中島翔哉が圧巻フィニッシュで5戦ぶりの今季7点目! 10人のチーム救う値千金の同点弾《プリメイラ・リーガ》2018.01.09 05:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは8日、プリメイラ・リーガ第17節でパソス・デ・フェレイラとのアウェイゲームに臨み、1-1で引き分けた。中島はフル出場し、73分に今季7点目を記録した。

▽2018年初戦となった前節のベレネンセス戦をゴールレスで終え、4試合未勝利で12位のポルティモネンセは16位のパソス・デ・フェレイラとのアウェイゲームに臨んだ。なお、中島は13試合連続で先発入りを果たした。

▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、前線からの積極的なプレスと積極的なドリブル突破でポルティモネンセの攻撃をけん引する中島。24分にはボックス手前で仕掛けた中島が好位置でFKを獲得。これを元鹿島MFファブリシオが直接狙うが、壁に当たったボールは枠を外れる。すると34分にはポルティモネンセにアクシデント発生。自陣ボックス手前でルーズボールに反応したブルーノ・タバタのレイト気味のタックルが相手選手を捉え、決定機阻止及び危険なプレーと判断されて一発レッドとなり、数的不利を背負うことに。

▽数的不利を背負いながらもゴールレスで試合を折り返したポルティモネンセだが、54分にはアントニオ・シャビエルの左クロスをルイス・フェリペに頭で合わせられ、先制を許す。この失点で気落ちしたチームは、ここから完全に相手に押し込まれるが、何とか粘り強く守って2失点目を与えない。

▽すると、後半も左サイドを起点に積極的な仕掛けや背後を突く動きでゴールチャンスを窺っていた中島がチームを救う。73分、左サイドで味方が入れたクロスのルーズボールに対して、ボックス内のファブリシオと相手DFが競る。ここでクリアボールを回収した中島が冷静な胸トラップから右足アウトにかけたハーフボレーを放つと、右ポストの内側を叩いたボールがネットに吸い込まれた。

▽中島の5試合ぶりとなる今季7点目で追いついたポルティモネンセは、その後も劣勢を強いられながらも鋭いカウンターで応戦。後半アディショナルタイムにはボックス手前中央で得たFKを中島が左に巻くボールで直接狙うが、これはわずかに枠の右に。それでも、中島の圧巻フィニッシュで追いついた10人のポルティモネンセが敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。

コメント

関連ニュース

thumb

猛攻イタリア、後半ATのビラギの値千金弾でポーランド下しUNL初勝利《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグA グループ3、ポーランド代表vsイタリア代表が14日に行われ、1-0でイタリアが勝利した。 ▽ここまで1分け1敗と未だ勝利のない両チーム。互いに初勝利を目指して叩く今節は、ポーランドはGKシュチェスニーに、ベドナレク、ジエリンスキ、ミリク、レヴァンドフスキらが先発に。 ▽一方、公式戦5試合未勝利のイタリアはキエッリーニやボヌッチ、ヴェッラッティ、ジョルジーニョ、インシーニェらがスタメンに起用された。 ▽まずは2分、左サイドから攻めるイタリアはボックス前でボールを持ったジョルジーニョがクロスバー直撃のシュートで挨拶代わりの一発をかます。しかしその後は互いに中盤の組み立てに苦しみ、なかなかシュートまで運べない展開が続く。 ▽そんな中23分に、イタリアは右サイドの突破から最後はベルナルデスキがボックス中央からシュートするが枠を外してしまう。31分には、相手のロングボールを奪って右サイドを侵攻。クロスにキエーザが合わせたが、再びクロスバーを叩いてしまった。 ▽さらにイタリアは36分にキエッリーニ、44分にフロレンツィがゴールに迫るがいずれもGKシュチェスニーのファインセーブに阻まれて、試合はゴールレスで折り返した。 ▽後半に入ってもゴールが遠いイタリアは65分、細かいパス回しからゴール正面を突破。最後はインシーニェがネットを揺らしたが、ラストパスを出したベルナルデスキがオフサイドポジションにいたためゴールは認められなかった。 ▽ここまでチャンスらしいチャンスがなかったポーランドにようやく決定機が訪れる。73分、イタリアの攻撃を凌ぎ自陣でボールを奪い返したポーランドは、レヴァンドフスキの絶妙なスルーパスから後半頭から途中出場しているグロシツキがGKと一対一に。しかし、シュートはGKドンナルンマにセーブされ、さらにそのこぼれ球をミリクが拾ってシュートに持ち込むが枠を外してしまった。 ▽このまま終わるかに思われた後半アディショナル、ついに試合が動いた。右CKを獲得したイタリアは、途中出場のラザーニャがクロスをニアで後ろに逸らす。ここに詰めていたビラギが滑り込みながら押し込んで、土壇場でゴールを記録。 ▽もちろんこれが決勝点となり、イタリアはUEFAネーションズリーグ初勝利、公式戦6試合ぶり勝利を手にした。一方、ポーランドはこれでリーグ降格が決定した。 2018.10.15 05:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルナルド&アンドレ・シウバ弾などでポルトガルがポーランドに逃げ切り勝利で2連勝スタート《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ3のポーランド代表vsポルトガル代表が11日に行われ、2-3でポルトガルが逃げ切った。 ▽先月行われた初戦のイタリア代表戦を1-1で引き分けたポーランドは、代表戦通算100試合目の出場となるエースのレヴァンドフスキが、ジェノアでゴールを量産しているピョンテクと2トップを形成した。 ▽一方、初戦のイタリア代表戦を1-0で勝利したポルトガルは、引き続きC・ロナウドが選外となった中、ベルナルド・シウバやアンドレ・シウバ、ペペにカンセロらがスタメンとなった。 ▽[4-3-3]を採用したポルトガルは3トップに右からベルナルド・シウバ、アンドレ・シウバ、ラファと並べ、中盤アンカーにネヴェス、インサイドにW・カルバーリョとピッツィを配置した。 ▽ホームチームのポーランドが積極的な入りを見せてきた中、7分にポルトガルがゴールに迫る。左CKのショートコーナーからニアサイドのアンドレ・シウバがヒールシュートでゴールを脅かした。 ▽ひやりとしたポーランドだったが、18分に先制した。右CKをファーサイドのピョンテクがヘッドで叩き込んだ。 ▽ブレイク中のストライカーのゴールで先制したポーランドだったが、32分にポルトガルが同点に追いつく。ボックス右深くでスルーパスを受けたピッツィのクロスをアンドレ・シウバがボレーで蹴り込んだ。 ▽直後にもピッツィのミドルシュートで逆転弾に迫ったポルトガルが攻勢に出ると、42分に逆転した。ロングボールに抜け出したボックス中央のラファが見事なトラップでGKを交わしてゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、開始4分にFKからペペのボレーシュートでゴールに迫ったポルトガルは52分に3点目を奪い切る。ベルナルド・シウバが右サイドからのカットインシュートを見事に決め切った。 ▽2点を追う展開となったポーランドは、ブワシュチコフスキとグロシツキの両アタッカーを投入して反撃を狙うと、75分にFKからベドナレクのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。 ▽それでも77分、代わって入った2選手が仕事を果たす。右サイドからグロシツキの上げたクロスのルーズボールをボックス手前左のブワシュチコフスキがボレーシュートでゴール右下に叩き込んだ。 ▽しかし、終盤は途中出場のレナト・サンチェスが4点目に迫るなど、攻め手を緩めなかったポルトガルが3-2で逃げ切り勝利。2連勝スタートとしている。 ▽勝利したポルトガルは14日にスコットランド代表との親善試合を戦い、敗れたポーランドは14日にUNL3戦目のイタリア代表戦う。 2018.10.12 06:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表がUEFAネイションズリーグに臨むポーランド代表27名を発表!《UEFAネイションズリーグ》

▽ポーランドサッカー協会(PZPN)は1日、今月のUEFAネイションズリーグに臨むポーランド代表メンバー27名を発表した。 ▽UEFAネイションズリーグ(UNL)2018-19・リーグA・グループ3に属するポーランドは先月7日に行われた初戦のイタリア代表戦を1-1のドロースタートとなっていた。 ▽そのポーランドは主力のFWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)やFWアルカディウシュ・ミリク(ナポリ)、MFピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)、GKヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)といった主力を順当に選出した。 ▽ポーランドは11日にUNLでポルトガル代表とのホーム戦を、14日にイタリアとのホーム戦を行う。今回発表された候補メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ポーランド代表メンバー27名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ヴォイチェフ・シュチェスニー</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・スコルプスキ</span>(ボローニャ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・ファビアンスキ</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ラファウ・ピエトシャク</span>(ヴィスワ・プウォツク) <span style="font-weight:700;">アルトゥール・イェンドジェイチク</span>(レギア・ワルシャワ) <span style="font-weight:700;">トマシュ・ケジオラ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">カミル・グリク</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">アルカジウス・レカ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">バルトシュ・ベレシュインスキ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">パヴェル・オルコウスキ</span>(ボルトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤン・ベドナレク</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルチン・カミンスキ</span>(デュッセルドルフ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セバスティアン・シマンスキー</span>(ヴィスワ・プウォツク) <span style="font-weight:700;">プルゼミスラフ・フランコフスキ</span>(ヤギエロニア・ビャウィストク) <span style="font-weight:700;">マチエイ・マクシェフスキ</span>(レフ・ポズナニ) <span style="font-weight:700;">ヤツェク・ゴラルスキ</span>(ルドゴレツ/ブルガリア) <span style="font-weight:700;">グジェゴシュ・クリホヴィアク</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ダミアン・カジョル</span>(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) <span style="font-weight:700;">ラファウ・クルザワ</span>(アミアン/フランス) <span style="font-weight:700;">マテウシュ・クリッヒ</span>(リーズ・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">カミル・グロシツキ</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤクブ・ブワシュチコフスキ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">カロル・リネティ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ピオトル・ジエリンスキ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ロベルト・レヴァンドフスキ</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アルカディウシュ・ミリク</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダクリストフ・ピアテク</span>(ジェノア/イタリア) 2018.10.02 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

低調イタリア、ホームでポーランドに辛くもドロー《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ3のイタリア代表vsポーランド代表が7日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したイタリアは、マンチーニ新体制となった中、バロテッリやインシーニェ、ジョルジーニョにキエッリーニらがスタメンとなった。 ▽一方、ロシアW杯でグループステージ敗退に終わったポーランドは、ブジェンチェク新監督を迎えた中、レヴァンドフスキやグリク、ジエリンスキらがスタメンとなった。 ▽[4-3-3]を採用したイタリアは3トップに右からベルナルデスキ、バロテッリ、インシーニェ、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにガリアルディーニとペッレグリーニを配した。 ▽そのイタリアが押し込む展開で推移するも、アタッキングサードでのアイデアを欠いて自陣に引くポーランド守備陣を崩すことができない。 ▽膠着状態が続く中、26分にポーランドがゴールに迫る。ロングスローの流れからボックス中央のクリホヴィアクがボレー。だが、GKドンナルンマの好守に阻まれた。 ▽37分にはショートカウンターの流れからベルナルデスキがコントロールシュートを放ってイタリアがようやくゴールに近づくも、40分にポーランドが先制する。ジョルジーニョのボールロストから左サイドのレヴァンドフスキのクロスをファーサイドのジエリンスキがボレーで蹴り込んだ。 ▽後半から1点ビハインドのイタリアがペッレグリーニに代えてボナヴェントゥーラを投入して前がかる展開となるも、前半同様に攻めあぐねる状況が続く。 ▽そこで62分、バロテッリに代えてベロッティを投入。それでも低調な流れは変えられず、72分にはインシーニェに代えてキエーザを投入した。 ▽すると3枚の交代カードを使い切ったイタリアは75分、PKを獲得する。獲得したのは直前に投入されていたキエーザ。ロングカウンターに転じてボックス右に侵入したキエーザが後方からブワシュチコフスキに倒され、このPKをジョルジーニョが決めた。 ▽しかし、追いついて以降はチャンスを生み出せず、低調なイタリアはホームで辛くも引き分けに持ち込むのが精いっぱいだった。 ▽イタリアは今後、10日にUNLでポルトガル代表とのアウェイ戦を、ポーランドは11日にアイルランド代表との国際親善試合を戦う。 2018.09.08 05:48 Sat
twitterfacebook
thumb

10カ月ぶりに伊代表復帰のキエッリーニ「代表に別れを告げることはできない」

ボローニャで行われるUEFAネーションズリーグ第1節ポーランド戦に向けて、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが6日、前日記者会見に出席した。ユベントスDFは、意気込みを語るとともに代表に復帰した理由を明かしている。<br><br>■ボヌッチとは引退まで一緒にキエッリーニは、ネーションズリーグに挑むイタリア代表のキャプテンとして、指揮官のロベルト・マンチーニとともに記者会見に出席した。まずは、1年ぶりにユベントスに復帰した同僚のDFレオナルド・ボヌッチについて語った。昨夏、ボヌッチのミラン移籍直後にはショックを受けていたキエッリーニだが、再びともにプレーできることを喜んだ。<br><br>「僕の友人であり、長年にわたって一緒にやって来た。また毎日一緒にプレーできることは嬉しいし、光栄だ。僕がプレーし続ける限り、このままであることを願っているよ」<br><br>■リーダーとしての責任感今回の代表には、GKジャンルイジ・ブッフォンやMFダニエレ・デ・ロッシらが不在だが、34歳のユベントスDFは、ベテランとしてリーダーの役割を果たしていくつもりだ。<br><br>「デ・ロッシやブッフォンはまだ現役だが、僕もリーダーの1人であると自覚している。ピッチ内外において、若手選手のサポートをしていきたい。僕の経験を活かして、大舞台で継続的に結果を出していくために何が必要なのかを伝えたいと思う。(若手選手の中には)才能のある選手たちはいる。できる限り早く成長してもらう必要がある」<br><br>昨年11月、スウェーデンとのプレーオフに敗れ、ロシア・ワールドカップ出場権を逃したイタリアだが、現在は、楽観的な雰囲気が漂っている。このためキエッリーニは、スウェーデン戦以来となる代表復帰を決めた。<br><br>「後ろを振り返るつもりはない。非常にワクワクしていて、だからこそ後押しされるようにやって来た。(代表復帰について)ブッフォンやボヌッチら親しい友人とも話をした。代表に別れを告げることはできない。チームのトラブルになることなく、できる限り長く、貢献できることを願っている。喜んで自分のすべてを捧げたい」<br><br>「自分に限界を設定したことは今までもない。監督が僕を呼んでくれて嬉しい。仮に10月、僕ではなく他の選手が招集されたとしても、自分に悔いはない。僕は一日一日を楽しんでいる。通算出場数100試合のことは考えてはいるが、優先事項ではない。僕がここにいるのは、アッズーリのユニフォームを大切に思っているからだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.07 23:20 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース