史上最多8ゴールが生まれた“セビージャ・ダービー”はアウェイのベティスに軍配! モンテッラはリーガ初陣で厳しい敗戦…《リーガエスパニョーラ》2018.01.07 06:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第18節、セビージャvsベティスが6日にサンチェス・ピスファンで行われ、アウェイのベティスが5-3で勝利した。

▽5位のセビージャ(勝ち点29)と14位のベティス(勝ち点21)による“セビージャ・ダービー”。ベリッソ前監督の解任に伴い、モンテッラ新監督を招へいしたセビージャは、初陣となったコパ・デル・レイ5回戦1stレグのカディス戦では、格下相手に主力を軒並み起用し2-0の快勝。迎えた今回のダービーではピサーロとムリエルに代えてフランコ・バスケス、イェデルを起用した以外、カディス戦と同じメンバーを起用した。一方のベティスは今冬復帰したルベン・カストロがベンチに入り、この試合でダービー歴代最多18試合目の出場を果たしたホアキン、グアルダードらベテランがピッチに立った。

▽試合前に両チームのサポーターの衝突で逮捕者が出るなど、熱狂の空気の中でスタートしたダービーはいきなり動く。開始23秒、右サイドで仕掛けたファビアン・ルイスが中央のホアキンに預けてペナルティアーク付近に走り込むと、ホアキンからの絶妙なリターンパスが届く。これを受けたファビアンが絶妙な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。

▽先日にエイバルMF乾貴士が記録した開始41秒弾を上回るファビアンの今季リーガ最速ゴールでいきなり動いたダービーは、ここから一気にヒートアップ。すると13分には失点以降攻勢を強めていたホームチームが早くも追いつく。13分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのエスクデロが左足でゴール前に速いボールを入れると、タイミング良く抜け出したイェデルがワンタッチシュートを右隅に流し込んだ。

▽セットプレーで試合を振り出しに戻されたベティスだが、こちらもセットプレーでゴールをこじ開ける。22分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのホアキンが右足で鋭いボールを入れる。これをゴール前にフリーで飛び込んできたフェダルが頭で合わせた。

▽再びビハインドを背負ったセビージャは、サイドを起点にした攻めで相手を押し込んでいく。すると40分、セットプレーの二次攻撃からボックス中央でフランコ・バスケスが頭でロビングパスを送ると、ゴール前で完全に競り勝ったケアーが豪快なヘディングシュートを突き刺した。

▽2-2のイーブンで折り返した試合は、後半も白熱の展開に。49分にはボックス右でボールを受けたグアルダードが左足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩く。それでも、後半に入ってよい形の攻撃を続けていたベティスが三度リードを奪う。

▽63分、右サイドでの細かいパス交換からボックス右のブデブスが広い視野を生かしてファーに走り込むドゥルミジに浮き球のパスを送ると、これをドゥルミジが冷静にワンタッチで流し込む。さらに畳みかけるベティスは65分、左サイドで仕掛けたテージョが中央に切り込みながら絶妙なスルーパス。これに抜け出したセルヒオ・レオンがGKとの一対一を制した。

▽この試合で初めて2点ビハインドを負ったセビージャだが、すぐさま1点を返す。67分、相手陣内右サイドで得たFKの流れから左サイドでエンゾンジが競り勝ったボールを回収したフランコ・バスケスが浮き球のクロス。これをゴール前のラングレが頭で叩き込んだ。

▽このゴールで勢いを取り戻したセビージャはムリエル、サラビアと続けて交代カードを切っていく。その流れの中で幾度となく相手ゴールに迫るが、最後の場面で決め切れない。後半アディショナルタイムにはGKセルヒオ・リコまで攻撃参加したセットプレーで同点を目指すセビージャだったが、95分には相手のロングカウンターからテージョにトドメの5点目を決められ、万事休す。史上最多8ゴールが生まれた白熱のダービーは、アウェイのベティスに軍配。なお、セビージャでのリーガ初陣となったモンテッラ監督はホームでのダービー敗戦という、厳しい船出となった。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルがエメリ愛弟子のバネガ獲得に迫る! ウィルシャー代役か

▽アーセナルがセビージャのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(29)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でセントラルMFの獲得を目指すアーセナルは、すでにサンプドリアのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの獲得に迫っており、近日中に3000万ユーロ(約39億円)での獲得が発表される見通しだ。 ▽その一方で、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが現行契約を更新せず、今季限りでの退団を発表したため、同選手に代わる新たなセントラルMFの獲得が必要になっている。 ▽この状況を受けて、ウナイ・エメリ監督はバレンシアとセビージャ時代に指導した経験のある愛弟子、バネガの獲得をクラブにリクエストしたようだ。そして、アーセナルの首脳陣は数日以内にバネガの代理人との交渉を行う準備を進めているようだ。 ▽なお、昨夏インテルからセビージャに復帰したバネガはトップ下とセントラルMFを主戦場に今季公式戦50試合に出場し5ゴール6アシストを記録。また、現在開催中のロシア・ワールドカップにはアルゼンチン代表の一員として参加している。 2018.06.21 00:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、カリニッチ売却のオプションでセビージャに元ブラジル代表MFを要求か

▽ミランは、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(30)の売却オプションとしてセビージャから元ブラジル代表MFガンソ(28)をレンタル移籍で獲得しようと画策しているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽昨夏にフィオレンティーナから買い取り義務付きのレンタル移籍でミランに加入したカリニッチ。総額2500万ユーロ(約32億5000万円)の移籍金を支払い獲得した同選手には、ミランも大きな期待をかけていたが、今季は公式戦41試合でわずか6ゴールと期待を裏切る結果となっていた。 ▽この状況に満足のしていないミランは、カリニッチの獲得に興味を示しているセビージャに対して、売却オプションとしてガンソのレンタルを画策。『Calciomercato.it』によれば、サンパウロ時代から長年ガンソの獲得に関心を示していたミランだが、高額な移籍金により獲得を断念していた。 ▽2016年7月にサンパウロからセビージャに加入したガンソ。しかし、加入初年度を公式戦16試合3ゴール3アシストで終えると、今シーズンは公式戦11試合4ゴール3アシスト。成績としては悪くないが、出場機会を得ることができず、リーグ戦に至っては1月6日のリーガエスパニョーラ第18節以降、ベンチ入りすらもない苦しい状況が続いていた。 ▽2021年までセビージャとの契約を残しているガンソだが、今夏での退団の見方も強まっており、すでにラツィオが獲得に向けてセビージャ側に接触しているとの報道も出ていた。 2018.06.17 06:10 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャのアルゼンチン代表MFピサーロがメキシコのティグレスに復帰

▽メキシコのティグレスは7日、セビージャのアルゼンチン代表MFグイド・ピサーロ(28)を獲得したことを発表した。 ▽豊富な運動量が売りのセントラルMFであるピサーロは、2017年夏にティグレスからセビージャに移籍。2017-18シーズンはセビージャで公式戦40試合に出場して2ゴールをマークし、準主力としてプレーしていたが、1年での古巣復帰となった。 ▽そのピサーロはロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表の候補メンバーに含まれていたが、最終メンバーには選出されていなかった。 2018.06.08 04:13 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ噂&ユナイテッド参戦のラングレ、今月末に結論か

▽セビージャのフランス人DFクレマン・ラングレ(22)が、6月30日までの去就決定を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨年1月にナンシーからセビージャに加入して以来、攻守両面で安定したパフォーマンスを披露する左利きのDFは、今シーズンの公式戦54試合に出場し4ゴールを記録。評価を高めており、今年に入ってからはバルセロナからの興味が取り沙汰されている。 ▽そして先月末、スペイン『カデナ・コペ』はバルセロナが3500万ユーロに設定されている契約解除金とボーナス300万ユーロの総額3800万ユーロ(約48億9000万円)の移籍金を準備し、2週間以内に移籍交渉を完了させる見込みだと報道。スペイン『ムンド・デポルティボ』も5年契約での個人間合意を伝えており、移籍は確定的とみられていた。 ▽しかし、『マルカ』によると、セビージャのスポーツディレクターを務めるホアキン・カパロス氏が4日にラングレと会談を持ったという。慰留を画策し、契約更新を目指しているとのことだ。 ▽バルセロナとセビージャの間で揺れている状態ではあるものの、ラングレは移籍市場の中で騒動に巻き込まれることを望んでおらず、結論の締め切りを6月30日に定めたということも、『マルカ』は伝えている。 ▽また、フランス『レキップ』によると、マンチェスター・ユナイテッドもラングレ争奪戦に参戦したようだ。ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督がディフェンスの強化を掲げており、今シーズンのチャンピオンズリーグでセビージャに敗れた際には同選手が壁となって立ちはだかっていた。 2018.06.06 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが指揮官エメリの教え子、エンゾンジ獲得に近づく?

▽アーセナルが、セビージャのフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に近づいているようだ。スペイン『Estadio Deportivo』が報じた。 ▽来シーズンに向けて守備的MFの補強が優先事項となっているアーセナルは、過去にも幾度となく獲得報道が伝えられたウナイ・エメリ新監督の教え子の獲得に動いている模様だ。 ▽『Estadio Deportivo』が伝えるところによれば、アーセナルは今年に入ってセビージャ退団の可能性を示唆したフランス代表MF獲得に向けて4000万ユーロ(約51億円)に設定されている契約解除金を支払う準備を進めているという。 ▽なお、母国のアミアンでキャリアをスタートしたエンゾンジは、その後ブラックバーンとストーク・シティとプレミアリーグの2クラブでプレーしており、イングランドでの経験は十分だ。 2018.06.02 15:40 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース