ウェストハム指揮官がペップに噛みつく?「ハートは偉大で最高のプロ」2017.10.13 19:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムを率いるスラベン・ビリッチ監督が、同クラブのイングランド代表GKジョー・ハートを称えている。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。

▽長らくマンチェスター・シティのゴールマウスを守っていたハートだが、2016-17シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督がチームを率いると状況は一転。足元があるGKを好む同指揮官の構想外となり、昨シーズンはトリノ、今シーズンはウェストハムにレンタルで移籍するなどたらいまわしの状況となっている。

▽そのウェストハムでは7試合出場するなどビリッチ監督の信頼を勝ち取っているハートは、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でイングランド代表としてもプレー。スロベニア代表戦では、一対一の場面でショットストップを見せるなど1-0の勝利に貢献している。

▽ビリッチ監督はその試合を引き合いに出し、ハートが世界でも最高レベルのGKであることを強調した。

「私は彼のことを低く評価することはない。イングランドとスロベニアの試合を見たが、マン・オブ・ザ・マッチは間違いなくハートだった。解説者はPKだったなどと言っていたが、それはない。彼の素晴らしいセーブだった」

「これまでも素晴らしい活躍を見せてきた。そして昨シーズンのトリノでも、そして今のウェストハムでも常に全力で取り組んでいる。彼こそが偉大で最高のプロだ」

コメント

関連ニュース

thumb

オーリエ退場で終盤に大苦戦も“ダービーキング”ケインの2発などでスパーズがハマーズとのダービー制す!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、ウェストハムvsトッテナムのロンドン・ダービーが23日にロンドン・オリンピックスタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが3-2で勝利した。 ▽前節、鬼門ウェンブリーでスウォンジーとゴールレスドローに終わったトッテナムだが、ミッドウィークに行われたEFLカップではチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリー相手にそのウェンブリーで辛勝し、一先ず悪い流れを断ち切った。昨季のアウェイゲームで苦杯を舐めたハマーズとのダービーに向けては、前節のスウォンジー戦から先発2人を変更。トリッピアーとソン・フンミンの両ウイングバックをオーリエ、ベン・デイビスに変更した。 ▽トッテナムはここ最近、採用しているケインとデレ・アリを2トップに配し、アンカーのエリック・ダイアーの前にムサ・シッソコとエリクセンが並ぶ[3-3-2-2]の布陣で臨み、序盤からボールを支配していく。 ▽しかし、自陣で堅牢な守備ブロックを築くウェストハムの守備を崩し切れないトッテナムは、17分にアルナウトビッチの突破をDFオーリエが見事なカバーリングで防ぐなど、相手のカウンターに手を焼くも失点は許さない。 ▽その後、28分に内転筋を痛めたアントニオがプレー続行不可能となり、ウェストハムがキャロルの投入を余儀なくされると、30分過ぎにトッテナムのダービーキングがようやく本領を発揮する。 ▽まずは34分、オフサイドポジションのケインをおとりに右サイドで絶妙な飛び出しを見せたデレ・アリにエリクセンからスルーパスが出る。これに抜け出したデレ・アリの正確なクロスをゴール前にフリーで走り込んだケインが頭で合わせた。さらに38分には相手GKのクリアを奪ったヴェルトンゲンが左サイドを持ち上がってデレ・アリにスルーパス。デレ・アリの一対一はGKハートに阻まれるが、こぼれ球をケインが無人のゴールへ流し込んだ。 ▽ケインの2ゴールでセーフティーリードを奪って後半を迎えたトッテナムは、立ち上がりからきっちり主導権を握る。すると60分、セットプレーの流れからペナルティアーク付近でルーズボールに反応したエリクセンが抑えの利いた右足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽この3点目で試合の大勢は決したと思われたが、ホームのウェストハムがここから意地を見せる。65分、右CKの場面でフォンテがニアでフリックしたボールがファーに流れると、これをフリーのエルナンデスが頭で流し込んだ。 ▽この1点で完全に息を吹き返したウェストハムに対して、トッテナムは64分に1枚カードをもらっていたオーリエがキャロルへのアフターチャージで2枚目のカードをもらい、70分に退場処分となる。 ▽すると、ここから防戦一方の展開を強いられたトッテナムはウィンクス、トリッピアー、ジョレンテと交代カードを切って逃げ切りを図る。だが、キャロルやクヤテといった屈強なプレーヤーへのロングボールで圧力をかけるウェストハムに押し込まれると、87分にはマスアクの左クロスをクヤテに豪快なヘディングで決められ、点差を1点に縮められる。 ▽それでも、粘り強い守備で試合終盤のリードらの決定機を何とか凌ぎ切ったトッテナムが、ダービーキングのケインの2ゴールの活躍で勝ち切り、2試合ぶりの白星を手にした。 2017.09.23 22:31 Sat
twitterfacebook
thumb

チチャリートが大地震に見舞われた母国メキシコを支援! ハマーズがチャリティー・オークション実施

▽ウェストハムは21日、23日に行われるプレミアリーグ第6節のトッテナム戦で、メキシコ地震の被災者の支援を目的としたチャリティー・オークションを実施することを発表した。 ▽メキシコ中部では、19日に起きたマグニチュード7.1の地震で、200人以上の死者に加え、建物の倒壊などの影響で多くの被災者が出るなど、深刻な被害に見舞われている。 ▽そんな母国の現状に心を痛めるウェストハムのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、ポルトDFミゲル・ラユンと共に『#YoXMexico』といわれるチャリティー活動をスタート。今回の活動では『赤十字社』と『ロス・トポス(がれき除去を専門とする組織)』を通じて、被災者に食料と物資を提供するための資金が集められる。 ▽そして、チームの中心選手であるエルナンデスをサポートするためウェストハムは、23日に行われるトッテナム戦で、先日のWBA戦で選手が着用したアウェイユニフォームと、23日のトッテナム戦で選手たちが着用するホームユニフォームをチャリティー・オークションに出品することを決めた。 ▽今回の決定について共同オーナーの1人のデイヴィッド・サリヴァン氏は、クラブ公式サイトで以下のように語っている。 「私たちは火曜日(19日)にメキシコで起きた震災のニュースとその影響に心を痛めています。今回の災害は私たちから遠く離れた場所での出来事ですが、自分たちができるだけのサポートをしていくことが重要です」 「ハビエルはミゲル・ラユンと共に母国の仲間たちを助けるため、基金を立ち上げました。私たちとしては今回のオークションを通じて、多くの資金が集まることを期待しています」 「私たちのクラブとして非常に小さなジェスチャーですが、今回のオークションを通じて多くの資金が集まり、少しでもメキシコの人たちの助けになることを願っています」 ▽また、エルナンデスはクラブからのサポートに感謝しつつ、遠く離れた母国で苦しむ同胞のために少しでも力になりたいと語っている。 「メキシコから遠く離れたこの場所で苦しむ同胞の状況を見ているしかできないことにとても苦痛を感じています」 「だから、僕は色んな人たちと話し合った結果、今回の活動を行うことを決めました」 「僕たちは多くの人たちが今回の活動にインスピレーションを感じてくれていることを知っていますが、僕たち自身メキシコの人たちが何の見返りを求めず、助け合っている姿に感銘を覚えています」 「今回の活動を通じて、僕たちの助けを求めている人たちを支援するため、多くの人たちが協力してくれる意識づけになることを望んでいます」 「ミゲルと僕はウェストハム関係者の支援に心から感謝しています。同時に僕たちの国が困難なときを迎えている中、サポーターの支援にも感謝しています」 「今回のオークションは素晴らしい動きだと思います。そして、今回のオークションを通じて集まった資金がメキシコの人たちの役に立つことを願っています」 ▽母国を想うエルナンデスと、それを支えるウェストハムの今回の決定は非常に素晴らしいものであり、今回のオークションを通じて集まった資金が少しでもメキシコの被災者たちの助けとなることを願いたい。 2017.09.22 07:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ビリッチ采配的中のウェストハムが今季リーグ戦初勝利!《プレミアリーグ》

▽ウェストハムは11日、プレミアリーグ第4節でハダースフィールドと対戦し、2-0で勝利した。 ▽開幕3連敗で最下位に沈むウェストハムは、前節のニューカッスル戦からスタメンを5人変更。E・フェルナンデスやA・アイェウ、オグボンナらに代えてキャロルやクヤテ、フォンテらがスタメンに名を連ねた。一方、リーグ戦無敗のハダースフィールドは、前節のサウサンプトン戦と同じスタメンで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々の2分にウェストハムにチャンス。フォンテの右クロスをボックス左でキャロルが受けると縦に切り込みクロスを供給。このボールにファーサイドのクヤテが飛び込むも、右足にはわずかに届かない。 ▽13分には、右サイドを突破したアントニオの折り返しからエルナンデスに決定機が訪れるも、シュートはクロスバーを直撃した。その後も主導権を握るウェストハムだったが、フィニッシュの精度を欠いてしまい決定機を生かせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先制点の遠いウェストハムは64分にエルナンデスを下げてA・アイェウを投入。すると71分、バイタルエリア中央でA・アイェウからのパスを受けたオビアンがミドルシュート。これが相手DFにディフレクトすると、ふわりと浮いたボールがそのままゴール右に吸い込まれた。 ▽待望の先制点で勢いに乗るウェストハムは、78分にもクレスウェルの右CKをフォンテが右足で合わせると、相手DFのブロックに当たったセカンドボールをA・アイェウが押し込み、追加点を奪った。 ▽その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったウェストハムが2-0で勝利。ビリッチ采配的中のウェストハムがホームで今季リーグ戦初勝利を飾った。 2017.09.12 06:03 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティングがウェストハムを訴える? 選手移籍を巡りFIFAに報告へ

▽スポルティング・リスボンが、選手の移籍を巡ってウェストハムを訴えるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽問題となっているのは、ポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョに対するウェストハムのアプローチとのこと。スポルティングは、「違法なアプローチ」があったとして、FIFAに報告する予定とのことだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ウェストハムの共同オーナーであるデイビッド・サリバン氏がW・カルバーリョ獲得に向けて送信した2通のメールを紹介。ウェストハムが売却する際には10%を支払うこと、またチャンピオンズリーグの予選に出場するという条件で2300万ポンド(約32億7000万円)のオファーを提示していた。 ▽W・カルバーリョ自身もプレミアリーグへの移籍を望んでいたと報じられていたが、スポルティングとの契約解除条項は4000万ポンド(約56億8700万円)に設定されており、オファーとは大幅な開きがあった。ウェストハムは、移籍最終日にスポルティングとの再交渉を試みたが、十分な時間がないことを理由にオファーを拒否されたと主張している。 ▽一方で、スポルティングの広報責任者であるヌーノ・サライバ氏が、サリバン氏に対し「嘘つき」「寄生虫」と表現したことに対し、ウェストハム側は訴訟を起こしている。 ▽ヌーノ・サライバ氏は自身のFacebook上で「ウィリアム・カルバーリョに対する獲得申し込みはなかった」と明かし、サリバン氏が言っていることを証明するように訴えている。 「サリバン氏は自身の発言を証明する義務がある。そのため、公にスポルティング・リスボンが提案を受け取ったという証拠と同様に、彼が提示したということを公にするように求める」 ▽互いの主張が行き交う泥沼状態となりつつある両クラブ。果たしてどちらの主張に軍配が上がるのだろうか。 2017.09.07 17:52 Thu
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、ハマーズからMFスノッドグラスをレンタルで獲得!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは25日、ウェストハムからスコットランド代表MFロバート・スノッドグラス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014年にノリッジからハル・シティに加入したスノッドグラスは、卓越した左足のキックと攻撃センスを武器に、一昨シーズンのプレミア昇格に貢献。また、昨シーズンはクラブが降格圏に沈む中、リーグ戦20試合に出場し、7ゴール3アシストと攻撃の大黒柱として奮闘していた。 ▽その後、今年1月にウェストハムに3年半契約で加入した同選手は、15試合に出場。だが、スラヴェン・ビリッチ監督の信頼を得ることができず。今夏クラブがオーストリア代表MFマルコ・アルナウトビッチらを補強したこともあり、わずか半年でクラブを去ることになった。 ▽なお、屈強なフィジカルを生かした縦への推進力に加え、プレースキックの名手としても知られるスノッドグラスは、今夏チェルシーから加入した元イングランド代表DFジョン・テリーらと共にビラをプレミア昇格に導くことができるか。 2017.08.26 01:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース