キャプテンとして厳しい評価を下すDF宇津木瑠美「個人の力がどれだけ足りていないか」《EAFF E-1サッカー選手権》2017.12.15 23:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の最終戦の北朝鮮女子代表戦に望み0-2で敗北した。この結果、北朝鮮女子代表の優勝が決定し3連覇を飾った。

▽試合後、DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。キャプテンとしてチームにあえて苦言を呈している。

◆DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)
──試合を振り返って
「結果が大事で厳しい試合になるとは全員がわかっていました。その中で、0-0の引き分けでも勝てない状況でしたし、強い気持ちで臨みました。しかし結果が全てで、自分たちの現状がこれです。課題として各々が見つけなければいけないものもありますが、それ以前に代表として足りないものについてもっと考えないといけません。遅いかもしれませんが、それを考える良いタイミングだと思っています。一人一人が成長するために、大事な試合だったと思います」

──自身のプレーについては
「ディフェンスとして入ったので2失点したことを考えると、フォワードが点を取ろうとしている中で失点してしまい課題は浮き彫りです。個人的な課題は多いですが、失点してしまったことをディフェンスラインで考えなければいけないと思います」

──個人と組織でどちらが多く課題が見つかったか
「高倉監督の方針の中で、組織で戦うことを大事にしています。それ以前に個人としても成長し、どれだけやれるかが大事です。そこを重点的にやっています。不慣れなポジションで起用される選手や、初めてペアを組む選手もいますが、その中で自分たちができているのかどうか。結果になっていないので、個人がどれだけ足りないかということだと思います」

「サッカーなのでチームスポーツで、チームとしてやっていかなければいけない課題も多いです。ただ、同じくらい個人としての課題も多いです。そういう意味で、チームとして形を作らなければいけませんが、個人でもやっていかなければいけないです。どっちも必要なことです」


「アジアの試合は、私が予選に出ていなかったこともあり久しぶりの試合でした。アジアでやることを、自分の中で舐めていた部分があるかもしれません。なでしこの苦手な部分として欧米対策があり、それを何年もやってきました。メンタル的な部分が大事です。最後、どちらが勝つかというところでメンタリティが大事で、アジアのチームはそこが強いです。刺激を頂いたと個人的に感じています」
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこMF川澄奈穂美がクラブ間トレードでシアトル・レインFCからスカイ・ブルーFCへ移籍

なでしこジャパンのMF川澄奈穂美(33)が、ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインFCからスカイ・ブルーFCへと移籍することを発表した。 INAC神戸レオネッサでキャリアをスタートさせた川澄は、2008年からなでしこジャパンとしても活躍。2011年の女子ワールドカップでは優勝に貢献。その後もなでしこジャパンとして、ロンドン・オリンピックや女子アジアカップ、女子ワールドカップなどでプレーした。 2014年にNWSLのシアトル・レインへと期限付き移籍すると、2016年からは完全移籍でプレー。なでしこジャパンでチームメイトのMF宇津木瑠美とともにプレーしていた。 2014年は20試合で9ゴール5アシストを記録。川澄は2016年に復帰してから、NWSLで3シーズンプレーし、48試合に出場し14アシストを記録。2017年にはリーグ最多の9アシストを記録していた。 川澄は15日に自身のブログを通じても移籍を発表。「移籍報告」として、今シーズンの意気込みを綴っている。 「いつも応援してくださっている皆さまへ こんにちは。いつも応援ありがとうございます! この度、NWSLのSky Blue FCに移籍することになりました。 大好きなSeattle Reign FCを離れる淋しさはありますが、これから始まるSky Blue FCでのサッカー人生もとても楽しみです! 今年はW杯もありますので、Sky Blue FCで結果を出して日本代表に繋げていける様に全力で頑張ります。 引き続き、ご声援よろしくお願いします」 なお、この移籍は、スカイ・ブルーFCのFWシー・グルーム(25)とのトレードになるとクラブから発表されている。 2019.01.15 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

悲願の女王奪還を! なでしこ率いる高倉監督の目標はW杯優勝《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽都合により会見に出席できなかったなでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は、ビデオメッセージを通じて2019年の女子ワールドカップ・フランスでの目標に優勝を掲げている。 ◆高倉麻子監督 「本日は、日本代表年間スケジュール発表会見に出席できず申し訳ございません。来年開催される女子ワールドカップの視察のためにフランスに来ています」 「2018年の活動を全て終えましたが、今年はアジアカップ、そしてアジア競技大会という二つのアジアのタイトルを獲ることができました。結果が出たことで選手たちも自信になりましたし、チームとしても大きく成長することができた一年になりました」 「そして、いよいよ2019年はFIFA女子ワールドカップに臨む大事な年になります。抽選会も終えて対戦国も決まり、いよいよ勝負の年を迎えるんだな、という気持ちの高まりを感じます。世界の女子サッカーの進歩は目覚ましく、簡単な試合は一つもありませんが、もう一度ワールドカップを掲げることを目標にチーム一丸となってここまで頑張ってきました。ワールドカップまであと半年ですが、一日も無駄にすることなく、最高の結果を勝ち取りたいと思います」 「そして、その喜びを応援してくださる全ての方々と一緒に分かち合いたいと思います。2019年も引き続き、なでしこジャパンをよろしくお願い致します」 ▽女子ワールドカップは、6月7日(金)~7月9日(火)にかけて開催。今年行われたアジアカップ&アジア競技大会で女王となった日本は、グループステージでは6月10日(月)にアルゼンチン女子代表と、6月14日(金)にスコットランド女子代表と、6月19日(水)にイングランド女子代表と対戦する。 2018.12.11 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

2大会ぶり2度目の優勝目指すなでしこはイングランド、スコットランド、アルゼンチンと同じグループDに《女子W杯フランス2019》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は8日、フランスのパリで来年6月に開幕するFIFA女子ワールドカップフランス2019の組み合わせ抽選会を開催し、グループ分けが決定。この結果、なでしこジャパン(女子日本代表)はグループDに入り、イングランド女子代表、スコットランド女子代表、アルゼンチン女子代表と対戦することが決定した。 ▽2015年のカナダ大会で準優勝のなでしこは今大会で2大会ぶり2度目の優勝を目指す。その悲願達成に向けて重要となるグループステージは、前回大会3位で4大会連続5回目の出場となるイングランド、大会初出場のスコットランドのヨーロッパ勢と、南米予選を3位で終えてパナマとの大陸間プレーオフを制し、3大会ぶり3回目の出場を決めたアルゼンチンの3チームと対戦する。 ▽なお、2019年6月10日に行われるグループ初戦はパリでアルゼンチンと、同14日に行われる第2戦はレンヌでスコットランドと、同19日に行われる第3戦はニースでイングランドと対戦する。 ▽今回の抽選結果を受けて高倉麻子監督は以下のようなコメントを残している。日本サッカー協会(JFA)が伝えた。 「どのグループに入ってどのチームと対戦することになっても難しい試合になることは間違いありません。ワールドカップで再びトロフィーを掲げるという大きな目標はありますが、そこにたどり着くために一つ一つの試合を全力で戦い、その中で成長していきたいと思っています。私たちはチャレンジャーです。対戦国の分析もしますが、まずはなでしこジャパンのサッカーを追求していきたいと思います」 ▽なお、女子W杯フランス2019のグループステージ組み分けは以下の通り。 ◆FIFA女子ワールドカップフランス2019グループ組み分け ▽グループA フランス、韓国、ノルウェー、ナイジェリア ▽グループB ドイツ、中国、スペイン、南アフリカ ▽グループC オーストラリア、イタリア、ブラジル、ジャマイカ ▽グループD イングランド、スコットランド、アルゼンチン、日本 ▽グループE カナダ、カメルーン、ニュージーランド、オランダ ▽グループF アメリカ、タイ、チリ、スウェーデン 2018.12.09 13:11 Sun
twitterfacebook
thumb

アディダスが女子W杯公式試合球『CONEXT19』を発表! 2019年の開催国フランスにインスピレーション

▽国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーのアディダスは6日、2019年6月7日から7月7日にかけて、フランスで開催される2019 FIFA女子ワールドカップ公式試合球『CONEXT19(コネクト19)』を発表した。 ▽『CONEXT19(コネクト 19)』は"CONNECTION"と"NEXT"から生まれた造語。スポーツを通じてすべての人種、世代、国々が団結する、世界中のつながりを表し、2019FIFA 女子ワールドカップの開催地フランスよりインスピレーションを得ている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽1998FIFA ワールドカップフランス大会公式試合球トリコロールにインスパイアされたデザインで、伝統的なフランスのシンボルである雄鶏と近代フランスのシンボルである高速列車とタービンを融合し、更にグリッチエフェクトによって現代の革新性を表現している。 ▽カラーリングは、2019FIFA 女子ワールドカップのエンブレムの輝きを表すオレンジと開催国のフランスをイメージするトリコロールカラーが配色されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋清史)が12月6日(木)よりアディダスオンラインショップはじめ、全国のスポーツ店で順次販売される。 2018.12.06 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア最優秀監督に鹿島の大岩監督となでしこの高倉監督が選出! 鹿島の鈴木&三竿は最優秀選手受賞逃す…《AFC年間表彰式》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は28日、オマーン(マスカット)でAFCアニュアルアウォーズ2018を開催した。 ▽日本勢では、鹿島アントラーズをアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初制覇に導いた大岩剛監督がアジア年間最優秀監督賞を受賞。昨年受賞した浦和レッズの堀孝史前監督に続き日本人監督が2年連続の受賞となった。さらに、なでしこジャパンをアジアカップ2連覇に導いた高倉麻子監督は、2年連続6度目のアジア女子年間最優秀監督賞を受賞した。 ▽さらにアジア国際最優秀選手賞は、フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が選出された。長谷部は、フランクフルトで30年ぶり5回目のDFBポカール制覇に加え、キャプテンとして臨んだロシア・ワールドカップで日本代表のベスト16進出に貢献していた。 ▽また、今年8月に行われたU-20女子W杯2018でU-20女子日本代表の初優勝に貢献しシルバーボールに選出されたFW宝田沙織が、最終選考に残った同代表MF長野風花やDF南萌華を抑え、アジア女子年間最優秀若手選手賞を初受賞。また、同代表を率いた池田太監督は、AFC会長特別賞に選出された。 ▽なお、アジア年間最優秀選手賞の最終候補者に残っていた鹿島の日本代表FW鈴木優磨とMF三竿健斗、アジア女子年間最優秀監督賞の最終候補者に残っていたリヨンのMF熊谷紗希、アジア年間最優秀若手選手賞の最終候補者に残っていた桐光学園高校MF西川潤は、惜しくも受賞を逃した。 ▽また、施設や資源の多様性など、自国のサッカーの発展への努力や成果を評価する目的で2013年に設立されたAFC会員賞では、「インスピレーション(閃き)」、「ディベロッピング(発展)」、「アスピリング(野心)」の3部門の中で、日本サッカー協会がインスピレーション部門を2年ぶりに受賞した。AFCアニュアルアワード2018の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF三竿健斗(鹿島アントラーズ/日本)</span> <span style="text-decoration: line-through;">FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/日本)</span> <span style="font-weight:700;">DFアブドゥルカリム・ハサン</span>(アル・サッド/カタール) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">FWサマンサ・カー(オーストラリア/シカゴ・レッドスターズ)</span> <span style="font-weight:700;">MFワン・シュア</span>(中国/パリ・サンジェルマン) <span style="text-decoration: line-through;">MF熊谷紗希(日本/オリンピック・リヨン)</span> <span style="font-weight:700;">◆アジア年間国際最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF長谷部誠</span>(日本/フランクフルト) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀若手選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF西川潤(日本/桐光学園高校)</span> <span style="text-decoration: line-through;">FWチョン・セジン(韓国/水原三星)</span> <span style="font-weight:700;">MFトゥルキ・アル・アマル</span>(サウジアラビア/アル・シャバブ・リヤド) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀若手選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF長野風花(日本/仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">DF南萌華(日本/浦和レッズ・レディース)</span> <span style="font-weight:700;">FW宝田沙織</span>(日本/セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀監督賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">バシム・ハムダン(イラク/エアフォースクラブ)</span> <span style="font-weight:700;">大岩剛</span>(日本/鹿島アントラーズ) <span style="text-decoration: line-through;">ラフシャン・ハイダロフ(ウズベキスタン/U-23ウズベキスタン代表)</span> <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">高倉麻子</span>(日本/女子日本代表) <span style="text-decoration: line-through;">岡本三代(日本/U-20女子日本代表コーチ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">ヌエングルタイ・スラトンビアン(タイ/女子タイ代表)</span> <span style="font-weight:700;">◆年間最優秀フットサル選手</span> <span style="text-decoration: line-through;">逸見勝利ラファエル(日本)</span> <span style="font-weight:700;">アリ・アスガル・ハサンダデフ</span>(イラン) <span style="text-decoration: line-through;">マフディ・ハビド(イラン)</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC会長特別賞</span> <span style="font-weight:700;">池田太</span>(日本/U-20日本女子代表監督) <span style="font-weight:700;">ワイルド・ボアーズFC</span>(タイの洞窟から救出された少年サッカーチーム) ※少年たちに代わってタイサッカー連盟会長のソムヨット・プーンパンマング氏が受賞 <span style="font-weight:700;">◆AFC Inspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">日本サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Developing MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">北朝鮮サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Aspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">モンゴルサッカー協会</span> 2018.11.29 01:45 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース