仙台、大分に育成型期限付き移籍中のDF常田克人の復帰を発表「貴重な経験を積むことができた」2017.11.19 11:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ベガルタ仙台は19日、大分トリニータへ育成型期限付き移籍中のDF常田克人(19)が、明治安田生命J2リーグ終了に伴い、復帰することを発表した。

▽2016年に青森山田高校から仙台に入団した常田は、今年8月に大分に育成型期限付き移籍で加入。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。なお、22日のトレーニングから合流予定となっている。

▽仙台復帰が決定した常田は、大分の公式サイトで以下のようにコメントしている。

「約4カ月間ありがとうございました。なかなかチームの力になることはできませんでしたが、違うチームでプレーしたことで選手として貴重な経験を積むことができました。この貴重な経験ができたのもスタッフの方、選手の皆さん、そしてファン・サポーターの温かいサポートがあったからだと思っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

仙台が大敗ショック振り払う劇的勝利! トーレスデビュー戦で存在感も鳥栖は5戦ぶり黒星…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が22日にベストアメニティスタジアムで行われ、アウェイの仙台が1-0で勝利した。 ▽共に中断明けの初戦で白星を逃した17位鳥栖と8位仙台による、前半戦最後の一戦。前節、湘南ベルマーレと1-1で引き分けた3戦連続ドロー中の鳥栖は今節から登録された世界注目の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、元エースの豊田が揃ってベンチに入った。 ▽一方、前節横浜F・マリノス相手に屈辱的な2-8の大敗を喫した仙台はバウンスバックが求められるこの試合に向けて新加入の矢島が先発、ハーフナー・マイクがベンチに入った。 ▽試合は立ち上がりから中盤で潰し合う場面が目立ち、ややクローズな展開に。29分にはショートカウンターから鳥栖に決定機もボックス左で田川が放ったシュートはGK権田にセーブされる。その後も鳥栖がやや優勢に試合を運んだものの、守備面で集中力を発揮する仙台の守備を崩し切るまでには至らない。 ▽ゴールレスで試合を折り返した中、流れを変えたい鳥栖は50分に田川を下げて注目のトーレスをピッチに送り出す。そのトーレスは前線で流動的に動きながらパスを引き出すと、ヘディングの落としから決定機に絡むなど投入直後から存在感を見せる。 ▽すると64分には原川の右CKからトーレスが初の枠内シュートとなるヘディングシュートを見せる。これで勢いに乗る鳥栖は69分に名手、原川が直接FKでゴールに迫るも、ここはGK関にわずかに触られてバーを叩く。71分には小野の縦パスに抜け出したトーレスがボックス左に持ち込んで右足を振り抜くが、これもGK関に阻まれた。さらに76分にはボックス手前のトーレスのワンタッチループパスに抜け出した吉田がGKの脇を抜くシュートを放つが、これは相手DFの決死のゴールカバーに遭い、先制点とはならず。 ▽一方、守勢が続く仙台は粘り強く守りながらカウンターを狙う形が続く。すると、途中出場の2選手が最後の最後に大仕事を果たす。88分、右サイドのスペースに飛び出したジャーメイン良が絶妙なグラウンダーのクロスを入れると、これをファーにフリーで走り込んだ西村がワンタッチで流し込み、劇的な形で先制点を奪った。 ▽その後、トーレスらを起点に決死の反撃を見せた鳥栖を封じ切った仙台が敵地で1-0の勝利。前節の大敗を見事に払拭するウノゼロでの勝利となった。一方、途中出場のトーレスがさすがの存在感を放った鳥栖だが、5戦ぶりの黒星で前半戦を降格圏の17位で終えることになった。 2018.07.22 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】“エル・ニーニョ”デビューは? 新戦力の活躍で浮上のきっかけを掴むのは《鳥栖vs仙台》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第17節が開催。前半戦のラストゲームとなる今節、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖vsベガルタ仙台の一戦が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆後半戦への足がかりを</span> ▽新加入選手も起用可能となる今節。両チームにとって、後半戦の巻き返しに向けて足がかりを掴みたいところだ。 ▽鳥栖は現在降格圏の17位。仙台は8位だが、降格圏との差はあまりない。両チームともに、今節を含めた18試合で勝ち点を積み上げたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆“エル・ニーニョ”降臨か?</span>〜サガン鳥栖〜 ▽降格圏の鳥栖だが、後半戦に向けた注目度はかなり高い。蔚山現代に期限付き移籍していたかつてのエース・FW豊田陽平が半年で復帰、さらに今夏の目玉補強の1人である元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがアトレティコ・マドリーから加入。V・ファーレン長崎からはDF乾大知を獲得した。 ▽トーレスは来日から間もないため、コンディション面などが万全とは言えないものの、マッシモ・フィッカデンティ監督は起用を示唆。新たな背番号「9」がベアスタのピッチに立つ可能性もある。リーガエスパニョーラやプレミアリーグ、そしてワールドカップチャンピオンにもなったトーレスの出場は期待せざるを得ない。 <span style="font-weight:700;">◆悪夢を払拭できているか</span>〜ベガルタ仙台〜 ▽対する仙台は、中断明けの前節で悪夢に見舞われた。ホームゲームながら、横浜F・マリノス相手に8失点。再開初戦での大敗は、精神的ダメージが大きいだろう。 ▽昨シーズンから取り組んでいたサッカーは見せられているものの、相変わらずの得点力不足に悩まされ、結果を残せていない。そんな中、ガンバ大阪からMF矢島慎也、ヴィッセル神戸からFWハーフナー・マイクを獲得。ピンポイント補強がどう作用するか。早期の悪夢払拭のためにも、結果を残しておきたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:小林祐三、高橋祐治、キム・ミンヒョク、吉田豊 MF:福田晃斗、高橋秀人、原川力 MF:高橋義希 FW:小野裕二、豊田陽平 監督:マッシモ・フィッカデンティ<hr>▽鳥栖のスターティングメンバーには、かつてのエースである豊田が戻ると予想。トーレスはベンチスタートとなるとみられる。中盤以降の構成は変わらず、しっかりとした守備から、前線のターゲットにボールを預けたい。試合を優位に進め、トーレスをお披露目できる流れにできれば、最高の結果が待っているだろう。 <span style="font-weight:700;">◆ベガルタ仙台</span>[3-5-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:関憲太郎 DF:平岡康裕、大岩一貴、板倉滉 MF:蜂須賀孝治、富田晋伍、永戸勝也 MF:奥埜博亮、矢島慎也 FW:石原直樹、西村拓真 監督:渡邉晋<hr>▽仙台もハーフナー・マイクはベンチスタートが濃厚か。途中出場でターゲットマンとして起用される可能性が高い。また、矢島はインサイドハーフとして先発か。MF野津田岳人がトレーニングに復帰していないだけに、持ち前の攻撃力と豊富な運動量で中盤の組み立て参加に期待がかかる。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWフェルナンド・トーレス</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽出場の可否は分からないものの、今節大きな注目を集める選手の1人。スペイン代表としての実績はもちろんのこと、アトレティコ、リバプール、チェルシー、ミランで培った経験をチームに還元できるかも求められる。元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ、元日本代表FW豊田陽平と前線のポジション争いもあるが、“エル・ニーニョ”と称されたトレースがどのような効果をもたらすのか。降格圏脱出の起爆剤としても、前半戦ラストゲーム、そして中断明けのホーム初戦でのトーレスの出場に期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆FWハーフナー・マイク</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180721_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する仙台の注目選手は、こちらも途中加入となったFWハーフナー・マイクを挙げたい。チーム得点はここまで「19」。上位を伺えるポジションにいながらも、攻撃陣の迫力不足が気になるところだ。開幕2戦で連勝も、その後は一度もなし。波に乗り切れないまま中断期間に入り、再開初戦で大敗という悪い流れを払拭するために、期待の大型FWに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆新戦力がチームを救えるか</span> ▽注目選手として挙げたトーレス、ハーフナ・マイクだけでなく、豊田や矢島といった両チームの途中加入選手にも期待はかかる。 ▽前節は追いついてドローの鳥栖、ホームで大敗を喫した仙台と勝利を挙げられていないだけに、早い段階で白星が欲しいところ。互いに攻撃面にテコ入れを行っただけに、ハマればこの先大きく浮上する可能性も残している。 ▽トーレスの加入によって、日本国内だけでなくスペインを始めとする世界も注目する一戦。試合は、22日(日)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">トーレスはデビューなるか?<br />鳥栖vs仙台をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.21 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがとんでもゴールラッシュ!! 伊藤のハットトリックなどで大量8点を奪い仙台を圧倒《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vs横浜F・マリノスが18日に行われ、8-2で横浜FMが勝利した。 ▽今年はロシア・ワールドカップのために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。 ▽両チームとも大きな戦力強化はなかったものの、ホームの仙台は板倉が累積で出場停止。横浜FMはミロシュ・デゲネクがレッドスター・ベオグラードに移籍し守備の要を欠いている。 ▽そんな中、仙台は大岩や奥埜、石原らが先発出場。横浜FMは金井や天野、伊藤らがスタメンとなった。中断前に勝利を挙げている両チーム。勝って連勝なるか。 ▽試合は早々に動く。2分、カウンターで左サイドを駆け上がった遠藤にボールが渡ると、クロスをゴール前でフリーになっていた仲川がシュート。一度GKにブロックされるものの、ディフレクトを天野が押しこんで横浜FMが先制した。 ▽さらに12分、再び左サイドから攻める横浜FMは山中のクロスをGKより先に伊藤がつま先で合わせて追加点。第15節でも5得点で大勝した横浜FMがこの試合でも攻撃力を見せつける。 ▽攻撃の手を緩めない横浜FM。31分には味方のパスをボックス手前で受けた仲川がゴール左隅をつくシュートを沈めて3点目。さらにその2分後の33分には、敵陣右サイドでボールを奪った仲川がボックス内で潰れると、こぼれ球を拾った伊藤が丁寧に押し込んで4点目を奪った。 ▽横浜FMが大量リードして迎えた後半だが、トリコロールの攻撃はとどまることを知らなかった。52分、右サイドからのクロスを遠藤が抑えると、パスを受けた山中がボックス手前左から豪快に左足を振り抜き強烈な弾丸シュートを突き刺した。 ▽まだまだ横浜FMの攻撃は続く。59分、右サイド松原のスルーパスを仲川が受けると、折り返しを伊藤が押し込んで6点目。これで伊藤はハットトリックを達成した。 ▽横浜FMはなおも攻める。71分に得た右CK。天野のクロスを金井が身体で押し込み7点目。しかしその直後、仙台も途中出場のジャーメイン良が意地の一発を沈めて1点を返す。 ▽だが、81分にはこちらも途中出場のオリヴィエ・ブマルのゴールで横浜FMが8点目を奪った。 ▽90分に仙台が蜂須賀のゴールで2点目を決めるも焼け石に水。横浜FMが大量8得点を奪い、仙台を圧倒した。 2018.07.18 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、FWジャーメイン良の接触事故を謝罪

▽ベガルタ仙台は15日、FWジャーメイン良が接触事故を起こしたことを報告し、謝罪した。また、ジャーメイン良にケガが無かったことも伝えている。 ▽接触事故は、14日の20時00分ごろに仙台市内で発生。仙台市青葉区双葉ケ丘で停車中の車に対して後方から接触し、2名の運転者の方々および1名の同乗者の方の身体の一部が痛むなどの症状が出ているという。連休中のため医療機関を受診できていない、との報告を受けており、今後の経過を確認し対応していくとしている。 ▽仙台は、本人に厳重注意をした上で、今後は選手、クラブスタッフへの注意喚起を強化し再発防止に向けて取り組んでいくとのこと。「運転者の方々および同乗者の方に対しまして、ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と、被害に遭われた方に謝罪している。 ▽ジャーメイン良は、今年3月に一般女性との入籍を発表。今シーズンは公式戦17試合2ゴールを記録しており、4月にはプロA契約を締結するなど、順風満帆な中での思わぬ事故となった。 2018.07.15 20:16 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台MF庄司悦大、京都へ期限付き移籍…今季岐阜から加入

▽京都サンガF.C.は14日、ベガルタ仙台に所属するMF庄司悦大(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年1月31日までで、仙台と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽庄司は2018年にFC岐阜から仙台に完全移籍。自身初のJ1初挑戦となったが、今シーズンはここまでYBCルヴァンカップの3試合に出場がとどまっていた。 ▽京都へ期限付き移籍することとなった庄司は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「ベガルタ仙台から加入することになりました庄司悦大です。京都のために自分ができることを全て出したいと思います!応援よろしくお願いします」 ◆ベガルタ仙台 「チームの戦力としてあまり貢献することができませんでしたが、たくさん応援していただき、サポーターのみなさんには本当に感謝しています。チームは変わりますが、引き続き応援していただけると嬉しいです。半年間という短い間でしたが、温かいご声援ありがとうございました」 2018.07.14 10:14 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース