“ミスター・アルビレックス” MF本間勲が現役引退 在籍15年半 「長い間、本当にありがとうございました」2017.11.25 15:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は25日、MF本間勲(36)が2017シーズンを以って引退することを発表した。12月2日に行われる明治安田生命J1リーグ第34節のセレッソ大阪戦終了後に、当人からの挨拶が行われる。▽新潟県出身の本間は、2000シーズンに当時J2だった新潟に入団。それから4年間でJ2リーグ61試合4ゴールを記録し、クラブと共にJ1へ昇格を果たす。その後2014年8月に栃木SCに移籍するまでの約14年半もの長期間、選手生命を新潟に捧げた“ミスターアルビレックス”は、今シーズンから再び新潟に加入。J1リーグ第32節終了時点で、公式戦11試合に出場している。

▽また2014年8月~2016年まで所属した栃木時代の記録も含めると、通算成績はJ1リーグ225試合9ゴール、J2リーグ108試合6ゴール、J3リーグ29試合、J2・J3入れ替え戦2試合、天皇杯24試合2ゴール、リーグカップ43試合1ゴールとなる。最後の地に新潟を選んだ本間は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

「このたび、2017シーズンをもちまして現役を引退することを決断しました。まず、今シーズン、皆さんからたくさんのご声援をいただきながら戦ってきた中で、なかなかチームの力になれず、J2降格という結果に終わってしまったことを申し訳なく思っています」

「プロ選手として現役を続けたいという気持ちもありましたが、その気持ち以上に、アルビレックス新潟で現役を終えることが、自分にとって良いタイミングだという決断に至りました。 こんな僕が、18年もの間、サッカー選手としてプレーしてこられたのは、応援してくださったファン・サポーターの皆様、アルビレックス新潟、栃木SCでの監督、スタッフ、チームメイト、株主・スポンサーの皆様、ボランティアや関係会社の皆さん、これまで自分を支えてくださったすべての方々のおかげだと思っています。長い間、本当にありがとうございました」

「これからは違う形で、アルビレックス新潟が再びJ1に上がり、もっともっと素晴らしいクラブになるために力を尽くしていきたいと思います。最後に、いつも一番近くで自分を支え続けてくれた両親、家族に心から感謝しています」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京、下部組織4選手を2種登録

FC東京は22日、U-18チームに所属するU-15日本代表GK彼島優(15)、U-17日本代表DF大森理生(16)、DF岡哲平(17)、U-17日本代表MF角昂志郎(16)の4選手がトップチーム登録(2種)となったことを発表した。 足立区出身の彼島と世田谷区出身の岡はFC東京U-15深川で、武蔵村山市出身の大森はFC東京U-15むさしで成長。練馬区出身の角は東京武蔵野シティFCU-15からFC東京の下部組織に移った。 今回登録された4選手は、日本サッカー協会第2種チームに所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することが認められる。 2019.03.22 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、筑波大MF高嶺朋樹の来季加入内定を発表! 展開力、ボール奪取能力のあるボランチ

北海道コンサドーレ札幌は22日、同日に筑波大学蹴球部所属のMF高嶺朋樹(21)との仮契約を結び、2020年シーズンからの新加入が内定したことを発表した。 高嶺はU-12からU-18年代まで札幌の下部組織に所属した後、筑波大に進学。札幌は、177cm、74kgという体格の同選手の特徴を「ボランチからの展開力と、精度の高い多彩なキック。1対1での守備が強く、ボール奪取能力が高い」と評している。 高嶺は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF高嶺朋樹(21) 「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました筑波大学の高嶺朋樹です」 「北海道コンサドーレ札幌という、歴史があり、私自身、下部組織に9年間所属し成長させて頂いた思い入れのある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを歩めることを嬉しく思います」 「これまで応援、支援を頂いた家族をはじめ、指導者の方々、友人、関わってくださった全ての人に感謝しています。この感謝を胸にプロサッカー選手として夢や希望を与えられるようピッチ内外で日々精進していきます。1日でも早く北海道コンサドーレ札幌の力になり、『北海道とともに世界へ』を体現できる選手になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 「最後になりますが、筑波大学蹴球部の方も応援していただけると幸いです」 2019.03.22 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、来季加入内定の“法政のメッシ”MF紺野和也が特別指定選手に承認

FC東京は22日、法政大学に在学するMF紺野和也(21)がJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。 既に来シーズンからの加入で内定している紺野は、身長161㎝、体重58kgの左利きMFで“法政のメッシ”としても注目を集める逸材。FC東京は「ドリブルが得意な攻撃的MF。ボールを前に運ぶ推進力に優れており、特にゴール前での得点に絡むプレーが魅力」と紹介している。 紺野は、クラブ公式サイトを通じて以下の様にコメントしている。 ◆MF紺野和也 「今シーズンから少しでも多く試合に出場し、東京の勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2019.03.22 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

やっかみなのか真実なのか、それは数字が教えてくれる!? の巻/倉井史也のJリーグ

ワタクシってば取材熱心なものですから、日本代表ウィークでもちゃんとJクラブに顔を出してるワケですよ。で、そうしたら今週試合がなくてホッと一息ついてるクラブ関係者からこんな声ってのが聞けたんです。 「だってさ、まだ4節じゃん。ここで首位に立ってたからって優勝できるわけじゃないんだし!!」 ひがみ? ねたみ? それとも真実? ってことでちゃんと調べてみましたよ。 2005年 第4節首位 FC東京 優勝チーム G大阪 2006年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 浦和 2007年 第4節首位 名古屋 優勝チーム 鹿島 2008年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 鹿島 2009年 第4節首位 新潟 優勝チーム 鹿島 2010年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 名古屋 2011年 4試合終了時首位 仙台 優勝チーム 柏 2012年 第4節首位 仙台 優勝チーム 広島 2013年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 広島 2014年 第4節首位 鹿島 優勝チーム G大阪 2015年 第4節首位 浦和 優勝チーム 広島 2016年 第4節首位 川崎 優勝チーム 鹿島 2017年 第4節首位 神戸 優勝チーム 川崎 2018年 第4節首位 川崎 優勝チーム 川崎 なな、なんと!! J1が18チーム構成になってから、4試合を消化したところで首位に立っていたチームが優勝したのは、2008年の鹿島と2018年の川崎だけ!! つまり14シーズンで2回ってことは確率14パーセント。あれ? これって意外と高くない? ってことでFC東京のみなさん、おめでとうございます!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.03.21 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

佐々木翔、初の地元・神奈川での代表戦に感慨深げ「他の場所でやる時よりも…」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)がメディア陣による取材に応対。初の地元・神奈川県での代表マッチに「他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれない」と感慨深げに語った。 ──セットプレーでのヘディングでの強さについて 「得点を取れるチャンスは非常に大事ですし、僕の中でも試合の中で意識しているポイントでもあります。チャンスがあれば、ヘディングに自信を持っているので得点を取れればなと思っています」 ──ここまで足りないと思って取り組んできたことは 「全てにおいてそうですね。運動能力でもそうですし、判断だったり技術的なところを、ワンランク、ツーランク上げないと感じて、アジアカップから帰ってきました」 「そういった意識を損なわないように高みを目指してトレーニングをしている感じです」 ──自信は 「まだまだ始まったばかりでアレですけど、チームやってきたことを(代表に)活かさないといけないということはもちろんです。それを少しでも周りに良い影響を与えていければと思います」 「チームではそういったことを意識しています。ただ、ここではサバイバルだと思うので、チームメイトですけど負けないように常に意識してやっています」 ──この合宿で森保一監督が強調していることは 「この合宿で強調しているということは特にないですけど、今までやってきたことがベースの部分であると思います。メンバーがある程度変わっている部分もありますので、コミュニケーションを取りながらやっています」 「ただ、それで結果を逃すというのは別の話なので、そこは必ず取りに行くというところですね」 ──地元でやる初めての試合 「それに関しては非常に嬉しいですね。家族も神奈川に住んでいますし、こうやって観に来てもらえる試合は多くありません。チャンスがあればしっかりと良いプレーがしたいなと思います」 「小さい頃からここ(日産スタジアム)と三ツ沢(ニッパツ三ツ沢球技場)は、ずっと観に来ていたピッチです。リーグでもそうですけど、ここで試合をする時は、他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれないですね」 ──森保一体制になってからはずっと選出されている。今回新たな選手も多く入ってきているがアドバイスのようなものはあるか 「いや(笑) そんなにはないですね。選んでもらっていますけど、みんな本当に素晴らしい選手が集まってきていると思います。上からアドバイスできる立場ではありません。まずは自分が生き残れるように必死でやっていきたいです」 2019.03.20 23:45 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース