F1レーサーのフェルナンド・アロンソ「メッシよりC・ロナウド」2017.11.12 17:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン人F1レーサーとして活躍するフェルナンド・アロンソが巷のフットボールフリークの間で議論し続けられている“C・ロナウドとメッシ、どっちが優れている?”論争に参加した。スペイン『マルカ』が報じた。▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現在のフットボール界で世界最高の称号を二分する存在。どちらがより最高の選手なのか議論のテーマにされることも少なくない。

▽ブラジルGPのため、現在ブラジルに滞在するフェルナンド・アロンソは、フットボール好きとして知られる著名人。現地メディア『Globoesporte』のインタビューでC・ロナウドとメッシの中でより優れた選手について、レアル・マドリー支持者らしい見解を示した。

「僕はレアル・マドリーファンとして生まれた。僕の中だと、クリスティアーノの方がメッシより優れているね」

「メッシはもちろん、インクレディブルなタレントだ。でも、レアル・マドリーファンとしては、ロス・ブランコスの選手にだけ興味があるものさ」

コメント

関連ニュース

thumb

シュスター氏、古巣マドリーの“パニックバイ”を危惧

▽現役時代と指揮官としてレアル・マドリーに在籍していた元ドイツ代表MFのベルント・シュスター氏が、得点力不足に悩む古巣の“パニックバイ”を危惧している。同氏がスペイン『アス』で語っている。 ▽フレン・ロペテギ新監督の下で開幕数試合は好調な滑り出しを見せたマドリーだが、直近の公式戦4試合ではいずれも無得点で3敗1分けと深刻な不振に陥っている。 ▽今夏ユベントスに旅立ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの不在を大きく感じる中、今冬の移籍市場ではトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディら大物ストライカーを含め、新たなストライカーの獲得に動くのではないかと伝えられている。 ▽だが、シュスター氏は冬の移籍市場で新たなストライカーを獲得することはリスクが高いと指摘している。 「私であれば、スターやチームを改善させてくれる誰かを獲得したいと考えたとき、冬の時期にはいかなるプレーヤーも獲得することはないと思う」 「個人的に冬の重要な時期にそういった重要なプレーヤーをクラブが放出するとは思っていない。仮に、放出に動くのならば、そのプレーヤーは何らかの問題を抱えているはずだ」 「良いリズムを持ったプレーヤー以外で1月に加入してくることは非常に難しいものだ。そもそも、20ゴールも決められるようなプレーヤーをクラブがシーズン途中に手放したいとは考えない」 「(クリスティアーノ・)ロナウドはゴールを保証してくれるだけではなかった。彼の存在によって対戦相手は少なからず戦い方を変えていた」 「また、時々リーダーの不在を感じる。とりわけ、モスクワでの試合はピッチにリーダーが1人も居なかった。それはあまりに目立っていたよ」 2018.10.15 21:28 Mon
twitterfacebook
thumb

モドリッチ「ジダンと一緒にプレーしてみたかった。僕たちは同じアイデアを共有している」

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、一緒にプレーしてみかった人物として昨季まで指導を受けたジネディーヌ・ジダン氏の名を挙げている。<br><br>バロンドールを主催するフランスのフットボールマガジン『フランス・フットボール』とのインタビューに応じたモドリッチは、史上最高の選手の一人にも数えられるジダン氏について、次のように語っている。<br><br>「ジダンのチームメートになりたかった。僕たちはフットボールをプレーすることにおいて、同じアイデアを共有しているんだ」<br><br>モドリッチは、フットボーラーとしてのジダン氏を称賛し続けてきた。ジダン氏がレアル・マドリーを率いていた頃には、同氏のことを「フットボール」そのものと形容し、「彼とはフットボールについてよく話をする。彼もそういうことを話すのが好きなんだ」とも語った。<br><br>ジダン氏は昨季限りでレアル・マドリー監督の座を辞したが、モドリッチは物寂しさも感じているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 21:24 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、6度目の欧州制覇に貢献したレジェンドのセレナ氏が逝去

▽レアル・マドリーは15日、1963年~1968年までクラブに在籍していた元スペイン代表MFのフェルナンド・セレナ氏(享年77)の逝去を発表した。 ▽1963年から5年間マドリーに在籍したセレナ氏は、在籍期間に公式戦86試合に出場し15ゴールを記録。この間に4度のリーガエスパニョーラ、1度のチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)のタイトルを獲得。その後、オサスナやエルチェを経てサン・アンドレウでキャリアを終えている。 ▽セレナ氏をエル・ブランコのレジェンドの1人にしたのが、1965-66シーズンにブリュッセルで開催されたチャンピオンズカップの決勝のパルチザン戦だった。セレナ氏は同試合でチームを逆転勝利に導く見事なロングシュートを叩き込み、2-1の逆転勝利に貢献。マドリーに6度目の欧州王者のタイトルをもたらす立役者となった。 2018.10.15 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

手招き? セルヒオ・ラモスがケインを褒めちぎる

▽スペイン代表は、15日に行われるUEFAネーションズリーグでイングランド代表と対戦する。レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがその一戦に先駆け、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(25)を大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽2010年にトッテナムでプロデビュー以降、2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして名を馳せるケイン。その活躍ぶりから近年、レアル・マドリーら有力クラブの関心が囁かれ、動向に注目が集まり続けている。 ▽そのケインを擁するイングランド代表とスペイン代表の一員としてセルヒオ・ラモス。その一戦を前に、自身も所属するレアル・マドリー行きが取り沙汰されるケインについて、リーガエスパニョーラでも成功できる能力者として太鼓判を押した。 「プレミアリーグで輝く選手の大半はフィジカル的に優れた選手だが、その中にも質の高い選手もいる」 「ハリー・ケインは本当にフィジカルの強い点取り屋だけど、その中に巧みさもあって、対峙するDFを驚かせる。僕もその1人だ」 2018.10.15 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

筋肉系の問題抱えるベイル、ウェールズ代表で1試合もプレーすることなくレアル・マドリー復帰へ

現在ウェールズ代表に合流しているMFガレス・ベイルだが、試合に参加することなくレアル・マドリーが復帰することが明らかとなった。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ベイルは6日のリーガ・エスパニョーラ第8節アラベス戦で内転筋に違和感を抱えて交代。レアル・マドリーは「筋肉疲労」による交代で負傷はしていないことを強調し、選手はウェールズ代表に合流したものの、11日のスペイン戦ではベンチ外となるなどその状態が心配されていた。<br><br>ウェールズ代表は16日にアイルランド戦に臨む予定だが、ベイルはその試合にも出場することなく、レアル・マドリーに復帰するようだ。『マルカ』曰く、同選手はまもなくウェールズ代表から離脱し、15日よりレアル・マドリーの練習に復帰する見込みとなっている。<br><br>ベイルはレアル・マドリーの練習でコンディションを整え、20日のリーガ第9節レバンテ戦に万全の状態で出場することを目指すようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 23:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース