エスパニョールのスペイン人FWジェラール・モレノが2022年まで契約延長2017.11.08 22:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは8日、スペイン人FWジェラール・モレノ(25)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ストライカーのジェラール・モレノは、2015年夏にビジャレアルからユース時代を過ごしたエスパニョールに復帰。これまでエスパニョールで公式戦86試合に出場して24ゴール7アシストをマーク。今季はここまでリーガエスパニョーラ11試合に先発し、4ゴールを決め、主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

エスパニョールがキケ・フローレスを解任、リーガで16位と低迷

▽エスパニョールは20日、キケ・フローレス監督(53)を解任したことを発表した。なお、後任はエスパニョールBを率いていたダビド・ガジェゴ氏(46)となることも併せて発表している。 ▽2016年6月にエスパニョールの監督に就任したキケ・フローレス監督は、就任初年度はエスパニョールを8位に導き、持ち前の手堅い手腕を発揮していた。しかし今季は深刻な得点力不足に陥り、リーガエスパニョーラ33試合を戦い終えて26ゴールと、攻撃面に問題を抱えていた。順位は降格圏の18位デポルティボと暫定8ポイント差の16位と降格の心配は低いが、直近の3連敗を考慮し、クラブは決断を下した格好だ。 ▽キケ・フローレス監督はバレンシアやアトレティコ・マドリーといったビッグクラブで実績を残し、アトレティコ時代にはヨーロッパリーグ優勝に導いた。エスパニョールを率いる前はプレミアリーグのワトフォードで指揮を執り、昇格初年度のチームで残留を勝ち取っていた。 2018.04.21 06:11 Sat
twitterfacebook
thumb

伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。 ▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。 ▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。 ▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。 ▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。 ▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。 2018.04.16 03:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ロドリゴ・モレノの5試合連続ゴールでバレンシアがエスパニョールを下す《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第31節、バレンシアvsエスパニョールが8日に行われ、1-0でバレンシアが勝利した。 ▽現在リーグ8試合で7勝を挙げている4位のバレンシア(勝ち点62)と2試合白星から遠ざかっている13位のエスパニョール(勝ち点36)の一戦。ここ4試合で5得点を挙げているロドリゴ・モレノの決勝点でレガネスをを下し、4連勝を飾ったバレンシアは今節、その試合から2選手を変更。GKジャウメに代えてネト、ヴェゾに代えてモントーヤを起用した。 ▽開始間もなくエスパニョールが攻勢に出る。20秒過ぎ、後方からのロングボールで抜け出したジェラール・モレノがボックス左に進入しネットを揺らすがオフサイドの判定。2分には、左サイドからつながれたボールをメレンドがシュートを放つがこれはGKネトがしっかりキャッチ。 ▽その後バレンシアも攻撃に転じると5分、左サイドをドリブル突破したゴンサロ・ゲデスのクロスをロドリゴが頭で合わせ、バレンシアが先制。ロドリゴは5試合連続ゴールとなった。 ▽バレンシアは13分にも、ドリブルでボックス左に入ってきたコンドグビアが左足を振り抜いてエスパニョールGKを強襲。エスパニョールも24分にフラードがボックス左でボールを収めてシュートを放つも、威力がなくGKに簡単に止められてしまう。 ▽30分にかけては、ジェラール・モレノのヘディングシュート、さらに左サイドをスピードに乗ったドリブルで抜け出したゴンサロ・ゲデスのシュートでバレンシアが次々とゴールに迫る。そのプレーで得たCKの流れから、モントーヤがボックスの外から強烈なシュートを放つが、GKパウ・ロペスがファインセーブを見せる。 ▽バレンシアの1点リードで迎えた後半、58分に右サイドからのクロスにロドリゴ・モレノが飛び込むもヘディングシュートは枠の外。直後にはダルデルがボックスの外からのミドルシュートで、エスパニョールもゴールに迫る。 ▽互いにゴールに迫るオープンな展開となる中、70分には途中出場のレオがカウンターからゴールに迫る。ボックス右からシュートを放ったが、マークに来ていたバレンシアDFにブロックされてしまう。 ▽試合終盤の86分には、エスパニョールが左サイドからチャンスを迎えるが、バレンシアDFが決死の守りを見せゴールを許さない。後半アディショナルタイムのFKの場面もGKネトがクリア。 ▽結局、前半のロドリゴ・モレノのゴールを最後まで守り切ったバレンシアが1-0で勝利。リーグ戦5連勝を収めた。 2018.04.09 05:37 Mon
twitterfacebook
thumb

31歳アストーリの訃報を受け、恩師らが体調不良に…元フィオレンティーナ同僚は失神

フィオレンティーナの主将DFダビデ・アストーリの急逝の知らせを受け、恩師であるカリアリの指揮官ディエゴ・ロペスらが体調不良を訴えた。『Goal』の取材により明らかとなった。<br><br>アストーリは2008年から2014年までカリアリに所属。1998年からカリアリでプレーし、引退後は下部組織やトップチームの指導者としてチームに残ったロペスにとって、31歳のDFはチームメートであり、教え子だった。その後、ボローニャやパレルモの指揮官を経て、昨年10月、カリアリに復帰。4日は、ランチタイムにキックオフが予定されていたジェノア戦に向けて敵地で準備を進めていた。指揮官はアストーリの訃報の知らせを受けると、体調不良を訴えた。<br><br>一方、今冬の移籍市場でフィオレンティーナを退団し、エスパニョールに加入したMFカルロス・サンチェスも大きなショックを受けている。アストーリとは1年半にわたりフィレンツェでともにプレー。4日、リーガ・エスパニョーラでは第27節が通常通り開催され、コロンビア代表MFはレバンテ戦(1-1)終了後に元同僚の訃報を知らされた。C・サンチェスは直後に失神し、倒れないようチームメートに支えられる事態となった。ロッカールームへと引き上げた際は、涙を流し、悲嘆に打ちひしがれていたと伝えられている。<br><br>エスパニョールの主将MFビクトル・サンチェスは、「大丈夫だが、彼にとってつらい知らせだったようだ」とC・サンチェスの状態を説明した。なおスペインの報道によれば、コロンビア人MFはフィオレンティーナ時代のチームメートとともにアストーリの葬儀に出席するため、イタリアへ向かうようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.05 17:54 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的決勝弾でマドリー8戦ぶり敗北! …今季バルセロナ地方での2戦2敗《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは27日、リーガエスパニョーラ第26節エスパニョール戦を敵地コルネジャで戦い、0-1で敗北した。 ▽リーガ4連勝中でその間に17得点を奪い、上り調子の3位マドリー(勝ち点51)が、リーガ4戦連続ドロー中で7試合勝ちのない15位エスパニョール(勝ち点28)の本拠地に乗り込んだ一戦。 ▽マドリーは、4-0で完勝した前節アラベス戦からスタメンを5名変更した。カルバハル、テオ・エルナンデス、カゼミロ、C・・ロナウド、ベンゼマに代えて、セルヒオ・ラモス、アクラフ、M・ジョレンテ、アセンシオ、イスコを起用。C・ロナウドは完全休養となり、ベンチメンバーからも外れた。 ▽試合は落ち着いた入りをみせる。マドリーは、この日1トップに入ったベイルをターゲットにボールを放り込んでいく。7分には、そのベイルがアクラフの右サイドからのクロスに合わせてヘディングシュートを放ったが、古巣対戦のGKディエゴ・ロペスに阻まれた。 ▽マドリーがやや優勢に試合を運んでいくが、18分にエスパニョールが反撃に出る。相手陣内中央付近のピアッティが、左サイドをオーバーラップしたアーロンにボールを渡してボックス内に駆け上がっていく。すると、そのままアーロンからの折り返しに左足のダイレクトボレーで合わせたが、枠を捉えることはできない。 ▽26分、再びエスパニョールにチャンスが訪れる。ヴァランが自陣深い位置から蹴り出したロングボールが、C・サンチェスの頭に当たって跳ね返り、ボックス手前のジェラール・モレノの下へ。しかし、ジェラール・モレノの至近距離からのシュートをGKケイロル・ナバスが防ぎ、事なきを得る。 ▽徐々に押され気味となるマドリーは、42分にボックス手前やや左の良い位置でFKを獲得。しかし、イスコが右足で直接狙ったシュートは、バーを越えていった。 ▽マドリーはイスコやアセンシオが頻繁にボールを動かして糸口を探るも、あまり決定的なシーンを作り出すことができず。ゴールレスで試合を折り返すことに。 ▽後半に入っても、エスパニョールが勢いを保ちつつ試合を進めていく。得点が欲しいマドリーは、52分にピッチ中央付近で相手のパスをインターセプトしたアクラフが、ボックス内右まで侵攻。そのまま右足でシュートを放ったが、GKディエゴ・ロペスに阻まれた。 ▽56分、エスパニョールに再び惜しいシーンが訪れる。味方のフィードに反応したジェラール・モレノが、ボックス内に抜け出してまたしても左足のダイレクトで合わせる。GKケイロル・ナバスにセーブされたものの、枠を捉えたシュートがマドリーゴールを襲った。 ▽打開したいジダン監督は、69分にイスコに代えてベンゼマを投入。しかし、[4-4-2]のラインを敷くエスパニョールの守備に苦しむマドリーは、最前線のベイルとベンゼマまで良い形でボールを運ぶことができない。 ▽逆に77分、ボックス内右でボールをキープしたセルヒオ・ガルシアが、左足でクロスを供給。それでも、高く飛び上がったジェラール・モレノが放ったヘディングシュートはGKケイロル・ナバスが好守で阻む。直後にも、ボックス手前でルーズボールに反応したセルヒオ・ガルシアが、ボレーシュートを放つ。枠を外れたが、強烈なドライブシュートを浴びせた。 ▽すると、試合終了間際の93分にドラマが待っていた。セルヒオ・ガルシアが右サイドからクロスを供給すると、これに合わせたのはジェラール・モレノ。バウンドの浮き上がり際を、今度は右足のダイレクトでうまく合わせ、GKケイロル・ナバスの牙城を打ち崩した。 ▽結局、直後に試合が終了し、土壇場の決勝弾でマドリーが敗北した。この結果、エスパニョールは8戦ぶりに白星を得ることに成功。対するマドリーはリーガでの連勝が「4」でストップし、8戦ぶりの敗北を喫することに。また、マドリーは第10節のアウェイで行ったジローナ戦も1-2で落としており、今シーズン未だにカタルーニャ地方で行ったリーグ戦で勝ち点を獲得していない。 2018.02.28 06:20 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース