エスパニョールのスペイン人FWジェラール・モレノが2022年まで契約延長2017.11.08 22:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは8日、スペイン人FWジェラール・モレノ(25)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ストライカーのジェラール・モレノは、2015年夏にビジャレアルからユース時代を過ごしたエスパニョールに復帰。これまでエスパニョールで公式戦86試合に出場して24ゴール7アシストをマーク。今季はここまでリーガエスパニョーラ11試合に先発し、4ゴールを決め、主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブスケッツ、バルサの今季初黒星を気にせず...「まったく影響はない」

バルセロナは17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1戦でエスパニョールに0-1と敗れた。MFセルヒオ・ブスケッツは、コパ優勝の可能性が潰えたわけではないと主張している。<br><br>今季公式戦29試合で無敗を貫いていたバルセロナ。だが、敵地コルネジャ・エル・プラットでエスパニョールに敗れ、初黒星を喫した。<br><br>ブスケッツは25日に本拠地カンプ・ノウで行われる第2戦に向け、気持ちを切り替えている。<br><br>「この敗戦がチームに影響を及ぼすとは、まったく思わない。2試合で決着がつくという幸運に僕たちは恵まれている。次の試合がホームで残されているからね。絶対に勝たなければいけない」<br><br>「前半は多くの決定機をつくった。後半は、その数が減ってしまったね。ハードワークが必要になり、エスパニョールを快適にしてしまった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナが今季公式戦30戦目で初黒星…メッシPK失敗に終盤被弾でダービーで敗戦…《コパ・デル・レイ》

▽バルセロナは17日、コルネジャ・エル・プラットで行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグでエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”を戦い、0-1で敗戦した。 ▽5回戦でそれぞれセルタとレバンテのプリメーラ勢を破ったバルセロナとエスパニョールによる、“バルセロナ・ダービー”。現在、公式戦29戦無敗を継続するリーガ首位のバルセロナは、先週末に行われた レアル・ソシエダとのリーグ戦で鬼門アノエタを8年ぶりに攻略し勢いに乗る。 ▽そのソシエダ戦からは先発5人を変更。負傷のイニエスタやデンベレがベンチを外れ、先発にはメッシやピケ、ブスケッツら絶対的主力と共にデニス・スアレスやアレーニャなど一部若手が起用された。 ▽立ち上がりからリスクを冒してビルドアップをけん制するエスパニョールに対して、要所でプレスを剥がしながら決定機を作り出すバルセロナ。23分には右サイドからドリブルで切り込んだメッシがボックス付近で左足を振り抜くが、これはGK正面を突く。 ▽その後も試合の主導権を握るバルセロナだが、右ウイングに入るアレイシ・ビダルがブレーキになる場面が目立ち、なかなか崩しきれない。それでも、30分にパウリーニョ、44分にデニス・スアレスとボックス付近で決定機を演出するが、いずれのシュートも枠を捉え切れず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、中盤のダルデルを下げてFWレオ・バチストンを投入して攻撃に出るエスパニョール。対するバルセロナは筋肉系の問題か、自ら交代を要求したパウリーニョに代えてラキティッチを54分に投入。続く59分にはアレーニャを下げてルイス・スアレスをピッチに送り出す。 ▽すると、60分過ぎに試合が動く。ボックス内に抜け出したセルジ・ロベルトがグラネロからアフター気味にぶつかられてピッチに倒れ込む。後半立ち上がりにアーロンのあわや2枚目の警告で退場という場面を流していた主審は微妙な判定ながらバルセロナにPKを与える。しかし、キッカーのメッシが右隅を狙ったシュートはGKディエゴ・ロペスが見事な反応ではじき出し、失点を許さない。 ▽メッシのPK失敗に加え、途中投入のルイス・スアレスがいまひとつ試合に入れ切れず、流れが悪いバルセロナは77分にデニス・スアレスを下げて、今冬のインテル行きも噂されるラフィーニャを3枚目の交代カードで投入。だが、83分には不用意に与えた自陣ボックス付近のFKからマルコス・ナバーロに枠を捉えた際どいシュートを許すなど、あわやというピンチも招く。 ▽すると、このままゴールレスで終了と思われた試合終盤に試合が動く。88分、エスパニョールが右サイドで細かく繋ぎビクトル・サンチェスがスペースに飛び出すマルコス・ナバーロに絶妙な縦パスを通す。そして、ナバーロからのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだメレンドが左隅に流し込んだ。 ▽土壇場の失点によって敗色濃厚となったバルセロナはラストプレーでFKを獲得。ボックス手前右角でメッシがファーポストを直接狙うが、これはわずかに枠の左に外れた。そして、メッシのPK失敗が響きダービーに敗れたバルセロナは今季公式戦30試合目にして初黒星を喫した。 2018.01.18 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベス、エスパニョールのパラグアイ代表FWエルナン・ペレスをレンタルで獲得

▽アラベスは12日、エスパニョールのパラグアイ代表FWエルナン・ペレス(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ウイングを主戦場とするエルナン・ペレスは、2009年からビジャレアルでプレー。2011年にトップチームデビューを飾り、公式戦58試合に出場して7ゴールと活躍。その後、オリンピアコスとバジャドリーへのレンタル移籍を経て、2015年夏にエスパニョールへ完全移籍していた。しかし、今季はここまでリーガで4試合、コパ・デル・レイで1試合の出場に留まっていた。パラグアイ代表としては26試合に出場している。 ▽移籍先のアラベスは降格圏の18位に沈み、残留圏内の17位デポルティボとは1ポイント差となっている。 2018.01.12 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イェデル&コレア弾でセビージャがベスト8進出! 敵地で完勝のエスパニョールが逆転で8強へ《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのセビージャvsカディスが11日に行われ、2-1でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計4-1でセビージャが準々決勝進出を決めた。 ▽1stレグを2-0で勝利したセビージャが、ホームにカディスを迎えた2ndレグ。9シーズンぶりの優勝を目指すセビージャは、前回対戦からスタメンを6人変更。バネガやエンゾンジ、イェデルなど主力をスタメンに起用した。 ▽試合は地力で勝るセビージャが立ち上がりから攻勢をかけると10分、相手のクリアミスを奪ったイェデルが決定機を迎えたが、シュートはサイドネットを叩いた。 ▽対するカディスは16分、敵陣でのパスカットからショートカウンターを仕掛けるとアイトール・ガルシアがボックス手前まで持ち込みシュート。これはわずかにGKセルヒオ・リコが触れ、クロスバーを直撃した。さらに25分には、バラルのスルーパスに抜け出したモハマディ・トラオレがボックス右からゴールを狙ったが、これはサイドネットに外れた。 ▽ピンチを凌いだセビージャは32分、左サイドからカットインしたキャロルのパスでボックス左から侵攻したコレアが右足を振り抜く。これはGKジャニェスが弾くも、こぼれ球をイェデルが押し込み、先制に成功した。 ▽迎えた後半、最初のチャンスを迎えたのはセビージャ。54分、サラビアの右CKをコレアが頭で流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽その後も危なげない試合運びを見せるセビージャは、フランコ・バスケス、ムリエル、ピサーロを投入し、試合を締めにかかる。試合終盤の86分には途中出場のアルバロ・ガルシアに1点を返されたセビージャだが、逃げ切りに成功し2-1で勝利。2大会ぶりのベスト8進出を決めた。 ▽また、同時刻に行われたもう一試合のレバンテvsエスパニョールは、0-2でエスパニョールが勝利した。この結果、2戦合計3-2でエスパニョールが準々決勝進出を決めた。 ▽試合が動いたのは14分、ジェラール・モレノのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したレオがゴール前まで持ち上がり、飛び出した相手GKの頭上を越すループシュートでゴールネットを揺らし、エスパニョールが先制した。 ▽先制点で勢いづくエスパニョールは、34分にもディダックの左クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ルーズボールをゴール右のジェラール・モレノが押し込み、追加点を奪った。 ▽後半に入っても試合の主導権を握るエスパニョールは、レバンテに枠内シュートを打たせず完封。敵地で逆転に成功したエスパニョールが、3大会ぶりのベスト8進出を決めた。 2018.01.12 05:47 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤被弾のアトレティコのリーガ無敗試合が「20」でストップ《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは22日、リーガエスパニョーラ第17節でエスパニョールとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節アラベス戦を途中出場のトーレス弾で1-0と辛勝して2位に浮上したアトレティコ(勝ち点36)は、リーグ戦4連勝で昨季からのリーグ無敗試合を「20」試合に伸ばした。そのアトレティコはアラベス戦のスタメンからガメイロに代えてトーレスを起用した。 ▽ここ3試合1分け2敗と勝利のない16位のエスパニョール(勝ち点17)に対し、立ち上がりからボールを保持したアトレティコだったが、リスクを冒さず自陣に篭るエスパニョールを崩すことができない。 ▽すると19分にはショートカウンターを浴びてレオにループシュートを浴びるピンチを迎えたが、枠を外れて助かった。さらに25分、D・ロペスのコントロールされたミドルシュートが枠を捉えるも、ここはGKオブラクがセーブ。結局、アトレティコは目立った決定機を作れないままゴールレスで前半を終了した。 ▽迎えた後半も押し込んだアトレティコだったが、引き続き攻撃が停滞していたことで63分にトーマスに代えてコレアをそのまま右サイドに投入。70分にはCKの流れからゴディンがヘディングでネットを揺らすも、オフサイドに阻まれてしまう。 ▽ゴールが遠いアトレティコはさらにトーレスに代えてガメイロを投入。すると76分、グリーズマンのスルーパスに抜け出したガメイロがGKと一対一に。しかし、ボックス内から放ったシュートはGKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽その後、78分のジェラール・モレノの枠内シュートをGKオブラクがセーブしたアトレティコだったが、88分に被弾してしまう。カウンターを受けると、ピアッティに中央を持ち上がられ、右サイドへ展開される。グラネロのダイレクトでの折り返しを、ボックス左のセルヒオ・ガルシアにゴール右へシュートを流し込まれた。 ▽これが決勝点となってアトレティコは敗戦。連勝が4でストップし、リーガ無敗試合が「20」で止まっている。 2017.12.23 07:24 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース