アヤックスがカイザー監督やコーチのベルカンプ氏らを解任…暫定監督にライツィハー氏を任命2017.12.22 19:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスは21日、ヘッドコーチのマルセル・カイザー監督、アシスタントコーチのへニー・スパイケルマン氏、デニス・ベルカンプ氏を解任したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽アヤックスは、エールディビジでPSVに次いで2位に位置。しかし、コーチ陣の能力に対して疑問を持った事が解任につながった声明で発表している。

「首脳陣は彼らと契約の終了について話し合う予定である。首脳陣は、アヤックスの野望達成に向けてコーチ陣の能力に対する自信を失っった。現場での残念な結果はここに責任の一部がある」

「デニス・ベルカンプに関しては、技術面の政策の実行に対し、互いの意見に相違があった」

▽なお、アヤックスは22日にミハエル・ライツィハー氏が暫定監督に就任したことを発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

クラシコ勃発!? マドリー、バルサ注目のF・デ・ヨング争奪戦に参戦か

▽レアル・マドリーが、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に動くようだ。オランダ『De Telegraaf』をもとに、スペイン『アス』が伝えた。 ▽記事によると、マドリーはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の後継者の1人として、F・デ・ヨングの獲得にバルセロナを上回る8000万ユーロ(約106億円)を用意している模様。また、同選手に対しては、バルセロナの他にパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなどのビッククラブが関心を抱いており、マドリーの参戦で争奪戦はよりし烈なものとなるようだ。 ▽今夏、F・デ・ヨングはバルセロナへの移籍で取り沙汰されていたが、アヤックスに残留をしていた。とはいえ、将来的なバルセロナ移籍を仄めかしており、有力であることは変わらない。しかし、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が大金を投資することで、現状が変わる可能性があると『De Telegraaf』は伝えている。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたF・デ・ヨングは、2015年にオランダの名門アヤックスに加入した。最初の2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、昨シーズンからトップチームに定着。後半戦はケガで棒に振ったが、エールディビジ22試合で8アシストをマークしブレイクを果たした。 2018.09.25 14:26 Tue
twitterfacebook
thumb

逸材排出の宝庫、アヤックスが期待の若手FWシーアハウスと契約延長

▽アヤックスは21日、U-21チームに所属するU-20オランダ代表FWカイ・シーアハウス(20)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽シーアハウスは、2009年7月にアヤックスのユースに入団。その後、U-17、U-19、U-20、U-21と順調にキャリアを積んでいる。 ▽2017-18シーズンはヨング・アヤックスの選手として、エールステ・ディビジ(オランダ2部)で20試合に出場し14ゴールを記録していた。 ▽その活躍が認められ、今シーズンはU-21チームに所属しながら、エールディビジの開幕戦であるヘラクレス戦に出場。さらに第3節のエメン戦にも出場。また、チャンピオンズリーグ予選3回戦のシュトゥルム・グラーツ戦にも途中出場しており、大きな期待が寄せられている。 2018.09.22 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、中盤の強化試みるも…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は今夏に、ユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラ(31)と、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得を目指していたようだ。フランス『レキップ』をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽PSGは今夏、新指揮官としてトーマス・トゥヘル監督が就任。トゥヘル監督は、中盤の強化を図るべくケディラとF・デ・ヨングの獲得をクラブに要請していたようだ。 ▽ケディラは2015年にレアル・マドリーからユベントスにフリーで加入。加入初年度こそケガに泣かされリーグ戦出場は20試合だったが、2016-17シーズンにはリーグ戦31試合出場した。これまでリーグ戦通算81試合で20ゴール10アシストと、チームの欠かせない存在になっている。その証拠にユベントスは先日、ケディラと契約を2021年まで延長。PSG移籍の可能性は消滅した。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたF・デ・ヨングは、2015年にオランダの名門アヤックスに加入。最初の2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、昨シーズンからトップチームに定着した。後半戦はケガで棒に振ったが、22試合で8アシストをマークしブレイク。オランダの有望株として多くのビッククラブが関心を寄せている。また、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば1月の移籍市場でPSGが再び獲得に動くと見込まれている。 2018.09.20 20:39 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初出場レナト・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカ撃破のバイエルンが白星スタート!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のベンフィカvsバイエルンが19日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽予選3回戦から勝ち上がり、4大会連続で本選出場を決めたベンフィカは、3トップにサルビオ、セフェロビッチ、セルヴィを並べた[4-3-3]の布陣を採用。その他にもピッツィやジェドソン・フェルナンデスら主力が順当に先発で起用された。 ▽一方、6度目のCL制覇を目指すドイツ王者のバイエルンは、15日に行われたレバークーゼン戦から先発を6人変更。負傷交代したトリソやミュラー、チアゴらに代わり古巣対決となるレナト・サンチェスやハメス、フンメルスらが先発に名を連ねた。 ▽[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、2列目に右からロッベン、ハメス、リベリを並べ、最前線にレヴァンドフスキを配置。そのバイエルンは、積極的なプレスでボール奪取を狙うベンフィカにやや苦戦するも10分、ボックス左から侵入したリベリの縦パスをオーバーラップしたアラバがダイレクトクロス。これを中央のレヴァンドフスキがボディフェイントで相手DFをずらして右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まった。 ▽先制を許したベンフィカは、28分に反撃。セルヴィの左クロスはアラバにクリアされるもこぼれ球をボックス右で拾ったピッツィの折り返しをサルビオが狙ったが、これはGKノイアーの好守に阻まれた。 ▽バイエルンは、40分に決定機。ノイアーのロングフィードをレヴァンドフスキが頭でつなぐとこぼれ球を相手DFがクリアミス。このボールを拾ったリベリがダイアゴナルに切り込みラストパスを救急したが、ボックス内に走り込んだロッベンのダイレクトシュートは、GKヴラチョディモスが右手で弾き出した。 ▽迎えた後半、再び試合を動かしたのはリードするバイエルン。54分、自陣でボールを受けたR・サンチェスがドリブルで持ち上がりカウンター。バイタルエリア右でパスを受けたのレヴァンドフスキが左サイドにボールを振ると、これを受けたリベリがボックス内まで切り込みボックス左のスペースへパスを供給。これに反応したハメスのクロスをゴール前に走り込んだR・サンチェスが滑り込みながらで流し込んだ。 ▽リードを広げられたベンフィカの反撃は60分、右サイド高めの位置で獲得したFKからピッツィがクロスを供給すると、これをルベン・ジアスがヘディングで合わせたが、シュートはGKノイアーが好反応を見せて右手で弾き出した。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだバイエルンは、69分にもアラバのアーリークロスに飛び込んだニャブリがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。今季公式戦初出場となったR・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカを撃破したバイエルンが白星スタートを飾った。 ▽また、同日に行われたグループE第1節のアヤックスvsAEKアテネは、3-0でアヤックスが勝利した。試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半早々の46分、右CKのこぼれ球をF・デ・ヨングが頭で繋ぐと、ボックス右手前で受けたネレスがクロスを供給。これをゴール前に抜け出したタグリアフィコが左足で流し込み、アヤックスが先制した。 ▽先制したアヤックスは、77分にもボックス右から仕掛けたタディッチのクロスを途中出場のファン・デ・ベークがボレーシュートで流し込み、追加点を奪った。 ▽アヤックスは試合終了間際の90分にも、エイティングのロングパスで左サイドを駆け上がったタグリアフィコがボックス左から直接シュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける3点目。結局、試合はそのまま3-0で終了した。 ▽ホームで完勝したアヤックスは10月2日のグループE第2節でバイエルンとのアウェイ戦に臨み、AEKアテネはベンフィカをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a> 2018.09.20 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループE展望】一強バイエルン、2位通過をベンフィカとアヤックスが争う

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループではバイエルンが危なげなく首位通過をしそうな組み合わせとなった。予選を勝ち上がったCL常連のベンフィカとアヤックスのどちらが2位通過を果たすのかが注目となる。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:バイエルン ○対抗:ベンフィカ △連下:アヤックス ☆大穴:AEKアテネ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆首位通過確実なドイツ王者~バイエルン~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季もレアル・マドリーに阻まれ、ベスト4で敗退となったバイエルン。ブンデスリーガ6連覇中のドイツ絶対王者は指揮官にフランクフルトをDFBポカール優勝に導いたクラブOBのコバチ監督を迎え、6年ぶりのCL制覇を目指す。移籍の噂されたFWレヴァンドフスキやDFジェローム・ボアテングら主力の流出こそなかったものの、補強はMFゴレツカとレンタルバックのFWニャブリのみ。バックアッパーのMFビダルやDFベルナト、MFルディらを放出して選手層がやや薄くなっているが、コバチ監督の下、少数精鋭のチーム編成でまずは首位でのグループステージ突破を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆経験値で上回れるか~ベンフィカ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフでPAOKを下して14季連続のCL本戦 出場を果たしたベンフィカが2位通過と予想。昨季は最下位でのグループステージ敗退に終わったが、4季目を迎えるルイ・ヴィトーリア監督の下、ポゼッションスタイルを確立しており、大きく躓くことはないはずだ。ポルトガル代表でも重要な役割を担いつつあるMFピッツィやDFルベン・ジアスに加え、伸び盛りのMFジェドソン・フェルナンデスらがおり、3季ぶりの決勝トーナメント進出は現実的な目標となる。 <span style="font-weight:700;">◆若手有望株の活躍次第で突破も~アヤックス~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフで難敵ディナモ・キエフを下して4季ぶりのCL本戦出場を果たしたアヤックス。若手有望株を輩出し続けるオランダの名門は、DFデ・リフトやMFファン・デ・ベーク、MFフランキー・デ・ヨングとビッグクラブ注目の粋の良い若手オランダ代表プレーヤーが在籍。さらに昨季エールディビジ最優秀選手のMFジイェフや、サウサンプトンから加入のセルビア代表FWタディッチとタレントが豊富だ。FWクライファートが流出したのは痛いが、DFブリントが復帰し、チームの安定感は増している。若手が躍動すればベンフィカを食う可能性も十分だ。 <span style="font-weight:700;">◆ギリシャ王者の意地を見せられるか~AEKアテネ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セルティックを予選3回戦で撃破し、プレーオフではヴィディを下して14年ぶりにギリシャ王者となったAEKアテネが12年ぶりのCL本戦出場を決めた。戦力的にはグループで最も劣るが、クロアチア代表FWリバヤの他、MFマンタロス、MFバカセタス、DFオイコノム、DFバカキスらギリシャ代表組が奮闘すれば道が拓けるかもしれない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース