アヤックスがカイザー監督やコーチのベルカンプ氏らを解任…暫定監督にライツィハー氏を任命2017.12.22 19:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスは21日、ヘッドコーチのマルセル・カイザー監督、アシスタントコーチのへニー・スパイケルマン氏、デニス・ベルカンプ氏を解任したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽アヤックスは、エールディビジでPSVに次いで2位に位置。しかし、コーチ陣の能力に対して疑問を持った事が解任につながった声明で発表している。

「首脳陣は彼らと契約の終了について話し合う予定である。首脳陣は、アヤックスの野望達成に向けてコーチ陣の能力に対する自信を失っった。現場での残念な結果はここに責任の一部がある」

「デニス・ベルカンプに関しては、技術面の政策の実行に対し、互いの意見に相違があった」

▽なお、アヤックスは22日にミハエル・ライツィハー氏が暫定監督に就任したことを発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

クライファートJrがローマ移籍へ…11日に現地入り、推定移籍金26億円

▽アヤックスに所属するオランダ代表FWジャスティン・クライファート(19)のローマ移籍が決定的になった。 ▽バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つジャスティン・クライファート。今シーズンの公式戦36試合で11ゴール5アシストを記録したが、5月にクラブとの軋轢が明らかとなり、数多くのクラブによる争奪戦の様相を呈していた。 ▽そうした中、ジャスティン・クライファートは11日、ローマに到着。『フットボール・イタリア』によれば、12日にもローマ入りに向け、メディカルチェックを受ける予定とみられる。 ▽なお、ローマとアヤックスは、移籍金1800万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額2000万ユーロ(約25億9000万円)で合意。選手とは年俸200万ユーロ(約2億5000万円)の5年契約が結ばれたという。 2018.06.12 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クライファート氏、息子のアヤックス退団を認める「残留したほうがいいと思うが…」

パトリック・クライファート氏は、息子であるアヤックスFWジャスティン・クライファートが移籍する可能性が高いことを『ESPN』に明かした。<br><br>J・クライファートは今季リーグ戦で10ゴール5アシストを記録。元オランダ代表ストライカー氏を父に持つ19歳の若きオランダ代表FWには多くのビッグクラブが興味を示していると言われている。<br><br>移籍金1800万ユーロ(約23億円)でのローマ移籍が合意間近との報道もある中、父であるP・クライファート氏が息子のアヤックス退団は決定的であると語った。<br><br>「個人的にはもう1年アヤックスに残ったほうがいいと思うと彼には伝えたよ。19歳とまだ若いが、自分で決断する権利がある。父親としては彼の決断を尊重しなくてはいけない。アヤックスを去ることになりそうだ。90%の確率で移籍することになると思うよ」<br><br>しかしイタリアのACミランでプレー経験があるP・クライファート氏は、息子が海外でプレーすることに不安があるようだ。<br><br>「彼が退団した方いいと思ったのなら、そうするしかないさ。しかし、将来何が待ち受けているのかを知る必要があるんだ。19歳で外国に行くというのは難しいことさ。簡単ではないよ。慎重にクラブを選んで、将来についてしっかり話し合う必要がある」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.11 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、アヤックス逸材DFデ・リフト獲得に70億のオファー準備! D・サンチェスと再タッグへ?

▽トッテナムがアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)獲得に向けて5500万ユーロ(約70億8000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 ▽トッテナムでは契約延長交渉が停滞しているベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)に今夏の退団の可能性が伝えられており、仮に同選手が移籍する場合、後釜の確保が急務となる。 ▽そして、同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督はアルデルヴァイレルトの後釜としてアヤックスの逸材獲得を希望しているようだ。 ▽『Tuttomercatoweb』が伝えるところによれば、トッテナムはデ・リフト獲得に向けて昨夏アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得する際に支払った、クラブ史上最高額の3660万ポンド(約54億円)を大きく上回る、5500万ユーロのオファーを用意しているという。 ▽なお、デ・リフトに関してはユベントスやバイエルン、マンチェスター・シティ、バルセロナと錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示しているが、ここまでは具体的な動きを見せていない。 ▽2016年に17歳でアヤックスのトップチームデビューを飾ったデ・リフトは、187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバック。加えて、足下の技術や積極的な持ち上がりなど、攻撃面の貢献も著しい逸材。今季はリーグ戦33試合に出場し3ゴール2アシストの数字を残していた。 2018.06.06 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがエールディビジ最高の魔術師ジイェフ獲得に迫る! アヤックスからクライファートJr.とのダブル獲りか

▽ローマがアヤックスのモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(25)の獲得に迫っているようだ。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 ▽モロッコ人両親の下、オランダで生まれ育ったジイェフは、2012年にヘーレンフェーンでトップチームデビュー。その後、トゥベンテで完全覚醒したモロッコ代表MFは、2016年にアヤックスに完全移籍で加入した。 ▽卓越した左足のテクニックと創造性を武器に、“エールディビジ最高のテクニシャン”と評されるジイェフは、今シーズンのリーグ戦全試合に出場し9ゴール17アシストを記録した。また、2015年にデビューしたモロッコ代表では15試合で8ゴールを記録しており、ロシア・ワールドカップの登録メンバー入りも果たしている。 ▽『テレグラフ』が伝えるところによれば、昨夏獲得に動いたレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズと酷似したプレースタイルを持つジイェフの大ファンであるローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)は、同選手の代理人との交渉の中で5年契約での大筋合意を取り付けたようだ。 ▽さらに、クラブ間の交渉では3000万ユーロ(約38億4000万円)ほどの金額での交渉成立を目指しているようだ。 ▽なお、ローマとアヤックスの間ではオランダ代表FWユースティン・クライファート(20)の交渉も進んでおり、先日には個人間での合意も報じられた。現在はクラブ間合意に向けて2500万ユーロ(約32億円)程度のオファーを準備しているようだ。 2018.06.04 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマの元ルーマニア代表GKロボントが40歳で現役引退…「7つの異なるクラブの家族の一員となれたのは特権」

▽ローマは2日、元ルーマニア代表GKボグダン・ロボント(40)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽ロボントは9年間を過ごしたローマの公式サイトを通じて別れのメッセージを送っている。 「僕を常にサポートしてくれたファンのみんな、これまで多くのことを教えてくれた監督たち、常に傍に居てくれたチームメートに感謝を示したい」 「数十年に渡る僕のプレーヤーキャリアの中で多くの助けや困難に打ち勝つ力を与えてくれたことに感謝したい。だけど、キャリアにおける新たな章を開始する時が来たと思っているんだ」 「これまで7つの異なるフットボールクラブの家族の一員となる特権を持っていたんだ。僕はプレーヤー、監督、クラブの幹部の人たちと常に新しいことを学ぶことができた」 「これまで出会ったすべての人たちのおかげで僕の人生には大きなプレゼントをもらうことができた」 「今日、自分の人生においてプロとしても個人的にも新たな章に進むことになる。それは強い感情とエネルギー、情熱にあふれたものだよ。僕たちは新たな冒険に臨む。ちゃんとシートベルトを締めないとね」 ▽1995年に母国ルーマニアのコルヴィヌル・フネドアラでプロキャリアをスタートしたロボントは、以降ラピド・ブカレストやアヤックス、フィオレンティーナ、ディナモ・ブカレストと国内外のクラブを渡り歩き、2009年にローマへ加入。同クラブでは長らく第2GKと第3GKを担うも、2013年5月のコッパ・イタリア決勝のラツィオ戦を最後に公式戦の出場からは遠ざかっていた。 ▽なお、ラピド・ブカレスト、ディナモ・ブカレスト、アヤックスではそれぞれ国内リーグのタイトルを獲得している。 ▽また、1998年にデビューしたルーマニア代表では通算85試合に出場。ユーロ2008では自身最初で最後の大舞台を経験していた。 2018.06.02 22:16 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース