ウェストハム指揮官がペップに噛みつく?「ハートは偉大で最高のプロ」2017.10.13 19:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムを率いるスラベン・ビリッチ監督が、同クラブのイングランド代表GKジョー・ハートを称えている。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。

▽長らくマンチェスター・シティのゴールマウスを守っていたハートだが、2016-17シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督がチームを率いると状況は一転。足元があるGKを好む同指揮官の構想外となり、昨シーズンはトリノ、今シーズンはウェストハムにレンタルで移籍するなどたらいまわしの状況となっている。

▽そのウェストハムでは7試合出場するなどビリッチ監督の信頼を勝ち取っているハートは、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でイングランド代表としてもプレー。スロベニア代表戦では、一対一の場面でショットストップを見せるなど1-0の勝利に貢献している。

▽ビリッチ監督はその試合を引き合いに出し、ハートが世界でも最高レベルのGKであることを強調した。

「私は彼のことを低く評価することはない。イングランドとスロベニアの試合を見たが、マン・オブ・ザ・マッチは間違いなくハートだった。解説者はPKだったなどと言っていたが、それはない。彼の素晴らしいセーブだった」

「これまでも素晴らしい活躍を見せてきた。そして昨シーズンのトリノでも、そして今のウェストハムでも常に全力で取り組んでいる。彼こそが偉大で最高のプロだ」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、モイーズ・ハマーズにゴールレスで3戦連続ドロー《プレミアリーグ》

▽アーセナルは13日、プレミアリーグ第17節でウェストハムのホームに乗り込み、ゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ2戦で勝利がない5位のアーセナル(勝ち点29)と、前節チェルシーに1-0で勝利した18位のウェストハム(勝ち点13)の一戦。アーセナルは1-1のドローとなった前節のサウサンプトン戦からスタメンを4名変更。メルテザッカー、ラムジー、コラシナツ、ラカゼットに代えて、ウィルシャー、ナイルズ、ジルー、イウォビを起用した。なお、ウィルシャーはアーセナル復帰後初のプレミア先発出場となった。 ▽序盤からアーセナルが押し込みつつ試合を進行したものの、なかなかチャンスには至らない。8分にはナイルズのクロスにジルーが飛び込んだが、シュートを放つことはできず。9分にはボックス左のサンチェスがシュートを放ったが、GKアドリアンにキャッチされた。 ▽23分、味方と連係しつつウィルシャーがボールを運び、サンチェスが再びシュートを放つ。しかし、相手DFにブロックされて得点とはならない。29分には、ショートカウンターからボックス内のイウォビがシュートを放ったが、ポストに阻まれた。 ▽39分にもナイルズのクロスに反応したジルーがダイレクトボレーで強襲したが、相手DFのブロックに遭いゴールには及ばず。試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入って最初のチャンスはウェストハムに訪れた。47分、味方のパスに反応したノーブルが、胸でディフェンスラインの裏にパスを供給。抜け出したアルナウトビッチがダイレクトで合わせたが、枠をわずかに外れていく。 ▽56分、サンチェスのシュートがこぼれると、ボックス内のエジルの下へ。エジルは素早くシュートを放ったが、枠に飛ばすことができない。59分にも自陣で巧みなボディフェイントからチェックに来た相手2人を剥がしたウィルシャーが、エジルと連係しつつボックス前に。しかし、最後の場面でジルーへのラストパスを合わせることができない。 ▽66分には、アーセナルがあわや失点という場面を迎えた。サバレタが右サイドからクロスを上げると、パンチングに出たGKチェフが手を滑らせてボールがアルナウトビッチに渡る。アルナウトビッチはキーパー不在のゴールに蹴り込んだが、ギリギリのところでDFモンレアルがかき出した。 ▽ペースを取り戻したいアーセナルは、73分にボックス手前からのFKを獲得。キッカーのサンチェスが右下隅の絶妙な位置を捉えたが、GKアドリアンが好守を発揮して得点を阻んだ。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、試合はゴールレスで終了。アーセナルはリーグ3戦連続での勝ちなしとなった。 2017.12.14 06:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム再建へ…モイーズが“ガラスの天才”ウィルシャーへの興味を明かす

▽ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督は、アーセナルのジャック・ウィルシャー(25)の獲得に興味を持っていることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2008-09シーズンに16歳の若さでトップチームに昇格を果たしたウィルシャーは、その才能を高く評価されてきたが、負傷離脱を頻発。昨シーズンにはレンタル移籍でボーンマスに加わり、プレミアリーグで27試合に出場したが、シーズン終盤には腓骨骨折によりまたもケガに泣かされた。 ▽今シーズンはアーセナルに復帰するも、昨シーズンの負傷の影響から開幕に出遅れ、ここまで第16節を終えたプレミアリーグでの出場時間はわずか86分。この状況にウィルシャー自身は冬の移籍市場での退団をほのめかす発言をしていた。 ▽そんな中、11月にウェストハム指揮官に就任し、現在19位のチームの再建を託されるモイーズ監督は、ウィルシャーへの興味を明かしている。 「もしジャック・ウィルシャーの獲得が可能であるなら、我々はそれに目を向けなくてはいけないチームだ」 「ただ、短期間ではなく、長期的にクラブに居てくれるかどうかを確認したい。短期間での修正が必要であり、また、今シーズン終了時までどのように勝利を積み重ねていくのかのバランスは取れている」 2017.12.13 09:11 Wed
twitterfacebook
thumb

拙攻チェルシー、モイーズ・ハマーズに初勝利を許して8試合ぶり敗戦《プレミアリーグ》

▽チェルシーは9日、プレミアリーグ第16節でウェストハム とのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節ニューカッスル戦をアザールの2ゴールなどで3-1と逆転勝利した3位チェルシー(勝ち点35)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を1-1で引き分け、2位での決勝トーナメント進出となった。そのチェルシーはアトレティコ戦のスタメンからモーゼスに代えてマルコス・アロンソのみを変更した。 ▽モイーズ監督就任後も1分け3敗と調子の上がらない19位ウェストハム(勝ち点10)に良い入りをされたチェルシーは6分、先制を許してしまう。ランシーニとのワンツーでボックス中央に侵入したアルナウトビッチに左足でゴール左へシュートを流し込まれた。 ▽失点後、ポゼッションを高めて反撃に出るチェルシーは20分、ルーズボールをボックス左のアザールがボレーシュートに持ち込むも、わずかに枠を捉えられない。 ▽続く28分にはボックス手前左のカンテが枠の右を捉えるコントロールシュートを浴びせたが、GKアドリアンにセーブされた。その後もハーフコートゲームを展開したチェルシーだったが、目立ったチャンスを作れずに前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からバカヨコに代えてペドロを投入したチェルシーだったが、効果的な崩しを見せられなかったことで、55分にはマルコス・アロンソに代えてモーゼスを投入した。 ▽すると58分、左サイドにポジションを移したザッパコスタがボックス手前左からコントロールシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。攻勢を強めたいチェルシーは、ザッパコスタに代えてウィリアンを投入。左サイドにペドロを配した。 ▽なかなかチャンスを生み出せない中、83分にようやくチェルシーに決定機。カンテのラストパスをボックス左で受けたモラタがシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。 ▽その後もアザールのミドルなどでゴールに迫ったチェルシーだったが、リーグ戦8試合ぶりの敗戦を喫した。一方、モイーズ体制初勝利となったウェストハムは9試合ぶりの勝利となっている。 2017.12.09 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

逆転のシティがプレミア記録タイの13連勝! 新記録懸けて次節ダービーへ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第15節、マンチェスター・シティvsウェストハムが3日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で逆転勝利した。 ▽前節、サウサンプトンとのホームゲームをスターリングのラストプレーでの劇的ゴールで勝ち切り、リーグ12連勝を達成した首位のシティ(勝ち点40)。次節に2位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点35)とのダービーを控える中、19位に低迷するウェストハム(勝ち点10)を相手に13連勝を目指した。前節からは先発4人を入れ替え、コンパニ、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、ガブリエウ・ジェズスに代えて、マンガラ、ダニーロ、シルバ、ザネを起用した。 ▽契約上の問題でGKハートは欠場となったものの、サバレタが対戦相手として始めてエティハド・スタジアムに凱旋した一戦。元ユナイテッドの指揮官モイーズが率いるハマーズは、前線にアントニオ1人を残して[5-4]のコンパクトな守備ブロックでシティの攻撃に対峙。 ▽これに対して、シティは細かいパスワーク、ザネやスターリングの個人技で打開を図るが、局面での数的優位を活かした相手の守りを崩し切れない。逆に、7分には相手のセットプレーからクヤテ、アントニオに際どい場面を作られるが、ここはGKエデルソンを中心に凌ぐ。 ▽なかなか攻め手を見いだせないシティだったが、25分にようやく決定機を作る。ボックス手前でデ・ブライネからパスを受けたシルバがミドルシュートを放つが、枠を捉えたボールはGKアドリアンに弾き出される。 ▽一方、モイーズ仕込みの粘り強い守備で相手の攻撃を辛くも凌ぐウェストハムは、35分にランシーニが見事なミドルシュートでGKエデルソンに好守を強いるなど、要所で良い形の攻めを見せるが、40分過ぎには左ハムストリングを痛めたクヤテがプレー続行不可能となり、ディアフラ・サコーが緊急投入される。しかし、44分に右CKを獲得したウェストハムはショートコーナーからクレスウェルが左足で入れたクロスをゴール前に飛び込んだオグボンナが頭で合わせ、先制点を奪った。 ▽ホームで低迷するウェストハム相手に1点ビハインドで試合を折り返したシティは、ハーフタイム明けにダニーロを下げてジェズスを投入。この交代でデルフが左サイドバックに下がり、アンカーにデ・ブライネを配した[4-1-3-2]の攻撃的な布陣に変更。立ち上がりから猛攻を仕掛けていく。 ▽すると、この交代策が早速機能する。57分、ボックス手前で得たFKの場面でデ・ブライネの直接FKは相手GKアドリアンのビッグセーブに遭うが、このプレーの二次攻撃から右サイドでスターリングとのパス交換でボックス右ライン際をえぐったジェズスがグラウンダーのクロス。これをゴール前に飛び込んだオタメンディが押し込み、同点に追いついた。 ▽この同点ゴールで俄然勢いづくシティは、ここから攻撃のギアを上げて相手陣内でのハーフコートゲームを展開。ややラインを下げ過ぎた相手の守備に対して、バイタルエリア付近で前向きに仕掛けるザネやスターリングが積極的にシュートを放つ。だが、ザネの2度の枠内シュート、71分にはボックス手前左からジェズスが右隅を捉えた決定的なシュートを放つが、いずれもGKアドリアンのビッグセーブに阻まれる。 ▽一方、苦しい状況が続くウェストハムは69分、ランシーニを下げてアルナウトビッチを投入。高さとキープ力に優れるアタッカーの加入でカウンターの刃を研ぎ澄ませる。81分にはロングカウンターからアントニオがボックス左に持ち込んで強烈なシュートも、ここはGKエデルソンの好守に阻まれる。 ▽前節と同様にイーブンのスコアで試合終盤に突入したシティだったが、先日に契約延長にサインしたばかりの重鎮MFがチームを救う。82分、バイタルエリアでデ・ブライネにボールを預けてスルスルとゴール左に走り込んだシルバにデ・ブライネから絶妙な浮き球のリターンパスが届く。これをシルバが体勢を崩しながらも左足のジャンピングボレーで右隅に流し込んだ。 ▽シルバの値千金弾で試合を引っくり返したシティは、アグエロに代えてフェルナンジーニョ、ザネに代えてベルナルド・シウバをピッチに送り込み、試合を締めにかかる。試合終了間際にはアルナウトビッチに右サイドを突破されゴール前のD・サコーに折り返されるが、このシュートは枠の右に外れ事なきを得る。前節同様に苦しみながらも見事な勝負強さで勝ち切ったシティは、昨シーズンにチェルシーが記録した1シーズンでのプレミアリーグ連勝記録の13連勝に並んだ。そして、チャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を挟んで行われる次節のユナイテッドとのダービーで新記録達成を目指す。 2017.12.04 03:13 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ハマーズからポチェ熱望の同胞MF獲得に挑戦へ

▽トッテナムが今冬の移籍市場でウェストハムのアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニ(24)の獲得に動くようだ。『ESPN』が両クラブの関係者筋の情報として伝えている。 ▽開幕直後は順調な滑り出しを見せたトッテナムだが、直近のリーグ戦5試合では1勝3敗1分けと急失速。現在はトップ4圏内のアーセナルと勝ち点4差の7位まで順位を落としている。 ▽この急失速の要因に関しては、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトが負傷離脱している最終ラインのパフォーマンスが一因に挙げられる一方、引いた相手を崩し切れない攻撃のアイデア不足も指摘されている。 ▽とりわけ、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン、イングランド代表MFデレ・アリが調子を落としている2列目の人材に関しては、先日にアルゼンチン代表MFエリク・ラメラが約1年1カ月ぶりの復帰を果たしたものの、質と量を欠いている。 ▽そして、後半戦での巻き返しに向けて新たな攻撃的MFの獲得を目指すトッテナムは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が以前から獲得を熱望するランシーニの獲得に動くようだ。 ▽ウェストハムは、2016年3月にUAEのアル・ジャジーラから完全移籍に切り替えてランシーニを獲得しており、契約期間は2020年までとなっている。さらに、現在18位と降格圏内に低迷するウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督は、同選手を攻撃の柱の1人と考えており、トッテナムにとってはタフな交渉が待っていそうだ。 ▽なお、ランシーニは2015年のレンタル時代を含めてウェストハム在籍2シーズンで公式戦83試合に出場し、16ゴール10アシストを記録。また、トッテナム戦では通算5試合の対戦で3ゴール2アシストと印象的な活躍を披露してきた。 2017.12.01 07:44 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース