ライプツィヒがデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンと2021年まで契約延長2017.09.14 20:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒは14日、デンマーク代表FWユスフ・ポウルセン(23)との契約延長を発表した。新契約は2021年までとなる。

▽Y・ポウルセンは、デンマークのリンビーBKの下部組織で育ち、2013年7月にRBライプツィヒへと移籍。昨シーズンはブンデスリーガで29試合に出場し5ゴール4アシストを記録。チームの躍進に貢献していた。

▽今シーズンはブンデスリーガで2試合、チャンピオンズリーグデビューも果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒ、ヴォルフスブルクにドローで3戦勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは12日、ブンデスリーガ第16節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節マインツ戦を2-2と引き分け、ここ2試合勝利のない2位ライプツィヒ(勝ち点27)が、11位ヴォルフスブルク(勝ち点18)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽立ち上がりから仕掛けたライプツィヒは7分に決定機。相手選手のクリアボールがボックス右に流れ、ヴェルナーがシュート。枠の左を捉えていたが、GKにセーブされる。 ▽良い入りを見せていたライプツィヒだったが、14分にPKを献上する。ゴメスをボックス内のコナテが倒してしまった。これをフェルハーフに決められ、先制されてしまう。 ▽失点を受けてさらに前がかったライプツィヒだったが、自陣に引くヴォルフスブルクを崩し切れない。結局、序盤のヴェルナーのシュート以外に目立ったチャンスは作れず前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半もライプツィヒが押し込む展開とすると、53分に同点に追いついた。ボックス中央のY・ポウルセンのパスをボックス左に走り込んだハルステンベルクがスライディングシュートでゴール右に流し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るライプツィヒに対し、56分にゴメスのミドルシュートでゴールを脅かしたヴォルフスブルクは、そのゴメスに代えてオリジを投入。 ▽一進一退の攻防が続くと、78分にヴォルフスブルクに決定機。左クロスがディフレクトし、ゴール前でフリーのオリジがボレー。しかし、シュートを枠の上に外してしまった。 ▽終盤にかけては互いにチャンスを生み出せなかった中、試合終了間際にピンチを迎えたライプツィヒだったが、GKグラクシの好セーブで何とか1-1のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、ライプツィヒは3戦勝利なしとなった。 2017.12.13 04:34 Wed
twitterfacebook
thumb

連敗同士のライプツィヒvsマインツは痛み分け! マインツの武藤は招集外《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、RBライプツィヒvsマインツが9日にレッドブル・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。なお、マインツのFW武藤嘉紀はベンチ外となった。 ▽公式戦2連敗中の2位ライプツィヒと同じくリーグ戦2連敗中の14位マインツが3試合ぶりの勝利を目指す一戦。試合は開始6分にロングカウンターに抜け出したクアイソンが決定機に持ち込むなど、[5-3-2]の守備的な布陣でカウンターを狙うアウェイチームが良い入りを見せる。 ▽一方、ボールを持たされてやや攻めあぐねる状況が続くライプツィヒだが、時間の経過と共にヴェルナーらの個人技でフィニッシュの場面を増やしていく。すると29分、見事なダイレクトプレーから先制点を奪う。右サイドのライマーがボックス右のポウルセンの足元に斜めのパスを入れると、これをデンマーク代表FWがワンタッチでマイナスに落とす。これをデンメがダイレクトで折り返すと、最後はカンプルが冷静に右足のシュートをゴール右上隅に突き刺し、移籍後初となるリーグ戦ゴールを記録した。 ▽上々の滑り出しを見せながらも先制を許したマインツだがその後も粘り強く戦うと、38分にはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による判定覆りでボックス手前右の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのブロシンツキの右上隅を直接狙ったシュートは相手GKの好守に阻まれるが、こぼれ球をクアイソンが押し込んで同点に追いつく。 ▽前半終盤にかけては再び一進一退の攻防が続くが、前半アディショナルタイムにスコアが動く。ゴール前の競り合いでDFバログンがデンメを倒し、ライプツィヒにPKが与えられる。ここで主審はこの試合2度目のVARを使い判定を確認するが今度は覆らず。これをキッカーのヴェルナーが冷静に流し込み、ライプツィヒが勝ち越して前半を終えた。 ▽迎えた後半、ライマー、イルザンカーに代えてブルマ、コンパーを投入して攻勢を強めるライプツィヒは、セットプレーからベルナルド、ポウルセンがドリブル突破からフィニッシュに絡むなど、攻勢を続ける。 ▽対するマインツもベルグレーンの投入から流れを引き戻しにかかる。しかし、要所で仕掛けるカウンターはことごとく相手の守備に絡めとられ、なかなか決定機まで持ち込めない。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、マインツが土壇場で追いつく。87分、途中出場のマキシムの左CKをゴール前で競り勝った同じく途中出場のベルグレーンが頭で右隅に流し込んだ。試合終了間際にはライプツィヒにこの試合2つ目のPKが与えられそうな場面もあったものの、試合はこのままタイムアップ。共に連敗をストップしたものの、2度のリードを守り切れなかったライプツィヒにとっては痛恨のドローとなった。 2017.12.10 02:01 Sun
twitterfacebook
thumb

10人同士の一戦で快勝ポルトが2大会連続の決勝T進出! タリスカの劇的弾に沈んだライプツィヒはELへ…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループG最終節のポルトvsモナコが6日に行われ、5-2でポルトが勝利した。 ▽11月21日に行われたベシクタシュ戦をドローで終え、最終節に望みをつないだ2位のポルト(勝ち点7)が、ホームにグループ最下位が決定しているモナコ(勝ち点2)を迎えた一戦。ファルカオやファビーニョら主力を温存したモナコに対し、ポルトは9分に先手を取る。 ▽バイタルエリア右でFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。相手DFにクリアされたセカンドボールをペナルティアーク手前のブラヒミがワンタッチでゴール前に送ると、ゴール前に抜け出したアブバカルがダイレクトでゴールに流し込んだ。 ▽さらに33分、右サイドでボールを受けたアンドレ・アンドレがボックス右付近からマイナスのクロスを供給。ペナルティアーク手前のダニーロがワンタッチでボールを捌くと、ボックス左でパスを受けたアブバカルがGKベナーリオの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽リードを2点に広げたポルトだが39分、中盤でボールの奪い合ったフェリペがゲザルとやり合って両者にレッドカードが提示され、10人同士の戦いとなる。しかし、ポルトは45分にもアブバカルのパスに抜け出したブラヒミがゴールネットを揺らし、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはモナコ。61分、左クロスをニアでディアカビがフリックすると、これがマルカノの手に当たりPKを獲得。これをグリクが決め、モナコが1点を返した。 ▽1点を返されたポルトだが66分、ボックス左手前でパスを受けたA・テレスが左足を振り抜くと、このミドルシュートがゴール右下に突き刺さり、再びリードを3点に広げた。 ▽一方、モナコは78分に途中出場のケイタが上げた左クロスからこちらも途中出場のファルカオのヘディングシュートで1点を返したが、ポルトは88分に途中出場のソアレスがゴールネットを揺らし、5点目を奪取。結局、ホームで5ゴールを奪ったポルトがモナコを下し、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日に行われたグループGのもう1試合、ライプツィヒvsベシクタシュは、1-2でベシクタシュが勝利した。試合が動いたのは10分、ボックス右深くまで切り込んだレンスがオルバンに倒されPKを獲得。これをネグレドが確実に決め、ベシクタシュが先制した。 ▽グループステージ突破へ勝利がほしいライプツィヒは、87分にドリブルで中央を切り裂いたナビ・ケイタがゴールネットを揺らし、同点に追いつく。しかし、ベシクタシュは後半終了間際の90分にボックス左でボールを受けたジナルのクロスをタリスカがボレーシュートで流し込み、勝ち越しに成功。 ▽結局、試合はタリスカのゴールで逃げ切ったベシクタシュが2-1で勝利した。この結果、グループG首位通過が決まっているベシクタシュに加え、ポルトがグループ2位で決勝トーナメント進出。3位のライプツィヒはヨーロッパリーグへ回ることとなった。 ■グループG順位表■ [勝ち点 / 得失点] 1.ベシクタシュ[14/6] 2.ポルト[10/3] 3.ライプツィヒ[7/1] 4. モナコ[2/-10] 2017.12.07 06:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがラングニックSDと2021年まで契約延長

▽ライプツィヒは27日、ラルフ・ラングニックSD(スポーツ・ディレクター)との契約を2021年まで延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。 ▽契約延長に至ったラングニック氏は公式サイトで次のように語っている。 「これからも見事な成長を見せている素晴らしいクラブで長く共に歩んでいけることを嬉しく思う。エキサイティングなこの数年間でブンデス一部へと飛躍を果たし、さらにクラブ史上初となる欧州での舞台での戦いでも存在感を見せている。ミンツラフ代表やクラブのスタッフと共に、これからも成長を目指していきたいと思う」 ▽2012年からライプツィヒでSDを務めるラングニック氏は、2015-16シーズンは監督も務め、4部からチャンピオンズリーグ出場を果たすまでの飛躍に大きく貢献。当初は姉妹クラブであるザルツブルクとのSDを兼任していたものの、2015年からはライプツィヒのSDを専任している。 2017.11.27 22:52 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季ベスト4のモナコが敗退…3位ライプツィヒは最終節での逆転突破目指す《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、モナコvsRBライプツィヒが21日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、アウェイのライプツィヒが4-1で勝利した。この結果、モナコの最下位とグループステージ敗退が決定した。 ▽昨季のベスト4チームながらここまで唯一の未勝利と不調が続く最下位モナコ(勝ち点2)は、今節勝利を逃すと敗退が決定する。それでも、時差の関係で数時間前に行われた試合で、2位のポルト(勝ち点6)が首位ベシクタシュ(勝ち点10)と1-1のドローに終わったため、この試合を戦う前に突破の可能性がなくなるという最悪の事態を免れた。必勝を期して臨んだこの一戦では、シディベとレマルを負傷で欠いたものの負傷明けのファルカオが先発に復帰した。 ▽一方、初出場で決勝トーナメント進出を目指す3位ライプツィヒ(勝ち点4)は、2位ポルトが引き分けたことで今節の勝利によって勝ち点7で並ぶ可能性が浮上。前回対戦で引き分けたモナコとのアウェイゲームに向けては、ヴェルナーやフォルスベリ、ナビ・ケイタら主力が揃ってスタメン入りした。 ▽試合は思わぬ形で早々に動く。開始6分、右サイドに抜け出したサビツァーが低くて速いクロスを入れると、戻りながらの対応となったDFジェメルソンのクリアミスがそのままゴールネットに吸い込まれる。さらに直後の9分にはオウンゴールで動揺したか、最終ラインからジェメルソンが不用意に出した縦パスをカットしたカンプルのラストパスに抜け出したヴェルナーがロブ気味のオシャレなシュートで追加点を奪った。 ▽ジェメルソンの痛恨ミスで瞬く間にビハインドを背負ったモナコは、すぐさま反撃に出るが、ケイタやファルカオのシュートがことごとくGKの正面を突くなど、ゴールが遠い。すると31分にはライプツィヒのセットプレーの場面でファルカオがボックス内でオルバンを倒してしまい、痛恨のPK献上。これをヴェルナーに決められて、3失点目を喫した。 ▽その後、相手選手との交錯で鎖骨を痛めたサビツァーが負傷交代するアクシデントに見舞われたライプツィヒに対して、モナコが意地のゴールを奪う。43分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でロニー・ロペスがゴール前に入れたボールを、飛び出したGKより先に頭で触ったファルカオが先ほど与えたPKを帳消しにした。だが、この2分後にはボックス中央でクサビを受けたナビ・ケイタに巧みな反転シュートを流し込まれ、モナコは再び3点のビハインドを背負い前半を終えた。 ▽前半で大勢が決したことで、後半はこう着した展開が続く。ホームで意地を見せたいモナコは、ディアカビやゲザルらを投入して攻勢を強めていくが、流れの中でなかなか決定機を作れない。 ▽一方、ヴェルナーやフォルスベリを早い時間帯に下げて逃げ切り体勢に入ったライプツィヒは追加点こそ挙げられないものの、相手の反撃を冷静に凌ぎ切って試合をクローズ。結局、前半のゴールを守り切ったライプツィヒが敵地で4-1の大勝。当該成績で順位は3位のままとなったが、2位ポルトに勝ち点で並び最終節での逆転突破に望みを繋いだ。一方、自滅という形で大敗したモナコは、最終節を前に最下位とグループステージ敗退が決定した。 2017.11.22 06:59 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース