ローマMFペッレグリーニ、右足負傷でイタリア代表に合流せず…2017.10.05 03:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは4日、イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが負傷したことを発表した。全治までは7~10日を要する見込みだとのことだ。

▽ペッレグリーニは、1日に行われたセリエA第7節のミラン戦に30分から出場するも、プレー中に負傷。検査の結果、右ヒラメ筋に腫れがあると診断された。

▽なお、ペッレグリーニはロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のマケドニア代表(6日)、アルバニア代表(9日)に臨むイタリア代表に選出されていたが、今回は合流せず治療に専念するという。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、移籍金91億円でブラジル代表GKアリソンの獲得に迫る

レアル・マドリーが、ブラジル代表GKアリソンに関して、同選手の所属先であるローマとの移籍交渉を進展させているようだ。スペイン紙『アス』が報じた。<br><br>2017-18シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリー。偉業を成し遂げて退任したジネディーヌ・ジダン前監督はGKに関して、ケイロル・ナバスを信頼して起用してきた。<br><br>しかし、ジダン前監督とのバトンタッチでフレン・ロペテギ監督が就任する新シーズンは、守護神の変更があるかもしれない。『アス』によれば、ローマとレアル・マドリーはここ数日の間でアリソンの移籍交渉を進展させているようだ。移籍金に関して、現地メディアの情報では7000万ユーロ(約91億円)前後になると推測されている。<br><br>ブラジル代表でもマンチェスター・シティGKエデルソンを抑える形で守護神を務めてきたアリソン。2017-18シーズンにローマのCLベスト4入りなどに貢献して株を上げたGKが、&ldquo;白い巨人&rdquo;のゴールマウスを守ることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.14 22:36 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがFFP違反回避! UEFAがFFPに関する各クラブへの処分内容を開示

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。 ▽今回の処分内容で大きな注目を集めたのは、UEFAがパリ・サンジェルマン(FFP)の2015~2017年の財務状況に関しての調査を終了し、処分なしと判断されたことだった。 ▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマール獲得時に2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金を支払い、今夏に1億8000万ユーロ(約234億円)での買い取りが予定されるフランス代表FWキリアン・ムバッペをモナコからレンタルで獲得した。そのため、以前から移籍市場に大量の資金を投下してきたクラブのFFP違反は確実と目されていた。 ▽だが、UEFAの調査委員会は前述の期間の財務状況に問題はなく、現時点で処分を下すことはないことを確認した。その一方、UEFAは2017年夏からの移籍市場の動き、2018年度の財務状況に関しては厳しく監視を行うことを通達しており、今後の状況次第で処分を科す可能性を認めている。 ▽そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、PSGは今月末までに6000万ユーロ(約78億円)の資金調達が必要となり、主力選手の売却を余儀なくされるという。その候補に関してはバレンシアが買い取りを目指すポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスらの名前が挙がっている。 ▽その他のクラブではこれまでUEFAと和解協定を結んでいたローマとモナコ、FCクラスノダール、ロコモティフ・モスクワ、ゼニトの5クラブが期限内でのFFP遵守が確認されたことで、和解協定からの離脱が発表された。 ▽これによって前述の5クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。 ▽一方、インテルとフェネルバフチェ、トラブゾンシュポルの3クラブに関しては2017-18シーズンにUEFAと結んだ和解協定における一部目標を達成したものの、協定からの離脱はならず。引き続き和解協定を継続することになった。 ▽そのため、来シーズンにチャンピオンズリーグ参戦となるインテルは通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限されることになり、今夏の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強は難しい状況だ。 ▽また、FFP違反を犯したガラタサライ、マルセイユ、マッカビ・テル・アビブの3クラブに対しては罰金処分が科されることになった。 2018.06.14 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

残留か、移籍か…アリソン「W杯前に全て解決したい」

▽ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)が去就決定時期を明かした。『ESPN』が伝えている。 ▽ブラジル代表の一員としてロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むアリソン。その裏でレアル・マドリーやリバプール、チェルシーといったクラブの関心も取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 ▽渦中のアリソンは、母国ブラジルメディア『グローボ』で去就について次のように言及。W杯前の去就決定を希望した。 「W杯前に全てが解決されると思っている。僕の希望に沿う形でね。あとのことは全て代理人に任せている。W杯前に解決できなければ、その後に話し合う。今はブラジル代表に100%集中したい」 2018.06.12 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

クライファートJrがローマ移籍へ…11日に現地入り、推定移籍金26億円

▽アヤックスに所属するオランダ代表FWジャスティン・クライファート(19)のローマ移籍が決定的になった。 ▽バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つジャスティン・クライファート。今シーズンの公式戦36試合で11ゴール5アシストを記録したが、5月にクラブとの軋轢が明らかとなり、数多くのクラブによる争奪戦の様相を呈していた。 ▽そうした中、ジャスティン・クライファートは11日、ローマに到着。『フットボール・イタリア』によれば、12日にもローマ入りに向け、メディカルチェックを受ける予定とみられる。 ▽なお、ローマとアヤックスは、移籍金1800万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額2000万ユーロ(約25億9000万円)で合意。選手とは年俸200万ユーロ(約2億5000万円)の5年契約が結ばれたという。 2018.06.12 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クライファート氏、息子のアヤックス退団を認める「残留したほうがいいと思うが…」

パトリック・クライファート氏は、息子であるアヤックスFWジャスティン・クライファートが移籍する可能性が高いことを『ESPN』に明かした。<br><br>J・クライファートは今季リーグ戦で10ゴール5アシストを記録。元オランダ代表ストライカー氏を父に持つ19歳の若きオランダ代表FWには多くのビッグクラブが興味を示していると言われている。<br><br>移籍金1800万ユーロ(約23億円)でのローマ移籍が合意間近との報道もある中、父であるP・クライファート氏が息子のアヤックス退団は決定的であると語った。<br><br>「個人的にはもう1年アヤックスに残ったほうがいいと思うと彼には伝えたよ。19歳とまだ若いが、自分で決断する権利がある。父親としては彼の決断を尊重しなくてはいけない。アヤックスを去ることになりそうだ。90%の確率で移籍することになると思うよ」<br><br>しかしイタリアのACミランでプレー経験があるP・クライファート氏は、息子が海外でプレーすることに不安があるようだ。<br><br>「彼が退団した方いいと思ったのなら、そうするしかないさ。しかし、将来何が待ち受けているのかを知る必要があるんだ。19歳で外国に行くというのは難しいことさ。簡単ではないよ。慎重にクラブを選んで、将来についてしっかり話し合う必要がある」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.11 21:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース