闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明2018.01.12 15:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。

▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。

▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。

▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。

「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」

「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」

▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。

「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」

「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ加入のラングレ「彼らと対戦する必要がなくなって本当良かった(笑)」

▽セビージャから加入したバルセロナのフランス人DFクレマン・ラングレが、同クラブへの加入に満足感を示している。スペイン『アス』が『バルサTV』を引用して伝えた。 ▽ナンシーの下部組織出身のラングレは2017年1月にセビージャに移籍。フィード力を兼ねた現代的な左利きのセンターバックで、2017-18シーズンは公式戦54試合4得点を記録した。 ▽2023年6月30日までの契約でバルセロナに加入したラングレは、同クラブと対戦する必要がなくなったと冗談交じりに話しながら、意気込みを語っている。 「彼らと対戦する必要がなくなったんだ。本当に来てよかったよ(笑)」 「メッシは世界で最高の選手だよ。彼は簡単に試合を支配して、彼が望むように点を奪う。少し運が良いとたまに止めることができるけど、今度は他の選手に拾われてしまうんだよ」 「良い選手とプレーする時は、フィットするのが少し楽になるんだ。そして、このクラブは全選手がトップレベルだ」 「バルセロナの哲学は後ろからボールを運ぶこと。このようなスタイルでプレーするのは世界で一つしかない。みんながバルセロナの街の素晴らしさを教えてくれた。そしてバルセロナにサインした以上、このクラブから退団したくないよ」 2018.07.23 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミニョレ、第2GKとしてバルセロナへ?

▽リバプールに所属するベルギー代表GKシモン・ミニョレ(30)にバルセロナ移籍の可能性が高まっているのかもしれない。イギリス『インデペンデント』が伝えた。 ▽リバプールは今夏、ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカーをGK史上最高額で獲得。昨シーズン、ドイツ人GKロリス・カリウスに後塵を拝したミニョレは今夏、押し出される形で移籍が予想される。 ▽その中、バルセロナは退団が囁かれるオランダ代表GKイェスパー・シレッセンの代わりとして、ミニョレを注視。ドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンのバックアッパーとして獲得を考慮しているという。 2018.07.23 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナが放出検討のミナ「もし望まれない存在なら最高の移籍先を探す」

バルセロナに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナが、今夏での移籍の可能性について言及している。<br><br>先の冬の移籍市場でバルセロナと5年契約を結びながら、欧州リーグへの適応不足を露呈したミナ。バルセロナはEU圏外枠を空けるためにも、売却を検討しているとされる。<br><br>ミナはスペイン『マルカ』とのインタビューで自身の去就について問われ、次のように返答した。<br><br>「バルサと契約を結んでいるわけだし、ここで成功をつかみたい。オファーは届いているけど、とにかく今はバケーションを過ごして、それから考えをまとめたいと思う」<br><br>「もし(バルセロナが)僕を望まないのならば、最高の移籍先を探したい。でも、自分の意思はバルサで成功することにある。世界最高のチームなんだからね」<br><br>ロシア・ワールドカップで3得点を記録するなど活躍を披露したミナだが、バルセロナは実際に売却する場合には、移籍金として2000万ユーロ以上を求めるようだ。<br><br>カ%リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br>提供:goal.com 2018.07.23 02:18 Mon
twitterfacebook
thumb

スーペル・コパ2018の開催地&キックオフ時間が決定!

▽スペインサッカー協会(RFEF)は22日、8月12日に行われるスーペル・コパ2018の開催地がモロッコに確定したことを発表した。 ▽RFEFの発表によると、今大会はモロッコのタンジェにあるグラン・スタッド・ド・タンジールで現地時間21:00(日本時間:29:00)にキックオフされるとのこと。 ▽なお今大会は、ロシア・ワールドカップの開催などもあったことから、これまでのホーム&アウェイ形式から一試合決着の形式に変更され、昨季リーグとコパ・デル・レイの2冠を達成したバルセロナとコパ・デル・レイ準優勝のセビージャが対戦する。 2018.07.23 01:10 Mon
twitterfacebook
thumb

皇帝マルケスが現役引退! モナコやバルサで活躍し歴代3人目のW杯5大会連続出場

▽モナコやバルセロナで活躍したメキシコ代表DFラファエル・マルケス(39)が22日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。 ▽先日まで行われたロシア・ワールドカップ本大会で3試合に出場し、元メキシコ代表のアントニオ・カルバハル氏、元ドイツ代表のローター・マテウス氏に続き史上3人目となるW杯5大会連続出場を果たしたマルケスは、予てより伝えられていた通り、同大会をもって22年の現役生活に幕を引く決断をした。 ▽かつてのチームメートや監督ならびファンに向けて宛てられた長いオープンレターの中でマルケスは自身の現役生活を、「多くの犠牲や努力、悲しみ、時に失望があった。それでも、とりわけ多くの喜びの瞬間を思い出す」と振り返っている。 ▽さらに「フットボールは僕にあまりに多くのものをもたらした。同時に一度も諦めることはなかった。だから、フットボールから完全に離れることは不可能だよ。僕はいつでも君と繋がっている」と、自身の人生に多くのものをもたらしたフットボールへの感謝を綴っている。 ▽1996年に母国のアトラスでプロキャリアをスタートしたマルケスは、1999年にモナコに完全移籍。卓越した戦術眼と守備センス、パスセンスを武器に主力に定着すると1999-2000シーズンのリーグ・アン制覇に貢献。さらに、2003年に加入したバルセロナではフランク・ライカールト体制の主力DFとして4度のリーガエスパニョーラ制覇、2度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 ▽その後、出場機会や新たな挑戦を求めてニューヨーク・レッドブルズ、クラブ・レオン、ヴェローナを渡り歩いたマルケスは2015年にキャリアをスタートした古巣アトラスに復帰。頼れるリーダーとして活躍する一方、昨年8月には麻薬取引に関与している疑いで、アメリカ財務省から制裁を受けるなど、プライベートで問題を抱えていた。 ▽また、1997年にデビューを飾ったメキシコ代表では2002年日韓大会から5大会連続W杯出場を果たすなど、歴代3位の148試合に出場。コンフェデレーションズカップやCONCACAFゴールドカップなどのタイトルを獲得してきた。 ▽なお『レキップ』が伝えるところによれば、マルケスは自身現役最後のクラブとなったアトラスのクラブスタッフに就任する予定だ。 2018.07.22 17:58 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース