。イギリス『デイリー・ミラー』や『マルカ』など複数メディアは、同選手の背番号がユナイテッドのスーパースター伝統の「7」になると報道。また、文面でのアナウンスこそ無いもののクラブ公式サイトもサンチェスが背番号7のユニフォームを手にしている姿の写真を掲載している。 ▽『マルカ』によれば、これにより囁かれていたC・ロナウドのユナイテッド復帰の噂は収束を迎えることになるという。C・ロナウドはユナイテッド在籍時代に「7」を着用しており、ポルトガル代表やマドリーでも長らく「7」を身に付けている。 ▽また、自身の個人ブランドにも『CR7』と銘打つなど「7」に対する並外れたもの。ユナイテッドが背番号7をサンチェスに託すことを正式に発表すれば、それはC・ロナウドに対する“事実上の受け入れ拒否”となるかもしれない。 2018.01.23 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG戦について問われたベイル「サッカーよりゴルフばかり観るから…」

▽レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルが、来月に控えるパリ・サンジェルマン(PSG)戦に関して質問され、素直すぎる返答をした。大手『ESPN』が伝えている。 ▽ベイルは21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節デポルティボ戦に先発出場して2ゴールを記録。チームも7-1で久々の大勝を収め、スペイン『マルカ』が“ベイルがプレーすればレアル・マドリーは飛翔する”と伝えるなど、繰り返した負傷への批判から一転、クラブ浮上に欠かせない選手としてパフォーマンスが絶賛されている。 ▽マドリーは2月14日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、PSG戦の1stレグを戦う。近年急激に力を付けている強豪との対戦に、ベイルの活躍も大いに期待されているが、本人はあまり関心を示していないようだ。 ▽デポルティボ戦後にミックスゾーンで『ESPN』からのインタビューに応じたベイルは、「ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、フランス代表FWキリアン・ムバッペを擁するPSGとのビッグゲームに関してどう思うか? 」と尋ねられ、以下のように返答した。 「サッカーは本当にあまり観ないんだよ」 「正直言って、ゴルフばかり観てるんだよね」 ▽この返答には『ESPN』も「ベイルはPSGの成長に気が付いていない」とまとめるなど、あまりにも正直すぎるコメントに面食らったようだ。 ▽ちなみに、ゴルフ好きで知られるベイルは母国で開催されるチャリティーゴルフトーナメントに幾度か出場しており、2015年には優勝を経験するなど、“ビデオ学習”の効果は表れている。 2018.01.23 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

左ヒラメ筋損傷のセルヒオ・ラモス、全体練習合流も2018年初出場はまだお預け?

▽ふくらはぎの負傷により離脱していたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが全体トレーニングに復帰したようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽5日にクラブから左ヒラメ筋を損傷したことが発表されたセルヒオ・ラモスは以降、7日に行われたリーガエスパニョーラ第18節のセルタ戦からリーグ戦3試合とコパ・デル・レイ3試合を欠場しており、2017年12月23日に行われたリーガエスパニョーラ第17節のバルセロナ戦を最後に公式戦に出場していない。 ▽そんな中、『アス』によるとセルヒオ・ラモスは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のデポルティボ戦翌日の22日に全体練習へ合流した模様。しかし、24日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのレガネス戦のメンバーには帯同しないようだ。 2018.01.23 12:32 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、エスコートキッズから「君が世界最高で、メッシは…」と話しかけられて「良くないよな」

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、21日のリーガエスパニョーラ第20節デポルティボ戦の開始前にエスコートキッズと行ったやり取りが話題となっている。リーガのテレビカメラが、その様子を捉えていた。<br><br>ピッチに入る前、チームメートともにトンネルで待機していたC・ロナウドは、エスコートキッズから「僕にとっては君が世界最高で、メッシは&hellip;」と話しかけられ、「良くないよな」と続けた。すると違う子が「(メッシは)最低さ」と口を挟み、それに対しては笑みを浮かべながら親指を立てている。<br><br>このやり取りに、ベイルらレアル・マドリーの面々は笑みを浮かべていた。なおその後に行われた試合は、レアル・マドリーの7-1大勝で終了。C・ロナウドは2得点を決めている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.22 10:30 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース