イグアインが再び招集外… アルゼンチン代表がメッシら国外組クラブ所属の21名を発表《ロシアW杯南米予選》2017.09.16 02:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は15日、来月行われる2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のペルー代表戦(10月5日)とエクアドル代表戦(同10日)に向けた国外クラブ所属メンバー21名を発表した。

▽今月、行われたウルグアイ代表戦とベネズエラ代表戦を2分けで終え、ロシアW杯ストレートインとなる4位以内浮上のチャンスを逃した5位のアルゼンチンは、来月の予選2試合に向けて、エースのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、ベネズエラ戦で負傷したMFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) ら主力を順当に選出。

▽一方でFWゴンサロ・イグアイン(ユベントス)は今回も招集外となっている。今回発表されたアルゼンチン代表メンバーは以下の通り。

アルゼンチン代表外国クラブ所属メンバー
GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ナウエル・グスマン(ティグレス/メキシコ)
アグティスン・マルチェシン(クラブ・アメリカ/メキシコ)

DF
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ/スペイン)
フェデリコ・ファシオ(ローマ/イタリア)
ジェルマン・ペッゼッラ(フィオレンティーナ/イタリア)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)
エマヌエル・マンマナ(ゼニト/ロシア)

MF
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
エベル・バネガ(セビージャ/スペイン)
ルーカス・ビリア(ミラン/イタリア)
アレハンドロ・ゴメス(アタランタ/イタリア)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル)
マルコス・アクーニャ(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
レアンドロ・パレデス(ゼニト/ロシア)
エミリアーノ・リゴーニ(ゼニト/ロシア)

FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド)
パウロ・ディバラ(ユベントス/イタリア)
マウロ・イカルディ(インテル/イタリア)

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチン、次期監督にペケルマン招へいか

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)が、コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督(68)の招へいを画策しているようだ。アルゼンチン『Ole』が報じている。 ▽アルゼンチンは今回のロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16敗退。これを受けて、15日に、2017年6月から指揮を執っていたホルヘ・サンパオリ監督を解任した。後任にアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督らが候補に挙がる中、『Ole』はかつてアルゼンチン代表で指揮を執ったペケルマン監督を推している。 ▽アルゼンチン人のペケルマン監督はこれまでアルゼンチンやチリのクラブのユース世代を指揮した後、2004年にアルゼンチン代表監督に就任。2006年のW杯ドイツ大会ではベスト8に進出したものの、準々決勝でドイツ代表に敗れ辞任を表明。その後はメキシコのクラブを率いた後、2012年にコロンビア代表監督に就任した。2014年W杯ではベスト8、今回はベスト16に導いた。 ▽『Ole』はペケルマンを次期監督に推す理由の1つとして、FWリオネル・メッシとの「良好な関係」を挙げている。2006年のW杯でも共闘した両者。ペケルマンはメッシをA代表にデビューさせた監督であり、メッシも恩師である同監督を高く評価しているという。さらに、2006年のW杯メンバーで“ペケルマン・チルドレン”と呼ばれるパブロ・アイマール氏やディエゴ・プラセンテ氏、リオネル・スカローニ氏らがコーチとしてペケルマン監督の下につくことも見込んでいるようだ。 ▽また、記事によればAFAはペケルマン監督を協会のマネージャーとして招くプランも立てているようで、1998年以来となる入閣も視野に入れている模様。いずれにせよ、AFAはペケルマンに全幅の信頼を寄せ、全ての舵取りを任せることを考慮しているという。 2018.07.17 16:13 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯ベスト16敗退のアルゼンチン、サンパオリ監督を解任

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は15日、ホルヘ・サンパオリ監督(58)を解任した。 ▽2017年6月からアルゼンチン代表の指揮を執るサンパオリ監督。ロシア・ワールドカップ(W杯)で1986年大会以来の優勝を目指した。だが、蓋を開けてみれば、結果はベスト16敗退。国民の期待に応えることができなかった。 ▽2022年まで契約を残していたサンパオリ監督は続投に意欲的だったようだが、AFAは同監督の弁護士と交渉。その末、AFAが契約解除金200万ドル(約2億2000万円)を支払うことで合意したとのことだ。 ▽なお、再起を期するアルゼンチン代表の次期監督として、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督らが候補に挙がっている模様だ。 2018.07.16 05:17 Mon
twitterfacebook
thumb

失意のサンパオリ、2億弱の契約解除報道

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)がホルヘ・サンパオリ監督(58)を解任した。アルゼンチン『Diario Ole』が報じた。 ▽2017年6月からアルゼンチン代表の指揮を執るサンパオリ監督。ロシア・ワールドカップ(W杯)で1986年大会以来の優勝を目指した。だが、蓋を開けてみれば、結果はベスト16敗退。国民の期待に応えることができなかった。 ▽伝えられるところによれば、2022年まで契約を残すサンパオリ監督は続投に意欲的だったとみられるが、AFAは同監督の弁護士と交渉。その末、AFAが契約解除金200万ドル(約2億2000万円)を支払うことで合意したという。 ▽なお、再起を期するアルゼンチン代表の次期監督として、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督らが候補に挙がっている模様だ。 2018.07.15 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月15日は、アルゼンチンをW杯初優勝に導いた1978年大会のMVP&得点王

◆マリオ・ケンペス 【Profile】 国籍:アルゼンチン クラブ:ロサリオ・セントラル、バレンシア、リーベル・プレート 誕生日:1954年7月15日 ポジション:FW 身長:182㎝ 体重:78㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月15日は、元アルゼンチン代表FWマリオ・ケンペス氏だ。 ▽1971年に母国・アルゼンチンのインスティトゥートでプロキャリアをスタートさせたケンペス氏は、ロサリオ・セントラルで加入した1974年にアルゼンチン1部リーグで25得点を挙げて得点王になったことでブレイク。ゴールスコアラーとしての地位を確立していき、1976年にバレンシアに加入すると2シーズン連続で得点王を獲得した。在籍した4年間でコパ・デル・レイ、UEFAカップウィナーズカップ、UEFAスーパーカップのチームタイトルを手に。その後はリーベルプレート、バレンシア復帰、エルクレスを経て、オーストリア、チリのクラブを渡り歩き、1996年に現役を退いた。 ▽豪快な突破力と爆発的な得点力から「闘牛士(エル・マタドール)」と呼ばれたケンペス氏は、3度のワールドカップに出場している。代表通算43試合20得点の成績を持ち、自国開催となった1978年のワールドカップでは唯一の海外組として6得点を記録して同国初のW杯優勝に大きく貢献。個人としても得点王とMVPを獲得した。 ▽現役引退後は、インドネシアやアルバニア、ボリビアといった小国のクラブチームを率いるも目立った成績は残していない。以降、解説者などで活躍していたが、最近フランスメディアは同氏がアルゼンチン代表新指揮官に立候補する可能性を報道。もしかしたら近々、レジェンドストライカーが代表監督として帰ってくるかもしれない。 ※誕生日が同じ主な著名人 武藤嘉紀(サッカー選手/マインツ) 谷口彰悟(サッカー選手/川崎フロンターレ) 田中順也(サッカー選手/ヴィッセル神戸) アレクサンダー・フライ(元サッカー選手) 平野孝(サッカー解説者) 三浦泰年(サッカー指導者/鹿児島ユナイテッドFC) 柱谷哲二(サッカー指導者/ギラヴァンツ北九州) 狩野舞子(バレーボール選手) 今宮健太(プロ野球選手) 久住小春(女優) すみれ(モデル) 柏木由紀(アイドル/AKB48、NGT48) 柴田英嗣(お笑い芸人/アンタッチャブル) 小池百合子(第20代東京都知事) 2018.07.15 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

神頼みが足りず敗退?アルゼンチンに伊メディアが皮肉「法王の招待を受けていれば…」

ロシア・ワールドカップにおいて決勝トーナメント1回戦でフランスに敗れたアルゼンチンについて、イタリアメディア『スカイスポーツ』が8日、皮肉を述べた。<br><br>アルゼンチンはロシアW杯のグループリーグを1勝1敗1分の成績で2位突破し、決勝トーナメントではフランスと対戦。打ち合いの末、3-4で敗退した。世界最高峰のFWリオネル・メッシ擁するアルゼンチンだが、またしてもW杯の頂点を極めることはできなかった。イタリアメディアは、「アルゼンチン&hellip;実現しなかったあの祝福」との見出しをつけ、神を味方につけられなかったのではないかと皮肉に論じた。<br><br>W杯開幕前の5月、サッカーファンとしても知られるフランシスコ・ローマ法王は、母国アルゼンチン代表を招待。4年に一度のサッカーの祭典へ向けて、代表チームの祝福を申し出ていた。しかし、アルゼンチンサッカー協会(AFA)はイタリア訪問を予定しておらず、ローマ法王の招待を辞退することになった。アルゼンチン代表のローマ法王謁見は、準優勝に終わったブラジル大会の前年の2013年が最後となっており、「アルゼンチン代表の結果を見ると、法王の招待を受け入れていた方が良かったのではないだろうか」と綴っている。<br><br>なお準々決勝では、同じく南米を代表するブラジルがベルギーに1-2で敗れ、敗退。ブラジルとはライバル関係にあるアルゼンチン出身のローマ法王だが、広場でブラジル国旗を振るファンに対し、「ブラジルの皆さん、勇気を出して。次の機会は訪れるだろう」と激励の言葉を送っている。<br><br>>提供:goal.com 2018.07.09 18:25 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース