長友佑都の“勝負の哲学”「ライバルの活躍を願わないレベルの低い競争はしない」《キリンチャレンジカップ2017》2017.10.07 02:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。

▽試合後、DF長友佑都(インテル/イタリア)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。いよいよ始まったサバイバルレースについて、「ライバルの活躍を願わないレベルの低い競争はしない」と述べ、ハイレベルな競争を望んだ。

DF長友佑都(インテル/イタリア)
──試合を振り返って
「チャンスはたくさんあったのに決めきれなくて、自分たちで難しい試合にしてしまった。でも、最後に勝ち切れたのはポジティブ。勝つのと負けるのとでは全然違うので」

──プレーへの手応えは
「連携が良かった。僕がオーバーラップしたら使ってくれたり、囮にして中に入ったり、武藤(嘉紀)とも乾(貴士)とも良い関係を作れた。すごく良かったと思う。でも、ゴールに繋がる結果が欲しかった」

──見慣れないメンバーとのプレーへの気遣いは
「たくさんボールを受けて、彼らのパスコースを作ってサポートできればと思っていた。槙野(智章)がボールを持ったときは、まず自分がもらって展開していく意識を持っていた」

──前に入る選手を見てプレースタイルを変化させていたようだが
「前に入る選手、ストロングポイント、タイプによってパフォーマンスを変えている。武藤は仕掛けるタイプなので、まず一対一の形を作ってあげることを心がけた。乾だったら、僕がオーバーラップすれば、良いタイミングで使ってくれる。武藤はその分、点を取って欲しかった。連携という面は良かったと思う」

──フレッシュな前線が出てきているが
「みんな、勢いがある。武藤も貴士も原口(元気)もそう。すごい勢いがある選手ばかり。運動量もあるし、競合相手でもある程度やれるんじゃないかなという感覚がある。もちろん、ブラジルならダニエウ・アウベスとマッチアップするので簡単じゃないけど、いくつかチャンスを作れるんじゃないかなと。彼らを生かしながら僕も生きる形を見いだしていきたい。まだまだ良くなる」

──この4年間で生かすプレーに幅が出てきたが
「引き出しもそうだし、幅も確実に広がった。今までだとイケイケなプレーばかりしてたけど、今は周りを生かしながら、そして自分も生きていく。色々な経験を経て、色々な引き出しが増えてきた。今はボールを受けてプレーすることが楽しい。組み立ての部分から色々なプレーをしていくことは楽しい」

──第3段階に入って、ミーティングに変化は
「常にワールドカップ本大会を意識してきた。そこは変わる。今まで最終予選を意識してアジアを対策をしてきたけど、次は世界を見据えないといけない。監督もFIFAランクのことを気にしていて、それは抽選に影響してくるから。そういった意味で、まずは勝利することが大事だったし、何とか勝利できて良かった」

──これからは連携向上と新戦力の刺激、どちらが必要か
「両方。ライバルの活躍を願わないようなレベルの低い競争はしたくない。ライバルが活躍しても、自分がそれ以上に活躍するというのが本当の競争意識だと思う。自分の中には、そういう勝負の哲学がある。ライバルに良いプレーをしてもらって、それ以上のプレーをすることを心がけている。それが自分自身にとっても、チームにとってもレベルアップに繋がる」

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS的! ロシアW杯出場国ガイド】vol.32/日本代表:4年前の雪辱を…“オールジャパン”で臨む世界への挑戦!

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘がより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。ラストは、我らが日本代表を紹介する。 ◆日本代表 監督:西野朗 主将:長谷部誠 予選成績:6勝/2分け/2敗 W杯出場数:2大会連続6回目 W杯最高位:ベスト16 FIFAランク:60位 ◆オールジャパンでグループ突破なるか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_japan_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前回大会はグループステージで1勝もできずに敗退。8年ぶりのワールドカップでの勝利を目指すこととなった。アジア最終予選ではホームで行われた初戦のUAE代表戦で逆転負け。最終予選初戦で敗れると本大会出場を逃すというジンクスがありながら、その後は勝利を積み上げ、グループBを首位で通過した。 ▽2014年のブラジル・ワールドカップでアルジェリア代表を率い、ベスト16に進んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で過去最高位を目指す日本だったが、開幕2カ月前にハリルホジッチ監督を解任。コーチ陣も一新し、西野朗新監督の下、全て日本人のスタッフで構成する“オールジャパン”が完成した。 ▽しかし、西野監督就任後は短い時間でのチーム作りとなり、より厳しい戦いを強いられることに。5月30日のガーナ代表との国際親善試合、6月8日のスイス代表との国際親善試合では、似たような展開からどちらも2-0と敗戦。12日のパラグアイ代表戦でも同様の試合の入りをしたものの、逆転で勝利を収め、本大会前に新体制初勝利を挙げることとなった。 ▽システムは[4-2-3-1]と[3-4-2-1]を組み合わせたもの。過去3試合の内容を見ると、[4-2-3-1]がベースとなりそうだ。ハリルホジッチ監督時代から大きなメンバー変更はなく、[4-2-3-1]であれば起用されるメンバーの大きくは変わらない。 ▽しかし、いくつかのポジションは競争がありそうだ。例えば、守護神争い。GK川島永嗣が当確と見られていたが、ビルドアップの拙さやパフォーマンスの低さを2試合で露呈。不用意な失点にも絡み、大会直前にパフォーマンスが悪くなっている。また、ボランチにも変化がありそうだ。MF大島僚太、Mf柴崎岳といったゲームをコントロールできる選手が起用されるはず。予選を支えたMF長谷部誠、MF山口蛍という組み合わせは少なくなりそうだ。 ▽また、トップ下を採用する場合はこの椅子を争う対決も見もの。4年前にこのポジションを争ったMF本田圭佑、MF香川真司の競争が始まっている。左サイドもMF乾貴士とMF宇佐美貴史とタイプの違うドリブラーが控えている。相手の研究をどこまでできているのかで、試合中でもシステムは変えることになるだろう。 ▽急ピッチで仕上げなくてはいけなくなった日本代表。西野監督は選手を当てはめることを得意としており、特性をそれぞれ見出しているはず。どの相手にどの様なメンバーで、どのようなシステムで臨むのかに注目だ。 ◆超WS的注目プレーヤー MF大島僚太(川崎フロンターレ/日本)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽日本代表の注目プレーヤーは、中盤のゲームメーカーとしての働きが期待されるMF大島僚太を挙げたい。所属の川崎フロンターレでもボランチの位置からゲームメイクを担当。西野ジャパンにおいても重要な役割を担うこととなるはずだ。パスセンスだけでなく、ポジショニングの良さ、判断力と日本の浮沈のカギを握る大島。ケガに悩まされた天才が世界の舞台で違いを見せられるかに注目だ。 ◆登録メンバー GK 川島永嗣(メス/フランス) 東口順昭(ガンバ大阪) 中村航輔(柏レイソル) DF 遠藤航(浦和レッズ) 昌子源(鹿島アントラーズ) 長友佑都(ガラタサライ/トルコ) 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 槙野智章(浦和レッズ) 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 植田直通(鹿島アントラーズ) MF 本田圭佑(パチューカ/メキシコ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ) 香川真司(ドルトムント/ドイツ) 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) 乾貴士(エイバル/スペイン) 山口蛍(セレッソ大阪) 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ) 大島僚太(川崎フロンターレ) FW 岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド) 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ) 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ◆グループステージ日程 ▽6/19 《21:00》 vsコロンビア代表 @モルドヴィア・アリーナ ▽6/24 《24:00》 vsセネガル代表 @エカテリンブルク・アリーナ ▽6/28 《23:00》 vsポーランド代表 @ヴォルゴグラード・アリーナ ★いそっぺFCロシアW杯篇~日本代表~ <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/nvuGjBbOcpE?ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> 2018.06.17 16:07 Sun
twitterfacebook
thumb

日本テニス界のスーパースター錦織圭が日本代表に応援ツイート!

▽日本のテニス界が誇るエースの錦織圭がサムライブルーにエールを送った。 ▽ロシア・ワールドカップは14日に開幕。6大会連続6回目の出場となる日本代表も19日にグループH第1節のコロンビア代表戦を迎える。 ▽その一戦が刻々と迫る中、錦織は17日にツイッター(@keinishikori)を更新。次のように応援のメッセージを寄せた。 「今週からのワールドカップ日本チーム応援してます! みなさんも一緒に応援しましょう」 2018.06.17 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

いざ決戦へ! アディダスが「勝色 THE NEW STORY 2」を公開

▽アディダスは15日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表を応援する動画「勝色 THE NEW STORY 2」を公開した。 ▽今年1月、“勝色MOVIE / THE NEW STORY”が発表された。今回はそれに続く第2弾となっている。 ▽6大会連続6度目のワールドカップ出場となる日本代表。4年前のブラジル大会終了後から、選手たちはそれぞれの場所で、それぞれの活躍を見せてきた。 ▽その集大成を最初に見せる場が、6月19日、コロンビア代表戦。4年前の記憶を塗り替えるために、男たちは立ち上がる。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/fa1DJjOW7Ng?ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> <hr>長き、サバイバル。 それぞれのクリエイティビティをピッチで表現する。そしてチームと共鳴させる。 長く過酷なサバイバルを勝ち抜いた日本最高峰のプレイヤーたちが、 勝利のために全力で立ち向かう。 06.19.ロシア。 ここからが本当の勝負。<hr> <div style="text-align:center;"><a href="https://shop.adidas.jp/football/world-cup-2018/" target="_blank">アディダス WorldCup特設ページは<br/>コチラ</a></div><hr> 2018.06.15 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビアに不安材料、ハメスがふくらはぎを負傷か…日本代表戦出場に暗雲

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、ふくらはぎを負傷している可能性があるようだ。コロンビア紙『El Tiempo』が報じている。<br><br>ロシア・ワールドカップ初戦の日本代表戦に向けて調整中のコロンビア代表。そんな中、14日の練習ではウィルマール・バリオスと共にハメス・ロドリゲスが全体練習に参加しておらず、現地では状態が不安視されている。<br><br>コロンビアサッカー協会は、この練習欠席に関して&ldquo;予防措置&rdquo;とし、近しい関係者も「筋肉疲労によるもの」と話しているようだが、現地有力メディアである『El Tiempo』は異なる見解を示している。<br><br>同メディアは、ハメス・ロドリゲスが左ふくらはぎに違和感を覚えているとみており、日本戦の出場が疑わしいと主張している。<br><br>グループHの初戦となるコロンビア対日本は19日に開催。前回大会でコロンビアを代表史上初のベスト8に導いた10番の出場可否は、試合展開に大きな影響を及ぼすことになる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.15 17:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「香川らが前線でスペクタクルを演出しても…」独誌は日本の攻撃陣を高評価も”福袋”と形容

ドイツ誌『キッカー』は、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて出場する各代表チームを紹介。日本代表は記事で「ワンダーバッグ」と日本における「福袋」に近い意味の言葉で形容され、予想し難いチームと見られているようだ。<br><br>ドイツのサッカーファンにとっても、長谷部誠(フランクフルト)や香川真司(ドルトムント),武藤嘉紀(マインツ)らとブンデスリーガ1部・2部の選手が7人プレーする日本代表は、お馴染みの顔ぶれがそろうチーム。『キッカー』は、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の後任となった西野朗監督は、23人のメンバー選出にあたって、経験を重視する格好で合計1035キャップを誇る平均年齢28.2歳の選手たち選んだことなどを紹介している。<br><br>しかし、西野体制の下で迎えた最初の国際親善試合2戦、いずれも0-2で落としたガーナ戦とスイス戦では、そんな経験豊富なチームは「まったく機能しなかった」と辛口評価。その一方で、W杯前最後となったパラグアイ戦では西野監督はメンバーやシステムを大きく変えたことで、ようやく結果を出せたことを指摘。4-2で日本が勝利を収めたこの一戦について以下のようにまとめている。<br><br>「彼(西野監督)は守備を再建しただけではなく、かなり攻撃的なフォーメーションをピッチに送り込み、そのなかで例えば武藤を不慣れの右ウイングに配置している。また元フランクフルトのタカシ・イヌイ(今夏ベティスに移籍)とカガワといったかつて同僚として相手に恐怖を与えたコンビ(過去にともにセレッソ大阪でプレー)がとりわけ際立っていた。2人は日本の4ゴール中3ゴールを記録したのだ」<br><br>同誌の記者はパラグアイ戦の内容を受け、「火曜日にコロンビアとの初戦に臨む際、ニシノが再びこの&rdquo;武器&rdquo;を起用することは十分考えられる」と2列目においては同じメンバーが先発することを予想。さらに「難しいグループを勝ち抜き、決勝ラウンドへの進出に成功する希望が少しばかりか膨らんだと言える」とチームが勝利したことにより自信を得たとも考えるようだ。<br><br>だがそれでも日本に対する評価は「ワンダーバッグ」、開けてみなければどんなお菓子が入っているのかわからない袋とのこと。ドイツ人記者曰く、「おそらく日本の運命を左右するのは守備」と指摘。「ニッポンが後方に安定性を持ち入れることができなければ、カガワらが前線で最大級のスペクタクルを演出しても、大きな意味をなさない」と記事を締めくくった。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.15 16:56 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース