過去を振り返るカカ「マドリーでは全てが極端に」「C・ロナウドとメッシの次のバロンドールは…」2017.11.14 19:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカが、古巣であるミランやレアル・マドリーでの思い出、バロンドールへの思い入れを語った。スペイン『アス』が伝えた。

▽カカは、2007年に当時所属していたミランでバロンドール、欧州最優秀選手賞といった個人賞をダブル受賞。名実ともに世界最高の選手に輝いた。

「チームスポーツでその個人賞(バロンドール)を獲得するのは素晴らしいことだ。誰もが可能であれば言いたいことは“自分は最高だ”という言葉。僕は良いレベルで調子を維持しようとしたし、チームとして成し遂げたことに対する賞であると分かった。ミラノで獲得してきたものに対して、そのときチームメイトにはいつも感謝しているよ」

▽また、近年ではカカが受賞した2008年から現在まで、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、バロンドール(一部FIFAバロンドール)の栄誉を二分。カカは、両者の次に誰が同賞を受賞することになるか予想した。

「フットボールは科学のように明らかにはならない。だから、今後何が起こるか述べることは難しい。でも、クリスティアーノ(・ロナウド)と(リオネル・)メッシの次にバロンドールを勝ち取るのはネイマールだろうね」

▽カカは、2009年夏から2013年夏までの4年の間、マドリーに在籍。しかし、世界最高の選手として入団しながらも度重なる負傷などに悩まされ、ついには完全なレギュラーとして定着することが叶わないまま、退団を選択することとなった。

「レアル・マドリーでは、全てが極端になるんだ。良ければより良い方に、悪ければより悪い方にね。だから、プレスやファンが様々な(考えを持った)生き方をしていて、それに適応しなければならない。レアル・マドリーにいる、ということはプレーヤーにとって驚くべき体験だ。僕はそこで成熟することができたよ。主に人間としてね」

コメント

関連ニュース

thumb

カゼミロのバロンドール推しはモドリッチでなく…?

▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、バロンドールに元チームメイトを推している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2008年から昨年までの10年間、バロンドールはユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが独占している。しかし、今年はロシア・ワールドカップ(W杯)で最優秀選手に輝いたマドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの受賞を求める声も大きい。 ▽マドリーの同僚であるMFイスコやフレン・ロペテギ監督もモドリッチの選出を望むと公言している。だが、カゼミロは今夏にマドリーを退団してユベントスに移籍した元エースの名前を挙げた。 「バロンドールを(ルカ・)モドリッチに? 」 「今年はルカにとって素晴らしい年になったと思うよ。けど、僕はクリスティアーノ・ロナウドに与えたい」 ▽また、カゼミロは19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第1節ローマ戦についてもコメント。3-0の勝利を喜んだ。 「僕らは非常に良いプレーをした。昨シーズン、セミ・ファイナルに進んだチームに対して、試合全体を通して支配したんだ」 「僕らは多くのチャンスを作った。あんなに守備が良いチームから30回も(決定機を)作るなんて、強烈な印象だよ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

チームを最重要としつつ…モドリッチ自らも夢見るバロンドール

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが自身のバロンドール受賞を自ら希望した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 ▽レアル・マドリーをチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導き、クロアチア代表として準優勝の功績を収めたロシア・ワールドカップでもMVPに輝いたモドリッチ。さらに、欧州サッカー連盟(UEFA)最優秀選手賞をも手にした今、最終候補3名にノミネートされた国際サッカー連盟(FIFA)最優秀選手賞の受賞にも期待が集まっている。 ▽そのモドリッチは、19日にホームで行われたCLグループステージ開幕節のローマ戦に出場。3-0で勝利した同試合の後半には、バロンドール受賞を推す一部サポーターからのチャントがモドリッチを包んだ。個人賞の総ナメが注目されるクロアチア人司令塔も試合後、チームを最重要としつつ、自身のバロンドール受賞を夢見た。 「称賛されて誇らしいよ。受賞できたら、なおさら嬉しいね」 「バロンドールを勝ち取りたい。でも、それを毎日考えているわけじゃなければ、固執しているわけでもないよ」 「僕にとって、最も重要なのはチームだ。チームを助けることさ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

イエロー王セルヒオ・ラモス、CLでも記録更新

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがチャンピオンズリーグ(CL)で不名誉な記録を更新した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽セルヒオ・ラモスは19日に行われたCLグループG第1節レアル・マドリーvsローマに出場。この試合で23分に、ローマMFスティーブン・エンゾンジに対するタックルが警告判定となりイエローカードを受けてしまった。これにより、同選手はCLにおいて「37」枚目のイエローカードを記録。現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の「36」枚を抜く新記録を樹立した。 ▽ちなみに、『アス』が伝えるとことによると、セルヒオ・ラモスは代表やリーグ戦でも最もイエローカードを貰っている選手のようで、今年2月には、ラ・リーガのレガネス戦で受けたイエローカードが通算「163」枚目を数え、かつてエスパニョールやデポルティボで活躍したアルベルト・ロポ氏の記録を凌駕。現在その記録は「165」となっている。 ▽なお、今季のリーグ戦ではここまで4試合を終えてイエローカードは未だもらっていない。 2018.09.20 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、またストライカー獲得失敗?

▽レアル・マドリーはローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表エディン・ゼコ(32)にオファーを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏に、得点源であったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団したことで決定力不足が指摘されていたマドリーは、後釜としてチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールやパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に尽力。しかし、C・ロナウドに代わる大物獲得は失敗に終わり、ストライカーとして獲得できたのは、リヨンから買い戻いしたドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスのみだった。そんな中で、ゼコの獲得にも動いていたようだ。 ▽『マルカ』によると、ゼコと個人間での話し合いの場を持っていたマドリーだったが、同選手は元フランス代表カリム・ベンゼマやウェールズ代表MFガレス・ベイルの控えに回る可能性が高いことからオファーを拒否。ローマでの生活を満足しているということもあり残留を決めたという。 ▽それでも、ストライカー獲得を諦めていないマドリーは、冬の移籍市場でもゼコの説得に動くという。だが、ゼコには他にも複数のクラブからオファーが来ているようで、中にはチェルシーといったビッグクラブも興味を示している模様だ。 ▽2015年にマンチェスター・シティからレンタル移籍で加入したゼコは、加入初年度からリーグ戦31試合で8ゴール5アシストを記録。その活躍が認められ2016年に完全移籍で加入した。ローマではここまでリーグ戦通算107試合で53得点を記録し、エースとして活躍している。 2018.09.20 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

「何のレッドカード?」C・ロナウド退場に現役選手やOBから疑問の声続出

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドの退場に、現役選手や解説者から疑問の声が上がっている。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で、ユベントスはバレンシアと対戦。敵地ながら2-0で試合を制し、初戦で勝ち点3を手にしている。<br><br>しかしこの一戦の29分、この試合がユベントスの選手としてCLデビューとなったC・ロナウドが小競り合いからレッドカードを受けて一発退場に。この判定に、選手は信じられない様子で座り込み、涙を流しながらピッチを後にしている。<br><br>ユベントス指揮官マッシリミアーノ・アッレグリやチームメイトから疑問の声が上がるなか、英『BBC Radio5』に出演したストークMFダレン・フレッチャーは判定は「軽すぎる」との見解を示した。<br><br>「ロナウドにとって軽るすぎる退場となったね。だけど、少なくとも1試合の出場停止にはなるだろう。チームメイトをがっかりさせてしまったと感じているかもしれないけど、マンチェスター・ユナイテッド戦には出られると思う」<br><br>また、サッスオーロMFケヴィン=プリンス・ボアテングは「何のレッドカード? うーん」とSNSに投稿。また、バレンシアのOBサンティアゴ・カニサレス氏は「私の意見では、彼はレッドカードに値しなかった」とSNSで綴っている。元イングランド代表ギャリー・リネカー氏は「ロナウドはユベントスでのCLデビューで30分でレッドカードを受けた。涙が流れる」とSNSに投稿している。<br><br>今回の退場判定については、しばらく議論が続きそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 12:35 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース