悪童ナビ・ケイタ、偽造免許提出で5500万円の罰金処分2017.11.07 18:52 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからのリバプール加入が内定しているRBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(22)が、2度に渡る偽造免許提出容疑で41万5000ユーロ(約5500万円)の罰金処分を科された。ドイツ『ビルト』が伝えている。

▽来シーズンのリバプール加入が内定するなど、今後のサッカー界を背負っていく若手プレーヤーの1人と目されるケイタだが、今シーズンの公式戦ですでに3度の退場処分を科され、プレシーズンにはチームトレーニングで味方を負傷させる悪質なタックルを見舞うなど、ネガティブなイメージも持たれている。

▽そのケイタは、2016年12月と2017年1月にライプツィヒの地元警察に対して、母国ギニアの運転免許証を提出した。しかし、後にこの免許証が偽造免許証であることが発覚した。

▽この犯罪行為に対してライプツィヒの裁判所は、先日に報じられた10万ユーロ(約1325万円)の4倍にあたる41万5000ユーロの高額な罰金処分を科した。なお、今回の罰金処分を不服とするケイタは弁護士を通じて、すでに控訴を行ったという。

▽運転免許証に関する罰則では、2014年に無免許運転を繰り返していたドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスに対して、54万ユーロ(7140万円)の高額な罰金が科されたことが、当時大きな話題となっていた。

▽ピッチ内でのダーティーなイメージに加え、プライベートでも違法行為を行ったケイタ。来夏加入のリバプールでは、ピッチ内外での規律を再教育していく必要があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

昨季ベスト4のモナコが敗退…3位ライプツィヒは最終節での逆転突破目指す《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、モナコvsRBライプツィヒが21日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、アウェイのライプツィヒが4-1で勝利した。この結果、モナコの最下位とグループステージ敗退が決定した。 ▽昨季のベスト4チームながらここまで唯一の未勝利と不調が続く最下位モナコ(勝ち点2)は、今節勝利を逃すと敗退が決定する。それでも、時差の関係で数時間前に行われた試合で、2位のポルト(勝ち点6)が首位ベシクタシュ(勝ち点10)と1-1のドローに終わったため、この試合を戦う前に突破の可能性がなくなるという最悪の事態を免れた。必勝を期して臨んだこの一戦では、シディベとレマルを負傷で欠いたものの負傷明けのファルカオが先発に復帰した。 ▽一方、初出場で決勝トーナメント進出を目指す3位ライプツィヒ(勝ち点4)は、2位ポルトが引き分けたことで今節の勝利によって勝ち点7で並ぶ可能性が浮上。前回対戦で引き分けたモナコとのアウェイゲームに向けては、ヴェルナーやフォルスベリ、ナビ・ケイタら主力が揃ってスタメン入りした。 ▽試合は思わぬ形で早々に動く。開始6分、右サイドに抜け出したサビツァーが低くて速いクロスを入れると、戻りながらの対応となったDFジェメルソンのクリアミスがそのままゴールネットに吸い込まれる。さらに直後の9分にはオウンゴールで動揺したか、最終ラインからジェメルソンが不用意に出した縦パスをカットしたカンプルのラストパスに抜け出したヴェルナーがロブ気味のオシャレなシュートで追加点を奪った。 ▽ジェメルソンの痛恨ミスで瞬く間にビハインドを背負ったモナコは、すぐさま反撃に出るが、ケイタやファルカオのシュートがことごとくGKの正面を突くなど、ゴールが遠い。すると31分にはライプツィヒのセットプレーの場面でファルカオがボックス内でオルバンを倒してしまい、痛恨のPK献上。これをヴェルナーに決められて、3失点目を喫した。 ▽その後、相手選手との交錯で鎖骨を痛めたサビツァーが負傷交代するアクシデントに見舞われたライプツィヒに対して、モナコが意地のゴールを奪う。43分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でロニー・ロペスがゴール前に入れたボールを、飛び出したGKより先に頭で触ったファルカオが先ほど与えたPKを帳消しにした。だが、この2分後にはボックス中央でクサビを受けたナビ・ケイタに巧みな反転シュートを流し込まれ、モナコは再び3点のビハインドを背負い前半を終えた。 ▽前半で大勢が決したことで、後半はこう着した展開が続く。ホームで意地を見せたいモナコは、ディアカビやゲザルらを投入して攻勢を強めていくが、流れの中でなかなか決定機を作れない。 ▽一方、ヴェルナーやフォルスベリを早い時間帯に下げて逃げ切り体勢に入ったライプツィヒは追加点こそ挙げられないものの、相手の反撃を冷静に凌ぎ切って試合をクローズ。結局、前半のゴールを守り切ったライプツィヒが敵地で4-1の大勝。当該成績で順位は3位のままとなったが、2位ポルトに勝ち点で並び最終節での逆転突破に望みを繋いだ。一方、自滅という形で大敗したモナコは、最終節を前に最下位とグループステージ敗退が決定した。 2017.11.22 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンフィカの“NEXTディ・マリア”はユナイテッドではなくライプツィヒへ?

▽先日にマンチェスター・ユナイテッド行きが報じられたベンフィカの“NEXTディ・マリア”だが、新天地はRBライプツィヒとなるかもしれない。ポルトガル『A bola』が伝えている。 ▽ポルトガル『Record』は先日、ユナイテッドがベンフィカU-19に所属するU-17ポルトガル代表FWウマロ・エンバロ(16)の獲得で合意に至ったと報道。だが、後にベンフィカのルイス・フィリペ・ヴィエイラ会長は、『A bola』でこの報道を真っ向から否定していた。 ▽そのエンバロの去就に関して『A bola』は、ドイツ『ビルト』のレポートを引用し、ライプツィヒが新天地候補の最右翼に躍り出たと伝えている。 ▽以前から若手有望株の獲得に関して大枚を叩いてきたライプツィヒは、ユナイテッドが500万ポンド(約7億4000万円)を掲示したといわれるエンバロに対して、1300万ユーロ(約17億4000万円)の巨額オファーを準備しているようだ。 ▽現時点でベンフィカがこのオファーを受け入れるかは不明だが、移籍が成立する可能性は高いようだ。 ▽ギニア出身のエンバロは、優れた身体能力に加え、高精度の左足を武器とする左ウイングで、現地では過去に在籍していたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)と比較されるほどの有望株。ベンフィカU-19では12試合の出場で5ゴールを記録し、U-17ポルトガル代表では18試合で15ゴールを挙げる活躍をみせている。 2017.11.15 01:29 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、フォルスベリを現地チェックか

▽マンチェスター・ユナイテッドがRBライプツィヒに所属するスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ(26)の動向を追っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、10日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ1stレグのスウェーデン代表vsイタリア代表を現地で観戦。そこで、先発フル出場を果たしたターゲットのフォルスベリをチェックしたという。 ▽2015年冬からRBライプツィヒでプレーするフォルスベリは1部昇格初年度の昨シーズン、高いキック精度を武器にブンデスリーガ8ゴール22アシストの驚異的な数字をマーク。チームの2位躍進とチャンピオンズリーグ出場権獲得した“ライプツィヒ旋風”の一翼を担った。 ▽そのフォルスベリを巡っては今夏、ミランなど多くの欧州ビッグクラブの関心が伝えられたが、最終的に2022年まで現行契約を残しているライプツィヒに残留。今シーズンは、ここまで公式戦14試合に出場して3ゴール2アシストを記録している。 2017.11.12 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

悪童ナビ・ケイタ、偽造免許提出で1300万円の罰金処分か

▽来シーズンからのリバプール加入が内定しているRBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(22)が、偽造免許提出に疑いで10万ユーロ(約1325万円)の罰金処分を科される見込みだ。ドイツ『シュポルト1』が伝えている。 ▽来シーズンのリバプール加入が内定するなど、今後のサッカー界を背負っていく若手プレーヤーの1人と目されるケイタだが、今シーズンの公式戦ですでに3度の退場処分を科され、プレシーズンにはチームトレーニングで味方を負傷させる悪質なタックルを見舞うなど、ネガティブなイメージも持たれている。 ▽そのケイタは、先日にヨーロッパ連合(EU)圏内での運転免許証を取得するために母国ギニアの運転免許証を提出した。しかし、この免許証が偽造免許証であることが発覚し、同選手に対して今後10万ユーロという高額な罰金が科される見込みだ。 ▽ピッチ内でのダーティーなイメージに加え、プライベートでも違法行為を行ったケイタ。来夏加入のリバプールでは、ピッチ内外での規律を再教育していく必要があるかもしれない。 2017.11.04 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンがハメス&レヴィ弾で10人のライプツィヒを返り討ち! 公式戦5連勝で今季初のリーグ戦首位に浮上!!《ブンデスリーガ》

▽28日にブンデスリーガ第10節のバイエルンvsライプツィヒがアリアンツ・アレーナで行われ、2-0でバイエルンが勝利した。 ▽3日前に行われたDFBポカール2回戦と同一カードとなった一戦。リーグ戦6試合無敗で首位のドルトムントと勝ち点で並ぶ2位バイエルンは、ミッドウィークの対戦から先発を3人変更。ビダルやコマン、トリッソに代えてハメス・ロドリゲス、ハビ・マルティネス、ルディを先発で起用した。 ▽一方、DFBポカール2回戦でPK戦の末にバイエルンに敗れたライプツィヒは、直近の対戦から先発を3人変更。オギュスタン、カンプル、ベルナルドに代えてヴェルナー、デンメ、クロステルマンを起用し、王者バイエルンへのリベンジマッチに臨んだ。 ▽序盤から攻勢に出るバイエルンは11分、ルディのパスに抜け出したロッベンがペナルティアーク内でオルバンに倒されFKを獲得。さらにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって決定機阻止と判定されたオルバンにはレッドカードが提示された。 ▽数的優位となったバイエルンは、このFKをロッベンが直接狙うがGKグラクシの好セーブに阻まれ、先制とはならない。しかし19分、ルディとのワンツーで右サイドを突破したロッベンがボックス右付近から左アウトサイドで折り返すと、中央に走り込んだハメスがダイレクトでゴール右隅に流し込み、先制に成功した。 ▽先制を許したライプツィヒは、22分に前線のヴェルナーを下げてセンターバックのコナテを投入。しかし、バイエルンは24分に決定機。左サイドでボールを受けたハメスのクロスをゴール前でフリーのレヴァンドフスキがヘディングシュートで合わせたが、これはGKグラクシに右手一本のファインセーブに阻まれた。 ▽主導権を握るバイエルンは、38分に追加点。フンメルスのスルーパスに反応したレヴァンドフスキが相手DFの裏に抜け出すと、ペナルティアーク右からゴール右隅にシュートを突き刺した。リードを広げたバイエルンだが、直後にアクシデント。相手選手との接触で左太もも裏を痛めたレヴァンドフスキが、前半終了を待たずにビダルと交代した。 ▽バイエルンの2点リードで迎えた後半、ライプツィヒはサビツァーを下げてブルマを投入。さらに62分にはフォルスベリに代えてライマーをピッチに送り出し、早々に3枚の交代カードを使いきった。 ▽積極的な選手交代で流れを変えようとするライプツィヒに対し、試合の主導権を譲らないバイエルンは、66分にハメス、71分にロッベン、81分にハメスとシュートチャンスを作り出すが、追加点を奪えない。 ▽0-2のままゲームを終えようとするライプツィヒだったが、82分にアクシデント。チアゴと接触したN・ケイタが左足を痛めると、86分にピッチを離れ、ライプツィヒは9人となった。 ▽試合終了間際の90分、バイエルンは左サイドでボールを受けたハメスのクロスからハビ・マルティネスがヘディングシュートを狙うも、枠を捉えられず。試合はそのまま2-0で終了。公式戦5連勝を飾ったバイエルンが、今季初の首位に浮上した。 2017.10.29 03:58 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース