エスパニョールのスペイン人FWジェラール・モレノが2022年まで契約延長2017.11.08 22:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは8日、スペイン人FWジェラール・モレノ(25)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ストライカーのジェラール・モレノは、2015年夏にビジャレアルからユース時代を過ごしたエスパニョールに復帰。これまでエスパニョールで公式戦86試合に出場して24ゴール7アシストをマーク。今季はここまでリーガエスパニョーラ11試合に先発し、4ゴールを決め、主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、メンディの代役として来冬にエスパニョールDFカリコルを獲得か

▽マンチェスター・シティが、負傷離脱中のフランス代表DFバンジャマン・メンディの代役に、エスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マルティン・カリコル(20)に興味を示しているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽今夏、DFとして歴代最高の移籍金となる5200万ポンド(約77億円)とも言われる移籍金でモナコから加入したメンディだったが、先月23日に行われたプレミアリーグ第6節のクリスタル・パレス戦でヒザを負傷。クラブの発表によると、右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷で、現在は長期離脱を強いられている。 ▽そこで、代わりとなる左サイドバックを探すシティが白羽の矢を立てたのがカリコル。『ESPN』によると、シティはすでに数回ほどスカウトがカリコルの視察を行なっており、今冬のトップターゲットとして獲得に動くようだ。 ▽1月にエスパニョールとの契約を2022年までとしたカリコルは、契約解除金が3000万ユーロ(約40億円)に設定されている。なお、2018年6月30日以降になると、その解除金は4000万ユーロ(約52億7500万円)にまで上昇するという条件が含まれているようだ。 ▽エスパニョールの下部組織出身のカリコルは、CKを任されるなど高いキック精度を備えている。また、チャンスと見るやリスクを恐れず積極的に攻撃を仕掛けるハートの持ち主だ。守備でも1対1でボールを奪いきる場面がよく見受けられるなど、バランスのとれたDFとして注目されており、シティのライバルであるマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナも興味を示している。 2017.11.08 02:16 Wed
twitterfacebook
thumb

メンディの代役探すシティ、セインツのDFバートランドをリストアップか

▽マンチェスター・シティが、負傷離脱中のフランス代表DFバンジャマン・メンディの代役に、サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(28)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今夏、DFとして歴代最高の移籍金となる5200万ポンド(約77億円)とも言われる移籍金でモナコから加入したメンディだったが、先月23日に行われたプレミアリーグ第6節のクリスタル・パレス戦でヒザを負傷。クラブの発表によると、右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷で、現在は長期離脱を強いられている。 ▽そこで、代わりとなる左サイドバックを探すシティが白羽の矢を立てたのがバートランド。『デイリー・メール』によると、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏も同選手の獲得を求めていたようで、バートランド自身も、もしオファーが届けば前向きに検討するつもりだという。一方で、サウサンプトン側は巨額なオファーでない限り放出を拒むとみられている。 ▽また、シティは他にもエスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マーティン・カリコル(21)にも関心を寄せているらしく、13日に行われたリーガエスパニョーラ第8節のレバンテ戦にスカウトを送っていたようだ。 2017.10.16 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今季初ゴール含むイスコの2発でマドリーが待望の今季ホーム初白星!《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは1日、サンティアゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第7節でエスパニョールと対戦し、2-0で勝利した。 ▽前節アラベス相手に辛勝したマドリーだが、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ドルトムント戦では悩めるベイル、復調のクリスティアーノ・ロナウドらの活躍で敵地での対ドルトムント戦初勝利を収めるなど、ここに来て調子を上げてきている。そんな上り調子のチームは、今季リーグ戦3試合未勝利(1敗2分け)のサンティアゴ・ベルナベウで今季ホーム初勝利を目指した。 ▽今回の一戦に向けてジダン監督は、ウイルス性の心膜炎で離脱したカルバハルの代役にこれがトップチームデビューとなる18歳のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを抜擢したほか、同じく負傷のベイルの代役にアセンシオを起用した以外、ドルトムント戦と同じメンバーを起用した。 ▽開始20秒過ぎ、セルヒオ・ラモスのフィードをアセンシオが流したボールに抜け出したイスコがいきなりGKとの一対一を迎えるなど、キックオフ直後からエスパニョールゴールに襲いかかるホームのマドリー。センターバックのセルヒオ・ラモスまで相手陣内に入って攻撃に絡むハーフコートゲームを展開するマドリーは、再三のクロスや仕掛けでゴールをこじ開けにかかるが、24分にセットプレーからC・ロナウドのクロスに合わせたセルヒオ・ラモスのヘディングシュートはGKパウ・ロペスの好守に遭う。 ▽完璧に押し込みながらも崩し切れないマドリーだが、30分にようやく先制点を挙げる。バイタルエリアでボールを受けたC・ロナウドのスルーパスに完璧に抜け出したイスコが冷静にGKとの一対一を制し、今シーズンのリーグ戦初ゴールを挙げた。 ▽ここからマドリーのゴールラッシュかに思われたが、33分にカゼミロの浮き球パスに抜け出したC・ロナウドの決定機はGKパウ・ロペスが身体を張ってセーブ。さらに、その後もC・ロナウドやアセンシオにゴールチャンスも、エスパニョールの若き守護神にことごとく阻まれる。逆に、前半終了間際の44分にはボックス中央のジェラール・モレーノに決定的なシュートを許すが、これは左ポストに救われた。 ▽前半のうちに追加点を奪えなかったマドリーは、後半立ち上がりに相手の反撃を受ける。ハーフタイム明けにセルヒオ・ガルシア、マルコス・ナバーロの同時投入を行ったエスパニョールに押し込まれると、50分にはダルデルのラストパスに抜け出したマルコス・ナバーロにボックス右から決定的なシュートを許すが、これはややコースが甘くGKケイロル・ナバスが何とかセーブする。 ▽だが、その後も簡単にディフェンスラインの背後を取られるマドリーは63分、レオにボックス付近まで抜け出されるが、ジェラール・モレーノへのラストパスは何とかDFがカット。さらにその数分後には自陣ボックス内でセルヒオ・ラモスがボールを失い、ジェラール・モレーノに決定的な折り返しを許すが、これはDFナチョのブロックで何とか凌いだ。 ▽再三の決定機逸に加えて、守備陣の緩慢な対応で試合を難しくするマドリーだったが、再びイスコがチームを救う。71分、自らのパスカットでカウンターの起点となったイスコはC・ロナウドが持ち上がってボックス左のアセンシオに繋いだボールをボックス中央で受け直し、ゴール右隅へ絶妙なコントロールシュートで流し込んだ。 ▽この2点目で相手の戦意を挫いたマドリーは、クロース、モドリッチ、イスコを次々に下げて、ルーカス・バスケス、ダニ・セバージョス、マジョラルの投入で逃げ切りを図る。 ▽その後、試合終盤にかけても多くの決定機を作ったマドリーだったが、エースのC・ロナウドにリーグ初ゴールは生まれず、試合はこのままタイムアップ。イスコの2ゴールの活躍で今季4戦目にしてサンティアゴ・ベルナベウでの初勝利を掴んだマドリーが今季初の連勝を飾った。 2017.10.02 05:54 Mon
twitterfacebook
thumb

白熱のビジャレアルvsエスパニョールはゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節のビジャレアルvsエスパニョールが21日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽2連勝中のビジャレアルが、前節今季初勝利を挙げたエスパニョールをホームに迎えた一戦。ビジャレアルはキャプテンのブルーノを負傷で欠くものの、バッカとバカンブの好調2トップを最前線に配した[4-4-2]を採用。対するエスパニョールは、左右のサイドハーフにレオ、ピアッティ、2トップにフラードとジェラール・モレノを配した[4-4-2]の布陣で臨んだ。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防となったなか、アウェイのエスパニョールが4分にレオのミドルシュート、7分にはアーロンの左クロスをゴール前のフラードが頭で合わすが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽前半半ばを過ぎても拮抗した展開が続く。21分にはエスパニョールがセットプレーからエルモソのヘディングシュートでゴールに迫るが、ここはGKバルボサの好守に遭う。対するビジャレアルも右サイドに入るカスティジェホの個人技を軸に攻勢を仕掛けると、トリゲロスの圧巻のミドルシュートなどで決定機を作るが、こちらも決め切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても試合展開に変化はなし。互いに得意のカウンターからゴールに迫るものの、ジェラール・モレノの序盤の決定機はビジャレアルGKバルボサに、70分にバカンブが放った際どいシュートはエスパニョールGKパウ・ロペスの好守に遭う。 ▽過密日程の中で何とか勝ち点3がほしい両チームは積極的に交代カードを切っていく。試合終盤にかけてはロベルト・ソリアーノ、ウナルと途中出場の2人のプレーでホームのビジャレアルが攻勢に転じるが、最後までエスパニョールの堅守を崩し切れず。白熱の一戦は痛み分けのゴールレスドローに終わった。 2017.09.22 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リードを守り抜いたエスパニョールが今季リーグ戦初勝利!《リーガエスパニョーラ》

▽18日にリーガエスパニョーラ第4節のエスパニョールvsセルタが行われ、2-1でエスパニョールが勝利した。 ▽今季リーグ戦未勝利のエスパニョールと、前節のアラベス戦で今季初勝利を飾ったセルタの一戦。試合は6分、エスパニョールが最初のチャンスを迎える。中盤でボールを奪ったレオが前線に蹴り出すと、これに反応したジェラール・モレノがボックス右まで侵攻。相手GKとの1対1を迎えたが、シュートはゴール左に外した。 ▽ホームで攻勢を続けるエスパニョールは、10分にスコアを動かす。ドリブルで持ち上がったレオのパスをボックス中央で受けたジェラール・モレノが反転から左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に決まった。 ▽先制点で勢いづくエスパニョールは24分、敵陣でのボール奪取からカウンターを発動。ドリブルで持ち上がったフラードのラストパスをボックス左で受けたピアッティがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。 ▽迎えた後半は一進一退の攻防が展開される。すると69分、ボックス右でパスを受けたアスパスの落としをペナルティアーク内のシストがダイレクトシュート。これがゴールに突き刺さり、セルタが1点を返す。 ▽同点弾を狙うセルタは72分、シストを下げてエムレ・モルを投入し、より攻勢を強める。しかし、エスパニョール守備陣の体を張った守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点は生まれず。結局、試合は2-1のまま終了。前半のリードを守り抜いたエスパニョールが今季リーグ戦初勝利を飾った。 2017.09.19 05:52 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース