【W杯欧州予選POプレビュー】誤審で生まれたPKの結末は《スイスvs北アイルランド》2017.11.12 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのスイス代表vs北アイルランド代表が日本時間12日の26:00にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは誤審ながらスイスがPKで奪ったゴールにより敵地で先勝している。

▽4大会連続11度目のW杯出場を目指すスイスは、引き分けでも本大会出場となる。1stレグでは圧倒的なポゼッションで北アイルランドを押し込み続け、PKで奪った1点のアドバンテージを持ってホームでの2ndレグに臨める状況を作った。2ndレグでも主導権を握り続け、北アイルランドに反撃の隙を与えない戦いが求められる。

▽一方、8大会ぶり4度目の出場を目指す北アイルランドはゴールを奪わなければプレーオフ突破は果たせない状況となった。1stレグでは不当な判定に泣かされる格好となったが、攻撃に転じられていなかったことも事実。2ndレグではリスクを負って前に出てゴールを奪う必要がある。

★注目選手
◆スイス:MFジェルダン・シャキリ
Getty Images
▽スペースを埋められていた1stレグとは違い、北アイルランドが多少前に出てくることが予想されるため、シャキリにとってはプレーし易い状況が生まれそうだ。ドリブルでの打開に加え、カットインからのミドルシュートで果敢にゴールを狙っていきたい。北アイルランドの攻撃力を考えれば、1点を奪えれば勝利が大きく近づくだけに切り込み隊長のパフォーマンスに期待が懸かる。

◆北アイルランド:MFクリス・ブラント
Getty Images
▽1stレグでは左サイドバックとして先発し、シャキリのマークを担当していたブラント。守備に専念していた1stレグではスイスの攻撃の要であるシャキリをうまく抑えていたが、2ndレグでは持ち味の左足のキック精度の高さを活かし、攻撃参加を図りたい。また、北アイルランドのストロングポイントであるセットプレーも、彼のキックの質に左右されるため、ブラントのパフォーマンスが鍵を握りそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェルソン・フェルナンデスがスイス代表を引退! W杯3大会連続出場

▽フランクフルトに所属するスイス代表MFジェルソン・フェルナンデス(31)が代表からの引退を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽フェルナンデスは代表引退に際して、「僕はこれまでこの代表のユニフォームがより価値のあるものにするために努力を続けてきた。自分たちの国やチーム、プレーヤーを少しでも助ける経験ができたことにとても感謝しているよ」とコメントを残している。 ▽カーボベルデにルーツを持つ守備的MFのフェルナンデスは、2007年8月に行われたオランダ代表とのフレンドリーマッチで代表デビュー。以降は身体の強さと守備センスを武器に中盤の黒子役として主軸を担い、通算67試合2ゴールという記録を残した。なお、その貴重な2ゴールのうちの1つは、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で優勝したスペイン代表とのグループリーグ初戦で記録した決勝点だった。 ▽また、直近のロシアW杯では出場機会はなかったものの、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と3大会連続のW杯出場を果たしていた。 ▽なお、ポルトガル代表MFマヌエル・フェルナンデス、スイス代表MFエジミウソン・フェルナンデスとは従兄弟の関係だ。 2018.08.07 19:17 Tue
twitterfacebook
thumb

4度のW杯を経験したベーラミがスイス代表を引退

▽ウディネーゼのMFヴァロン・ベーラミ(33)が6日、スイス代表を引退することを発表した。自身のツイッターで明かしている。 ▽ハードワークが売りのセントラルMFであるベーラミは、2005年10月8日に代表デビュー。これまで83試合に出場して2ゴールを記録。4度のワールドカップ出場(2006、2010、2014、2018)、2度のユーロ出場(2008と2016)に貢献していた。 ▽先月まで行われていたロシアW杯では全4試合に先発。ベスト16進出に貢献していた。 2018.08.07 06:11 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、シャキリ獲得へ! 既にメディカルチェックを予定?

▽リバプールが、ストーク・シティに所属するスイス代表MFジェルダン・シャキリ(26)獲得に近付いているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)にスイス代表の一員として参加し、攻撃の核となる印象的なパフォーマンスを披露したシャキリ。チームは決勝トーナメント1回戦でスウェーデン代表に敗れたものの、全4試合で1ゴール1アシストの結果を残した。 ▽『ミラー』によると、リバプールがシャキリ獲得に乗り出しているという。ユルゲン・クロップは経験豊富なフォワードの補強を望んでおり、シャキリがそれに当てはまるとのことだ。 ▽伝えられるところでは、既にメディカルチェックを受ける予定を組んでいる模様。移籍金も1350万ポンド(約20億円)となることが推測されている。 ▽現在所属しているストークとは2020年まで契約を残しているものの、クラブは2017-18シーズンに19位でフィニッシュ。リーグ戦8ゴール7アシストを記録したシャキリの奮闘虚しく、新シーズンからのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格が決定している。 2018.07.13 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

24年ぶりベスト8進出へ導いたフォルスベリ「スウェーデンの人々全員が誇りに思って欲しい」

スウェーデン代表で10番を背負うエミル・フォルスベリは、スイス戦で決勝弾を挙げてベスト8進出を喜んだ。<br><br>スウェーデンは3日、ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でスイスと対戦。スコアレスで迎えた後半、フォルスベリのミドルシュートが相手DFに当たってゴールへと吸い込まれ、これが決勝点となった。フォルスベリは自分のゴールがチームの勝利に結びついたことに喜びをあらわにした。<br><br>「多くを意味するものだった。チームが最高の形で勝利することができてただただ嬉しいよ。素晴らしかったし、僕らは相手にほとんどチャンスを与えなかった。ここまでともに来れたことを誇りに思う。涙がこぼれたよ。スウェーデン国民全員が誇りに思って欲しい」<br><br>並み居る強豪国がベスト8に残る中、スウェーデンは最も小さな国の一つ。フォルスベリはここまで勝ち残ることができた理由をこのように語る。<br><br>「多くの良いチームがいる。ナーバスにだってなるし、どんなことも起こりうる。しかし、重要なのは信じることだ。そうすれば強くなれるんだ。僕らはやってきたことに自信を持っているし、全てを正しくやれれば、攻守ともに本当に良いことは自分たちでもわかっている。僕らは今準々決勝まで進んでいて、それこそが僕らがやっていることが本当にうまくいっている証拠だよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.04 04:57 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:スウェーデン 1-0 スイス《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、スウェーデン代表vsスイス代表が3日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、1-0でスウェーデンが勝利し、準々決勝進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽スウェーデン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180704_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロビン・オルセン 6.0 追加タイムのセフェロビッチのヘディングシュートを好守で阻止 DF 2 ルスティグ 6.0 中に絞っての守備など、気が利いていた 3 リンデロフ 6.0 グランクビストと共に堅守を築く 4 グランクビスト 6.5 ゴール前で文字通り壁となった 6 アウグスティンション 6.0 シャキリをうまく抑えて時折攻撃参加も MF 17 クラーソン 5.5 運動量豊富に戦った 13 スベンソン 5.5 負傷のラーションの代役。守備をしっかりこなす 8 エクダル 6.0 タイミング良く攻撃に絡んだ 10 フォルスベリ 6.5 今大会ここまで攻撃面で仕事ができていなかったが、ようやく初ゴール FW 9 ベリ 6.0 よく動いてボールを引き出した 20 トイヴォネン 5.5 さほどボールに触れていなかったが、決勝点をアシスト 監督 アンデション 6.0 堅守を前面に押し出してシャットアウト勝利 ▽スイス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180704_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ゾンマー 6.0 ファインセーブを見せて1失点に凌ぐ DF 6 ラング 5.0 リヒトシュタイナーの代役。終了間際に退場してしまった 20 ジュルー 6.0 シェアーの代役。ミスなくそつなくこなした 5 アカンジ 5.0 概ね安定していたが、何とかフォルスベリのシュートをブロックしたいところだった 13 R・ロドリゲス 6.0 攻め手となっていたが、ゴールにはつながらず MF 23 シャキリ 5.5 何度か仕掛けていたが、打開しきれず 11 ベーラミ 5.5 バックラインに下がって攻撃を組み立てた 15 ジェマイリ 5.0 38分のチャンスは決めたかった (→セフェロビッチ 5.5) 終了間際に決定的なヘディングシュートを浴びせたが、相手GKに阻まれた 10 ジャカ 5.5 相手の守備網を乱すパスは出せず 14 ツバー 5.0 前半に2つチャンスに絡んだが、後半は消えた (→エンボロ 6.0) 決定的なヘディングシュートを浴びせるなど存在感はあった FW 19 ドルミッチ 5.0 ほとんどボールに絡めなかった 監督 ペトコビッチ 5.5 ほぼ互角の試合だったが、攻め手を欠いて惜敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フォルスベリ(スウェーデン) ▽今大会初ゴールを決めた他、守備面でもゴールライン前の好クリアでクリーンシートに貢献。 スウェーデン 1-0 スイス 【スウェーデン】 フォルスベリ(後21) 2018.07.04 01:03 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース