仙台、大分に育成型期限付き移籍中のDF常田克人の復帰を発表「貴重な経験を積むことができた」2017.11.19 11:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ベガルタ仙台は19日、大分トリニータへ育成型期限付き移籍中のDF常田克人(19)が、明治安田生命J2リーグ終了に伴い、復帰することを発表した。

▽2016年に青森山田高校から仙台に入団した常田は、今年8月に大分に育成型期限付き移籍で加入。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。なお、22日のトレーニングから合流予定となっている。

▽仙台復帰が決定した常田は、大分の公式サイトで以下のようにコメントしている。

「約4カ月間ありがとうございました。なかなかチームの力になることはできませんでしたが、違うチームでプレーしたことで選手として貴重な経験を積むことができました。この貴重な経験ができたのもスタッフの方、選手の皆さん、そしてファン・サポーターの温かいサポートがあったからだと思っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

45分間の中断ニモマケズ! 新体制鳥栖がトーレス2発目&オマリ初弾で食い下がる仙台を振り切り貴重な勝ち点3獲得《J1》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第30節のベガルタ仙台vsサガン鳥栖がベストアメニティスタジアムで行われ、2-3で鳥栖が勝利した。 ▽今節を含め、残り5試合となったJ1リーグ。仙台はここまで12勝6分け11敗の勝ち点42で7位に位置。対する鳥栖は、7勝9分け13敗の勝ち点30で降格圏の17位に低迷している。 ▽仙台は、[3-3-2-2]のシステムで前節からスタメンの変更はなし。ここ3試合は勝利から遠ざかっており、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を掴むためにも負けられない一戦となる。 ▽一方の鳥栖は、マッシモ・フィッカデンティ監督と契約を解除。金明輝監督を迎え、残り5試合での残留を目指す。システムは[4-3-1-2]と変更なし。しかし、スタメンを5名変更し左サイドバックに三丸拡を起用。2トップはFWフェルナンド・トーレスとFW金崎夢生が務める。 ▽GKシュミット・ダニエル、GK権田修一と日本代表守護神同士の対決となった一戦。立ち上がりは、仙台が鳥栖ゴールに迫る展開で進む。 ▽仙台は右の蜂須賀、左の関口を使い、両サイドから攻勢をかける。すると14分、右CKを得ると、クロスがゴール前に。しかし、詰めていた大岩にはわずかに合わず、先制とはならない。 ▽鳥栖は18分、ボックス内でトーレスが高橋秀からパスを受けると、そのまま狙い済ましてシュート。しかし、これはGKシュミット・ダニエルが左手一本でセーブし、得点とはならない。 ▽30分には、ボックス手前で小野がボールをコントロールすると、右サイドの高橋義へ展開。高橋義のクロスをボックス中央で金崎がヘッドで合わせるが、ミートせずに枠を外してしまう。 ▽仙台は31分、ボックス左からの阿部のグラウンダーのクロスを、梁勇基が左足でダイレクトシュート。しかし、これは枠を大きく超えていく。 ▽38分、右CKからのクロスを大岩がクリア。こぼれ球を高橋義がダイレクトシュートで突き刺し、鳥栖が先制する。さらにその直後、ボックス左でパスを受けた小野が落ち着いてクロス。これをトーレスがヘッドで合わせ、鳥栖が一気に2点を先行する。 ▽しかし、仙台もすぐさま反撃。42分、阿部がボックス手前からドリブルを仕掛けると、バランスを崩して倒れたかに見えたが、これはPKの判定。鳥栖はその前のファウルを訴えたが認められず、PKを野津田が冷静に決めた仙台が1点を返す。 ▽鳥栖の1点リードで迎えた後半、互いに慎重な入りを見せながらも、ゴールへの圧力をかけていく。仙台は53分、ボックス手前やや離れた位置でボールを持った椎橋がミドルシュート。しかし、これは枠を超えていく。 ▽鳥栖は54分、最終ラインからのパスをカットした福田が、ボックス手前ゴール正面からシュート。しかし、これも力が入り、枠を大きく超えていく。 ▽58分、仙台はボックス手前でFKを獲得。FKから梁勇基が狙いすましたクロスを上げると、相手DFの頭上を超えたボールに石原が滑り込みながら合わせ、仙台が同点に追いつく。 ▽その後は互いに攻め込む展開となり、激しさを増したデュエルでは一触即発状態も。仙台は、関口に代えて永戸、梁勇基に代えて奥埜、阿部に代えてハモン・ロペスを投入する。 ▽それでも74分、鳥栖は小野がボックス手前でDFをかわし、フリーでシュートを狙うもブロックに遭う。さらには、左サイドを仕掛けた小野のクロスを、ファーサイドで金崎が頭で合わせるも、シュートは枠に飛ばない。 ▽得点が欲しい鳥栖は、75分にトーレスと福田を下げ、趙東建と安在を投入。すると78分、右サイドを仕掛けた安在がファウルをもらいFKを獲得。ボックス右のFKから安在が左足でクロスを上げると、ジョアン・オマリがどんぴしゃヘッド。これが決まり、鳥栖が再びリードする。 ▽仙台は83分、ボックス右でボールを持ったハモン・ロペスが強引にシュート。これが小野に当たり、シュートが枠へ。しかし、日本代表GK権田が鋭い反応で何とか防ぎ、事なきを得る。 ▽リードを守りたい鳥栖は、84分に小林に代えてキム・ミンヒョクを投入。5バックにして守り切る作戦に。すると87分、雷の発生により試合が突如中断。約45分間の中断後、再開した。 ▽再開後は、大雨の影響もありピッチに水がたまっている状態に。そんな中88分、鳥栖はゴール正面でFKを獲得。金崎が直接狙ったシュートは、GKシュミット・ダニエルがわずかに触り、クロスバーを直撃した。 ▽前からプレスをかける鳥栖の前に押し込まれていた仙台だったが90分、右サイドからのクロスをボックス中央で板倉がヘッド。シュートは枠に飛ぶが、GK権田がキャッチ。その後も仙台が攻め込むが、鳥栖が落ち着いて凌ぎ2-3で鳥栖が勝利した。 ▽勝利した鳥栖は、勝ち点を33に伸ばし、前日名古屋グランパスに敗れた柏レイソルを得失点差で抜き暫定ながら残留圏の15位に浮上。敗れた仙台は、ACL出場権が遠のいてしまった。 2018.10.20 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

海外組のシュートを経験…GKシュミット・ダニエル、1番パワーがあるのは「吉田麻也」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。 ▽トレーニング終了後、GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)がメディア陣による取材に応対し、今回海外組のシュートを受けたことで「反応の速さ」が足りないことを自覚。その中でDF吉田麻也(サウサンプトン)のシュートが速いことを明かした。 ◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) ──課題について 「代表のGKに求められるのは一番にシュートストップ。今回の合宿では海外組のシュートも受けていますけど、まだまだ反応の速さが足りないと感じました」 ──海外組でシュートが速いのは 「パワーがあるのは(吉田)麻也さんですね。重いし、速いです」 ──GK東口順昭(ガンバ大阪)やGK権田修一(サガン鳥栖)から学ぶところは 「シュートを打たれる時の準備というか、毎回ちゃんと自分の形を持っています。ただ、自分はそういう部分がバラバラだったりします。あとはここ一番の集中力が足りないなと思います」 ──ウルグアイ代表戦へ 「チャンスがあってもなくても毎日の練習でしっかりと成長できると思います。チャンスがあればそのチャンスを生かしたいですし、なければ観て学ぶこともあると思います。あと3日頑張っていきたいです」 2018.10.13 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、桐生第一高からMF田中渉の加入内定を発表

▽ベガルタ仙台は11日、桐生第一高校MF田中渉(18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽群馬県出身の田中は、前橋SCジュニアユースから桐生第一に進学したレフティーのMF。 ▽仙台加入を受けて、田中はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「幼いころからの夢であったプロサッカー選手になることが決まり、とてもうれしいです。家族や今まで自分を指導していただいた方々への感謝の気持ちを忘れずに、ユアテックスタジアム仙台のピッチで、ベガルタ仙台の中心選手としてチームの勝利に貢献できるように努力し続けます。これから応援よろしくお願いいたします」 2018.10.11 18:44 Thu
twitterfacebook
thumb

J1第31節の札幌vs仙台、会場は札幌ドームに

▽Jリーグは11日、11月4日に行われる明治安田生命J1リーグ第31節の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台の会場決定を発表した。 ▽未定だった会場は札幌ドームに。ただ、他の興行の開催状況(荒天時の延期等)により、会場が札幌厚別公園競技場に変更となる可能性もあるという。 ▽なお、試合は14時にキックオフを迎える。 2018.10.11 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台、成立学園高の長身CB照山颯人の加入内定を発表

▽ベガルタ仙台は10日、成立学園高校のDF照山颯人(18)の来季加入内定を発表した。 ▽照山は柏レイソルユースから成立学園高校に進学。182㎝の長身センターバックで、今年はキャプテンを務めている。プロの舞台が目標だったと語る照山はクラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「プロの舞台で活躍することが幼いころからの目標だったので、そのスタートラインに立てることになり、とてもうれしいです。内定をいただいたことに満足することなく、1日でも早くベガルタ仙台の勝利に貢献できる選手になるために日々全力でがんばります。応援よろしくお願いします」 2018.10.10 15:25 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース