開幕戦黒星スタートのコンテ、ケイヒルの退場は「重要な瞬間だった」2017.08.13 12:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、新シーズンの開幕戦を終えて試合を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えた。

▽2016-17シーズンのプレミアリーグを制したチェルシーは、開幕戦でホームにバーンリーを迎えた。

▽しかし、14分にキャプテンでもあるDFギャリー・ケイヒルが一発退場。数的不利となると、前半のうちに3失点を喫してしまう。

▽後半に入り反撃に出ていたチェルシーだったが、1-3で迎えた81分にはMFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場し9人に。その後ダビド・ルイスのゴールで1点差に迫るも、2-3で黒星スタートとなっていた。

▽試合後、コンテ監督はケイヒルの退場がチームにとってのターニングポイントであったとコメント。それでも、後半の出来は良かったと語った。

「ギャリー(・ケイヒル)のレッドカードの後、我々は落ち着きを失い、3得点を許してしまった。確かに重要な瞬間だった」

「我々は多くのことを改善する必要がある。このような状況が起こる可能性はあるが、我々は注意を払い、ベストを尽くす為の残りの試合があることを考えなければならない」

「3つのゴールを許し、後半で結果を変えることは非常に難しい。選手たちの強い意志はとても誇りに思っている。今日は2つの顔を見た。1つはポジティブなもの、後半のことだ。もう1つはネガティブなもの。前半だね」

▽また、プレミアリーグのデビュー戦で1ゴール1アシストを記録したスペイン代表FWアルバロ・モラタについてもコメント。改善の余地があるとしながらも、この試合でのパフォーマンスを評価した。

「アルバロは改善の余地があると思う。我々のスタイルにフィットするために、とてもうまくやっていたし、ハードワークをし、動きにキレもあった。確かにとても良いプレーだったよ。ゴールを挙げて、良いゲームにしていた」

▽開幕戦で敗れた王者チェルシーにとって、次節も厳しい戦いが待っている。相手は昨シーズン2位のトッテナム。それでもコンテ監督は、チームが仕事をしなくてはいけないと語った。

「我々は仕事をしなくてはいけない。そのことを知っている。それが、私と選手たちができる唯一のことだ。自分たちの仕事を信頼しなければならないので、心配はしていない」

「今日は、ペドロ、アザール、バカヨコと3名の負傷者がいて、モーゼスは出場停止だった。ペドロが次の試合に向けて回復できるかはわからないが、ケイヒルとファブレガスは出場停止になる」

コメント

関連ニュース

thumb

中盤の補強を進めたいチェルシー、PSGのポーランド代表MF獲得を検討

チェルシーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアクへ関心を強めているようだ。イギリス紙『ザ・サン』が報じている。<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督はレスター・シティののダニー・ドリンクウォーターに強い関心を寄せていたが、レスター側が4000万ポンド(約56億円)の移籍金を要求したため、話し合いはストップしたと見られている。<br><br>そこでチェルシーは、レンタルでクリホヴィアク獲得を検討しているようだ。<br><br>クリホヴィアクは、2016年にセビージャで指導を受けたウナイ・エメリの後を追いPSGへ移籍したが、公式戦でわずか19試合の出場に留まっていた。同選手にはチェルシーのほか、ミランやバレンシアも関心を示しているとされる。<br><br>PSGは今夏にバルセロナよりブラジル代表MFネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)で獲得した。これを受け、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の制度で、クラブの収支を合わせる必要があり、保有選手の売却が取り沙汰されている。<br><br>提供:goal.com 2017.08.21 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: トッテナム 1-2 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節トッテナム vs チェルシーが20日にウェンブリーで行われ、1-2でチェルシーが競り勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170821_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 FKからの失点は相手を褒めるべき DF 2 トリッピアー 5.5 ケガ明け。タイミングの良い攻撃参加が何度か見られた (→ヤンセン -) 4 アルデルヴァイレルト 6.0 モラタを危なげなく封じる 5 ヴェルトンゲン 6.0 ウィリアンに仕事をさせなかった 33 B・デイビス 5.5 高い位置を取り、ミドルシュートも放った (→ムサ・シッソコ -) MF 23 エリクセン 5.5 流れの中で良い仕事はできなかったが、FKでオウンゴール誘発 15 E・ダイアー 5.5 ビルドアップ時にポジションを変えながらボールを動かした (→ソン・フンミン 5.0) 試合に入れず 12 ワニャマ 4.5 ケガ明けで本調子ではなかった様子。ボールロストから2失点目に関与 19 デンベレ 5.5 攻撃にもっと絡みたかった 20 デレ・アリ 5.5 バイタルエリアで違いを生みだしきれず FW 10 ケイン 5.5 前半は果敢にシュートを狙うも後半は消された 監督 ポチェッティーノ 6.0 内容では圧倒。敗戦は受け入れ難い結果 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170821_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 29分のケインのシュートを好セーブで阻止 DF 28 アスピリクエタ 6.0 いつも通りの安定感あるプレー 27 A・クリステンセン 6.5 ケイヒル不在の中、3バックの中央に抜擢。期待に応えた 2 リュディガー 6.0 ミスなく堅実にこなした MF 15 モーゼス 6.0 守備に追われたが、ディフェンスで奮闘 14 バカヨコ 6.0 デビュー戦。中盤から何度かゴール前に飛び出した 30 D・ルイス 6.5 中盤アンカーでプレー。潰しの面でかなり効いていた 7 カンテ 6.0 ハードワークを欠かさず、ボールホルダーに寄せ続けた 3 マルコス・アロンソ 7.0 得意のFKで先制弾。そして決勝弾を奪う FW 22 ウィリアン 5.0 ポスト直撃のシュートはあったが、効果的なプレーは少なかった (→ペドロ 6.0) 決勝アシストをマーク 9 モラタ 5.5 立ち上がりの決定機を活かせず。カウンターで何度か脅威に (→バチュアイ 5.0) 頂けないオウンゴール 監督 コンテ 6.0 割り切った守備で勝利を拾う ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルコス・アロンソ(チェルシー) ▽文句なしで選出。今季の浮沈を占う大一番で2ゴールを奪い、チームを救った。 トッテナム 1-2 チェルシー 【トッテナム】 OG(後37) 【チェルシー】 マルコス・アロンソ(前24) マルコス・アロンソ(後43) 2017.08.21 02:06 Mon
twitterfacebook
thumb

M・アロンソの2発でチェルシーがトッテナムに競り勝ち今季初勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節トッテナム vs チェルシーが20日にウェンブリーで行われ、1-2でチェルシーが競り勝った。 ▽トッテナムは開幕節で10人になったニューカッスルに2-0と勝利した。そのニューカッスル戦のスタメンから2選手を変更。ウォーカー=ピータースとムサ・シッソコに代えてワニャマと負傷明けのトリッピアーが先発となった。システムはワニャマを中盤アンカーに据える[4-3-2-1]で臨んだ。 ▽一方のチェルシーは開幕節でケイヒルとセスクが退場して9人となった中、バーンリーに2-3と敗戦。そのバーンリー戦のスタメンから4選手を変更。出場停止のケイヒルとセスクらに代わって出場停止明けのモーゼスや負傷明けのバカヨコ、デビュー戦でゴールを決めたモラタが先発となった。また、A・クリステンセンが3バックの中央で起用された。 ▽D・ルイスを中盤のアンカーで起用する[3-1-4-2]で臨んだチェルシーがアグレッシブな入りを見せると、5分に決定機。アスピリクエタの右クロスにフリーのモラタが頭で合わせるも枠の右に外してしまった。 ▽立ち上がりのチェルシーの攻勢を受けたトッテナムだったが、徐々にポゼッションを高めていくと、10分にケインがミドルシュートでGKクルトワを強襲。その後もトッテナムが押し込んでいき、19分にはデンベレが際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽しかし24分、チェルシーが先制する。ボックス手前右でD・ルイスが得たFKをマルコス・アロンソが完璧な軌道を描いたシュートでゴール右上に流し込んだ。 ▽失点後も押し込み続けるトッテナムは、29分に同点のチャンス。E・ダイアーのスルーパスに抜け出したボックス右のケインがDFに競り勝ってシュート。しかし、GKクルトワの好守に阻まれた。 ▽前半終盤にかけてもトッテナムが押し込み続けると、42分に再び決定機。デレ・アリのパスを受けたボックス左のケインが右足でシュート。しかし、右ポストに直撃してしまう。その後もベン・デイビスのミドルシュートでゴールに近づいたトッテナムだったが、GKクルトワにセーブされ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もトッテナムが敵陣でのプレーを続けていく。しかし、水際で守るチェルシーを攻略するには至らない。そこで68分、E・ダイアーに代えてソン・フンミンを投入。 ▽劣勢が続くチェルシーは70分、カウンターからモラタが決定的なシュートに持ち込んでけん制する。さらに73分、ウィリアンが左ポスト直撃のミドルシュートを浴びせた。逃げ切りを図るチェルシーはモラタとウィリアンに代えてバチュアイとペドロを投入。前線をフレッシュにして前からの守備を強めにかかるも、この交代が裏目に出る。 ▽82分、左サイドからのFKをエリクセンがゴールに向かって蹴ると、ヘディングでクリアにかかったバチュアイが自陣ゴールに入れてしまった。同点として勢いに乗るトッテナムだったが、88分に勝ち越しを許す。ワニャマのボールロストからショートカウンターを受けると、ペドロのスルーパスでボックス左に抜け出したマルコス・アロンソにシュートを流し込まれた。 ▽これが決勝点となってチェルシーが2-1で逃げ切り。今季初勝利を手にしている。 2017.08.21 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ獲得で合意か

▽アトレティコ・マドリーが、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)の獲得に関してチェルシーと合意したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽オフシーズンにアントニオ・コンテ監督から戦力外であることを伝えられたといわれるジエゴ・コスタは、シーズンインしたチームに合流せず、現在ブラジルに滞在中。チェルシーへの合流を拒否していることで30万ポンド(約4200万円)の罰金処分を課されたとも伝えられている中、同選手は古巣アトレティコへの復帰を熱望しているとみられる。 ▽『アス』が『オンダ・セロ』の報道を基に伝えたところによれば、アトレティコはチェルシーとジエゴ・コスタの移籍に関して合意。移籍金は4500万ユーロ(約57億8000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約12億8000万円)と伝えられている。ただ、ジエゴ・コスタとチェルシーの問題が解決するまで、アトレティコは実際に移籍金を支払って移籍を完了させることはないとみられている。 ▽なお、アトレティコは今夏に補強禁止処分を科されているため、ジエゴ・コスタを獲得しても冬の移籍市場が開くまで起用することが不可能な状況となっている。 2017.08.20 17:13 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーでの長期政権を望むコンテ「スタンフォード・ブリッジが大好き」

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、長期政権を望んでいることを明かした。イギリス『BBC』が報じた。 ▽コンテ監督は、昨夏3年契約でチェルシーの指揮官に就任。プレミアリーグ初挑戦となったシーズンでは、シーズン途中に3バックを採用するとチームの調子が上向き、見事にプレミアリーグを制した。 ▽チェルシーは、ロンドン市長から6万人収容の新スタジアム建設の許可を得ている。現時点で新スタジアムをいつから使用するのかは決定していないが、コンテ監督は新スタジアムでもチームを指揮したいことを語った。 「私にとっても、またクラブにとっても、このチームと一緒に新しいスタジアムでプレーしていくということは、素晴らしいチャレンジになるだろう」 ▽チェルシーで4年以上指揮を執った監督は、1981年から1985年にかけて指揮官を務めたジョン・ニール氏が最後となっている。コンテ監督は、この悪い記録を自身が打ち破りたいと語った。 「私はこの悪い記録を打ち破りたいと思う。ポジティブでなければならいね」 「新しいクラブで仕事をスタートさせた時、長い間そのクラブに残りたいと考えている。正直なところ、新しいスタジアムは素晴らしいだろう。ただ、私はスタンフォード・ブリッジが大好きだ。私の家のようだね」 ▽チェルシーがスタジアムを移転するためには、現在のスタンフォード・ブリッジを一時的に離れる必要がある。今シーズンはトッテナムがホワイト・ハート・レーンの改修のため、ウェンブリー・スタジアムを本拠地として使用することになるが、チェルシーも同じ道を辿ることになるだろう。ユベントス時代にもスタジアム移転を経験しているコンテ監督は、難しいことになるものの、チームの発展には必要だと見解を述べた。 「確かに、自分たちのスタジアムでプレーしている時とは同じではない。ただ、クラブがより改善していくために新たなステップを望むのであれば、このような状況は必要だろう」 2017.08.20 15:05 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース