シュティーガー初陣のドルトムント、香川が2ゴールに絡む活躍で9試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》2017.12.13 06:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第16節、マインツvsドルトムントが12日に行われ、0-2でドルトムントが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は欠場し、ドルトムントのMF香川真司はフル出場して今季3ゴール目を決めている。

▽前節ライプツィヒ戦を2-2と引き分けた14位マインツ(勝ち点16)は、背中を痛めている武藤が4試合連続欠場となった。

▽一方、香川がアシストを記録したものの、ブレーメンに1-2と競り負けた8位ドルトムント(勝ち点22)は、ボス監督をついに解任。ケルンを解任されたばかりのシュティーガー監督を招へいした中、香川は[4-3-3]の右インサイドMFで先発となった。

▽3トップに右からヤルモレンコ、オーバメヤン、プリシッチと並べたドルトムントが立ち上がりから仕掛けていく。しかし7分にピンチ。セルダーのミドルシュートがバーを直撃した。

▽その後もハーフコートゲームを展開したドルトムントは、18分にCKの流れからオーバメヤンがボレーシュートに持ち込むと、32分には香川が左足ミドルでゴールを狙っていく。

▽押し込みながらもやや攻めあぐねるドルトムントは41分に決定機。ロングフィードに抜け出したオーバメヤンがボックス中央からスライディングシュート。だが、枠の右へ外れた。さらに45分、ボックス手前左のラファエウ・ゲレイロがミドルシュートを狙うと、枠の右を捉えたがGKのファインセーブに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半も攻め込んだドルトムントは51分にプリシッチがボックス内から可能性のあるシュートを浴びせると、55分に先制する。左サイドからの香川のFKをファーサイドのトプラクがヘッド。このシュートは右ポストに直撃したが、ルーズボールをボックス右のパパスタソプーロスがボレーで蹴り込んだ。

▽58分にもヤルモレンコとの関係でボックス右に侵入したラファエウ・ゲレイロが枠内シュートを浴びせたドルトムントは、66分のハックのヘディングシュートをGKビュルキが好守で防ぎ、リードを保っていく。

▽逃げ切りを図るドルトムントはプリシッチに代えてダフードを投入。香川は[4-2-3-1]のトップ下にポジションを移した。すると79分、その香川に決定機。香川のスルーパスでボックス右のスペースを突いたヤルモレンコの折り返しを、ゴール前でフリーとなった香川が右足で合わせる。しかし、GKゼントナーのファインセーブに阻まれた。

▽そして89分、香川が勝負を決定付ける。香川のヘディングでのパスに抜け出したオーバメヤンがボックス内に侵入。GKと相手DFを引き付けてラストパスを出すと、ボックス右に走り込んだ香川がゴールに流し込んだ。このまま2-0で勝利したドルトムントがシュティーガー監督の初陣を勝利で飾り、9試合ぶりの白星を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

フル出場の久保が見せ場を作るもニュルンベルク、マインツに1-1ドロー《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは1日、ブンデスリーガ第2節でマインツをホームに迎え、1-1で引き分けた。ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽開幕節のヘルタ・ベルリン戦で早速フル出場デビューを飾ったニュルンベルクの久保は、引き続き[4-1-4-1]の左サイドで先発となった。 ▽試合は開始6分、CKの流れからマルグリッターがヘディングシュートを浴びせてニュルンベルクがまずはゴールに迫る。対するマインツも8分、CKからマテタのヘディングシュートでニュルンベルクのゴールを脅かした。 ▽一進一退の攻防で立ち上がる中、ニュルンベルクは15分にリーボルドがミドルシュートを放ったが、惜しくも枠の右に外れる。すると25分、マインツに先制を許す。左クロスをマテタにヘッドで決められた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半開始3分、ニュルンベルクは右CKのサインプレーからボックス中央でフリーとなったイシャクがゴール右に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。 ▽57分にも左クロスからイシャクがボレーシュートを浴びせたニュルンベルクが攻勢に出ると、63分には久保がペナルティアーク中央から右足トゥキックで狙うが、枠の右を捉えたシュートはGKにセーブされる。 ▽その後もミドルシュートで圧力をかけたニュルンベルクは76分、久保がボックス右でうまくDFを交わしてラストパスを送り、ローヴェンがシュートに持ち込むも、ここもGKにセーブされた。 ▽終盤の88分にはボックス右でDFを交わした久保が左足でシュートを放つも枠の右に外れ、1-1のままタイムアップ。ニュルンベルクは勝ち点1を得るにとどまった。 2018.09.02 00:49 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、武藤元同僚MFパブロ・デ・ブラシスを獲得

▽エイバルは30日、アルゼンチン人MFパブロ・デ・ブラシス(30)をマインツから獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの2年間となる。 ▽デ・ブラシスは29日にメディカルチェックを通過。エイバルは、ウィングを主戦場とするこの身長165cmの小兵を、ボールコントロールにと献身性に優れていると評し、獲得を喜んでいる。 ▽デ・ブラシスは、2014年8月にギリシャのアステラス・トリポリスからマインツに入団。昨シーズンは、公式戦28試合に出場し5ゴール4アシストの成績を収めていた。 2018.08.30 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツ、元マドリーMFホセ・ロドリゲスがオランダへレンタル移籍

▽マインツは28日、スペイン人MFホセ・ロドリゲス(23)が今シーズン終了までエールディビジのフォルトゥナ・シッタートにレンタル移籍することを発表した。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のホセ・ロドリゲスは、マドリーでは公式戦通算4試合に出場し1得点を記録。その後、デポルティボへのレンタル移籍を経て2015年7月には、フリートランスファーでガラタサライへ加入した。 ▽その翌年にマインツに完全移籍で加入するもトップチームで思うように出場機会を得られず、2シーズン連続でマラガとマッカビ・テル・アビブへレンタル移籍に出されていた。 2018.08.29 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツがフェイエノールトからFWボエティウスを完全移籍で獲得

▽マインツは27日、フェイエノールトから元オランダ代表FWジャン=ポール・ボエティウス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの4年間となる。 ▽ボエティウスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2013年1月にトップチームへ昇格。2015年8月にバーゼルへと完全移籍していた。 ▽2017年1月からはヘンクへとレンタル移籍し、同年7月にフェイエノールトへ復帰。2017-18シーズンは、エールディビジで28試合に出場し6ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。 2018.08.28 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツ、エスパニョールの左SBアーロンを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽マインツは6日、エスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マルティン(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽エスパニョールの下部組織出身であるアーロンは、U-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた左サイドバック。2016年10月にエスパニョールでトップチームデビューを飾り、これまで公式戦66試合に出場。昨季はリーガエスパニョーラ32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 ▽マインツでは左サイドバック兼センターバックのフランス人DFアブドゥ・ディアロがドルトムントへ移籍していた。 2018.08.07 05:14 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース