キャプテンとして厳しい評価を下すDF宇津木瑠美「個人の力がどれだけ足りていないか」《EAFF E-1サッカー選手権》2017.12.15 23:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。

▽試合後、DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。キャプテンとしてチームにあえて苦言を呈している。

◆DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)
──試合を振り返って
「結果が大事で厳しい試合になるとは全員がわかっていました。その中で、0-0の引き分けでも勝てない状況でしたし、強い気持ちで臨みました。しかし結果が全てで、自分たちの現状がこれです。課題として各々が見つけなければいけないものもありますが、それ以前に代表として足りないものについてもっと考えないといけません。遅いかもしれませんが、それを考える良いタイミングだと思っています。一人一人が成長するために、大事な試合だったと思います」

──自身のプレーについては
「ディフェンスとして入ったので2失点したことを考えると、フォワードが点を取ろうとしている中で失点してしまい課題は浮き彫りです。個人的な課題は多いですが、失点してしまったことをディフェンスラインで考えなければいけないと思います」

──個人と組織でどちらが多く課題が見つかったか
「高倉監督の方針の中で、組織で戦うことを大事にしています。それ以前に個人としても成長し、どれだけやれるかが大事です。そこを重点的にやっています。不慣れなポジションで起用される選手や、初めてペアを組む選手もいますが、その中で自分たちができているのかどうか。結果になっていないので、個人がどれだけ足りないかということだと思います」

「サッカーなのでチームスポーツで、チームとしてやっていかなければいけない課題も多いです。ただ、同じくらい個人としての課題も多いです。そういう意味で、チームとして形を作らなければいけませんが、個人でもやっていかなければいけないです。どっちも必要なことです」


「アジアの試合は、私が予選に出ていなかったこともあり久しぶりの試合でした。アジアでやることを、自分の中で舐めていた部分があるかもしれません。なでしこの苦手な部分として欧米対策があり、それを何年もやってきました。メンタル的な部分が大事です。最後、どちらが勝つかというところでメンタリティが大事で、アジアのチームはそこが強いです。刺激を頂いたと個人的に感じています」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパンが4月にガーナ女子代表と対戦…トランスコスモススタジアムで開催

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、なでしこジャパンが4月1日にMS&ADカップ2018でガーナ女子代表と対戦することを発表した。 ▽試合は長崎県のトランスコスモススタジアム長崎で行われる。ガーナ女子代表とは過去に1度対戦。2014年9月13日に山形で行われ、5-0でなでしこジャパンが勝利している。 ▽今回の対戦決定について、高倉麻子監督は以下のようにコメントしている。 「私たちの試合を今年もサポーティングカンパニーの MS&AD様が特別協賛してくださるとのことで非常に嬉しく思います。今回の MS&AD カップは、アジ アカップを目前に控えて非常に重要な意味を持つ試合です。ガーナ女子代表は身体能力が高く、アジアカップで対戦するいずれの国ともタイプが異なる チームですが、だからこそ、なでしこジャパンの引き出しを増やすことができる格好の機会だと捉えています」 「テレビ中継もしてくださるので、なでしこらしい、ひたむきで最後まで諦めないサッカーを一人でも多くの方に感じて頂けるよう、良い準備をして臨みたいと思います」 2018.02.16 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯予選を見据える高倉監督「欧州での経験値を積みながらなでしこらしいサッカーを突き詰めていきたい」《アルガルベカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、28日から3月7日まで行われるアルガルベカップ2018に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。 ▽高倉監督は4月から始まるワールドカップ(W杯)予選に向けて、チームの成長を促すことを目的に今回のメンバー構成に至ったことを説明。昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権では北朝鮮女子代表に3連覇を許す結果に悔しい経験をしたことから、チーム全体で勝利への強い意欲を示した。 ▽なでしこジャパンは、オランダ女子代表(28日)、アイスランド女子代表(3月2日)、デンマーク女子代表(3月5日)と対戦。今大会に向けてMF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)やMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、DF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)に対する期待を口にし、来るW杯予選やその先の本戦に向けて、現在の心境やチーム方針を語った。 <span style="font-weight:700;">◆高倉監督</span>(なでしこジャパン) <span style="font-weight:700;">──MF有吉佐織が久々の招集となったが、選手の適性を考えてどういったプレーを期待しているか</span> 「有吉選手は昨年の大会でヒザにケガを負ってしまいましたけど、順調に回復したため招集に至りました。有吉選手は代表でも所属チームでもサイドバックでプレーすることが多かったですが、経験もありますし、テクニックもありますので、中盤で多くの仕事を期待しています。中盤やサイドバックを含めて有吉選手にとって、どのポジションが一番合っているかを試してみたかったということもあり、変化をもたらす意味でも中盤登録にしました」 「選手の起用についてはどの選手でも適正ポジションを探していきたいです。選手にもずっと言っているように、2つ以上のポジションが出来るようにプレーの幅を持ってもらいたいと思っています」 <span style="font-weight:700;">──高倉監督が指揮するなでしこジャパンでMF長谷川唯に期待するプレーは?</span> 「長谷川選手は技術も高く運動量も多いので、積極的にボールに絡んでシンプルにゴールに向かっていくという点で良さを感じています。長谷川選手の良さだけを引き出すのではなく、チーム全体でどれだけボールを動かせるかに磨きをかけたいです」 <span style="font-weight:700;">──4月のW杯予選ではアジア勢との対戦になるが、今回のヨーロッパでの大会を通じて何を想定されているのか</span> 「アジアの戦いと世界との戦いというのではチーム内での微調整は必要になると思います。チームの経験値を考えると、様々な国の相手と戦いながら選手たちにも自身のプレーとチームのプレーを調整できるようになってもらいたいです。今季は非常に力がある3チームとの対戦ということで、選手がどのような応用力を見せてくれるのか期待しています」 <span style="font-weight:700;">──DF市瀬菜々について、久々に代表に復帰させた理由は?</span> 「市瀬選手は非常にクレバーな選手です。恐らくセンターバックでの起用になりますが、大事に使いながらどれくらい回復しているのかをしっかり判断していきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──4月のW杯予選や本戦に向けてどのようなチームの色を出していきたいと考えているか</span> 「私はいつも危機感を持って監督をしていますし、選手個々の巧さ・強さ・速さという面やプレーの強度に関しては世界のトップと戦う中で、日本はどうしても劣る部分があります」 「しかし、それは選手と話しながら改善に努めていますし、私としては、巧さと賢さを日本の武器として世界に挑んでいきたいと思っています。選手のより深いサッカー理解と技術の向上、応用力、忍耐力、いろんな要素を全体的に上げていきながらなでしこらしいサッカーを突き詰めていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──高倉監督にとってより本格的な戦いがこれから始まるかと思いますが、その挑戦への意気込みと心境は?</span> 「多くの親善試合や大会があるたびに『優勝を狙う』と言ってきた中で、結果がなかなか伴わなくて、私自身嘘ばかりついていると思っているのですが、選手に経験を積ませるという部分と、勝たせるという部分で長らく葛藤があります」 「しかし、前回のE-1で負けてから、選手が深く感じているというのを目の当たりにしたので、長く日本代表を背負ってきた以前の選手が持っていた自覚と覚悟というところでは少し前に進んでいるような気がしています。その中で、本格的な試合が目の前に来るときに誰がどのような強さを見せてくれるのかに期待しながら、私自身は選手と共に常に勝利を目指して戦っていきたいと思います」 2018.02.09 15:51 Fri
twitterfacebook
thumb

アルガルベカップに臨むなでしこジャパンメンバーが発表! 山根、熊谷、宇津木、横山の海外組4名が招集《アルガルベカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、28日から3月7日まで行われるアルガルベカップ2018に臨むなでしこジャパンメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、EAFF E-1サッカー選手権に出場したメンバーが中心となり、DF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)やMF猶本光(浦和レッズレディース)、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)らが選出された。また、海外組も招集され、GK山根恵里奈(レアル・ベティス)、DF熊谷紗希(リヨン)、DF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、FW横山久美(1.FFCフランクフルト)が招集された。 ▽E-1サッカー選手権に招集されていなかったメンバーでは、DF大矢歩(愛媛FCレディース)、DF清水梨紗(日テレ・ベレーザ)、DF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)、MF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)、MF増矢理花(INAC神戸レオネッサ)が招集されている。 ▽アルガルベカップでは、オランダ女子代表(28日)、アイスランド女子代表(3月2日)、デンマーク女子代表(3月5日)と対戦する。今回発表された、なでしこジャパンメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 21.<span style="font-weight:700;">山根恵里奈</span>(レアル・ベティス/スペイン) 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 2.<span style="font-weight:700;">宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) 4.<span style="font-weight:700;">熊谷紗希</span>(リヨン/フランス) 17.<span style="font-weight:700;">高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 23.<span style="font-weight:700;">大矢歩</span>(愛媛FCレディース) 20.<span style="font-weight:700;">三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) 22.<span style="font-weight:700;">清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) 5.<span style="font-weight:700;">市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 10.<span style="font-weight:700;">阪口夢穂</span>(日テレ・ベレーザ) 6.<span style="font-weight:700;">有吉佐織 </span>(日テレ・ベレーザ) 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 12.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(浦和レッズレディース) 19.<span style="font-weight:700;">増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 16.<span style="font-weight:700;">隅田凛</span>(日テレ・ベレーザ) 14.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 13.<span style="font-weight:700;">櫨まどか</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 15.<span style="font-weight:700;">菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) 8.<span style="font-weight:700;">岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) 9.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(1.FFCフランクフルト/ドイツ) 11.<span style="font-weight:700;">田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) 2018.02.09 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこチャレンジトレーニングキャンプからDF北川ひかる、FW上野真実が離脱

▽日本サッカー協会(JFA)は5日、大阪府で行われているなでしこチャレンジトレーニングキャンプからDF北川ひかる(浦和レッズレディース)、FW上野真実(愛媛FCレディース)が離脱することを発表した。 ▽なでしこチャレンジトレーニングキャンプは4日からスタート。北川、上野ともにケガのための離脱となる。なお、両選手に代わる選手の招集はない。 2018.02.05 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこチャレンジトレーニングキャンプにDFにコンバートされた高瀬愛実やDF北川ひかる、MF田中陽子らが招集

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、2月4日から8日にかけて大阪で行われるなでしこチャレンジトレーニングキャンプに臨むメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FWからSBへコンバートされている高瀬愛実(INAC神戸レオネッサ)やDF北川ひかる(浦和レッズレディース)、MF田中陽子(ノジマステラ神奈川相模原)などが招集。なでしこジャパンのメンバー入りを目指す選手たちが招集されている。 ▽高倉麻子監督は、今回の招集メンバーについてコメント。トレーニングキャンプの意義についてもコメントしている。 「この活動は、文字通りなでしこジャパンに挑戦するもので、現時点でなでしこジャパンに近い選手たちを集めて、可能性のある選手を見定めていくことになります。参加する選手たちは、今後なでしこジャパンに食い込んでいくんだという強い気持ちを持って、我こそはと名乗りを上げてもらいたいと思います」 「なでしこジャパンの活動は、今年は4月にAFCアジアカップ、8月にはアジア競技大会が控えていて、その先には来年のFIFA女子ワールドカップ、2020年の東京オリンピックと続いていきます。今回の活動からそうした活動に選ばれる選手が出て来ることを期待していますし、今なでしこジャパンに名を連ねる選手たちとも切磋琢磨して、日本全体で強くなっていければと思います」 ▽今回招集されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">齊藤彩佳</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">松本真未子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">櫻本尚子</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <span style="font-weight:700;">髙瀬愛実</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">三橋眞奈</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">石井咲希</span>(バニーズ京都SC) <span style="font-weight:700;">万屋美穂</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">國武愛美</span>(ノジマステラ神奈川相模原) <span style="font-weight:700;">北川ひかる</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">瀬戸口梢</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <span style="font-weight:700;">阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">田中陽子</span>(ノジマステラ神奈川相模原) <span style="font-weight:700;">成宮唯</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <span style="font-weight:700;">伊藤美紀</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">安齋結花</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <span style="font-weight:700;">杉田妃和</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">三浦成美</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">吉良知夏</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">井上綾香</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">谷口木乃実</span>(バニーズ京都SC) <span style="font-weight:700;">上野真実</span>(愛媛FCレディース) <span style="font-weight:700;">堀江美月</span>(静岡産業大学磐田ボニータ) 2018.01.26 20:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース