エスパニョール、セルタからFWボルハ・イグレシアスを獲得! 昨季はリーガ2部で22ゴールをマーク2018.07.10 05:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは9日、セルタからFWボルハ・イグレシアス・キンタロス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽エスパニョールによると、ボルハ・イグレシアスの移籍金は1000万ユーロ(約13億円)で、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。なお、契約解除金は2800万ユーロ(約36憶5000万円)に設定されている。

▽ビジャレアルの下部組織出身のボルハ・イグレシアスは、2013年にセルタのリザーブチームに加入すると、2015年1月にトップチームデビュー。しかし、その後はトップチームでの出場機会に恵まれず、2017年の夏にセグンダ(スペイン2部)のレアル・サラゴサにレンタル移籍。

▽サラゴサでは、開幕からスタメンの座を勝ち取るとレギュラーに定着。リーグ戦39試合の出場で22ゴール6アシストをマーク。チームの昇格プレーオフ進出に大きく貢献した。

▽なお、ボルハ・イグレシアスは10日にメディカルチェックを受診し、正式な契約書にサインする予定となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

グリーズマンのPK弾で逃げ切ったアトレティコがリーグ3連勝で年内最終戦を締めくくる!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは22日、リーガエスパニョーラ第17節でエスパニョールと対戦し1-0でアトレティコが勝利した。 ▽リーグ戦13試合負けなしの3位アトレティコ・マドリーが、11位エスパニョールを本拠地ワンダ・メトロポリターノ に迎えた一戦。前節のバジャドリー戦を打ち合いの末に勝利したアトレティコは、その試合から先発を1人変更。バジャドリー戦で負傷したフェリペ・ルイスに代わりトーマスが先発に名を連ねた。なお、左サイドバックにはサウールが起用された。 ▽試合は立ち上がりから膠着状態が続いた中、エスパニョールが先に決定機を作る。15分、中盤からカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったボルハ・イグレシアスがGKの位置を確認しループシュートで狙うも、これはGKオブラクが弾き出しす。 ▽さらにエスパニョールは、28分にもボルハ・イグレシアスの左クロスからボックス中央のナウドが落したボールをボックス手前のレオがボレーシュート。これはGKオブラクに弾れたが、こぼれ球を再びレオが狙うと、今度は右ポストを叩いた。 ▽ボックス付近まで持ち上がるもエスパニョール守備陣に苦戦するアトレティコは、42分に決定機。ボックス右横に持ち上がったコレアの落としを受けたグリーズマンがボックス右角からコントロールショットで狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを得たのはアトレティコ。54分、細かなパス交換でボックス内に侵入したコケがグラネロに倒されPKを獲得。このPKをグリーズマンがゴール右に決め、アトレティコが先制した。 ▽その後も一進一退の展開が続いたが、スコアは動かず。グリーズマンのPK弾で逃げ切ったアトレティコが、リーグ戦3連勝を飾った。一方のエスパニョールはリーグ戦6連敗となった。 2018.12.23 02:15 Sun
twitterfacebook
thumb

乾不出場のベティス、テージョの豪快直接FK弾など3発でエスパニョールに逆転勝利し3連勝《リーガエスパニョーラ》

▽ベティスは16日、リーガエスパニョーラ第16節でエスパニョールとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。ベティスのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ラージョ戦を勝利して連勝とした7位ベティス(勝ち点22)は、3日前の消化試合となったヨーロッパリーグのデュドランジュ戦(0-0)のスタメンから7選手を変更。乾がベンチスタートとなって、ホアキンやW・カルバーリョらが引き続きスタメンとなり、ロ・セルソやカナレス、フィルポら主力が先発に戻った。 ▽前節バルセロナとのダービーを0-4で大敗した10位エスパニョール(勝ち点21)に対し、ベティスがボールを持つ展開で立ち上がっていった中、16分にPKを獲得する。右サイドからのクロスを受けたボックス左のフィルポがロサレスに倒された。しかし、ロ・セルソが枠の右に蹴ったPKはGKディエゴ・ロペスに止められてしまう。 ▽すると24分、エスパニョールに一瞬の隙を突かれて先制されてしまった。右サイドのスペースをレオに突かれ、ニアサイドのS・ガルシアにダイレクトで合わせられたシュートが決まった。 ▽失点後も押し込んだベティスだったが、38分に右足太ももを痛めたフィルポがプレー続行不可能となってテージョが投入された。それでも44分、PKを失敗したロ・セルソが同点弾を決める。カナレスが左サイドを突破してボックス左まで侵入。丁寧に折り返したクロスをロ・セルソが押し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、開始2分にベティスはピンチ。自陣ボックス内でのミスパスをカットされ、ボックス中央のレオにシュートを打たれたが、GKパウ・ロペスが好守で阻んだ。 ▽その後もグラネロのミドルシュートを浴びるなどエスパニョールの圧力を受けたベティスだったが、63分にF・ゲレーロがボックス右から中に切れ込んで枠内シュートを記録。 ▽ここから盛り返したベティスは、81分にCKからシドネイが際どいヘディングシュートを浴びせると、85分に逆転ゴールを奪う。ゴール正面約25mの位置からテージョが狙った強烈な直接FKが枠の左上に決まった。 ▽追加タイムにもロ・セルソのクロスがドゥアルテのオウンゴールを誘ってベティスが3-1で逆転勝利。リーガ3連勝としている。 2018.12.17 02:07 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシの直接FK弾2発や復帰のスアレス弾など4発でエスパニョールとのバルセロナ・ダービー完勝《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは8日、リーガエスパニョーラ第15節でエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”に臨み、4-0で圧勝した。 ▽前節ビジャレアル戦を2-0で勝利して首位を奪還したバルセロナ(勝ち点28)は、3日前のコパ・デル・レイ4回戦2ndレグのレオネサ戦では主力を温存した中、4-1で大勝した。そのレオネサ戦のスタメンから9選手を変更。ラキティッチとN・セメドのみ引き続きスタメンとなり、メッシやピケ、ブスケッツら主力が先発に戻った。そして、公式戦ここ3試合欠場していたスアレスが負傷から復帰した。 ▽3連敗中で7位に後退したエスパニョール(勝ち点21)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナは、2トップにメッシとスアレス、中盤は右からビダル、ブスケッツ、ラキティッチ、デンベレと並べた。 ▽そのバルセロナがボールを保持する展開で立ち上がっていくと、18分に最初のチャンスを生かして先制する。ボックス手前中央で得たFKをメッシが直接狙うと、枠の右に吸い込まれた。 ▽メッシの今季リーガ10ゴール目で先手を取ったバルセロナは21分にもチャンス。敵陣でボールを奪った流れからメッシのラストパスを受けたボックス左のスアレスがシュート。決定的だったが、GKディエゴ・ロペスにセーブされた。 ▽それでも26分に突き放す。メッシが中央でDFを引き付けてボックス左のデンベレへパス。デンベレはDFを切り返しで外して右足でゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽36分にはメッシとスアレスが魅せる。スアレスのパスを受けたメッシがダイレクトで浮き球パスを前線へ。これをボックス中央に走り込んだスアレスがボレーで合わせたシュートが右ポストを直撃した。 ▽さらに37分、メッシとラキティッチが立て続けに決定的なヘディングシュートを浴びせたバルセロナは、45分にデンベレのスルーパスを受けたスアレスがボックス左深くまで進入し、角度のないところからGKの股間を抜くシュートを決め、圧倒した前半を3点のリードで終えた。 ▽迎えた後半もバルセロナが主導権を握ると、58分に決定機。カウンターに転じ、デンベレのラストパスを受けたボックス右のメッシが右足でシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽それでも65分、メッシのこの試合2つ目のFK弾で4-0と突き放す。ボックス手前左で得たFKをメッシがゴール左上に直接蹴り込んだ。 ▽その後、73分にFKからドゥアルテにゴールを許したかに思われたバルセロナだったが、VARによりオフサイドと判定される。 ▽終盤にかけては流し気味にプレーしたバルセロナが4-0のまま試合を終わらせ、ダービーを圧勝して首位をキープしている。 2018.12.09 06:46 Sun
twitterfacebook
thumb

CBの補強は下部組織から? マドリー、エルモソの獲得を見送りか

▽レアル・マドリーが、エスパニョールのスペイン代表マリオ・エルモソ(23)の獲得を見送る可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽マドリーはDFぺぺの退団以降、信頼できるセンターバックはスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランスDFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFナチョの3選手しか擁しておらず。既報では、同ポジションのトップレベルの選手の獲得にプライオリティーを置いており、エルモソの買い戻しを検討していることが伝えられていた。 ▽しかし、守備陣の負傷者が続出した期間に、カスティージャ(マドリーBチーム)を主戦場とするスペイン人DFハビ・サンチェス(21)が台頭。11月7日のチャンピオンズリーグ(CL)グループGヴィクトリア・プルゼニ戦で途中出場してデビューを飾ると、リーガエスパニョーラ第12節セルタ戦、コパ・デル・レイ4回戦のメリリャ戦1stレグ&2ndレグに出場し、好パフォーマンスを披露していた。 ▽また、6日のメリリャ戦ではハビ・サンチェスはパス成功率91.2%を記録。そういったパフォーマンスを目の当たりにし、マドリーのエルモソに対する関心は薄まっていったという。そのため、今冬での獲得を見送る可能性が高くなったようだ。 2018.12.07 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第15節プレビュー】バルセロナ・ダービーにアトレティコvsアラベスの上位対決!

▽先週末に行われた第14節ではそれぞれアラベス、ジローナ相手にセビージャ、アトレティコ・マドリーがドローに終わった一方、ビジャレアルに勝ち切ったバルセロナが首位奪還に成功。また、レアル・マドリーもバレンシアとの強豪対決を制しエイバル戦での大敗を払しょくしている。 ▽ミッドウィークに多くのクラブがコパ・デル・レイを戦った中、過密日程で行われる今節はコルネジャで行われる7位のエスパニョール(勝ち点21)と首位のバルセロナ(勝ち点28)によるバルセロナ・ダービーに注目が集まるところだ。 ▽ここ最近、負傷者に悩まされるバルセロナだが前節のビジャレアル戦ではDFピケ、MFアレーニャと伏兵2人のゴールに課題の守備陣がクリーンシートを達成し、2-0の勝利を収めた。コパでもカンプ・ノウで格下のレオネッサを控えとカンテラーノの混成チームできっちり退けた。そして、今回のダービーに向けてはFWスアレス、MFアルトゥールの復帰も見込まれており、良い形で敵地へ乗り込めるはずだ。なお、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)グループ最終節のトッテナム戦を控えるが、すでに首位通過を決めており、今回のエスパニョール戦に全力を注げる。 ▽一方、先月に入るまで首位争いに絡んでいたエスパニョールだが、直近3試合ではセビージャ、ジローナ、ヘタフェ相手に大量失点を喫しての3連敗と急失速。ミッドウィークのコパで格下カディス相手にアウェイゴール差での薄氷の勝ち抜けを決めたもののチーム状態は下降気味だ。それでも、ホーム開催のダービーへの意気込みは強く得点ランク5位の8ゴールを挙げる主砲FWボルハ・イグレシアスを起点に鋭いカウンターでバルセロナに応戦したい。 ▽また、バルセロナから首位奪取を目指す3位のアトレティコ(勝ち点25)は4位のアラベス(勝ち点24)との上位対決をホームで戦う。CLモナコ戦、直近のコパのサン・アンドレウ戦でいずれも複数得点を記録して快勝したシメオネ監督率いるチームだが、リーガでは2試合連続で1-1のドロー中だ。さらに、主砲FWジエゴ・コスタが左足の手術で約2カ月の離脱を強いられるため、エースFWグリーズマンやFWコレア、FWカリニッチら攻撃陣の奮起に期待したい。なお、バルセロナと同じくアトレティコもCL決勝トーナメント進出を決めており、ベストメンバーの起用が可能だ。 ▽対するアラベスは前節セビージャと引き分けリーグ2戦未勝利も相変わらず粘り強い戦いぶりは健在だ。アトレティコ同様にここ最近の試合ではなかなか複数得点を挙げられておらず、パンチ力不足は否めない。したがって、敵地で守備的に戦いながらカウンターやセットプレーでゴールを目指す得意の形に持って行きたい。 ▽前節のドローによって2位陥落となったセビージャ(勝ち点27)は、先週にCLグループ敗退が決定した14位のバレンシア(勝ち点17)と対戦する。共に高いインテンシティと攻守の切り替えを特長とするトランジション型のチーム同士の一戦では、決定力が大きなカギを握りそうだ。その中でセビージャはFWアンドレ・シウバ、バレンシアはFWサンティ・ミナのプレーに注目したい。なお、バレンシアがCLグループ3位を確定している一方、セビージャはヨーロッパリーグ(EL)でクラスノダールとの勝ち点3必須の大一番を控えており、ホームのバレンシアにやや分があるか。 ▽エイバル戦でのショッキングな大敗後、CLでローマ、リーガでバレンシア、コパでメリリャにいずれも快勝し見事なバウンスバックを果たした5位のレアル・マドリー(勝ち点23)は最下位のウエスカ(勝ち点7)を相手に公式戦4連勝を目指す。すでにCLで首位通過を決めケガ人が戻り始めている中、多彩な選択肢を持つソラーリ監督は約10日後に初戦を迎えるFIFAクラブ・ワールドカップに向けた調整の場としてこの試合を戦うことになる。さらに、バロンドール受賞後初出場が期待されるMFモドリッチのプレーにも注目したい。 ▽ミッドウィークに行われたコパで共に久しぶりの先発機会が与えられたヘタフェのMF柴崎岳とベティスのMF乾貴士の2選手に関しては前者がカウンターの起点として上々のアピールを見せた一方、後者は試合勘のなさから思うようなプレーができずアピールに失敗。ただ、柴崎に関しては今節が金曜開催という不運もあり、ベンチスタートが濃厚だ。一方の乾も主力にケガ人が出ない限り、出場のチャンスは微妙なところだ。 《リーガエスパニョーラ第15節》 ▽12/7(金) 《29:00》 レガネス vs ヘタフェ ▽12/8(土) 《21:00》 アトレティコ・マドリー vs アラベス 《24:15》 バレンシア vs セビージャ 《26:30》 ビジャレアル vs セルタ 《28:45》 エスパニョール vs バルセロナ ▽12/9(日) 《20:00》 エイバル vs レバンテ 《24:15》 ウエスカ vs レアル・マドリー 《26:30》 レアル・ソシエダ vs バジャドリー 《28:45》 ベティス vs ラージョ ▽12/10(月) 《29:00》 ビルバオ vs ジローナ 2018.12.07 19:25 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース