バルサ、来夏新センターバック獲得に動く! カタルーニャ2大メディアは異なる候補を挙げる2017.11.07 21:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナが来夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得に動くようだ。

▽リーガエスパニョーラ第11節終了時点でわずか4失点の堅守を誇るバルセロナでは、守護神テア・シュテーゲンと共にDFジェラール・ピケと、DFサミュエル・ユムティティのレギュラーセンターバックコンビが好パフォーマンスを披露している。

▽しかし、バックアッパーには加齢による衰えが目立つMFハビエル・マスチェラーノ、ほぼ構想外のDFトーマス・ヴェルメーレンのベテラン2選手しかおらず、今後に向けては重要な補強ポイントの1つとなっている。

▽そして、カタルーニャの2大メディアである『スポルト』、『ムンド・デポルティボ』は、7日付けの紙面で新センターバックの獲得候補について報じている。

▽まず『スポルト』は、セビージャの最終ラインを支えているフランス人DFクレマン・ラングレ(22)の名前を挙げている。今年1月にナンシーから加入して以来、攻守両面で安定したパフォーマンスを披露する左利きのDFは、今季からローマのスポーツ・ディレクターに就任したサッカー界屈指の目利きモンチ氏が、古巣のため最後に獲得した超有望株だ。なお、ラングレの獲得に向けては、最低3000万ユーロ(約40億円)からの入札となるようだ。

▽一方、『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナが昨季アヤックスで強烈なインパクトを残したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)の獲得を来夏の最優先事項としていると報じている。わずか17歳で名門アヤックスのレギュラーを掴み、オランダのフル代表にも招集された逸材は、積極的な持ち上がりや高精度のフィードなど、足下に絶対の自信を持っており、バルセロナ向きのプレースタイルだ。

コメント

関連ニュース

thumb

4発快勝の首位バルサがクラシコに照準! スアレス2Gで3戦連発にパウリーニョも2G《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは17日、リーガエスパニョーラ第16節でカンプ・ノウにデポルティボを迎え、4-0で快勝した。 ▽無敗で首位に立つバルセロナ(勝ち点39)が、17位に沈んでいるデポルティボをホームに迎えた一戦。バルセロナは、2-0で勝利した前節のビジャレアル戦からスタメンを2名変更し、ブスケッツ、デニス・スアレスに代えて、イニエスタ、アルカセルを起用した。 ▽前線からチェックをかけて中盤をコンパクトに保つデポルティボに対し、バルセロナはゆったりとした入りをみせる。それでも6分には、ボックス手前でボールを持ったメッシのスルーパスにイニエスタが抜け出す。折り返しを受けたスアレスがネットを揺らしたが、オフサイドと判定され先制点とはならなかった。 ▽さらに15分、ジョルディ・アルバのグラウンダーのクロスにメッシが飛び込んだが、GKルベン・マルティネスが冷静にキャッチ。バルセロナは好機を作りつつも、最後の場面で決められない。対するデポルティボはL・ペレスの素早い抜け出しを機軸にカウンターを仕掛けていくが、フィニッシュまで辿りつけない。 ▽バルセロナがペースを高め切れずにいると、3トップの左で先発していたアルカセルが負傷し、23分にA・ビダルとの交代を余儀なくされることに。すると27分には、ボックス左に抜け出したスアレスのクロスに、フリーの状態でそのビダルが合わせる。落ち着いて枠を捉えたシュートだったが、GKルベン・マルティネスが弾き出した。 ▽徐々にバルセロナのチャンスが増加すると、29分に先制の瞬間が訪れる。イニエスタのパスに反応したメッシがボックス内に抜け出し、GKルベン・マルティネスとの一対一に。最後は横にポジションを取っていたスアレスにボールが渡り、落ち着いて流し込んだ。 ▽さらに41分、ラキティッチのパスを受けたメッシがボックス内に侵攻してシュートを放つ。ボールは右ポストを叩いたが、こぼれ球をパウリーニョが押し込んで追加点に。さらに46分にも、抜け出したメッシの折り返しを受けたスアレスがシュートを放つ。GKルベン・マルティネスに弾かれると、スアレスが自ら詰めてラボーナでシュート。しかし、ゴールライン上際どいところで、再びGKルベン・マルティネスが掻き出す。スアレスはゴールをアピールしたが、判定はノーゴールとなった。 ▽2点のリードで迎えた後半、バルセロナは早々にリードを広げる。47分、セルジ・ロベルトが右サイドから高い精度のアーリークロスを入れると、駆け込んだのはスアレス。しっかりと枠を捉え、自身の2得点目とした。 ▽点差を広げたバルセロナは、56分にイニエスタに代えてアンドレ・ゴメスを投入。バルベルデ監督の早めの采配を受けてか、バルセロナはここからややペースダウンしていく。それでも要所でギアを上げ、67分にはボックス手前中央で獲得したFKからメッシが右のポストを叩くシュートを放った。 ▽隙のない試合運びをしているバルセロナは、70分にスアレスがボックス内で倒されてPKを獲得する。しかし、キッカーのメッシのシュートをGKルベン・マルティネスが意地のセーブ。右手一本でシュートを弾き出した。 ▽それでも75分、ボックス内左まで侵攻したジョルディ・アルバがシュートを放つと、ボールは左ポストに直撃。詰めていたパウリーニョが押し込み、バルセロナがさらにリードを広げていく。 ▽結局、このまま4-0のスコアで試合が終了し、首位のバルセロナは連勝で無敗を継続。スアレスがリーガ3戦連続で得点を記録するなど、調子を上げて次節レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”に臨むこととなった。 2017.12.18 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

来夏にグリーズマン獲得と報じられるバルサ、会長が選手の家族と話し合いか

来夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンを獲得することが噂されるバルセロナだが、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が同選手の家族と話し合いの場を持ったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>先には、バルセロナとグリーズマンが来夏の移籍で合意したと報じていた『ムンド・デポルティボ』。同メディア曰く、バルセロナはグリーズマン獲得を確実なものとすべく、バルトメウ会長がフランス代表FWの家族と話し合ったという。グリーズマンの現在の代理人である姉も、話し合いに参加していたようだ。<br><br>なおアトレティコとグリーズマンの契約解除金は1億ユーロに設定されているが、バルセロナは同額を支払って獲得を決める考えとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.18 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサの鬼才O・デンベレ、クラシコ出場は見送りへ

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、フランス代表MFウスマーヌ・デンベレのクラシコ欠場を明かした。『ESPN』が伝えている。 ▽今夏、バルセロナのクラブ史上最高額となる1億500万ユーロ(約139億円)+ボーナスとも言われる移籍金で加入したO・デンベレ。しかし、9月16日のリーガエスパニョーラ第4節のヘタフェ戦で大腿二頭筋の腱断裂という大ケガを負って以来、ここまで戦線から離れていた。 ▽だが、今月上旬に全体練習に復帰。12月23日に行われるレアル・マドリーとのクラシコに出場できるのではないかと期待されていたが、先日のカンファレンスに出席したバルベルデ監督は1月までO・デンベレが復帰することはないと述べ、リスクを取る必要はないことを強調した。 「彼は今週、全体練習でより多くのメニューをこなしたがまだフルトレーニングをこなせるまでには至っていない。来週はさらにメニューを追加するつもりだが、我々の計画は以前と同じだ。1月での復帰を望んでいる」 2017.12.17 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル&バルセロナ、来冬のブリント獲りへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)を巡り、インテルとバルセロナが火花を散らしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ブリントはユナイテッドとの契約が今シーズン限りで満了を迎える。そのため、来夏まで待てばフリーで獲得ができるインテルとバルセロナだが、両クラブ共に守備陣の補強を急いでいることから、来冬の獲得を目指しているという。 ▽ブリントは2014年夏、オランダ代表で師事を仰いだルイス・ファン・ハール前監督を追う形でユナイテッドに加入。左サイドバックだけでなく、センターバック、ボランチをこなせるユーティリティプレーヤーとして存在感を高め、重宝された。 ▽だが、ファン・ハール前監督が退任した2016-17シーズン以降は、出場機会が減少。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼は薄く、今シーズンのここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまっている。 2017.12.17 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタ斬る 「ネイマールがレアル・マドリーに移籍したら? 心配してない」

▽バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが元チームメートのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールに言及した。 ▽ネイマールは今夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移籍した。だが、早くも移籍報道が取り沙汰され、新天地としてバルセロナの宿敵レアル・マドリーの名前が浮上している。 ▽イニエスタはスペイン『ムンド・デポルティボ』で元同僚を取り巻くレアル・マドリー行きについて次のように答えたという。 「フットボール界で何が起ころうとも、僕は動じない」 「何度も起こりそうもないようなことを見てきた」 「ネイマールがマドリーに加わったら? ライバルが強くなるのは悩ましいけど、そこまで心配してない」 2017.12.16 11:30 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース