ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表2017.12.21 09:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。

▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。

▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

サンパウロのペルー代表MFクエバがクラスノダールに加入…W杯で3試合に出場

▽FCクラスノダールは15日、サンパウロのペルー代表MFクリスティアン・クエバ(26)を完全移籍で獲得することを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 ▽クエバは、ペルーやチリ、スペイン、メキシコでプレー。2016年7月にトルーカからサンパウロへと加入していた。ブラジル・セリエAでは55試合に出場し9ゴール12アシストを記録している。 ▽また、ペルー代表としても2011年からプレー。ロシア・ワールドカップにもペルー代表として出場しグループステージ3試合に出場していた。 2018.07.17 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:オーストラリア 0-2 ペルー《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC最終節、オーストラリア代表vsペルー代表が26日にフィシュト・スタジアムで行われ、2-0でペルーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽オーストラリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ライアン 5.0 悪いところはなかったが2失点してしまった DF 19 リズドン 5.0 攻撃にも参加したが精度を欠いた 20 セインズベリー 5.0 終盤は疲労で集中力が切れた 5 マーク・ミリガン 5.0 ペルーのアジリティに後塵を拝した 16 ベヒッチ 5.5 カリージョの相手に手間取った MF 15 ジェディナク 5.5 高いパス成功率を誇り攻撃をサポート。自ら4本シュートを打った 13 ムーイ 5.5 こちらも高いポゼッション率を誇った 7 レッキー 5.5 持ち味の突破力は相手の脅威になり続けた 23 ロギッチ 5.5 高い技術で攻撃をけん引。黒子にも主役にもなれる可能性があったが… (→アーバイン 5.0) ダイナミックなプレーを魅せることができなかった 10 クルーズ 5.0 要所で仕掛けを見せたが、チャンスに絡んだのは1度だけだった (→アルザニ 5.0) 途中出場ながら驚異のパス成功率100%を記録。しかしそれがオーストラリアの助けになることはなかった FW 9 ユリッチ 5.0 何度かポストプレーをこなしたが上手く攻撃に絡めなかった (→ケイヒル 5.0) 組み立てにもフィニッシュにも顔を出したがゴールは奪えなかった 監督 ファン・マルバイク 5.0 前半のうちに点を取りたかったが、無得点のまま後半はずるずる後退。選手の疲労もピークに達し、結局1勝も挙げることはできなかった ▽ペルー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ガジェセ 5.5 安定したセービング DF 17 アドビンクラ 5.5 運動量と俊足を生かし攻守で目立った 15 ラモス 5.5 サンタマリアと共にペルーのゴール前に鉄壁を築いた 4 サンタマリア 6.0 的確な守備でオーストラリアの決定機を阻止 6 トラウコ 5.5 守備ではレッキーに後れを取ったが攻撃面ではまずまずの活躍 MF 13 タピア 5.5 パワフルなプレーは鳴りを潜めていた (→ウルタード 5.0) 途中出場でフレッシュさをアピールしたがテクニックを生かせなかった 19 ジョトゥン 5.5 オーストラリアにボールを持たれる展開であまり守備に貢献できず、先制の起点になるも前半で交代 (→アキーノ 5.5) 豊富な運動量で貢献。守備が光った 18 カリージョ 6.0 素晴らしいフィニッシュでペルーの34年ぶりゴールを記録 (→カルタヘナ -) 8 クエバ 5.0 味方とのコンビネーションでチャンスを演出 20 フローレス 積極的な仕掛けで左サイドの攻撃を担った FW 9 ゲレーロ 7.0 効果的なプレーで攻撃をけん引。1ゴール1アシストの活躍を披露 監督 ガレカ 6.0 的確な采配で、36年ぶりゴールと40年ぶり勝利をもたらした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ゲレーロ(ペルー) ▽国の英雄はこの試合でも英雄だった。1ゴール1アシストでペルーを歴史的40年ぶり勝利に導いた オーストラリア 0-2 ペルー 【ペルー】 カリージョ(前18) ゲレーロ(後5) 2018.06.27 01:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ペルーが40年ぶりの歴史的勝利!オーストラリアは未勝利で終える《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC最終節、オーストラリア代表vsペルー代表が26日にフィシュト・スタジアムで行われ、2-0でペルーが勝利した。 ▽ここまで1分け1敗のオーストラリアと、2連敗を喫しすでにグループステージ敗退が決まっているペルーが対戦。 ▽他会場で同時刻開催されるデンマーク代表vsフランス代表の結果次第では、勝てばグループステージ突破が決められるオーストラリアは前節からワントップのアンドリュー・ナバウトを代えてユリッチを起用。1点のみの変更となった。 ▽一方、W杯では1978年のアルゼンチン大会以降、勝利から遠ざかっているペルーは、前節からの変更点はサンタマリアとタピアの2点。A・ロドリゲスとアキーノに代わってスタメンに入った。 ▽最初のシュートはオーストラリア。レッキーの攻めからジェディナクがシュート。勝利を目指すアジアの雄が積極的な入りを見せる。だが、序盤からオーストラリアが主導権を握るものの、ロギッチを中心とした攻撃はなかなかうまくいかない。 ▽すると18分、ここまで控えめだったペルーが一気に牙をむく。最終ラインからのロングボールでゲレーロがオフサイドぎりぎりでディフェンスラインを突破。一度左サイドに流れてから中に折り返すと、カリージョがダイレクトで沈め、ペルーが先制点を奪った。 ▽W杯36年ぶりのゴールを奪ったペルーは25分にはFKからゲレーロがヘディングシュート。しかしここはGKライアンの正面へ。対するオーストラリアは27分、ロギッチが細かいタッチでボックス中央をドリブルで侵攻。DFを躱してシュートを放つが、GKガジャゼにセーブされる。さらに34分には、クルーズのボックス左からの折り返しにレッキーが反応するが、サンタマリアのクリアに遭い、シュートを打つことはできなかった。 ▽後半はペルーが攻勢に出る。50分、クエバが味方とのコンビネーションでボックス左に侵入すると、シュートが相手に当たりゴール前のゲレーロの下へ。ゲレーロはこれをダイレクトで押し込み、ペルーが2点目を奪った。 ▽勝利必須のオーストラリアはここでユリッチを下げてケイヒルを投入。ケイヒルは4大会連続での出場となった。さらに58分にはクルーズを代えてアルザニを入れて、前線を強化する。その直後、59分にCKから流れてきたボールをレビッチが狙うが相手に当たり枠の外へ、 ▽70分にケイヒルにチャンスが訪れる。敵陣中央からのパスを左サイドバックのベヒッチがダイレクトで中に折り返す。ゴール前でケイヒルが構えていたが、わずかに合わず。 ▽以降、疲れが見えてきたオーストラリアに対してカウンターで応戦するペルーは、何度もゴール前に攻め込むが精度の低さや相手の粘り強い守備にてこずり、なかなか決定的な3点目を奪えない。 ▽しかし、オーストラリアに反撃の力は残っておらずこのまま試合終了。2-0でペルーが勝利し40年ぶりの勝利を挙げた。なお、他会場で同時刻開催となっていたデンマーク代表vsアルゼンチン代表は0-0で終えたため、フランスの首位通過とデンマークの2位通過が決定した。 2018.06.27 01:06 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:フランス 1-0 ペルー《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第2節、フランス代表vsペルー代表が21日にエカテリンブルク・アリーナで行われ、フランスが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽フランス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 6.0 フランス代表のGKとして史上初の100キャップ達成。ゲレーロの決定機を防ぐなどそのメモリアルゲームでクリーンシートを記録 DF 2 パヴァール 6.0 攻撃面で良さは出なかったが、求められた守備的な役割を完遂 4 ヴァラン 6.0 持ち味の対人の強さを生かし要所で良い潰しを見せた 5 ユムティティ6.0 一度ゲレーロに振り切られた場面もあったが、それ以外は安定した対応で無失点に貢献 21 リュカ 5.5 対面のカリージョに大苦戦。それでも、マテュイディのサポートを受けて何とか耐えた MF 10 ムバッペ 6.5 19歳と6カ月でフランス代表のW杯史上最年少ゴールを記録。持ち味のスピードで相手の脅威となった (→デンベレ 5.5) 幾度か見事なボールスキルで決定機に絡んだ 13 カンテ 6.5 豊富な運動量と球際の強さを生かして守備を助けた。後半の守勢の中で重要な仕事を完遂 7 グリーズマン 6.0 前半はカウンターの局面で見事なプレーを見せたが、後半はやや見せ場を欠いた (→フェキル -) 6 ポグバ 6.5 先制点の起点になるなど攻守両面で精度の高いプレーを続けた (→エンゾンジ -) 14 マテュイディ 6.0 恐らく相手の強力な右サイド対策での起用と思われるが、無理の利く守備でその役目を果たした FW 9 ジルー 6.5 先制点に繋がるシュートを放つなど、自身の持ち味であるパワーと正確なポストワークを遺憾なく発揮。後半の時計の進め方もさすが 監督 デシャン 6.0 2連勝で突破と結果は残したが、内容面では今後の戦いに不安を残す ▽ペルー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ガジェセ 5.5 1失点したものの個人としては防げるシュートをきっちり防いだ DF 17 アドビンクラ 6.5 圧倒的な身体能力とスタミナを武器に右サイドで攻守に躍動 15 ラモス 5.5 ジルーの対応に苦戦も何とか最少失点で乗り切った 2 A・ロドリゲス 5.0 相手攻撃陣のスピードやパワーに付いていけず。前半のみの出場に (→サンタマリア 5.5) うまく試合に入ってカウンターの局面では冷静に対応した 6 トラウコ 5.5 前半はムバッペの対応に苦戦も徐々に盛り返した MF 18 カリージョ 6.0 強さと速さを生かした突破でチームの攻め手に。そこからの精度が伴えば更なる高みに到達できるはず 23 アキーノ 6.0 相手の強力な中盤とよく戦い、あわやゴラッソという強烈な一撃も見せた 8 クエバ 5.5 前節のPK失敗を引きずらず要所で攻撃の起点となった (→ルイディアス -) 19 ジョトゥン 5.5 無難に仕事をこなしていたが、チーム事情で前半のみの出場に (→ファルファン 6.0) 決定的な仕事はできなかったが、攻撃を活性化させることには成功 20 フローレス 5.5 左ウイングとセントラルMFで及第点のプレーを見せた FW 9 ゲレーロ 5.5 前線で起点となりチャンスにも顔を出したが、エースの仕事は果たせず 監督 ガレカ 5.5 デンマーク戦と同じ僅差も連敗…グッドルーザーとして敗退 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムバッペ(フランス) ▽後半の劣勢でチームを助けたセントラルMFコンビも捨てがたいが、難しい展開の中で試合の均衡を破った若き10番をMOMに選出。とりわけ、前半終盤の高速カウンターはこの試合で最も印象的な場面だった。 フランス 1-0 ペルー 【フランス】 ムバッペ(前34) 2018.06.22 02:14 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペがフランスのW杯最年少得点記録樹立! ペルーを敗退に追い込んだフランスが決勝T進出《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第2節、フランス代表vsペルー代表が21日にエカテリンブルク・アリーナで行われ、フランスが1-0で勝利した。この結果、フランスの決勝トーナメント進出およびペルーのグループリーグ敗退が決定した。 ▽フランスはグループ本命として臨んだオーストラリア戦では格下相手に大苦戦。それでも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)とゴールラインテクノロジー(GLT)を駆使し辛くも競り勝ち白星スタート。連勝でグループ突破を目指すペルー戦に向けては先発2人を変更。トリッソとデンベレに代わってマテュイディとジルーを起用し、ジルーとグリーズマンを縦関係に並べた[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 ▽一方、クエバのPK失敗や決定力不足が響きデンマークとの初戦に競り負けたペルー。グループリーグ突破に向けて勝ち点3奪取が求められる優勝候補との一戦に向けては先発2人を変更。ファルファンとタピアに代えてゲレーロとアキーノを起用した。 ▽立ち上がりからペルーが前からボールを奪いに行くアグレッシブな姿勢を見せると、右サイドでDFを振り切ったカリージョのクロスから早速際どい場面を創出する。一方、やや慎重な入りを見せたフランスも14分にはグリーズマンの右CKをファーのヴァランが豪快に頭で合わせ、こちらも最初の決定機を作り出した。 ▽その後はボール支配率を含めて完全にイーブンの状況が続き試合はやや落ち着きを見せる。しかし、30分を過ぎて再びテンポが上がると、31分にはボックス左でクエバが折り返したボールを受けたゲレーロがうまくDFユムティティを振り切ってシュートを放つが、ここはフランス代表100試合目の守護神ロリスの好守に阻まれる。直後の33分にはポグバの浮き球パスに反応したムバッペがゴール前でアクロバティックなボレーを試みるが、GK正面を突く。 ▽それでも、ゴールを予感させる攻防が続いた34分にフランスが先制点を奪う。相手陣内中央の高い位置でボールを奪ったポグバがボックス左に走り込むジルーにパス。ジルーのシュートは相手DFのブロックに遭うもうまくゴール方向にこぼれたボールをムバッペが難なく流し込んだ。ムバッペの19歳と6カ月という、フランス代表のW杯史上最年少ゴールで均衡を破ったフランスは勢いづいて攻め立てると、39分にはムバッペとグリーズマンの高速カウンター、43分にはグリーズマンの絶妙ラストパスからボックス内のリュカに決定機もここは相手GKの好守に阻まれ、追加点を奪うまでには至らず。 ▽このままでは敗退となるペルーは後半からアルベルト・ロドリゲス、ジョトゥンに代えてサンタマリア、ファルファンを投入する2枚替えを敢行。この交代でフローレスがセントラルMF、クエバが左ウイング、ファルファンがトップ下に入る、より攻撃的な布陣に変更した。すると50分にはボックス手前でファルファンの丁寧な落としを受けたアキーノが目の覚める強烈な右足のミドルシュートを放つ。だが、ややアウトにかかったこのシュートは枠の左上隅を叩いて枠の外に外れた。 ▽それでも、ファルファンの投入で前線に起点が増えたペルーはアドビンクラとカリージョの右サイドを軸にその後も再三決定機を作り出す。しかし、最後の場面で粘るフランスの守備陣を前にあと一押しが足りない。 ▽後半半ばから終盤にかけても攻めるペルー、耐えるフランスという構図の下で時間が進んでいく。74分には右サイドを突破したカリージョのクロスにファーのファルファンがジャンピングボレーで合わすがサイドネットを叩く。さらに88分にはボックス手前の好位置で得たFKをゲレーロが直接狙うもGKロリスのセーブに遭う。一方、ムバッペ、グリーズマン、ポグバと主力を下げてデンベレ、フェキル、エンゾンジの投入で逃げ切り態勢に入ったフランスはジルーが前線で身体を張って時間を使うなど、試合巧者の戦いぶりでこのまま試合をクローズ。 ▽2戦を通じて内容面には不満が出たフランスだが、自慢の勝負強さを発揮して2連勝で決勝トーナメント進出を決定。一方、2試合連続で善戦しながらもゴールが遠かったペルーは今節での敗退が決まった。なお、首位通過を目指すフランスは最終節でデンマーク、今大会初ゴールと共に初勝利を目指すペルーはオーストラリアと対戦する。 2018.06.22 02:13 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース