怪物ロナウド、ネイマールのPSG移籍をバッサリ2018.01.13 09:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代に唯一無比のフィニッシャーとして名を轟かせた元ブラジル代表FWのロナウド氏が同代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を「後退」と語った。

▽ネイマールは昨夏、史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナからPSGに完全移籍。この驚きの移籍劇は、多くの注目を集めた。

▽この件について、怪物は自身が決断した当時の史上最高額となる移籍金での移籍を例に挙げ、後輩のフランス行きに懐疑的な見解を示している。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

「スポーツ面からみても、あの決断はステップダウンだね」

「だが、挑戦というものはそれぞれだ」

「私は現役時代にバルセロナからインテルに移籍した。だが、あの当時のセリエAは、より競争力のあるリーグだったからね」

コメント

関連ニュース

thumb

ピャニッチ獲得へ…PSG、ラビオ+3000万ユーロのオファーか

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)獲得に向けて新たな策を講じる可能性があるようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽セリエA屈指のプレーメーカーであり、FKの名手として知られるピャニッチ。現在バルセロナやチェルシー、マンチェスター・シティが関心を寄せている。そんな中、ピャニッチ自身はユベントスでのプレーを望んでおり、クラブ側も同選手に対して新契約を提示する準備を進めていることが伝えられている。 ▽ピャニッチ獲得へ関心を寄せるクラブの一つであるPSGだが、今回2018-19シーズン限りで同クラブとの契約が満了となるフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の譲渡と3000万ユーロ(約39億円)で獲得に動く可能性があるようだ。 ▽スペインメディアでは最近ラビオがバルセロナ移籍で個人間合意に達していることを報道。一方でピャニッチの代理人は同選手をユベントスから移籍させたい意向を持っていることが伝えられているが果たして…。 2018.07.23 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、カバーニ獲得を否定「不可能だ」

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、パリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニの獲得を否定した。イタリアのラジオ番組での発言を『ANSA通信』などが伝えている。 ▽ナポリは現在、かつて同クラブで活躍したカバーニの買い戻しに動いていることが報じられていた。だが、現実的ではないという。 ▽同会長は「カバーニがナポリに来るのは不可能だ。パリ・サンジェルマンが5800万ユーロ(約75億円)要求しているという話を読んだからね。私は彼らに6300万ユーロ(約81億円)で売った。そうやって使った金を取り戻したいのだろうが、それはない」と語った。 ▽2006年からパレルモで、2010年からナポリでプレーしたカバーニは、2013年にパリ・サンジェルマンへ移籍した。イタリア復帰の可能性はないのだろうか。 2018.07.23 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

クリホヴィアクが失意のロシアに早くもリターン! L・モスクワ加入に迫る

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(28)がロコモティフ・モスクワに移籍することが決定的なようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽クリホヴィアクは、2014年夏から所属するセビージャで、当時指揮を執っていたウナイ・エメリ監督(現パリ・サンジェルマン)の下、ヨーロッパリーグ(EL)3連覇などを達成。その後、2016年の夏にエメリ監督と共にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍するも、ポジション争いに苦しみ、昨シーズンは1年間のレンタルでWBAに加入。主力としてリーグ戦27試合に出場もチームの降格に伴い、残留の可能性はなくなった。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、クリホヴィアクを余剰人員と考えるアンテロ・エンリケSD(スポーツ・ディレクター)は、買い取りオプションのレンタル移籍でロコモティフ・モスクワに放出する意向を固めたという。そして、近日中にも移籍交渉が完了する見込みだ。 ▽なお、ポーランド代表としてロシア・ワールドカップに参戦したクリホヴィアクは日本代表戦で意地の1勝を手にするも、有力な突破候補に挙げられながらも1勝2敗の戦績でグループリーグ敗退を強いられた。その失意の地、ロシアで再起を図ることになる。 2018.07.22 14:14 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG新指揮官トゥヘル「ラビオの去就は彼次第」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に去就の行方を委ねた。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽PSGとの契約が来年に満了を迎えるラビオ。しかし、未だ延長に至っておらず、バルセロナを新天地筆頭に移籍報道が熱を帯びつつある。新シーズンからPSGの指揮を執るトゥヘル監督は、21日に行われたインターショナル・チャンピオンズカップ2018のバイエルン戦後、そのラビオについて、次のようにコメントした。 「彼の未来は彼の手中にある。新たな挑戦をするのか、PSGと延長するかどうかは彼次第さ」 「もちろん、彼に残ってもらいたい。ポテンシャルがあって、伸び代もある選手だからね」 「私としても彼と仕事がしたいが、彼の決定に委ねられている」 2018.07.22 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

道化扱いのネイマール「痛い。ケガする。経験者しかわからない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが反撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽現フットボール界指折りのタレントに数えられるネイマール。しかし、ファウルを受けた際のリアクションが「痛がり過ぎ」や「オーバージェスチャー」などの冷ややかな見解を集め、皮肉にも巷で「ネイマール!」のひと声で子供がピッチを転がる“ネイマールチャレンジ”が流行り始めている。 ▽19日にサンパウロで行われたイベントに登場したネイマール。道化扱いされる自身の現状や、思いの丈を語り、世論に対して次のように反発した。 「みんな、僕がタックルを受けたがっていると思っているのかな。そんなわけがない。痛いし、ケガする。試合が終わったら、4〜5時間をかけてアイシングだ。複雑だけど、経験者にしかわからないだろうね」 「茶化しも見たよ。あれ自体はユーモアのひとつだと捉えてね。僕自身も、昨日のインスタグラムに子供たちとのやりとりを投じた。僕はドリブルが真髄の選手。対面する相手に『そこを通してくれ』なんて言えない」 「彼らはファウルで僕を止めようとしてくる。僕は他の選手より素早いし、軽やかだからね。だから、相手は僕にタックルを仕掛けてくる。だから、そういったプレーに笛を吹くレフェリーがいる」 2018.07.22 09:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース