【W杯欧州予選POプレビュー】誤審で生まれたPKの結末は《スイスvs北アイルランド》2017.11.12 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのスイス代表vs北アイルランド代表が日本時間12日の26:00にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは誤審ながらスイスがPKで奪ったゴールにより敵地で先勝している。

▽4大会連続11度目のW杯出場を目指すスイスは、引き分けでも本大会出場となる。1stレグでは圧倒的なポゼッションで北アイルランドを押し込み続け、PKで奪った1点のアドバンテージを持ってホームでの2ndレグに臨める状況を作った。2ndレグでも主導権を握り続け、北アイルランドに反撃の隙を与えない戦いが求められる。

▽一方、8大会ぶり4度目の出場を目指す北アイルランドはゴールを奪わなければプレーオフ突破は果たせない状況となった。1stレグでは不当な判定に泣かされる格好となったが、攻撃に転じられていなかったことも事実。2ndレグではリスクを負って前に出てゴールを奪う必要がある。

★注目選手
◆スイス:MFジェルダン・シャキリ
Getty Images
▽スペースを埋められていた1stレグとは違い、北アイルランドが多少前に出てくることが予想されるため、シャキリにとってはプレーし易い状況が生まれそうだ。ドリブルでの打開に加え、カットインからのミドルシュートで果敢にゴールを狙っていきたい。北アイルランドの攻撃力を考えれば、1点を奪えれば勝利が大きく近づくだけに切り込み隊長のパフォーマンスに期待が懸かる。

◆北アイルランド:MFクリス・ブラント
Getty Images
▽1stレグでは左サイドバックとして先発し、シャキリのマークを担当していたブラント。守備に専念していた1stレグではスイスの攻撃の要であるシャキリをうまく抑えていたが、2ndレグでは持ち味の左足のキック精度の高さを活かし、攻撃参加を図りたい。また、北アイルランドのストロングポイントであるセットプレーも、彼のキックの質に左右されるため、ブラントのパフォーマンスが鍵を握りそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表、ロシアW杯前に行われるスイス代表との国際親善試合は26時キックオフ…NHKで生中継

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、6月8日(金)に行われる国際親善試合のスイス代表戦のキックオフ時間を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップに向けた貴重な親善試合となる試合は、スイスのルガーノにあるスタディオ・コルナレドで開催。キックオフ時間は8日の26時となる。 ▽また、テレビ中継はNHK総合で全国生中継となる。 ▽西野朗監督を迎えた日本代表は、スイス戦の後、12日にパラグアイ代表と国際親善試合で対戦。その後、19日にコロンビア代表戦、24日にセネガル代表選、28日にポーランド代表戦を迎える。 2018.04.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スイス代表メンバー発表、オベルリンが初招集《国際親善試合》

▽スイスサッカー協会(SFV)は16日、今月行われる国際親善試合に臨むスイス代表メンバー23名を発表した。 ▽今回のメンバー発表でウラジミール・ペトコビッチ監督は、MFグラニト・ジャカ(アーセナル)やDFリカルド・ロドリゲス(ミラン)、DFステファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)ら主力を選出。そして、FWディミトリ・オベルリン(バーゼル)が初招集を受けている。一方で負傷の影響でMFシェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)やFWアドミール・メーメディ(ヴォルフスブルク)、MFデニス・ザカリア(ボルシアMG)らが選外となっている。 ▽スイスは23日にギリシャ代表とのアウェイ戦を、27日にホームでパナマ代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆スイス代表メンバー2#名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ヤン・ゾンマー</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ロマン・ビュルキ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マルビン・ヒッツ</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミヒャエル・ラング</span>(バーゼル) <span style="font-weight:700;">ヨハン・ジュルー</span>(アンタルヤスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">フランソワ・ムバンジェ</span>(トゥールーズ/フランス) <span style="font-weight:700;">ニコ・エルベディ</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マヌエル・アカンジ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ステファン・リヒトシュタイナー</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">リカルド・ロドリゲス</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">ファビアン・シェア</span>(デポルティボ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ファビアン・フライ</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">シュテファン・ツバー</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジェルソン・フェルナンデス</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">レモ・フロイラー</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブレリム・ジェマイリ</span>(ボローニャ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ヴァロン・ベーラミ</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">グラニト・ジャカ</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ブリール・エンボロ</span>(シャルケ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ドルミッチ</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ハリス・セフェロビッチ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マリオ・ガブラノビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) <span style="font-weight:700;">ディミトリ・オベルリン</span>(バーゼル) 2018.03.17 02:25 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、W杯のコロンビア代表直前にスイス代表と対戦!

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、日本代表が6月にスイス代表と国際親善試合を行うことを発表した。 ▽試合は、6月8日(金)にスイスのルガーノにあるスタディオ・コルナレドで行われるとのこと。キックオフ時間などは未定となっている。 ▽スイスは、2017年12月に発表されたFIFAランキングで8位。ロシア・ワールドカップでは、グループEに属し、ブラジル代表、コスタリカ代表、セルビア代表と同居している。 2018.01.11 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

スイスが1stレグの誤審で生まれたPKを守り抜いて4大会連続11度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、スイス代表vs北アイルランド代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア1-0でスイスが4大会連続11度目のW杯出場を決めている。 ▽4大会連続11度目のW杯出場を目指すスイスは、3日前に行われた1stレグでは誤審ながらPKで奪ったゴールにより敵地で先勝した。そのスイスは1stレグと同様のスタメンを送り出し、[4-2-3-1]の布陣を採用。GKにゾンマー、4バックに右からリヒトシュタイナー、シェアー、アカンジ、R・ロドリゲス、2センターにジャカとザカリア、2列目に右からシャキリ、ジェイマリ、ツバーと並べ、最前線にセフェロビッチが入った。 ▽一方、8大会ぶり4度目の出場を逆転で目指す北アイルランドは、1stレグのスタメンから4選手を変更。マグニス、ラファーティ、C・エバンス、C・マクローリンに代えてワシントン、サビル、ウォード、ヒューズを起用し、[4-1-4-1]で臨んだ。 ▽雨が降っていた影響で重馬場なピッチで行われた一戦は、立ち上がりから両チームに決定機が訪れる。まずは3分に北アイルランド。ブラントのミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKゾンマーのファインセーブに阻まれた。 ▽続いてスイスは5分、右サイドからシャキリが左足で上げた鋭いクロスにセフェロビッチがヘディングで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽互いに決定機を生み出した立ち上がりを経て、攻勢に出ていったのはスイス。23分にはツバーのフィードをボックス左で受けたセフェロビッチがシュートに持ち込めば、25分には右サイドのシャキリが得意のカットインからのシュートでGKマクガバーンを襲った。 ▽続く28分にもスイスに決定機。セフェロビッチのラストパスをボックス左で受けたツバーがシュート。しかし、ここもGKマクガバーンのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてはこう着状態が続き、スイスは北アイルランドの守備を攻略できなかったものの、相手にもカウンターのチャンスを許さず前半を0-0で終えた。 ▽雨が降り出して迎えた後半もスイスが攻勢に出ると、49分にR・ロドリゲスのミドルシュートでゴールに迫った。それでも劣勢の北アイルランドは54分にビッグチャンス。ロングカウンターから最後はワシントンが可能性のあるヘディングシュートを浴びせた。 ▽ひやりとしたスイスはジェマイリに代えてメーメディを投入。しかし、前がかる北アイルランド相手に主導権を握りきれない。 ▽終盤にかけては北アイルランドが前がかる中、スイスはシャキリに代えてフロイラーを投入し、逃げ切りを図る。そして追加タイム1分、CKの流れからエバンスのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のR・ロドリゲスが好クリアで逃れ、スイスがシャットアウト。1stレグの誤審で生まれたPKを守り抜いたスイスが4大会連続11度目のW杯出場を決めている。 2017.11.13 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

母国スイスが得た疑惑のPKについてプロテニスプレーヤーのフェデラーが言及「明らかにPK」

▽プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーが、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフについて言及。母国のPKについて見解を示した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽フェデラーは、イギリス・ロンドンで行われる男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズに出場。試合前の記者会見に臨んだ。 ▽フェデラーの母国であるスイスは、ロシアW杯出場権をかけて欧州予選でのプレーオフに出場。北アイルランド代表との1stレグでは、リカルド・ロドリゲスのPKで勝利していた。 ▽しかし、試合後にこのPKの判定が物議をかもす展開に。北アイルランド代表のマイケル・オニール監督は「審判がPKと判定したのは驚きだ」と非難していた。 ▽フェデラーは、このPKの判定に対して自身の見解をコメント。冗談を交えながらも、PKであったと主張した。 「僕はそれを見ていなかったよ。でも、彼がボールをキャッチしたと聞いたんだ。彼はしていなかったかい?」 「明らかにPKだよ」 2017.11.11 14:07 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース