史上最多8ゴールが生まれた“セビージャ・ダービー”はアウェイのベティスに軍配! モンテッラはリーガ初陣で厳しい敗戦…《リーガエスパニョーラ》2018.01.07 06:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第18節、セビージャvsベティスが6日にサンチェス・ピスファンで行われ、アウェイのベティスが5-3で勝利した。▽5位のセビージャ(勝ち点29)と14位のベティス(勝ち点21)による“セビージャ・ダービー”。ベリッソ前監督の解任に伴い、モンテッラ新監督を招へいしたセビージャは、初陣となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのカディス戦では、格下相手に主力を軒並み起用し2-0の快勝。迎えた今回のダービーではピサーロとムリエルに代えてフランコ・バスケス、イェデルを起用した以外、カディス戦と同じメンバーを起用した。一方のベティスは今冬復帰したルベン・カストロがベンチに入り、この試合でダービー歴代最多18試合目の出場を果たしたホアキン、グアルダードらベテランがピッチに立った。

▽試合前に両チームのサポーターの衝突で逮捕者が出るなど、熱狂の空気の中でスタートしたダービーはいきなり動く。開始23秒、右サイドで仕掛けたファビアン・ルイスが中央のホアキンに預けてペナルティアーク付近に走り込むと、ホアキンからの絶妙なリターンパスが届く。これを受けたファビアンが絶妙な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。

▽先日にエイバルMF乾貴士が記録した開始41秒弾を上回るファビアンの今季リーガ最速ゴールでいきなり動いたダービーは、ここから一気にヒートアップ。すると13分には失点以降攻勢を強めていたホームチームが早くも追いつく。13分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのエスクデロが左足でゴール前に速いボールを入れると、タイミング良く抜け出したイェデルがワンタッチシュートを右隅に流し込んだ。

▽セットプレーで試合を振り出しに戻されたベティスだが、こちらもセットプレーでゴールをこじ開ける。22分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンが右足で鋭いボールを入れる。これをゴール前にフリーで飛び込んできたフェダルが頭で合わせた。

▽再びビハインドを背負ったセビージャは、サイドを起点にした攻めで相手を押し込んでいく。すると40分、セットプレーの二次攻撃からボックス中央でフランコ・バスケスが頭でロビングパスを送ると、ゴール前で完全に競り勝ったケアーが豪快なヘディングシュートを突き刺した。

▽2-2のイーブンで折り返した試合は、後半も白熱の展開に。49分にはボックス右でボールを受けたグアルダードが左足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩く。それでも、後半に入ってよい形の攻撃を続けていたベティスが三度リードを奪う。

▽63分、右サイドでの細かいパス交換からボックス右のブデブスが広い視野を生かしてファーに走り込むドゥルミジに浮き球のパスを送ると、これをドゥルミジが冷静にワンタッチで流し込む。さらに畳みかけるベティスは65分、左サイドで仕掛けたテージョが中央に切り込みながら絶妙なスルーパス。これに抜け出したセルヒオ・レオンがGKとの一対一を制した。

▽この試合で初めて2点ビハインドを負ったセビージャだが、すぐさま1点を返す。67分、相手陣内右サイドで得たFKの流れから左サイドでエンゾンジが競り勝ったボールを回収したフランコ・バスケスが浮き球のクロス。これをゴール前のラングレが頭で叩き込んだ。

▽このゴールで勢いを取り戻したセビージャはムリエル、サラビアと続けて交代カードを切っていく。その流れの中で幾度となく相手ゴールに迫るが、最後の場面で決め切れない。後半アディショナルタイムにはGKセルヒオ・リコまで攻撃参加したセットプレーで同点を目指すセビージャだったが、95分には相手のロングカウンターからテージョにトドメの5点目を決められ、万事休す。史上最多8ゴールが生まれた白熱のダービーは、アウェイのベティスに軍配。なお、セビージャでのリーガ初陣となったモンテッラ監督はホームでのダービー敗戦という、厳しい船出となった。
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャ先制も後半ATに追いつかれ、敵地メスタージャで勝ち点1《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第15節、バレンシアvsセビージャが8日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽14位のバレンシア(勝ち点17)と2位のセビージャ(勝ち点27)の対戦。 ▽チャンピオンズリーグではユベントスに敗れたことでグループステージ突破が不可能となったバレンシアは、その後のレアル・マドリー戦も落とし2連敗。直近のコパ・デル・レイでは格下相手に最小スコアでの勝利と、依然不調の波から逃れられずにいる。 ▽一方、ここまで好調のセビージャだが、ヨーロッパリーグではスタンダール・リエージュに敗れたため、この試合の5日後に控えるクラスノダール戦は突破を懸けた大一番となる。また、リーグ戦では前節アラベスとの上位対決をドローで終え、その後のコパ・デル・レイではこちらも格下相手に1-0の勝利となった。 ▽最初の決定機はバレンシア。3分、左サイドでFKを得たバレンシアは、このクロスにガライがヘディングで合わせる。しかし、GKバシリクがビッグセーブで回避されると、そのこぼれ球をミナが押し込みにかかったがこれもバシリクが身体を当ててゴールの外にはじき出した。 ▽バレンシアは6分にも、ソレールが右からドリブルで流れてボックス手前からシュート。これが相手の手に当たったと主張したが、審判は笛を鳴らさなかった。 ▽その後、攻守の切り替えが早い互角の攻防を展開する両チーム。そんな中、バレンシアは26分にロドリゴ・モレノ、28分にパレホがそれぞれシュートを放つもゴールには至らない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、攻勢を強めるセビージャは55分に先制する。右サイドのクロスの跳ね返りをベン・イェデルがダイレクトで狙っていく。このシュートをゴール前でサラビアがコースを変えてゴールに流し込んだ。 ▽先制したセビージャはその後も主導権を握る。バレンシアはこの状況を打開しようとチェリシェフ、ディアカビ、バチュアイを次々と投入。対して、まだ一つも交代策を講じていないセビージャは68分、バネガがボックス手前から左ポスト直撃のシュートを放つ。 ▽バレンシアは途中出場のチェリシェフが攻撃のアクセントになり、度々セビージャゴールに迫るもなかなかこじ開けることが出来ない。対するセビージャは83分に、プロメスのお膳立てからアンドレ・シウバがシュートを放つがポストに嫌われるシーンも。 ▽だが、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、バレンシアが右サイドでFKを得ると、パレホのクロスにディアカビが頭で飛び込んで土壇場で同点に追いついた。 ▽その後まもなく試合終了。セビージャは先制点を守り切れず、敵地で勝ち点1を得るにとどまった。 2018.12.09 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

首位セビージャと4位アラベスの上位対決は痛み分け《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは2日、リーガエスパニョーラ第14節でアラベスとアウェイで対戦し、1-1で引き分けた。 ▽首位のセビージャ(勝ち点26)と4位アラベス(勝ち点23)による注目の上位対決。 ▽リーグ戦では引き分けを挟んで3連勝中のセビージャ。直近のヨーロッパリーグではスタンダール・リエージュ相手に敗れ、決勝トーナメント進出を決めることは出来なかった。その試合からバウンスバックが求められる今節は、スタメンをリエージュ戦から2選手変更。アレイシ・ビダルとアラーナに代えて、セルジ・ゴメスとアンドレ・シウバが起用された。 ▽試合はアラベスがやや押し気味の展開で進んでいくが、球際で強さを見せるセビージャも相手にチャンスを与えないまま時間が経過していく。 ▽そんな中迎えた34分、アラベスはドゥアルテがボックス外から強烈なミドルシュート放ちGKバシリクを強襲。するとその直後、セビージャも反撃。後方からのロングボールをベン・イェデルが頭でゴール方向に流し、再びアンドレ・シウバから折り返しを受ける。ボックス左に侵入し、DFに体を当てられながらも右足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽急に忙しなくなった試合は37分に動く。セビージャGKバシリクが自陣深くからのFKをアラベスの右サイドバックのアグレガビリアがヘディングで跳ね返す。するとこれが完全にオフサイドポジションにいたカジェリに渡るのだが、審判はその前にセルジ・ゴメスが触っていたことからオフサイドを取らず、そのままカジェリのクロスを押し込んだジョニーのゴールが認められた。 ▽リードされているセビージャは後半に向けてロケ・メサに代えてアマドゥをピッチへ。58分にはメルカドを下げてプロメスを投入。すると62分に、そのプロメスのクロスからアンドレ・シウバがシュートを放つ。63分には今度はアンドレ・シウバのお膳立てからボックス右のプロメスがシュートに持ち込むが、GKを躱そうと放ったループシュートは外のサイドネットを叩いた。 ▽セビージャのチャンスは続く。64分に右サイドでプロメスがボールを奪取しすぐに前線のベン・イェデルへ。さらにベン・イェデルからボックス左でパスを受けたフランコ・バスケスが最後にシュートを打ったが、GKパチェコに防がれた。 ▽69分、セビージャはここでケアーを下げてサラビアを投入。これで3枚の交代枠を使い切った。するとこのサラビアが仕事をする。78分、ボックス手前のフランコ・バスケスからパスを受けたサラビアが、右サイドからゴール前へクロスを供給。このクロスにベン・イェデルが飛び込んでネットを揺らした。 ▽82分には味方のクロスにアンドレ・シウバがヘディングシュート。また、88分にはアラベスも途中交代のブラサナツがヘディングシュートを打つが、惜しくも右ポストを弾いた。 ▽後半にスペクタクルさを増した試合もここで終了。上位対決は痛み分けに終わった。 2018.12.03 06:39 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガ希望の香川にセビージャが再関心か

▽セビージャが、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)に再び注目しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽今夏ルシアン・ファブレ新監督の就任に伴い、ここまで公式戦5試合の出場と思うように出場機会を得られていない香川。最近ではベンチ外も続き不遇の時を過ごしている。この影響もあり、ドルトムントとの契約は2020年までとなっているが、出場機会を求めて今冬にもクラブを去る可能性が伝えられている。 ▽シーズン開幕前に中盤の強化を目指していたセビージャは今夏にも香川の獲得に興味を示していたが、オランダ代表MFクインシー・プロメスなどの獲得もあり実現せずに終結した。しかし、今回伝えられるところによると、セビージャは香川に再度関心を抱いており、来年1月での獲得に向けて準備ができているという。 ▽香川に関しては先日、エバートン、ウエストハムのプレミアリーグの中堅クラブやシュツットガルトが関心を寄せていると報じられた。以前からリーガエスパニョーラへの憧れを抱いている香川だが、その動向に注目が集まる。 2018.11.29 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

首位セビージャを牽引するA・シウバ、完全移籍に「残れれば幸せ。でも今はミランの選手」

セビージャのポルトガル代表FWアンドレ・シウバが、完全移籍の可能性について言及した。<br><br>昨季開幕前、3800万ユーロ(約49億円)という高額な移籍金でミランへと加入したアンドレ・シウバ。しかしセリエAでは苦しみ、指揮官の信頼をつかめず。24試合で2ゴールに終わった。<br><br>再起を図った今季はリーガへと活躍の場を移すと、11試合で7ゴールを記録。バルセロナやアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーらを抑え、13節消化時点で単独首位に立つセビージャで、エースとして君臨している。<br><br>そんなアンドレ・シウバの活躍を受け、セビージャは3500万ユーロ(約45億円)での買い取りに動いているという。セビージャのSDによると、来夏までに買い取りオプションを行使し、2023年まで契約を結びたい考えのようだ。<br><br>25日のバジャドリー戦後(1-0)、これについて問われたアンドレ・シウバは「セビージャで幸せ」と強調しつつ、代理人の問題であると語った。<br><br>「僕は自分の仕事に集中している。セビージャのために練習と試合に取り組んでいる。この問題は僕にとっては大きな意味を持たないものだ。これは代理人の問題だからね」<br><br>「本当のことを言えば、僕はここに残れれば幸せだよ。だが、実際には今はセビージャでプレーしているミランの選手だ。だが、なんでも起こりうる。何度も幸せだと話しているが、どうなるか見てみよう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.27 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

A・シウバのリーグ戦6試合ぶりのゴールでバジャドリー下したセビージャ、バルサを抜いて首位浮上!《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは25日、リーガエスパニョーラ第13節でバジャドリーと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節終了時点で7勝2分け3敗で2位につけているセビージャ。直近ではエスパニョールに後半の2得点で逆転勝利を収め、首位のバルセロナの背後にピタリとつけている。10位バジャドリーとの今節は、エスパニョール戦からスタメンを4人変更。ケアーやA・ビダル、ロケ・メサ、イェデルらが先発に名を連ねた。 ▽バジャドリーの守備を前になかなかチャンスを作れないセビージャは12分に、CKの流れからの中からケアーがヘディングシュート。これはGKの正面に。以降も攻撃のリズムが作れないホームチーム。ならばと24分にはエスクデロがボックスの外からミドルシュートでトライ。しかしこれは枠を大きく越えてしまう。 ▽そんな試合が動いたのは30分、ボックス右でボールを持ったサラビアは鋭い切り返しでマークを振り切りクロスを供給。これをアンドレ・シウバがヘディングで叩き込んでセビージャが先制点を奪った。第7節のエイバル戦以来のゴールとなったアンドレ・シウバは、これでリーグ戦8ゴール目を記録した。 ▽一点を追うバジャドリーは58分にアルカラスを下げてウナルを投入。すると直後のCKで、そのウナルが見事なバイシクルシュートを決めたが、ゴール前にいたトニがオフサイドを取られゴールは認められなかった。シュートコースに立っていたトニは避けてボールには触れていなかったが、関与したと判断されたようだ。 ▽さらに74分には、味方のシュートのこぼれ球をウナルが押し込んでネットを揺らしたがこれもオフサイド。81分にもウナルがボックスの外からシュートを狙うがこれもゴールに結びつかない。 ▽後半アディショナルタイムに、セビージャはボックス右外からのロケ・メサのFKをイェデルがヘディングシュートにつなげるが、相手GKのファインセーブに遭いゴールならず。途中出場の両選手がチャンスを演出した。バジャドリーも左サイドからのアーリークロスをウナルが巧みなコントロールからシュートを放ったが、セビージャGKバシリクもファインセーブで対抗。 ▽その後まもなく試合終了。アンドレ・シウバのゴールを守り切ったセビージャがリーグ戦2連勝とし、同節にアトレティコ。マドリーと引き分けたバルセロナを抜いて首位に躍り出た。 2018.11.26 02:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース