金沢FW金子昌広が右頬骨粉砕骨折で2カ月の離脱2017.11.15 14:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ツエーゲン金沢は15日、FW金子昌広が右頬骨粉砕骨折により、離脱することを発表した。全治が約2カ月であることも伝えている。

▽金子は、8日に行われた練習中に負傷した。今シーズンは序盤こそベンチスタートが多かったものの、9月の終わりごろから先発出場の機会を増やし、明治安田生命J2リーグで27試合に出場して3ゴールを記録。残り1節を残した時点で、金沢の残留確定に貢献している。

コメント

関連ニュース

thumb

金沢、柳下監督が2018シーズンも続投 「来シーズンも皆様のご期待に応えられるように」

▽ツエーゲン金沢は18日、柳下正明監督(57)が2018シーズンも引き続き指揮を執ることを発表した。 ▽これまでにジュビロ磐田やコンサドーレ札幌の指揮官を歴任してきた柳下監督は、2017シーズンからそれまで率いていたアルビレックス新潟より金沢に加入。今シーズンはここまで12勝10分け19敗で18位の成績で、既に残留を決めている。 ▽柳下監督はクラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「来シーズンもツエーゲン金沢の監督をやらせていただけることになり嬉しく、またありがたく思っております」 「来シーズンも皆様のご期待に応えられるようにチームを作っていきます」 2017.11.18 19:05 Sat
twitterfacebook
thumb

土壇場弾で王者湘南が岐阜とドロー!金沢は熊本に4発快勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節のFC岐阜vs湘南ベルマーレが11日に行われ、1-1で引き分けている。 ▽すでにJ2優勝を決めている湘南と、17位の岐阜(勝ち点45)が激突した一戦。ボールを保持したい岐阜と、機を見て攻撃に転じる湘南といった構図の中、より決定的なチャンスを演出したJ2王者だが、岐阜GKビクトルの好守に遭い、なかなかゴールが奪えない。すると前半終了間際の45分、奈良輪がボックス内でハンドを犯し、岐阜にPKが与えられる。キャプテンの庄司がこのPKを冷静に沈めて、1-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半、同点に追いつこうと攻勢に出る湘南は66分にボックス内で相手のファールを誘いPKを獲得。しかしこのPKを高山が外してしまい、同点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽しかし、このまま終わるかに思われた87分に劇的な展開を迎える。右CKを獲得した湘南は、キッカーの神谷がクロスを送ると、味方の折り返しから端戸がループシュート。シュートは相手に当たりながらもゴールに吸い込まれ、土壇場で湘南が同点に追いついた。 ▽後半アディショナルタイムに入った96分には、岐阜の左CKから頭で合わせた庄司がゴールに迫るも、GK秋元のビッグセーブに阻まれゴールならず。直後にホイッスルが鳴り、1-1のドローで試合を終えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171111_55_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽一方、同日開催のロアッソ熊本vsツエーゲン金沢は4-1で金沢が勝利した。 ▽20位の熊本(勝ち点20)と、18位の金沢(勝ち点46)が相まみえた一戦。互いに落ち着いた入りを見せる中、両者とも攻め手を欠き前半はゴールレスで終える。しかし、後半は金沢の攻撃陣が爆発する。 ▽65分、味方のスルーパスに抜け出した宮崎がボックス内に侵攻しシュートを放つ。GK畑は何とか反応して手で触れたが弾き切れずにそのままゴールイン。金沢が先制した。続く72分には、右クロスの流れから最後は中美のパスを受けた沼田が豪快に突き刺し2点目を奪う。 ▽金沢のゴールラッシュはまだ続く。83分にはカウンターから佐藤がボックス左手前から決めて3点目。そして87分には、敵陣でボールを奪うと、山崎がボックス手前から4点目となる見事なシュートを沈めた。試合終了間際に熊本も巻のゴールで一矢報いるが時すでに遅し。4-1で金沢が勝利を収めている。 2017.11.11 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢、びわこ成蹊スポーツ大学のDF山本義道が加入内定

▽ツエーゲン金沢は5日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF山本義道(22)が2018シーズンから加入することが内定したと発表した。 ▽福岡県出身の山本は、岡山県の作陽高等学校を経てびわこ成蹊スポーツ大学に進学。今季、関西学生リーグ1部で首位に立つチームの最終ラインの主軸として活躍している。 ▽山本は金沢への加入内定に際して、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「来シーズンからツエーゲン金沢に加入することになりました。サッカーを始めた当初からの夢であったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。またここまで支えてくれた家族・指導者・チームメイトに感謝しています。1日でも早く試合に出て、ツエーゲン金沢で認められ勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.10.05 19:59 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢で史上初の内部昇格者! FW谷口遼弥が来季トップ昇格

▽ツエーゲン金沢は25日、同クラブU-18に所属するFW谷口遼弥(18)のトップチーム昇格内定を発表した。 ▽石川県出身の谷口は現在、遊学館高校に在学する身長175cmのFW。谷口は、アカデミーからトップチームに昇格したクラブ初の下部組織出身選手となる。 2017.09.25 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

完勝の金沢が名古屋にシーズンダブルで11戦ぶり勝利! 守備崩壊名古屋は4戦未勝利で6位転落…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第33節のツエーゲン金沢vs名古屋グランパスが17日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、ホームの金沢が3-1で勝利した。 ▽前節、大分トリニータを相手に競り負けた名古屋は3戦未勝利で4位に転落。4戦ぶりの白星を目指す今節は、前十字じん帯断裂で今季絶望となった新井に代わって櫛引を3バックの一角で起用。その一方で、体調不良から快復した青木が先発に復帰するなど、若干のメンバー変更を行った。 ▽対する降格圏の21位レノファ山口と勝ち点5差の19位に位置する金沢は、3連敗で10戦未勝利と厳しい状況が続く。前回対戦で競り勝った名古屋との一戦に向けては、出場停止のビョン・ジュンボンに代えて作田を起用した以外、前節の横浜FC戦と同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからアウェイの名古屋が押し込む中、3分にはカウンターで中央を持ち上がった小柳が際どいミドルシュートを放ち、劣勢のホームチームが最初の決定機を作る。すると6分、前線へのフィードに対して反応した宮崎がボックス内でDF和泉に覆いかぶされる形で倒され、PKを獲得。これを宮崎が自ら冷静に左隅へ蹴り込み、ホームの金沢が先制に成功した。 ▽格下相手に先制を許した名古屋は、ガブリエル・シャビエルや田口を起点にすぐさま反撃を試みる。杉森、青木、シャビエルとボックス付近で際どいシュートを放っていくが、GK白井の好守に遭う。さらに、34分にはシャビエルのスルーパスに抜け出した杉森がボックス左角度のないところからシュートを狙うが、白井にコースを消されてしまう。 ▽一方、70パーセントを超えるボールポゼッションを許すも粘り強い守備で跳ね返す金沢は、宮崎や杉浦のスピードを生かした鋭いカウンターから幾つか決定機を作るが、中美や杉浦のシュートは枠を捉え切れず、前半のうちにリードを広げることができなかった。 ▽迎えた後半、両チームのベンチはハーフタイム明けに動く。1点リードの金沢は杉浦に代えて山崎、ビハインドを追う名古屋は杉森を下げて秋山を投入。すると、この選手交代が試合を動かす。58分、直前のプレーで金沢にポスト直撃の決定機を許した名古屋は素早い反撃からボックス中央で青木が粘ってマイナスに落としたボールを秋山が見事な左足の弾丸シュートでゴール右隅を射抜き、Jリーグ初ゴールを奪った。 ▽早稲田大学からの特別指定で加入の秋山の値千金弾で試合を振り出しに戻した名古屋は、ここから一気に逆転を目指すが青木がGKとの一対一を外すなど、早々の逆転ゴールとはならない。 ▽一方、苦しい展開が続く金沢は71分、宮崎を下げて金子を投入すると、この交代策が試合の流れを変える。72分、右サイドで山崎からのクロスがゴール前に入ると、これを佐藤洸が収めて金子に短くパスを出すと、金子のダイレクトシュートが決まり、金沢が勝ち越し。さらに直後の74分には右サイドをえぐった石田からのクロスを佐藤洸が打点の高いヘディングで合わせ、瞬く間にリードを広げた。 ▽悪癖の連続失点で一気に2点のビハインドを背負った名古屋は、佐藤寿に代えて押谷を投入。ここから反撃に出るが、集中した守備から鋭いカウンターを仕掛ける金沢相手にペースを掴み切れない。試合終盤にかけてはシャビエルとシモビッチの個の力でゴールをこじ開けにかかるが、試合はこのままタイムアップ。名古屋に完勝でシーズンダブル達成の金沢が連敗を「3」でストップすると共に、11戦ぶりの白星を手にした。一方、守備崩壊で連敗の名古屋は4戦未勝利で6位に転落した。 2017.09.17 19:01 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース