ローマMFペッレグリーニ、右足負傷でイタリア代表に合流せず…2017.10.05 03:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは4日、イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが負傷したことを発表した。全治までは7~10日を要する見込みだとのことだ。

▽ペッレグリーニは、1日に行われたセリエA第7節のミラン戦に30分から出場するも、プレー中に負傷。検査の結果、右ヒラメ筋に腫れがあると診断された。

▽なお、ペッレグリーニはロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のマケドニア代表(6日)、アルバニア代表(9日)に臨むイタリア代表に選出されていたが、今回は合流せず治療に専念するという。

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴラン、チームのポイントロスとともに歯も失う

▽ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが不運に見舞われた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ローマは、25日に行われたセリエA第26節でミランをホームで迎え撃ったが、0-2で敗戦。上位陣追走を狙った5位のローマだったが、ミランに足踏みを食らった。 ▽その試合に先発したナインゴランは、歯を折るハプニング。コートジボワール代表MFフランク・ケシエの不可抗力ながらヒジ打ちを受け、前歯1本を失った。 ▽それでも、闘志をみなぎらせるナインゴランは、しばらくの治療を経て、プレーを続行。64分にFWエディン・ゼコと交代するまで奮闘したが、勝利に結びつかなった。 ▽チームが勝ち点3をロストしただけでなく、歯をも失ったナインゴラン。大事に至らなければ良いが…。 2018.02.26 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 0-2 ミラン《セリエA》

▽セリエA第26節、ローマvsミランが25日に行われ、0-2でミランが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_11_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 好守も見せたが、2失点 DF 25 ブルーノ・ペレス 5.0 雑なプレーが多く、2失点目はオフサイドトラップをかけ損ねた 44 マノラス 5.5 クトローネのフィジカルによく対応していたが、失点場面では付ききれず 20 ファシオ 5.5 正確なパス出しでビルドアップの起点に 11 コラロフ 5.0 攻撃参加時のプレーの質が低かった MF 7 ペッレグリーニ 5.0 もっとボールに絡みたい (→ジェルソン -) 6 ストロートマン 5.5 後半は相手の攻撃を抑えられず 4 ナインゴラン 5.0 失点につながりかねないミスパスを犯すなど精彩を欠いた (→ゼコ 5.0) 特に流れを変えるようなプレーはなかった FW 17 ジェンギズ・ユンデル 5.0 1本らしいミドルシュートを放つもそれ以外に見せ場はなかった (→デフレル 5.0) ゼコ同様、仕事ができなかった 14 シック 5.0 ゼコの代役はまだまだ荷が重い 8 ペロッティ 5.5 彼の仕掛けが少ない攻撃の形だった 監督 ディ・フランチェスコ 5.0 主力を一部温存したこともあって完敗に近い内容 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 終始、安定したゴールキーピングだった DF 2 カラブリア 6.5 ペロッティの対応に集中し、2点目を挙げる 19 ボヌッチ 6.0 安定した守備でチームを支えた。フィードも正確 13 ロマニョーリ 6.0 シックとのマッチアップで完勝 68 R・ロドリゲス 6.0 好調ジェンギズを封じた MF 79 ケシエ 6.0 攻守に利いていた 21 ビリア 6.0 中盤をコントロール 5 ボナヴェントゥーラ 6.0 ゴール前に絡んでアクセントを付ける (→モントリーボ -) FW 8 スソ 6.0 なかなか仕事ができなかったが、クトローネのゴールをアシスト (→ボリーニ -) 63 クトローネ 6.5 孤立していたが、少ないチャンスを決めきった (→カリニッチ 6.0) 自身の決定機はアリソンに阻まれたが、2点目をアシスト 10 チャルハノール 6.5 果敢にシュートを狙い、ゴールに迫った。多くのチャンスも演出 監督 ガットゥーゾ 6.5 好試合が続いており、好調は本物の様子。CL出場権争いに名乗り ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クトローネ(ミラン) ▽守備陣も好パフォーマンスを見せたが、やはり試合を動かしたストライカーを選出。エースの働きを続け、決定的な仕事をこなしている。 ローマ 0-2 ミラン 【ミラン】 クトローネ(後3) カラブリア(後29) 2018.02.26 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランが敵地でローマ撃破! 3連勝でCL出場権争いに名乗り《セリエA》

▽セリエA第26節、ローマvsミランが25日に行われ、0-2でミランが快勝した。 ▽前節ウディネーゼ戦をジェンギズの3試合連続ゴールでリーグ戦3連勝としたローマ(勝ち点50)は3位に浮上。しかし、4日前に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦は1-2で逆転負けを喫した。そのシャフタール戦のスタメンから3選手を変更。ゼコ、デ・ロッシ、フロレンツィに代えてシック、ペッレグリーニ、ブルーノ・ペレスを起用した。そして、公式戦4試合連続ゴール中のジェンギズが引き続きスタメンとなった。 ▽一方、前節サンプドリア戦をR・ロドリゲスがPKを失敗したものの、ボナヴェントゥーラ弾で1-0と勝利して2連勝とした6位ミラン(勝ち点41)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦を1stレグのアドバンテージを生かして主力を温存し、1-0と勝利して順当にベスト16進出を決めた。そのルドゴレツ戦のスタメンから6選手を変更。スソやボヌッチ、ボナヴェントゥーラら主力がスタメンに戻った。 ▽徐々にポゼッションを高める入りを見せたローマは、5分にジェンギズがミドルシュートでGKドンナルンマを強襲。続く10分にもショートカウンターからペロッティが枠内シュートをマークしたローマが流れを引き寄せにかかる。一方、押し込まれ始めたミランは最前線のクトローネ目掛けてロングフィードを送るなどしてけん制。 ▽前半半ば以降もローマがボールを保持する展開が続いたが、互いにシュートに持ち込めず膠着状態が続く。結局、ハーフタイムにかけても睨み合いが続いた試合は、ミランがシュート0本に終わり、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽重苦しい前半を終えて迎えた後半開始3分、ミランが試合を動かす。クトローネのパスを受けたスソが右サイドからインスウィングにかけたクロスを上げると、ゴール前に詰めたクトローネがマノラスの前にポジションを取ってダイレクトヒールで流し込んだ。 ▽ここからヒートアップした試合はまずは失点したローマがペロッティのミドルシュートで反撃を窺う。対するミランもケシエ、チャルハノールのミドルシュートで応戦。57分にはスソのパスを受けたチャルハノールがボックス左から際どいシュートを浴びせて追加点に迫った。 ▽追うローマはナインゴランに代えてゼコを投入。シックとの2トップに移行し、圧力を強めていく。一方のミランはクトローネに代えてカリニッチを投入した。 ▽すると72分、ミランに決定機。カウンターに転じ、チャルハノールの右足アウトにかけたパスを受けたボックス中央のカリニッチがシュート。しかし、GKアリソンのファインセーブに阻まれる。 ▽それでも74分、ミランが突き放す。カリニッチとのパス交換でボックス中央に侵入したカラブリアがGKとの一対一を制した。終盤にかけてはミランが自陣に引いてローマの攻撃を受け止め、危なげなく時間を消化。3連勝としたミランがローマとのポイント差を6に縮め、CL出場権争いに名乗りを上げている。一方、連勝が3で止まったローマはCL圏外の5位に後退している。 2018.02.26 06:44 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第26節プレビュー】連勝同士のローマvsミランの好カード

▽前節はユベントスがトリノとのダービーをウノゼロで制し、SPALに同じくウノゼロで勝利した首位ナポリを1ポイント差で追走している。2強が連勝を10に伸ばした中、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではローマとラツィオが勝利し、それぞれ3位、4位に浮上。敗戦したインテルがCL圏外の5位に後退している。迎える第26節は日曜にローマvsミランの好カードが開催される。 ▽前節ウディネーゼ戦をスーパーミドルを叩き込んだジェンギズの3試合連続ゴールでリーグ戦3連勝としたローマ(勝ち点50)は3位に浮上。そして、水曜に行われたCLのシャフタール戦ではチームは1-2で逆転負けを喫したものの、覚醒したジェンギズの公式戦4試合連続ゴールが生まれ、アウェイゴールを持ち帰っている。完全に覚醒したトルコ代表アタッカーのプレーに引き続き注目が集まる中、CL圏を死守するとともに、好調ミランの勢いをここで止めておきたい。 ▽一方、前節サンプドリア戦をR・ロドリゲスがPKを失敗したものの、ボナヴェントゥーラ弾で1-0と勝利して2連勝とした6位ミラン(勝ち点41)は、木曜に行われたELルドゴレツ戦を1stレグのアドバンテージを生かして主力を温存し、1-0と勝利して順当にベスト16進出を決めた。前節サンプドリア戦はガットゥーゾ体制後のベストマッチとも言える内容だったが、ローマ相手にも好パフォーマンスを継続できるかに注目だ。 ▽前節トリノとのダービーマッチを1-0と競り勝って10連勝とした2位ユベントス(勝ち点65)は、8位アタランタ(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。トリノ戦では新たにベルナルデスキとイグアインが負傷し、満身創痍気味のユベントス。共にアタランタ戦の欠場が見込まれる中、攻撃陣が手薄となったユベントスとしてはトリノ戦で戦列に復帰したディバラの活躍に期待が懸かる。なお、3日後にはコッパ・イタリア準決勝2ndレグでアタランタとの再戦が控える。 ▽一方、ドルトムントとELを戦ったアタランタは終盤まで持ち前のソリッドな守備でドルトムントを封じていたものの、痛いアウェイゴールを許して1-1の引き分けに持ち込まれ、ラウンド16に勝ち上がることはできなかった。ハードな戦いを強いられ、ユベントス戦に向けて厳しい状況だが、意地を見せることができるか。 ▽アランの序盤のゴールで危なげなくSPALに勝利して10連勝とした首位ナポリ(勝ち点66)は、14位カリアリ(勝ち点25)とのアウェイ戦を月曜に戦う。ELでは主力を起用し、ライプツィヒに敵地で2-0と勝利したものの、1stレグでの厳しい3失点での敗戦が響いてEL敗退に終わったナポリ。リーグ戦一本となった中、気持ちを切り替えてスクデット獲得に集中したい。 ▽主力数名の負傷欠場もあってジェノアに完敗した5位インテル(勝ち点48)は、最下位ベネヴェント(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。なかなか復調の気配が見えないインテルだが、ベネヴェント戦に向けてはイカルディ、ペリシッチ、ミランダの主力3選手が揃って復帰予想となっているのは朗報。また、途中出場で流れを好転させる働きを続けているラフィーニャが移籍後初の先発予想となっており、カラモーと共に救世主となれるかに注目だ。 ▽最後にインモービレの1カ月半ぶりのゴールでヴェローナに2-0と快勝し、連敗を3で止めて4位に浮上したラツィオは、7試合勝利のない16位サッスオーロ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。ELではステアウア・ブカレストにインモービレのハットトリックなどで逆転でのベスト16進出を決め、負の流れを完全に断ち切った印象。不調のサッスオーロを確実に下して4位死守としたい。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第26節 ▽2/24(土) 《26:00》 ボローニャ vs ジェノア 《28:45》 インテル vs ベネヴェント ▽2/25(日) 《20:30》 クロトーネ vs SPAL 《23:00》 フィオレンティーナ vs キエーボ ヴェローナ vs トリノ サンプドリア vs ウディネーゼ サッスオーロ vs ラツィオ 《26:00》 ユベントス vs アタランタ 《28:45》 ローマ vs ミラン ▽2/26(月) 《28:45》 カリアリ vs ナポリ 2018.02.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トッティが元同僚サラーを絶賛「世界最高の選手の1人」

▽ローマのレジェンドにして現在クラブのフロントで働く元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、昨夏リバプールに旅立ったエジプト代表FWモハメド・サラーを「世界最高の選手の1人」と絶賛している。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽サラーはローマでの2シーズンの活躍を経て、昨夏5000万ユーロ(約66億円)でリバプールに加入。チェルシー時代に苦しんだプレミアリーグのスタイルに瞬く間に順応すると、ここまで公式戦36試合に出場し30ゴールを挙げる大活躍を見せている。 ▽トッティ氏はかつての同僚であるサラーが現時点で世界最高の選手の1人であると主張。同時に同選手が多くの伸びしろを残していると語っている。 「現時点で彼がプレーしているレベルを判断すると、間違いなく世界最高のプレーヤーの1人だと思う」 「そして、個人的には彼がもっとできると思うし、改善していくと考えている」 「私は彼のことをよく知っている。彼は大切な友人であり、プレーヤーとしてより成長していってほしいと思っている」 「彼はここまで正しいことをしてきた。彼はトレーニングから懸命に働き、ゲームでもハードワークしている。同時にコーチたちからのアドバイスをよく聞き入れている。だからこそ、いまの素晴らしいパフォーマンスがあるんだ。そして、彼は今後もう1つ上のレベルに到達していくはずだ」 2018.02.23 03:32 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース