グループステージ組み合わせ決定《ロシアW杯》2017.12.02 01:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせ抽選会を行った。

▽前回W杯王者のドイツ代表はグループFに入り、メキシコ代表、スウェーデン代表、韓国代表と同居した。欧州王者ポルトガル代表は、前々回のW杯王者スペイン代表と同居のグループBに入った。

▽そして、南米予選を断トツの首位で通過したブラジル代表はグループEに入り、スイス代表、セルビア代表、コスタリカ代表と対戦する。一方、南米予選をギリギリで通過したアルゼンチン代表はクロアチア代表、アイスランド代表、2大会連続でのナイジェリア代表との対戦となる。開催国のロシア代表はウルグアイ代表、エジプト代表、サウジアラビア代表と同居した。

▽その他のグループの組み合わせは以下の通り。

◆グループA
ロシア(開催国)/2大会連続11回目
エジプト/7大会ぶり3回目
ウルグアイ/3大会連続13回目
サウジアラビア/3大会ぶり5回目

◆グループB
ポルトガル/5大会連続7回目
スペイン/11大会連続15回目
モロッコ/5大会ぶり5回目
イラン/2大会連続5回目

◆グループC
フランス/6大会連続15回目
オーストラリア/4大会連続5回目
ペルー/9大会ぶり5回目
デンマーク/2大会ぶり5回目

◆グループD
アルゼンチン/12大会連続17回目
アイスランド/初出場
クロアチア/2大会連続5回目
ナイジェリア/3大会連続6回目

◆グループE
ブラジル/21大会連続21回目
スイス/4大会連続11回目
コスタリカ/2大会連続5回目
セルビア/2大会ぶり12回目

◆グループF
ドイツ/17大会連続19回目
メキシコ/7大会連続16回目
スウェーデン/3大会ぶり12回目
韓国/9大会連続10回目

◆グループG
ベルギー/2大会連続13回目
パナマ/初出場
イングランド/6大会連続15回目
チュニジア/3大会ぶり5回目

◆グループH
ポーランド/3大会ぶり8回目
セネガル/4大会ぶり2回目
コロンビア/2大会連続6回目
日本/6大会連続6回目

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ドイツ 2-1 スウェーデン《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節、ドイツ代表vsスウェーデン代表が23日にフィシュト・スタジアムで行われ、2-1でドイツが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドイツ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180624_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ノイアー 6.5 3つのビッグセーブでチームを救った DF 18 キミッヒ 5.5 高い位置を取ったが、打開しきることはできなかった 17 J・ボアテング 5.0 持ち上がってゲームメークしていたが、退場してしまった 16 リュディガー 5.0 ミスパスからチームのリズムを乱す。トイヴォネンにも付ききれず失点に関与 3 ヘクター 5.5 左ウイングのような位置取りで攻撃に関与 (→ブラント -) MF 13 ミュラー 5.5 効果的にゴール前に絡むことはできなかった 19 ルディ 5.5 守備のバランスを取る役割を担っていたが、鼻血で交代に (→ギュンドアン 5.0) バランスを崩す要因に 7 ドラクスラー 5.0 流動的に動いたが、周囲と連係が合わず (→ゴメス 5.5) ゴールはなかったが、最前線でターゲットマンとなる 8 クロース 6.5 まさかのミスパスから失点に関与も、起死回生のFK弾を決めた 11 ロイス 6.0 流動的に動いて同点弾を決めた FW 9 ヴェルナー 5.5 前半は走るスペースがなく苦労したが、後半は左サイドに移って打開した 監督 レーブ 6.0 ルディの負傷交代、J・ボアテングの退場と負の流れが続いたが、薄氷の逆転勝利 ▽スウェーデン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180624_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロビン・オルセン 6.0 終盤にゴメスのヘディングシュートをファインセーブで阻止 DF 2 ルスティグ 6.0 対面のアタッカーを抑えていた 3 リンデロフ 6.0 発熱が癒えて復帰。グランクビストと共に壁となる 4 グランクビスト 6.0 ゴール前で壁となった。ポジショニング良く撥ね返す 6 アウグスティンション 6.0 攻守に質の高いプレー MF 17 クラーソン 6.0 トイヴォネンのゴールをアシスト。相変らずの運動量 (→ドゥルマズ -) 7 ラーション 6.0 精度の高いキックでチャンスメークを担った 8 エクダル 6.0 最終ラインまで戻って守備をこなす 10 フォルスベリ 5.5 キミッヒの上がりをケア。攻撃面ではアクセントを付けられず FW 20 トイヴォネン 6.0 先制ゴール。少ないチャンスをモノに (→グイデッティ -) 9 ベリ 6.0 先制点に関与。ノイアーとの一対一を決めたかった (→テリン -) 監督 アンデション 6.0 堅守はドイツにも十分通用した。最後の失点は不運 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ノイアー(ドイツ) ▽劇的逆転弾を決めたクロースも当然MOMに相応しいが、3つほど大きなピンチを防いだ守護神のノイアーを選出。試合勘が鈍っていないことを証明し、窮地のチームを救った。 ドイツ 2-1 スウェーデン 【ドイツ】 ロイス(後3) クロース(後50) 【スウェーデン】 トイヴォネン(前32) 2018.06.24 05:15 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のドイツがクロースのラストプレー弾で起死回生の勝利! 敗退危機を回避《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節、ドイツ代表vsスウェーデン代表が23日にフィシュト・スタジアムで行われ、2-1でドイツが勝利した。 ▽直前の試合でメキシコ代表が韓国代表に2-1で勝利し、2連勝としているグループF。初戦のメキシコ戦を0-1で落とし、まさかの黒星スタートとなった前回王者のドイツは、敗れれば敗退となる中、メキシコ戦のスタメンから4選手を変更。エジル、ケディラ、プラッテンハールト、負傷したフンメルスに代えてロイス、ヘクター、ルディ、リュディガーを起用した。 ▽一方、韓国にPK弾で1-0と勝利したスウェーデンは、韓国戦のスタメンからヤンソンに代えて発熱が癒えたリンデロフのみを変更した。 ▽2センターバックとルディを残して攻撃に人を割くドイツが立ち上がりから分厚い攻めを展開していく。2列目のロイス、ドラクスラー、ミュラーが流動的に動き、両サイドバックが高い位置を取るドイツはハーフコートゲームを展開するも、13分に大ピンチ。 ▽リュディガーのミスパスからベリにディフェンスライン裏に抜け出され、GKノイアーと一対一に。しかし、シュートは守護神が右手一本で止めて見せた。 ▽その後もドイツが攻め込む展開が続くも、スペースを埋める守備を敢行するスウェーデンを崩しきることができない。徐々に攻めあぐねていったドイツは25分、鼻を負傷して大量の鼻血を出したルディがプレー続行不可能となり、ギュンドアンが投入される。 ▽すると32分、クロースのミスパスを突いてスウェーデンが先制する。ベリがパスカットして右サイドへ展開。クラーソンの浮き球フィードに反応したトイヴォネンが胸トラップからボックス右に侵入してループシュートを狙うと、リュディガーにかすかに当たったシュートがGKノイアーの頭上を越えてゴールネットに吸い込まれた。 ▽まさかの失点を喫したドイツは、39分にギュンドアンのミドルシュートでゴールに迫るも、引き続き中央を固められて攻めあぐねると、追加タイム2分にも大ピンチ。FKからベリのヘディングシュートが枠の左を捉えたが、GKノイアーがビッグセーブで阻み、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からドラクスラーに代えてゴメスを最前線に投入したドイツは、ヴェルナーを2列目の左に下げた。すると開始3分、この交代策が早速ゴールを生み出す。左サイドで仕掛けたヴェルナーがクロスを入れると、ニアでゴメスが潰れ、最後はロイスが押し込んだ。 ▽同点として勢いに乗ったドイツはクロースのミドルシュートやミュラーのヘディングシュートでゴールに迫ると、56分にもヴェルナーの仕掛けからヘクターが枠内シュートを浴びせた。 ▽その後もハーフコートゲームを展開したドイツだったが、シュートに結びつけることが徐々に困難となっていく。そのまま時間が経過した終盤の82分、ドイツにアクシデント。J・ボアテングがベリへのスライディングタックルでVARの末に2枚目のイエローカードが提示され、退場となってしまう。 ▽すると直後、FKからルーズとなったボールがゴール前のグイデッティの前に。しかし、GKノイアーが何とか弾き出してピンチを逃れた。 ▽凌いだドイツは88分、逆転のチャンス。クロースが左サイドからボールを上げると、ゴメスがヘディングシュート。枠を捉えていたが、GKオルセンのファインセーブに阻まれた。さらに追加タイム2分、途中出場のブラントが左足ミドルでゴールに迫るも、左ポストを直撃してしまう。 ▽ツキにも見放され、万事休すかと思われたラストプレーの同5分、ドイツに起死回生のゴールが生まれる。ボックス左外ぎりぎりの位置で得たFKをクロースが狙うと、完璧なシュートがゴール右上に決まった。直後にタイムアップとなり、ドイツが劇的逆転勝利。グループステージ敗退の危機から一転、最終節の韓国戦を勝利すれば突破を決められる可能性が高まった。一方、敗れたスウェーデンは2連勝のメキシコと最終節で対戦する。 2018.06.24 05:14 Sun
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯企画/●●の●●に注目!】6月23日/トニ・クロースの正確無比な揺さぶりに注目

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で開幕した。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が試合当日に登場するであろう人物やチーム等々にフォーカス。“●●の●●に注目!”とし、紹介する。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>トニ・クロース(28)</b></div>【所属】ドイツ代表/レアル・マドリー(スペイン) 【ポジション】MF 【身長/体重】183cm/76kg 【代表出場歴】83試合/12得点 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>世界最高峰のパス精度</b></div>▽王者としてロシアW杯に臨んでいるドイツ代表。その中でも心臓部を担うのがクロースだ。その驚くほど正確なパスは長、中、短距離全てを網羅するが、中でも驚異的なのは長距離のパスだ。サイドからサイドへ、まるで5メートル先に居る味方に送るように、いとも簡単にサイドチェンジを繰り出していく。 ▽さらに、クロースの強みは判断能力の高さにもある。シンプルに繋いだかと思えば、次の瞬間には急所を突く縦パスを通し、人数をかけて奪いに行けばサイドを変えられてしまう。 ▽そして、スウェーデン戦で最も脅威となりそうなのはミドルシュートだ。クロースの枠の隅を射抜く丁寧なミドルには特筆すべきものであり、高さ、フィジカルを生かして守りを固めるであろうスウェーデンには、相手のブロックの外からゴールを脅かしていく形が有効となる。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>登場予定試合</b></div><center>ロシアW杯グループF第2節 ▽6/23(土) 《27:00》 ドイツ代表 vs スウェーデン代表 @フィシュト・スタジアム</center> 2018.06.23 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【W杯グループF第2節プレビュー】背水ドイツが堅守スウェーデンと激突、金星メキシコは韓国と対戦

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節が23日に行われる。24:00から韓国代表vsメキシコ代表が、27:00からドイツ代表vsスウェーデン代表が行われる。 ◆チーム情報:背水のドイツと引き分け十分のスウェーデン ▽まずはドイツvsスウェーデンから。初戦のメキシコ戦では相手の鋭く人数をかけたカウンターに何度も危険にさらされ、0-1でまさかの黒星スタートとなった前回王者ドイツ。前がかっていた上、攻守の切り替えが遅かったことから、幾度もゴール前まで迫られてしまった。スウェーデン戦も勝利が求められるため、前がかることが予想されるが、初戦で浮き彫りとなった課題を解消することはできるか。 ▽一方、韓国戦を堅実な守備で応戦しながらPK弾でシャットアウト勝利とした堅守スウェーデンは、ドイツ戦を引き分けられれば十分な結果だ。韓国戦同様に水も漏らさぬ守備で対応しつつ、韓国戦で低調だったフォルスベリら攻撃陣が奮起することを期待したい。 ◆注目選手:クロースのゲームメークvs主将DF ▽勝利が必要なドイツではあるが、メキシコ戦のように前がかり過ぎるとカウンターを食らうリスクがあるため、攻守のバランスを保つことが求められる。そこで鍵を握るのが中盤の底でゲームを組み立てるクロースだ。メキシコ戦では徹底したマークでボールを捌けなかったコントロールタワーだが、クロースから正確なパスが配球されることで相手のカウンターを受けずに攻撃を仕掛け続けることが可能となる。ドイツが本来の分厚い攻めを展開できるかはクロースのパフォーマンスに懸かっている。 ▽対するスウェーデンの注目選手は堅守を象徴する存在である主将のセンターバック、グランクビストだ。韓国戦ではベテランらしく冷静かつ安定したプレーでチームを後方から支えた。さらにPKで決勝ゴールを決め、チームを勝利に導いた頼れるキャプテンは、ドイツ戦では劣勢が予想される中、ゴール前で鉄壁の壁となることが期待される。 ◆ドイツ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupF2_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆スウェーデン予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupF2_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupF2_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆チーム情報:衝撃を与えたメキシコ優位は揺るがず ▽続いて24:00開催の韓国vsメキシコ。スウェーデン戦ではソン・フンミンを全く生かせず攻撃が機能不全に陥っていた韓国は、キム・ミヌのPK献上でスウェーデンに押し切られた。メキシコ戦では勝利が必要となる中、いかにゴールを奪うかという点に注目が集まる。 ▽対するメキシコは再三のカウンターが王者ドイツに炸裂し、今大会のブレイク候補であるロサーノの一撃で見事サプライズを起こした。韓国戦でも相手が前がかることが濃厚なため、カウンターが機能することが予想される中、ドイツ戦のようなパフォーマンスを見せられるかに注目だ。 ◆注目選手:アタッカーに注目 ▽ゴールが必要な韓国としてはチームの大黒柱であるソン・フンミンの活躍が必須となるが、マークが集中するであろう彼以外のところから攻め手を生み出したい。そこで期待したいのがソン・フンミンの逆サイドに位置するファン・ヒチャンだ。スウェーデン戦では両者がポジションを変えながらアセクントを付けにかかった。その効果は薄かったが、欧州で十分に通用する走力を持っている2人がメキシコを翻弄できるかに注目したい。 ▽一方のメキシコはドイツ相手に決勝ゴールを決めたロサーノに注目だ。チームとして完成度の高さを見せ付けたメキシコだが、鋭いカウンターを完結させる存在としてロサーノは重要な役割を担った。ドリブルでの仕掛けはもちろん、フィニッシュの局面でも違いを生める男が韓国戦でも躍動できるかに注目だ。 ◆韓国予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupF2_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆メキシコ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupF2_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆第2節 ▽6/23 《24:00》 韓国 vs メキシコ 《27:00》 ドイツ vs スウェーデン 2018.06.23 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

波乱スタートのドイツ代表、首痛めたフンメルスが次戦欠場へ

▽バイエルンに所属するDFマッツ・フンメルスのロシア・ワールドカップ(W杯)次戦欠場が確定した。イタリア『FourFourTwo』が伝えた。 ▽前回王者のドイツ代表は、メキシコ代表とのグループF初戦でまさかの敗戦スタートを喫する波乱。23日に行われる第2戦のスウェーデン代表戦は是が非でも勝ち点3が求められる。 ▽だが、ドイツ代表のディフェンスリーダーであるフンメルスは、トレーニング中に首を痛めた模様。ヨアヒム・レーブ監督は、前日会見で次のようにコメントしたという。 「フンメルスは21日のトレーニング中に首を痛めた。翌日になっても良くなっていない」 「そのため、彼はトレーニングができていない。だが、時間はある。ひと晩ぐらいじゃ良くならない」 2018.06.23 09:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース