交渉人ファルカオ? W杯南米予選ペルー戦で談合持ちかけか2017.10.12 03:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオには、交渉人の資質があるようだ。イギリス『デイリー・メール』は11日、ペルー代表戦でファルカオが行った談合疑惑に関して伝えている。

▽今回のロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選は、早々に首位通過を決めたブラジル代表を除き、最終節まで本大会行きのチームが決まらない異常な大混戦となった。

▽その運命の最終節では2位ウルグアイ代表と、逆転での本大会出場を目指す6位アルゼンチン代表、7位パラグアイ代表が、すでに敗退が決まったボリビア代表、エクアドル代表、ベネズエラ代表と対戦。一方、3位のチリ代表はすでに突破が決まったブラジルとのアウェイゲーム、4位コロンビアと5位ペルーが直接対決に臨んだ。

▽2位ウルグアイから7位パラグアイまでの6チーム中、大陸間プレーオフ進出を含め4チームが予選突破となる状況の中では、自分たちの試合に加え、その他の試合会場での試合経過も重要となる。

▽おそらく、ベンチから逐一全体の状況を伝え聞いていたファルカオは、1-1のイーブンの状況でホームのペルーの攻勢が強まってきたことを察すると、より確実に生き残りを図るため試合終盤にかけて奇妙な行動を見せ始める。

▽テレビの中継映像には口元を隠したファルカオが、盛んに相手選手と交流を取り始める様子が映されていた。自身の声掛けに対して、怪訝な表情を見せる相手選手に向かってファルカオは、時折相手のベンチに視線を向けながら粘り強く何事かを必死に伝える。

▽おそらく、この会話の中でファルカオは、「ウルグアイとアルゼンチンは勝ちそうだ。だけど、チリは大差で負けているし、パラグアイも現状負けている。君たちはもちろんストレートインでW杯に行きたいと思うけど、今から残り時間俺たちとガチンコでやり合うか? このままのスコアで行けば、最低プレーオフに行ける。きっと、その相手は大したことないぞ。悪いようにしないから、このままのスコアで終わろう。俺の言うことを疑っているなら、1人ベンチに向かわせて確認して来いよ」といった内容の発言をしたと思われる。

▽その発言を裏付けるようにファルカオからの指示を受けた相手選手は、自分たちのベンチサイドに向かい、コーチングスタッフと他会場の結果を確認するような様子を見せていた。

▽結局、ファルカオの巧みな説得に応じたペルー陣営は、その後ややペースを落として1-1の談合試合をきっちり成立させ、コロンビアが4位でW杯ストレートイン、ペルーも5位で大陸間プレーオフ行きを決めた。

▽なお、ファルカオ演出? の談合試合の割を食ったのが、3位から6位に転落し予選敗退となったチリの面々。奇しくもチリのエースFWアレクシス・サンチェスはコロンビア代表の守護神ダビド・オスピナと同じアーセナルに、予選敗退を機に代表引退を発表したMFアルトゥーロ・ビダルはMFハメス・ロドリゲスと同じバイエルンに所属しており、両者の所属クラブにおける関係性が懸念されるところだ。

▽その一方で、永遠の宿敵アルゼンチンを敗退に追い込むため、サポーターを中心にチリ相手の敗戦を求められていたブラジルは、アルゼンチンのエースFWリオネル・メッシの同僚MFパウリーニョ、FWセルヒオ・アグエロ、DFニコラス・オタメンディの同僚FWガブリエウ・ジェズスという、バルセロナとマンチェスター・シティ所属コンビの活躍で宿敵の突破をアシストした。

◆外交問題はお任せ! 将来は交渉人転身か?
https://twitter.com/LucasBeltramo/status/917972789931532293
コメント
関連ニュース
thumb

「絶対食べ物に不自由させない!」貧困だった少年時代、ミナの原動力は“母”

▽エバートンに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナが、自身のモチベーションについて明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏ロシア・ワールドカップ(W杯)を経て、バルセロナからエバートンに期限付き移籍で加入したミナ。開幕直後こそケガで出遅れたものの、直近のプレミアリーグ4試合にはフル出場を果たしている。 ▽2018年1月にはバルセロナに加入し、ロシアW杯ではディフェンダーとして3ゴールを記録するなど一時注目を集めたミナだが、少年時代は貧困に耐える生活だったという。伝えられるところによると、当時練習場に行くのもバスの料金を払えず、トラックの荷台に飛び乗って向かっていたとのこと。そんなミナは14歳の頃、母にプロサッカー選手として生計を立て、母を養うことを誓ったようだ。 ▽プロサッカー選手としてなった今もピッチに立つ時に考えることは母のことだという。ミナは自身を駆り立てるものについて明かした。 「世界中のどこでプレーしていようとも、ピッチに入る前には常に母の夕食のことを考える。それが僕のモチベーションだ」 「相手ストライカーの母の夕食か、僕の母の夕食か。ピッチで肉体的にもメンタル的にも強くなるために、試合に出るのは母の夕食のためだと言い聞かせているんだ」 「それは僕のタフだった幼少期からきていることだ。振り返ると簡単に成長できる環境ではなかった。だから同じ境遇の子供たちにも一例として示し、役に立ちたいという気持ちが僕を突き動かしている」 「彼らのためにも僕は戦う。そのような環境で生活している子どもたちのためにも完璧な手本でありたいんだ」 2018.12.10 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

次期コロンビア代表監督はスコラーリか、本人が接触認める

▽現在空席となっているコロンビア代表監督の後任が、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督になる可能性が高まっている。『ESPN』が伝えている。 ▽コロンビアサッカー協会(FCF)は、ロシア・ワールドカップ(W杯)後にホセ・ペケルマン監督の退任を発表した。2012年1月にコロンビア代表監督に就任したペケルマン氏は、2014年のブラジルW杯ではベスト8、ロシアW杯はベスト16に導いた。FCFはペケルマン監督に契約延長オファーを提示していたが、会談の中で同監督は続投を固辞したようだ。 ▽現在はU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が暫定監督を務めているものの、正式な後任候補の一人として、スコラーリ監督が浮上している。そしてそれは本人もコンタクトがあったことを認めている。 ▽今年7月から母国のパルメイラスで指揮を執っているスコラーリ監督。先日、ブラジル全国選手権で優勝に導いた名将は『ESPN』のインタビューで以下のように語っている。 「イエス。確かに(コロンビアから)アプローチはあった。シーズンは終わったからもっと本腰入れて検討しようと思う」 「私はキャリアの8割以上をブラジル国外で過ごしてきたから、家族のことを考えないといけなかった」 「パルメイラスはもう一つの家族だ。私をリスペクトしてくれたし受け入れてくれた。このクラブのファンとの関係も考慮する必要がある」 「わかっていてほしいのは、自分をリスペクトしてくれる場所というのは他のどんなことよりも価値があるということだよ」 2018.12.04 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスが去就に言及「必要ならクラブを出る」

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が、自身の去就は出場機会次第だと語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽昨夏、買い取りオプション付きのレンタルでレアル・マドリーからバイエルンに加入したハメス。2年間とされているレンタル期間は今シーズンで終了するため、買い取りオプションが行使されるか否かに注目が集まっている。 ▽ハメスを取り巻く報道の中には、マドリー復帰の可能性を伝えているものも多く、理由としては主に挙げられているのは今シーズンから指揮を執るニコ・コバチ新監督に対する不満だ。昨シーズンにバイエルンの中心選手として輝いていたハメスは、コバチ政権下では出番の与えられない試合も少なくなく、ここまでで公式戦11試合の出場に留まっている。 ▽また、バイエルン自体もブンデスリーガ第13節終了時点で4位に低迷。11月中旬の負傷から離脱が続いているハメスは、チームの現状について、自身の去就について以下のように語った。 「昨シーズンとは違う状況で、僕らは新監督の下であまり競争力がない。だから、多く(のタイトル)を約束することはできないよ」 「もしあまり出場していなくて、(クラブを)出る必要があるなら僕はそうするだろうね。けど、僕が残りたがっていることは知られているし、それはファンや全てのバイエルンファミリーからの愛情を感じるからだ」 「今現在も良い感じだよ。1、2週間で完全に回復したい。より良い結果を得るために、僕らは一生懸命努力している」 2018.12.04 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ファルカオ獲得を検討! モナコ会長汚職報道で退団考慮か

▽レアル・マドリーが、モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(32)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽伝統的に、冬の補強で大きな動きを見せることをあまり好んでいなかったマドリー。しかし、フレン・ロペテギ前監督下で始まった今シーズンは、リーガエスパニョーラ第10節バルセロナ戦までで4勝2分け4敗と苦しい戦いを強いられ、サンティアゴ・ソラーリ現監督に指揮権が移ってからはリーガ連勝中と立て直してはいるが、順位は6位と低迷から脱してはおらず。 ▽マドリー低迷の理由として主に挙げられているものが、決定力不足だ。今夏、エースFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出し、スター格の後釜を獲得しなかったことが現状を招いたと、度々指摘されている。 ▽クラブの上層部は、引き続き若手選手の育成に力を注ぐ考えを示しつつも、攻撃の強化も検討。そこで、来年1月の補強候補に挙がっているのがファルカオだ。 ▽ファルカオの年齢は32歳とベテランの域だが、過去に在籍したアトレティコ・マドリーで公式戦通算91試合70ゴールを記録するなど、その実力は折り紙付き。また、リーグ・アン19位に沈むモナコと同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の関係が悪化しており、退団が考慮されているという。 ▽また、モナコの会長を務めるドミトリー・リボロフレフ氏がファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規制回避のために汚職に手を染めたことが報じられ、実際に逮捕されている。そのこともあり、メンデス氏とモナコの関係は修復不可能な状態になっているようだ。 2018.11.17 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメス1G1A! コロンビアがアメリカとのシーソーゲーム制す《国際親善試合》

▽コロンビア代表は12日、国際親善試合アメリカ代表戦に臨み、4-2で勝利した。 ▽アルトゥロ・レジェス暫定監督の指揮が続くコロンビアは、ベストメンバーを揃えて試合をスタート。2トップをファルカオ、バッカが務め、中盤にハメス・ロドリゲスらを起用する[4-4-2]の布陣を採用した。 ▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。 ▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶコロンビアに対し、アメリカはややハードな守備でゴールを死守。序盤は決め手を欠く展開が続く。 ▽しかし36分、コロンビアのエースが独力で均衡を崩す。ボックス右でボールを持ったハメス・ロドリゲスは、細かいタッチでアメリカDFを翻弄し左足を振り抜く。すると、鋭い回転のかかったシュートがゴール左上隅を射抜いた。 ▽コロンビアが1-0でリードして迎えた後半、アメリカが早々に巻き返す。50分、左サイドからクロスが上がると駆け上がったあコスタが右足でボレーシュートを放つ。これがネットを揺らし、スコアを同点とした。 ▽さらに53分、コロンビアが再びリードを奪おうと前がかりになったところでアメリカのカウンターが発動。左サイドのウェアからのラストパスにウッドが反応し、スコアを2-1とする。 ▽それでも、直後の56分に今度はコロンビアが決定機を掴む。右サイドでのスローインから深い位置まで侵攻したアリアスが、中央にグラウンダーのボールを折り返す。反応したバッカが確実に決め切り、再び同点に。 ▽その後もしばらく一進一退の攻防が続き、再び試合が動いたのは74分。コロンビアのカウンターの場面で、右サイドでボールを持ったキンテロがボックス手前中央にスルーパスを送る。ハーフウェイライン付近から駆け上がっていたファルカオがダイレクトで合わせ、スコアを3-2とする。 ▽そして80分、ハメス・ロドリゲスがボックス右でボールを保持。山なりのクロスがファーに供給されると、途中出場のM・ボルハがバイシクルシュートでリードを広げた。 ▽結局、試合は4-2のスコアで終了。打ち合いを制したコロンビアは17日に国際親善試合コスタリカ代表戦を、敗れたアメリカはペルー代表戦を戦う。 2018.10.12 10:45 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース