【W杯欧州予選POプレビュー】誤審で生まれたPKの結末は《スイスvs北アイルランド》2017.11.12 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのスイス代表vs北アイルランド代表が日本時間12日の26:00にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは誤審ながらスイスがPKで奪ったゴールにより敵地で先勝している。

▽4大会連続11度目のW杯出場を目指すスイスは、引き分けでも本大会出場となる。1stレグでは圧倒的なポゼッションで北アイルランドを押し込み続け、PKで奪った1点のアドバンテージを持ってホームでの2ndレグに臨める状況を作った。2ndレグでも主導権を握り続け、北アイルランドに反撃の隙を与えない戦いが求められる。

▽一方、8大会ぶり4度目の出場を目指す北アイルランドはゴールを奪わなければプレーオフ突破は果たせない状況となった。1stレグでは不当な判定に泣かされる格好となったが、攻撃に転じられていなかったことも事実。2ndレグではリスクを負って前に出てゴールを奪う必要がある。

★注目選手
◆スイス:MFジェルダン・シャキリ
Getty Images
▽スペースを埋められていた1stレグとは違い、北アイルランドが多少前に出てくることが予想されるため、シャキリにとってはプレーし易い状況が生まれそうだ。ドリブルでの打開に加え、カットインからのミドルシュートで果敢にゴールを狙っていきたい。北アイルランドの攻撃力を考えれば、1点を奪えれば勝利が大きく近づくだけに切り込み隊長のパフォーマンスに期待が懸かる。

◆北アイルランド:MFクリス・ブラント
Getty Images
▽1stレグでは左サイドバックとして先発し、シャキリのマークを担当していたブラント。守備に専念していた1stレグではスイスの攻撃の要であるシャキリをうまく抑えていたが、2ndレグでは持ち味の左足のキック精度の高さを活かし、攻撃参加を図りたい。また、北アイルランドのストロングポイントであるセットプレーも、彼のキックの質に左右されるため、ブラントのパフォーマンスが鍵を握りそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

セフェロビッチのハットトリックなどでベルギー粉砕のスイス、大逆転で準決勝進出を決める!《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2のスイスvsベルギーが18日に行われ、5-2でスイスが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のアイスランド代表戦を勝利した2位スイス(勝ち点6)は、2点差以上で勝利すれば準決勝進出の望みを残せる中、セフェロビッチやシャキリ、ジャカ、R・ロドリゲスらがスタメンとなった。 ▽15日に行われたUNL3戦目のアイスランド戦を2-0で完勝した首位のベルギー(勝ち点9)は、その一戦から先発を1人変更。バチュアイに代えてシャキリを先発で起用。3トップは右からT・アザール、メルテンス、アザールと並んだ。 ▽試合は開始早々に動く。2分、ボックス手前で受けたメルテンスが相手DFの裏を狙ったT・アザールへパスを送ると、カットに入ったエルベディが痛恨のクリアミス。このこぼれ球をゴール前で奪ったT・アザールがそのままゴールに流し込んだ。 ▽幸先よく先制したベルギーは、17分にも決定機。右サイドでパスを受けたT・アザールがダイアゴナルなドリブルで持ち上がると、ボックス右手前からミドルシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽2点のリードを許したスイスは、26分に反撃。E・フェルナンデスの右クロスをゴールエリア右でT・クローゼが落とすと、走り込んだK・エムバブが飛び出したGKクルトワに倒されPKを獲得。このPKをR・ロドリゲスが確実にゴール右に決め、1点を返した。 ▽勢いづくスイスは31分、R・ロドリゲスのロングパスをゴール右に抜け出したシャキリが頭で折り返すと、逆サイドから走り込んだセフェロビッチが左足でゴールに流し込み、スコアをタイに戻した。 ▽その後は一進一退の展開が続き、このまま前半終了かと思われたが44分、スルーパスで右サイド深くまで侵攻したE・フェルナンデスの折り返しをボックス中央に走り込んだセフェロビッチがダイレクトシュートでゴール左に突き刺し、スイスが勝ち越しに成功した。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはスイス。62分、シャキリの右CKをニアに走り込んだエルベディが頭で合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽さらに84分、スイスはシャキリのパスからボックス右深くに侵入したK・エムバブのクロスをセフェロビッチが頭で流しこみ、ハットトリックを達成。試合を決定づける5点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま5-2でタイムアップ。セフェロビッチのハットトリックなどでベルギー粉砕したスイスが、大逆転で準決勝進出を決めた。 2018.11.19 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカク、スイスとの頂上決戦に向けてアイスランド戦は温存《UEFAネーションズリーグ》

▽ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は14日、マンチェスター・ユナイテッドの同国代表FWロメル・ルカクの起用法について言及した。 ▽筋肉を痛め、所属先のユナイテッドでもフルにプレーできていないルカクについてマルティネス監督は、15日に行われるUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ2の第3戦アイスランド代表(勝ち点0)戦で温存することを明言した。 ▽そして、18日に行われるUNL最終戦のスイス代表(勝ち点6)戦に向けて100%の状態で出場させるという。ベルギーは現在UNL2試合を消化して連勝し首位に立っており、スイス戦を引き分け以上で終えることができればグループ首位が決まる。 ▽なお、アイスランド戦でルカクに代わって先発するのはFWミッチー・バチュアイ(バレンシア)とのことだ。 2018.11.15 02:24 Thu
twitterfacebook
thumb

エンボロ、中足骨骨折で3~6週間の離脱

▽シャルケは12日、FWブリール・エンボロがスイス代表を辞退することを発表した。 ▽エンボロは11日に行われたブンデスリーガ第11節フランクフルト戦で先発し、後半38分に交代。シャルケによると左足の中足骨を骨折し、3~6週間の離脱となるとのことだ。 ▽エンボロは今季のブンデスリーガで9試合に出場して2ゴールを決めていた。 ▽なお、スイスは14日にカタール代表との国際親善試合を、18日にUEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ2の最終戦となるベルギー代表戦を戦う。 2018.11.13 05:07 Tue
twitterfacebook
thumb

スイスが敵地でアイスランドを撃破! 3連敗のアイスランドはリーグB降格が決定…《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ(UNL)・リーグAグループ2のアイスランド代表vsスイス代表が15日に行われ、0-2でスイスが勝利した。 ▽前回対戦で0-6と大敗を喫しリベンジに燃えるアイスランドは、シグルドソンやビャルナソン、フィンボガソン、GKハルドルソンら主力がスタメンとなった。 ▽一方、決勝トーナメント進出へ望みをつなぐには勝利しかないスイス代表は、前回対戦でゴールを挙げたセフェロビッチやシャキリ、ザカリア、ジャカといった主軸がスタメンに名を連ねた。 ▽立ち上がりから優勢に試合を進めるスイスだったが、先にシュートを放ったのはアイスランド。9分、トラウスタソンのパスをボックス左手前で受けたシグルドソンがカットインから右足を振り抜くも、シュートはGKムボゴが正面でキャッチ。 ▽対するスイスは、相手ボックス付近までボールを運べるものの粘り強く守るアイスランド守備陣を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽すると30分、アイスランドに決定機。ロングボールをボックス右手前で競り合ったフィンボガソンが落とすと、ボックス手前に走り込んだシグルドソンがこぼれ球をダイレクトシュート。しかし、これはGKムボゴの好反応に阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはスイス。52分、バイタルエリア左でボールを受けたジャカがクロスを供給。これをゴールエリア右に走り込んだセフェロビッチが頭で合わせると、クロスバーの内側を叩いたボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽さらに67分には、セフェロビッチの右クロスをファーサイドのツバーが左足で折り返すと、ゴール前に走り込んだ味方選手がヒールで流したボールを最後はラングが押し込み、追加点を奪った。 ▽2点のリードを許したアイスランドは、81分に反撃。中盤からドリブルで仕掛けたフィンボガソンがボックス右手前から豪快なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 ▽同点ゴールを狙うアイスランドは、85分にグズムンドソンを投入。最後まで猛攻を仕掛けたが、スコアは動かず。アイスランドに連勝のスイスが、2勝目を挙げ決勝トーナメントに臨みを繋げた。一方、3連敗となったアイスランドはこれでリーグB降格が決定した。 2018.10.16 05:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカク2発のベルギー、スイスに競り勝って2連勝スタート《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ2のベルギー代表vsスイス代表が12日に行われ、2-1でベルギーが勝利した。 ▽先月行われたUNL初戦のアイスランド代表戦を3-0と快勝して白星発進としたベルギーは、アザールやルカク、アルデルヴァイレルトらがスタメンとなった。 ▽一方、同じくUNL初戦となったアイスランド戦を6-0と大勝したスイスは、シャキリやジャカ、R・ロドリゲスらがスタメンとなった。 ▽[3-4-3]を採用したベルギーは3トップの最前線にルカク、2シャドーの右にメルテンス、左にアザール、中盤は右からムニエ、ティーレマンス、ヴィツェル、カラスコと並べ、3バックの中央にコンパニが入った。 ▽そのベルギーが開始3分にティーレマンスのミドルシュートでゴールに迫ると、続く10分にはムニエの右クロスからカラスコがヘディングシュートと、スイスを脅かしていく。 ▽その後もベルギーが攻勢に出ると、20分にティーレマンスが再びミドルシュートを浴びせ、25分にはボックス左からカラスコが枠内シュートを放ったが、GKゾンマーのセーブに阻まれた。 ▽さらに33分、ルカクのミドルシュートでゴールに迫ったベルギーだったが、前半のうちにスイスのゴールをこじ開けられず0-0でハーフタイムに入った。 ▽後半もベルギーが押し気味に試合を進めると、58分に先制した。アザール、メルテンス、ムニエとつないで最後はボックス右のルカクが左足ダイレクトで蹴り込んだ。 ▽その後、61分のツバーのシュートをGKクルトワがセーブしたベルギーは、69分のジャカのミドルシュートはわずかに枠の右に外れて助かる。 ▽しかし76分、右サイドからのシャキリのFKをファーサイドのラングがヘッドで折り返し、途中出場のガブラノビッチがボレーで蹴り込み、スイスが同点に追いついた。 ▽追いつかれたベルギーは81分にCKからコンパニのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ると、直後にはシャドリが左サイドを突破してルカクは流し込むだけだったが、枠の上に外してしまう。 ▽それでも84分、アザールのダイレクトヒールパスを起点に、メルテンスのラストパスを受けたボックス中央のルカクが今度は確実に決めて2-1。スイスに競り勝っている。 ▽2連勝スタートとしたベルギーは16日にオランダ代表との国際親善試合を戦い、敗れたスイスは15日にUNL3戦目のアイスランドとのアウェイ戦を戦う。 2018.10.13 06:07 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース