バルサ、来夏新センターバック獲得に動く! カタルーニャ2大メディアは異なる候補を挙げる2017.11.07 21:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナが来夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得に動くようだ。

▽リーガエスパニョーラ第11節終了時点でわずか4失点の堅守を誇るバルセロナでは、守護神テア・シュテーゲンと共にDFジェラール・ピケと、DFサミュエル・ユムティティのレギュラーセンターバックコンビが好パフォーマンスを披露している。

▽しかし、バックアッパーには加齢による衰えが目立つMFハビエル・マスチェラーノ、ほぼ構想外のDFトーマス・ヴェルメーレンのベテラン2選手しかおらず、今後に向けては重要な補強ポイントの1つとなっている。

▽そして、カタルーニャの2大メディアである『スポルト』、『ムンド・デポルティボ』は、7日付けの紙面で新センターバックの獲得候補について報じている。

▽まず『スポルト』は、セビージャの最終ラインを支えているフランス人DFクレマン・ラングレ(22)の名前を挙げている。今年1月にナンシーから加入して以来、攻守両面で安定したパフォーマンスを披露する左利きのDFは、今季からローマのスポーツ・ディレクターに就任したサッカー界屈指の目利きモンチ氏が、古巣のため最後に獲得した超有望株だ。なお、ラングレの獲得に向けては、最低3000万ユーロ(約40億円)からの入札となるようだ。

▽一方、『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナが昨季アヤックスで強烈なインパクトを残したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(18)の獲得を来夏の最優先事項としていると報じている。わずか17歳で名門アヤックスのレギュラーを掴み、オランダのフル代表にも招集された逸材は、積極的な持ち上がりや高精度のフィードなど、足下に絶対の自信を持っており、バルセロナ向きのプレースタイルだ。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、バルサで出場機会減のマウコムに興味か

▽インテルが、バルセロナに所属するブラジル代表マウコム(21)の獲得を画策しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽今夏に4100万ユーロ(約53億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、入団から約2週間後にバイエルンからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが到着すると、優先順位で同選手に勝ることができず。年齢や役割の違いはあるが、新加入選手としてバルセロナの指揮官エルネスト・バルベルデ監督から与えられるチャンスは少なく、ここまで僅か公式戦2試合の出場で25分間しかプレーしていない。 ▽そういった状況にあるマウコムに、インテルが注視。インテルは、今夏もマウコムに対し興味を示していたが高額な移籍金のため獲得はできず。しかしながら、マウコムに対する関心を失ったわけではなく、バルセロナ側もインテルの動きを把握しているという。直接の話し合いは持たれていないが、バルセロナも出場機会を与えることができない現状を良しとはしていないようで、両者の思惑は合致している。 ▽コリンチャンスでプロデビューを飾ったマウコムは2016年にボルドーに加入。ボルドーでは通算96試合で23ゴール16アシスト記録していた。今夏にはビッククラブが獲得に関心を寄せて獲得に動いており、一時はローマとの合意が発表されたがバルセロナに移籍を果たしていた。 2018.10.17 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール、バルセロナ復帰考慮か ムバッペに主役を奪われると危惧

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)に、バルセロナ復帰の可能性が浮上した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽昨年の夏に、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約287億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。バルセロナでは良い時間を過ごしていたが、アルゼンチンFWリオネル・メッシの陰に隠れ主役になれなかったことが、退団を選んだ理由に挙げられている。 ▽PSG加入後のネイマールは、初年度となった昨シーズンから公式戦30試合28ゴール16アシストと大活躍した。しかし、昨年末のチーム内不和報道をきっかけにホームでサポーターから批判を受けることが増え、退団報道が噴出。主にレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されていた。 ▽しかし、今回の『ムンド・デポルティボ』によると、ネイマールがバルセロナ復帰にオープンな態度を示しているという。また、クラブ側も喜んで受け入れを考えているそうだ。 ▽PSGのエースとして今シーズンもここまでの公式戦11試合11ゴール4アシストをマークするネイマールだが、ロシア・ワールドカップ(W杯)で4ゴールを決めてフランス代表の優勝に貢献したFWキリアン・ムバッペの飛躍を危惧。これにより、バルセロナ復帰を考慮するに至ったようだ。 2018.10.17 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ広報、マラドーナの発言に「メッシはピッチ上で語る」

▽アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁するバルセロナが、同国のレジェンドに反論した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽史上最高のフットボーラーの1人に挙げられるメッシ。幼少期からプレーするバルセロナでは、チャンピオンズリーグ(CL)4回、リーガエスパニョーラ9回の優勝を経験するなど常に栄光に包まれたキャリアを送っている。 ▽しかし、アルゼンチン代表ではクラブでのような活躍は出来ず。主なタイトルは2008年のオリンピックのみであり、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもベスト16で敗退。期待値の高さを裏返すように過激な批判に晒されることも少なくない。 ▽先日、アルゼンチンの英雄であるディエゴ・マラドーナ氏が「彼を神格化してはいけない」、「素晴らしい選手だがリーダーの資質はない」とコメント。以前は手放しでメッシを称賛していただけに、その発言は話題を呼んだ。 ▽しかし、バルセロナの広報を担当するジョゼップ・ビベス氏がマラドーナ氏に反論。メッシはプレーで周囲をけん引するリーダーだと主張した。 「言葉によって(リーダーの)資質を示す場合もある」 「私たちには、沈黙と思慮分別によって資質を表す人物が居るんだ」 「彼(メッシ)は疑いの余地がなく歴代最高の選手だし、ピッチの上で自らを語る」 2018.10.17 13:35 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース