レーティング:ドルトムント 1-2 トッテナム《CL》2017.11.22 07:22 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 6.0
2失点も前半終盤に幾つかのビッグセーブを披露。それだけに、試合終盤の負傷が気がかり

(→ヴァイデンフェラー -)

DF
15 トルヤン 5.0
痛恨のボールロストで同点ゴールのキッカケに。思うように攻撃に出られず

5 バルトラ 5.0
ケインとのフィジカル勝負で苦戦。2失点目ではデレ・アリに振り切られた

2 ザガドゥ 5.0
球際やスピードなど、良さもあったが、全体的に雑な印象。後半途中に負傷交代

(→トプラク -)

29 シュメルツァー 5.5
オーリエに背後を取られる場面が多かった。それでも、最後まで身体を張り続けた

MF
9 ヤルモレンコ 6.0
先制点をアシスト。キープ力や気の利いたパスで唯一の攻め手に

10 ゲッツェ 5.0
2失点目ではバルトラと共に緩い対応だった。無難に捌いたが、後半は完全に消された

33 ヴァイグル 5.5
相手のプレッシャーに晒されながらも、無難に捌く。守備では要所で良い対応があった

23 香川真司 5.5
前回対戦と同様に良い時間帯はアクセントになったが、後半は消された

(→カストロ 5.0)
流れを変えることができず

13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5
先制点の起点に。ただ、攻撃的なポジションでの起用だっただけにもっと積極的にプレーしたかった

FW
17 オーバメヤン 5.5
禊ぎの1ゴールもそれだけだった。裏へのスピードを活かした抜け出しは機能も、その後の質が低かった

監督
ボス 5.0
多くの負傷者の影響で思うような戦い方ができず、妥当な敗戦…

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 5.5
失点は致し方なし。守備範囲の広さを生かして最小失点でまとめた

DF
15 E・ダイアー 6.0
失点直後にオーバメヤンの抜け出しを見事にケア。セットプレーでゴールに迫るなど、上々のパフォーマンスだった

6 D・サンチェス 6.0
身体能力の高さを生かしてオーバメヤンを概ね封じた

5 ヴェルトンゲン 6.0
慣れないメンバー構成でややラインコントロールに苦戦も一対一の局面では安定感が光った

MF
24 オーリエ 6.0
積極的に背後のスペースに飛び出し、攻撃の起点となった

29 ウィンクス 6.0
エリクセンの力を借りながら無難な捌きでリズムを作る。守備でもハードワークを怠らず

20 デレ・アリ 6.5
前半は決定機に絡めたかったものの、後半に2アシストを記録。

(→デンベレ -)

23 エリクセン 6.5
決定力を欠いたものの、抜け目ないフリーランで決定機に絡む。ゲームメークも秀逸

(→ムサ・シッソコ -)

3 ローズ 6.5
先制点に繋がるボール奪取など、コンディションの良好さをうかがわせる、らしいプレーを随所に見せた

FW
10 ケイン 6.5
さすがのフィニッシュで今季CL6点目。ポストプレーの質も申し分なし

(→ジョレンテ-)

7 ソン・フンミン 7.0
ドルトムントキラーぶりを発揮し、前回対戦に続くゴールを記録。積極的な仕掛けや抜け出しで相手の脅威に

監督
ポチェッティーノ 6.5
オーバメヤン対策でダイアーとD・サンチェスの位置を入れ替えるなど、相手に合わせたゲームプランできっちり勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ソン・フンミン(トッテナム)
▽慣れ親しんだドイツの地で躍動。とりわけ、ゴールシーンでは一連の流れ、シュート精度共に見事だった。

ドルトムント 1-2 トッテナム
【ドルトムント】
オーバメヤン(前31)
【トッテナム】
ケイン(後4)
ソン・フンミン(後31)

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナム、ラメラのゴールでウェストハムとのロンドン・ダービー制し4連勝《プレミアリーグ》

▽トッテナムは20日、プレミアリーグ第9節でウェストハムと対戦し、1-0で勝利した。 ▽トッテナムはここまで6勝2敗で5位に位置。第4節と第5節で連敗を喫したものの直近は3連勝。さらにこのインターナショナルブレイクの間に、負傷中のデンベレとエリクセンが復帰し今節ベンチり。スタメンにはアルデルヴァイレルトやラメラ、ムサ・シソコ、ケインらが名を連ねた。 ▽敵地に乗り込んでのロンドン・ダービーとなったトッテナムは2分、ラメラがボックス左に侵攻してファーストシュートを放つ。10分にはムサ・シソコがボックス手前からボレーシュート。しかしこのシュートは相手のブロックに遭い枠の外へ。 ▽その後はウェストハムもボールをキープしながら幾度かトッテナムゴールに迫る。37分には前半最大のチャンスが。後方からのスルーパスを受けたヤルモレンコがボックス左からマイナスに折り返す。これをスノッドグラスが押し込みにかかるがアルデルヴァイレルトが身体を張ってシュートブロック。ビッグセーブだった。そんな中、41分に相手と競り合った際にヤルモレンコが足を負傷。担架で運ばれ、ディアンガナと交代を余儀なくされた。 ▽前半も終わりに差し掛かった44分、右サイドを突破したムサ・シソコが切り返しで相手を振り切ると、左足のクロスに合わせたのはラメラ。上手くDFの間から抜け出したラメラが頭で流し込んでトッテナムが先制して試合を折り返した。 ▽後半はまずはウェストハムに決定機が訪れる。48分、左サイドの呉スウェルのクロスにアルナウトビッチが頭で合わせる。ゴール右上を捉えたシュートだったがGKロリスがファインセーブを見せた。さらに60分にはFKの跳ね返りを再びアルナウトビッチが狙っていくが、ここもロリスが立ちはだかった。 ▽75分にダビンソン・サンチェスがCKからヘディングシュートを放ったトッテナムは76分にラメラに代わってデンベレがピッチへ。試合終盤にはケインに代わってジョレンテ、ムサ・シソコに代わってエリクセンも戦線復帰を果たした。 ▽デンベレやエリクセンが復帰したトッテナムはそのまま試合をクローズし1-0で勝利。リーグ戦4連勝となった。 2018.10.21 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬に“コロンビアのカンテ”ことバリオス獲得決定的に!

▽トッテナムが今冬の移籍市場でボカ・ジュニアーズに所属するコロンビア代表MFウィルマル・バリオス(25)を獲得することが決定的となったようだ。アルゼンチン『TAC』などで働くアルゼンチン人ジャーナリストのルイス・フレゴシ氏が明かした。 ▽コロンビアのデポルテス・トリマでキャリアをスタートしたバリオスは、2016年にボカ・ジュニアーズに加入。豊富な運動量と機動力、ボール奪取力を武器に“コロンビアのカンテ”とも評される守備的MFだ。 ▽また、ロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表戦、ポーランド代表戦、ラウンド16のイングランド代表戦の3試合に出場していた。 ▽フレゴシ氏が伝えるところによれば、今夏にもバリオス獲得に動いていたトッテナムは2300万ユーロ(約30億円)の条件ですでにボカ・ジュニアーズとクラブ間合意。さらに、以前からトッテナム加入を熱望していた同選手と代理人サイドとも個人間での合意を取り付けているようだ。 2018.10.20 16:03 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズに朗報! エリクセン&デンベレがハマーズ戦で復帰へ

▽トッテナムに朗報が届いた。20日に行われるプレミアリーグ第9節のウェストハム戦に向けて2人の主力が復帰する見込みだ。クラブ公式サイトが18日に最新のチームニュースを伝えた。 ▽今季序盤戦から負傷者に悩まされてきたトッテナムだが、20日に行われるハマーズとのダービーに向けては腹筋の問題で公式戦4試合を欠場していたMFクリスティアン・エリクセン、太もものケガで2試合を欠場していたMFムサ・デンベレの復帰が決定的となった。 ▽すでにチームの全体練習に復帰している2選手に関してマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「それはファンタスティックな知らせだね。現在、彼らは起用可能だ。もちろん、スタートから可能か、ベンチからなのかは慎重に判断する必要があると思う」と、復帰を歓迎した。 ▽なお、2選手の復帰が決定した一方、その他の負傷者に関しては先日に12月までの離脱が発表されたDFヤン・ヴェルトンゲンとそ径部を痛めてイングランド代表を辞退したDFダニー・ローズ、ハムストリングを負傷しているMFデレ・アリが引き続き起用できない。ただ、デレ・アリに関しては来週からチーム練習に合流する予定だ。 2018.10.19 15:32 Fri
twitterfacebook
thumb

「もちろん誇りに思う」ポチェッティーノ、S・ラモスに強烈タックルのトッテナムMFを称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セルヒオ・ラモスに激しいスライディングを見舞ったエリック・ダイアーを誇りに思うと称賛した。<br><br>15日に行われたイングランド代表が3-2で勝利したUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦に先発で出場したダイアー。安定したプレーを見せ、トッテナムのチームメイトであるハリー・ケインらとともに勝利に貢献した。<br><br>トッテナム勢が活躍したこの一戦を受け、ポチェッティーノ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューで選手たちに賛辞を送った。「彼らは素晴らしかった。プレーがどれだけ素晴らしかったかについて話したい」<br><br>「エリック、ハリー・ウィンクス、ケイン、キーラン・トリッピアーが最高だっとは言わないが、チームとして素晴らしかった。スペインよりも良い姿勢で試合に挑めていた。戦う上でこの姿勢は重要で、若い選手たちにとって最も大切なことだ。将来的にイングランドに成功をもたらせるだけのポテンシャルが彼らにあると信じている」<br><br>ダイアーはこの試合の開始早々にスペイン代表主将のラモス対して激しいタックルを見舞い、イエローカードを受けていた。本来なら危険なタックルに対して批判的な意見が集まるところだが、イングランドでは強豪相手に見せた選手の姿勢を称賛する声が多く、中でも昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でS・ラモスに苦杯をなめたリヴァプールサポーターからは同選手を英雄視する声まで上がっている。<br><br>S・ラモスにスライディングを仕掛けたダイアーの姿勢を誇りに思うかと問われたポチェッティーノ監督は「もちろんだ。彼のことをとても誇りに感じている」と評価するコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.18 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルト巡りユナイテッドとバルセロナが争奪戦か

▽バルセロナはトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得を画策しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽バルセロナはフランス代表DFサミュエル・ユムティティとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが負傷離脱を強いられ、センターバックが手薄な状態に。この状況下の中、新戦力補強が急務となっている同クラブはアルデルヴァイレルトの獲得に興味を示しているという。 ▽アルデルヴァイレルトとトッテナムの現行契約は今シーズン限りまでとなっており、クラブ側は1年間の契約延長オプションを持っているが、そのオプションを行使した場合、来夏に2800万ユーロ(約36億円)の金額で移籍を許可しなければならない条項が組み込まれている。そのため、来シーズンでの退団が有力視されている。 ▽ただ、バルセロナの他にマンチェスター・ユナイテッドも以前から関心を寄せているため争奪戦になる可能性があるようだ。 ▽なお、昨季は負傷明けのシーズン終盤戦でベンチを温める機会が多かったアルデルヴァイレルトだが、今季はここまでプレミアリーグ7試合に出場している 2018.10.16 22:57 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース