闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明2018.01.12 15:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。

▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。

▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。

▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。

「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」

「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」

▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。

「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」

「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナFWアルナイス、レガネスへ完全移籍

▽レガネスは13日、バルセロナのスペイン人FWホセ・マヌエル・アルナイス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。移籍金は500万ユーロ(約6億3000万円)+ボーナスとのことだ。 ▽バジャドリーで頭角を現したウインガー兼ストライカーのアルナイスは、2017年夏にバルセロナに移籍。バルセロナでは主にBチームでプレーしていたが、昨季はコパ・デル・レイで4試合に出場して3ゴールを挙げ活躍していた。 2018.08.14 03:23 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサのタイトル最多獲得選手となったメッシ…バルベルデ「似たような選手現れない限り並べない」

12日のスペイン・スーパーカップ、バルセロナはセビージャを2&minus;1で下して、2年ぶりの優勝を果たした。エルネスト・バルベルデ監督は試合後、チームが勝利に値したことを強調している。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』がチングリ(バルベルデ監督の愛称、蟻の意)のコメントを伝えた。<br><br>「セビージャは後方に引いたが、私たちが予期するところではなかった。最初はプレーリズムが遅く、苦労を強いられた。ライン間のスペースもなかったしね。少し焦った時間帯もあったが、しかし私たちは勝利に値したと思う」<br><br>また強烈なミドルシュートでチームを逆転勝利に導いたFWウスマン・デンベレに対して、称賛の言葉を述べている。<br><br>「均衡を崩せるという点で、信じられないクオリティーを有している。私たちに多くのことをもたらしてくれると期待を寄せているし、少しずつ力を発揮してほしいね」<br><br>「彼は時間が経つに連れて良くなっていた。というのも、最初はライン間にスペースが存在しなかったからね。とても難しい試合だったし、ライン間のスペースがあれだけ少なければじつに困難な内容となる。しかし、彼はそのスペースでボールをうまく受けて、ゴラッソを決めてくれた」<br><br>バルベルデ監督はその一方で、この優勝によってバルセロナでのタイトル獲得数を33に伸ばし、同クラブのタイトル最多獲得選手となったFWリオネル・メッシにも言及した。<br><br>「ほかの選手が到達できる記録とは思えない&hellip;&hellip;。ほかに達成できる選手がいるならば、それはメッシのような選手にほかならない」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.14 00:25 Tue
twitterfacebook
thumb

痛っ! ピケがコウチーニョに悪質イタズラ

▽バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが、チームメートに度を超した悪戯を仕掛けた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽12日にスーペル・コパでセビージャと対戦し、見事に2-1での逆転勝利を飾ったバルセロナ。値千金の同点弾を決めていたピケが、試合前の宿舎で少々やり過ぎなくらいのコミュニケーションを取っていたようだ。その様子の動画が同選手のインスタグラム(3gerardpique)に投稿された。 ▽動画は、食堂で円卓の椅子をアップで映している場面から開始。恐ろしいことに、その椅子には爪楊枝が突き立てられている。そして、プレートに食事を盛ったブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが登場し、着席。もちろんコウチーニョはすぐさま異変に気付き、スタッフに手伝ってもらいつつ無言かつ真顔で刺さった爪楊枝を抜いている。隣に座っていたチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが心配そうに覗き込む様子も確認される中、ピケの笑い声のみが響いていた。 ▽日常的に仕掛けられているイタズラの一つでしかないのかもしれないが、チームメートのノーリアクションぶりを見れば、腹を立てている様子にも。ピッチ上では美しい連係を披露するバルセロナだが、プライベートでも息がピッタリというわけにはいかないのかもしれない。 2018.08.13 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ラビオ、PSGとの延長拒否! バルセロナ行き加速?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)は、やはり退団に向っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽PSGとの契約が残り1年となり、バルセロナやユベントス、アーセナル、ミランなどからの関心が伝えられていたラビオ。PSGは放出を望んでおらず、契約延長を目指している。 ▽しかし、今回の報道によるとラビオ当人が契約延長を拒否した模様。選手層の厚いPSGで、シーズンを通してベンチに座るような事態を危惧したためだ。フランス『レキップ』によれば、スポーツディレクターのアンテロ・エンリケ氏が「迅速に対応する」意向を示しており、いずれかの解決が近日中に望めるかもしれない。 ▽また、ラビオが実際に退団する場合、“リスクのないクラブ”が新天地になるだろうと『マルカ』は推測。噂されていたバルセロナ行きには暗雲が立ち込めるが、『レキップ』は依然として同クラブを有力と報じている。 2018.08.13 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ、主将としてまず1冠 クラブ最多のタイトルホルダーに

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)がクラブ史上最多のタイトルホルダーになった。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽バルセロナは12日、スペインフットボール界の開幕を告げるスーペル・コパでセビージャと対戦。フル出場したメッシは、ゴールこそ挙げられなかったものの、2-1の勝利に貢献し、自身33個目のトロフィーを手にした。 ▽33個のタイトル獲得数は、ヴィッセル神戸に移籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを抜いてクラブ史上最多。また、メッシにとって、今シーズンから受け継いだ主将として初タイトルとなる。 ▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと共に5度のバロンドール最多受賞歴を誇るメッシ。どれだけの栄冠を勝ち取るのか。主将として挑む今シーズンも活躍に注目が集まる。 ◆メッシのクラブタイトル一覧 スーペル・コパ:8 チャンピオンズリーグ:4 リーガエスパニョーラ:9 コパ・デル・レイ:6 UEFAスーパーカップ:3 FIFAクラブ・ワールドカップ:3 2018.08.13 09:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース