レーティング:ベルギー 1-0 日本《国際親善試合》2017.11.15 06:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は14日、ベルギー代表とアウェイで国際親善試合を戦い、0-1で惜敗した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ベルギー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
12 ミニョレ 6.0
後半に2本の好守を見せた

DF
4 カバセレ 5.5
1度致命的なミスを犯すも、それ以外はそつのないプレーぶり

3 ヴェルメーレン 6.0
バルセロナでは出場機会がないが、大迫に厳しく当たってほぼ完璧に封じる

5 ヴェルトンゲン 5.0
浅野のスピードに苦戦。身体が重そうだった

MF
15 ムニエ 5.5
幾つか質の高いプレーもあったが、右サイドを突破しきれず

7 デ・ブライネ 6.0
低調なベルギーの攻撃を牽引

(→デンベレ 5.5)
キープ力を見せてチームを落ち着かせる

6 ヴィツェル 5.5
デ・ブライネと共にゲームメーク

(→デフール -)

22 シャドリ 5.5
なかなか効果的なプレーができていなかったが、決勝点をアシスト

(→J・ルカク -)

FW
18 T・アザール 5.0
1度ゴールチャンスがあったが、もたついて活かせず

9 ルカク 6.0
槙野と吉田に潰されていたが、ワンチャンスを活かした。ベルギー代表歴代最多ゴール更新

(→オリジ 5.5)
最前線で一定の起点に

14 メルテンス 5.5
左サイドから打開にかかるも酒井宏を突破しきれず

(→ミララス 5.5)
さほど攻撃の起点にはなれず

監督
マルティネス 5.5
タレントの多さを考慮すると、乏しい試合内容

▽日本採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 川島永嗣 6.0
前半に3本の好守を見せた

DF
19 酒井宏樹 6.0
タイトな守備でメルテンスをうまく抑え込んだ

(→酒井高徳 -)

22 吉田麻也 5.5
失点場面では軽い対応だったが、クロスボールを的確に跳ね返していた

20 槙野智章 6.5
ルカクとのフィジカル勝負で負けず。ブラジル戦に続く好パフォーマンス

5 長友佑都 6.0
T・アザールに仕事をさせず。自身のエリアをやられることはなかった

MF
25 長澤和輝 6.0
代表デビューも落ち着いたプレーでつなぎが無難だった。持ち味の球際の強さも見せる

(→森岡亮太 5.0)
失点場面では緩い対応だった

16 山口蛍 6.5
多少のミスパスはあったが、危険察知能力が高く、守備面での貢献が大きかった

2 井手口陽介 6.0
ボールホルダーに鋭く寄せ続けた

FW
18 浅野拓磨 6.0
ヴェルトンゲン相手に優勢に試合を進めたが、フィニッシュやトラップの精度を欠いた

(→久保裕也 5.5)
守備に戻りつつ攻撃の機会を狙った

15 大迫勇也 5.0
ヴェルメーレンとのマッチアップで劣勢に

(→杉本健勇 5.5)
1本惜しいシュートを浴びせる

8 原口元気 5.5
守備によく戻ったが、攻撃面でアクセントを付けられず

(→乾貴士 5.5)
果敢に仕掛けた

監督
ハリルホジッチ 6.0
攻め手は乏しかったが、守備面はブラジル戦の課題を修正した印象

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
槙野智章(日本)
▽ベルギーに相応しい選手がいなかったため、ルカクをゴール以外の場面で抑え込んでいた槙野を選出。欧州遠征2試合で評価を高めた。

ベルギー 1-0 日本
【ベルギー】
ルカク(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。 ◆DF冨安健洋 「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。 ◆MF遠藤航 「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成はいつもどおりのプレーを心がける《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたFC東京のDF室屋成は、以下のように意気込みを語っている。 ◆DF室屋成 「日本代表メンバーに選出いただき、大変嬉しく思います。チームとしてアジアカップ優勝をめざすとともに、個人としてもいつもどおりのプレーを心がけチームの勝利に貢献できるように頑張ります」 2018.12.12 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が口にするのは結果「結果にこだわってプレーしたい」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽フル代表としては自身初の国際大会となる清水エスパルスのFW北川航也は、結果にこだわることを誓った。 ◆FW北川航也 「日本代表に選出いただき、光栄に思います。チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの支えがあって、今回も選出いただけたと思っています。日本を代表して、そしてエスパルスを代表して戦ってきます。アジアカップ優勝に貢献するとともに、個人としても結果にこだわってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.12.12 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF伊東純也は貢献を誓う! 「勝利に貢献できるようにすべてを注ぐ」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された柏レイソルのMF伊東純也は、以下のように意気込みを語っている。 ◆MF伊東純也 「今回はアジアカップという大きな国際大会に日本代表の一員として参加できることを嬉しく思います。厳しい戦いになると思いますが、チームの勝利に貢献できるようにすべてを注いで頑張ります」 2018.12.12 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師を胴上げへ! 広島MF青山敏弘、DF佐々木翔が意気込む《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督制で精神的支柱としての役割を果たすサンフレッチェ広島MF青山敏弘と、今シーズン復活を遂げたDF佐々木翔は以下のように意気込みを語っている。 ◆MF青山敏弘 「日本代表に選ばれて光栄です。今大会ではタイトルを目指し、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」 ◆DF佐々木翔 「日本代表に選出されて嬉しく思います。難しい戦いが待っていると思いますが、日本の代表として責任を持ち、全力で戦います。応援をよろしくお願いいたします」 2018.12.12 16:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース