それはマズくない? ネイマール、PSGで出場試合の選択権を要求か2017.11.28 11:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、同チームを率いるウナイ・エメリ監督に、とんでもない要求をしているようだ。

▽今夏にバルセロナから歴代最高移籍金の2億2200万ユーロでPSG入りしたネイマールは、ここまで公式戦15試合で14得点10アシストと素晴らしい成績を残している。一方で、PKキッカーを巡ってFWエディンソン・カバーニとの争いとなったほか、レアル・マドリー移籍についての報道が出るなど、ピッチ外でも多くの論争を巻き起こしている。

▽そして、この度、『Yahoo Sport UK』でダンカン・キャッスルズ記者が伝えたところによれば、ネイマールは『自身が出場する試合の選択権』を要求しているとのことだ。つまり、「どの試合に自分が出るか、またどの試合で自分が休養するか」を自分で決める権利ということだ。

▽ネイマールは、11月4日に行われたリーグ・アン第12節のアンジェ戦を欠場。「軽い筋肉の負傷」とされていたが、この後に代表チームと合流し、日本代表戦では先発でプレーした。

▽なお、PSGのスポークスマンは、「PSGはどの選手に対しても優先的な待遇を与えることはしない。チームの構成を決めるのは監督だけだ」と、ネイマールへの優先待遇を否定している。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールの復帰説、バルサ副会長が一刀両断…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰はなさそうだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSG入りを果たしたネイマール。先日、現行契約に2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項があり、2020年夏以降であれば移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能との話題が挙がった。 ▽そうした中で、古巣バルセロナが再獲得に乗り出す可能性も取り沙汰されたが、それは真実ではないという。バルセロナで副会長を務めるジョルディ・カルドネル氏は、スペイン『SER Catalunya』で注目を集めるネイマールの復帰説について次のようにコメントした。 「バルセロナの経営陣にネイマールを連れ戻す話題はない。誰もね。したがって、その質問は答えられないものだ」 「彼はここを去った人間だ。彼を連れ戻すのであれば、今頃、我々の間で議論されているはず。しかし、そんな話は誰もしていない」 2018.10.20 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもカンテをターゲットに?

▽レアル・マドリーがチェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に目を光らせているようだ。スペイン『アス』がフランス『Le 10Sport』を情報源に報じた。 ▽カンテはレスター・シティのプレミアリーグ初制覇に貢献した2015-16シーズン終了後、5年契約でチェルシーに移籍。すぐさま定位置を掴み取り、プレミアリーグやFAカップ優勝に貢献するなど、今や不動のレギュラーに君臨する。 ▽そのカンテを巡り、パリ・サンジェルマンが動向を追っているとみられるが、ここにレアル・マドリーも加わった様子。守備的MFとして代えの効かないブラジル代表MFカゼミロの負担を減らすべく、カンテの獲得に興味を示しているという。 ▽なお、最近の報道で流失を避けたいチェルシーの新契約締結に向けた動きも囁かれているカンテ。今後も動向から目が離せない。 2018.10.20 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、CL決勝でのユーベとの対決に拒否反応「元同僚の涙と引き換えの優勝は嫌だ」

パリ・サンジェルマンに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンが、19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。古巣ユベントスなどについて語っている。l<br><br>40歳のブッフォンは今夏、17年間にわたり所属したユベントスを退団し、PSGで新たなキャリアを築いていくことを決断した。「5年前よりも強くなったと感じている。1週間経って、衰え始めた選手が来たのではないことを理解してもらえた。自分の知識を活かし、チームの成長につなげていきたい」と意気込む。<br><br>一方、古巣のユベントスに別れを告げたことについて後悔はないと口にするものの、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での対戦は避けたいと考えている。<br><br>「後悔もなければ失望もない。かなり前から僕とユベントスとで一緒に計画してきたことであり、別れに至るまでのプロセスは完璧だった。CL決勝がPSG対ユベントスになったら? それは嫌だね。僕の喜びが、元同僚やユーベのサポーターの涙と引き換えになるなんてね。これまで何度も一緒に泣いてきたから、心置きなく喜べる状況になってほしいものだ。もしどうしてもユベントスと対戦しなければならないとしたら、決勝より前に当たりたい」<br><br>■イタリア代表復帰の可能性はゼロ?またブッフォンは、新生イタリア代表の指揮官ロベルト・マンチーニから招集の可能性を示唆されていたことを明かした。だが招集が実現する可能性はほぼないと断言している。<br><br>「マンチーニからは、『緊急事態が起きた場合、招集してもよいか』と連絡を受けたので、『シー(はい)』と答えた。だがその必要はないだろう。(ジャンルイジ)ドンナルンマの控えには、(マッティア)ペリン、(サルヴァトーレ)シリグがいる。それに(アレッシオ)クラーニョも成長しているし、(アレックス)メレットも復帰するだろう。アッズーリで僕の姿を見る可能性は低い?可能性はないだろう」<br>提供:goal.com 2018.10.20 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールが憧れるアイドルは?「同じ番号をつけたかったけど…」

ブラジル代表で10番を背負うネイマールだが、本人は望んでいなかったようだ。『UOL Esporte』のインタビューで明かしている。<br><br>2010年、18歳でセレソン(ブラジル代表の愛称)デビューを果たしたネイマール。以降エースとして君臨し、ここまで94試合で59ゴールを記録。26歳ながら、キャップ数は歴代10位、得点数は歴代3位にランクインするなど、ファンの厳しい要求の中でもエースの役割を全うしてきた。<br><br>これまでペレ氏などがつけた栄光の背番号の系譜を繋いできたネイマールだが、本人は他にお気に入りの番号があるようだ。『UOL Esporte』のインタビューで、自身のアイドルと同じ番号を付けることを望んでいたと明かしている。<br><br>「ロビーニョが僕にとっては一番のアイドルだったんだ。だから、サントスでは彼がつけていた7番でプレーすることを望んだよ。そして、ロビーニョがサントスに復帰してからは、彼をリスペクトして7番を渡し、僕は次に好きな11番を選んだ」<br><br>セレソンでも、憧れのロビーニョと同じ番号を背負うことを望んでいたという。<br><br>「(2013年の)コンフェデレーションズカップ前、(当時のルイス・フェリペ)スコラーリ監督から背番号与えられる時に、7番か11番が欲しいと言ったんだ。するとダニエウ・アウヴェスが僕を見て『お前は10番だ、これを着なければならない』と言ってきたんだ」<br><br>26歳ながら、&ldquo;サッカー王国&rdquo;ブラジルの歴史に名を残すような活躍を見せるネイマール。セレソンとして獲得したメジャータイトルは、母国開催のオリンピックだけだが、4年後のカタールW杯で偉大な先輩と同じくカップを掲げることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGに罰金2万ユーロ! 八百長疑惑のCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦

▽欧州サッカー連盟(UEFA)が、パリ・サンジェルマン(PSG)に2万ユーロ(約257万円)の罰金を科した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽処罰の対象となったのは、4日にパルク・デ・プランスで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦。キックオフの時間が遅れたことにより、今回の処分が下ったと伝えられている。また、試合中にファンが花火を放ったことも、罰せられる可能性があるようだ。 ▽また、6-1でPSGが勝利したこの試合には八百長の疑いもかけられている。12日にフランス『レキップ』やイギリス『BBC』が報じたところでは、ツルヴェナ・ズヴェズダの関係者が「PSG戦でツルヴェナ・ズヴェズダが5点を失って敗北する」という内容に500万ユーロ(約6億4300万円)を賭けていたという。 ▽どちらのクラブのこの疑惑を激しく否定しているが、フランス国家財政検察(PNF)による調査が続けられている。快勝という結果とは裏腹に様々な影がまとわりつく一戦、PSGは潔白を証明することができるのだろうか。 2018.10.19 16:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース