吉田に決定機も決め切れず…サウサンプトン猛攻もスウォンジーにゴールレスドロー《プレミアリーグ》2017.08.13 01:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第1節のサウサンプトンvsスウォンジーが12日に行われ、0-0のドローに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽昨季を8位で終えたサウサンプトンは、プレミアリーグでの5年目となる吉田が開幕スタメンを飾った。今夏の去就が騒がれているファン・ダイクはベンチ外となった。

▽試合は序盤からサウサンプトンがペースを握った。35分にワード=プラウズがボックス手前でボールを受けると、巧みなシュートフェイントを用い、タイミングを外してシュートを放つ。しかし、これはDFにブロックされた。続く38分には吉田にチャンスが訪れた。敵陣左で得たFKの流れから、ボックス内で待つ吉田の下にボールがこぼれる。反応した吉田が倒れ込みながらも右足で合わせたが、枠を外した。

▽得点が動かずに試合を折り返すと、スウォンジーが攻勢をかけた。後半開始直後の47分、ボックス手前でパスを受けたエイブラハムは、キックフェイントで吉田をかわしてフリーの状態に。そのまま左足でシュートを放ったが、ゴールとはならなかった。

▽79分、再び吉田に決定機が訪れた。左サイドからのクロスに、ボックス内まで上がっていた吉田が反応。勢いよく頭を振り抜いて放ったシュートは、バーの上を越えていった。終盤にかけてもサウサンプトンがボールを支配するが、待望の得点は生まれない。

▽試合終了間際の92分にも、敵陣中央で得たFKのキッカーを務めた吉田が直接狙ったが、枠を捉えることはできなかった。結局、サウサンプトンが再三の決定機を決め切るには至らず。試合はスコアレスドローに終わって勝ち点1を得るに留まった。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、今冬イタリア代表FWエデル売却へ

▽インテルのイタリア代表FWエデル(31)の退団が近づいているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽2016年1月に、サンプドリアから買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したエデル。その夏には買い取りオプションが行使され、インテルへの完全移籍を果たした。昨シーズンはリーグ戦33試合に出場し8ゴール4アシスとまずまずの成績を残したものの、今シーズンはここまでリーグ戦出場15試合で1ゴール1アシスト。先発は1度もないという状態だ。 ▽そんな状況から、エデルには退団の噂が立っており、『TRANSFERmarketWEB』が伝えるところによれば、フィオレンティーナやレスター・シティ、WBA、リヨン、さらには古巣サンプドリアといったクラブから注目されているようだ。なお、エデルの現行契約は2021年6月までとなっている。 2018.01.11 01:07 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツ、フルアムにシャットアウト勝ち《FAカップ》

▽サウサンプトンは6日、FAカップ3回戦でフルアムとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)で10位に位置するフルアムとのFAカップ初戦に向けてサウサンプトンは最前線にロング、2列目に右からワード=プラウズ、デイビス、ブファルと並べた。 ▽吉田が[4-2-3-1]の左センターバックでスティーブンスとコンビを組んだサウサンプトンがボールを保持する流れで試合は推移していく。 ▽慎重な展開で試合が進み、互いにシュートシーンが生まれない中、29分にようやくサウサンプトンはデイビスのシュートでゴールに迫ると、直後に先制する。吉田のロングフィードを起点にボックス内でルーズとなったボールをワード=プラウズが左足でゴール右へ流し込んだ。 ▽続く33分にはブファルが個人技で左サイドゴールライン際を突破してシュート。しかし、GKにセーブされた。ハーフタイムにかけてはサウサンプトンが自陣に引いてフルアムの攻撃を抑え、1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、54分にサウサンプトンが追加点に迫る。ロングの右クロスをホイビュルクが受けてシュート。しかし、GKの守備範囲に飛んでゴールとはならなかった。 ▽その後もサウサンプトンは自陣に引いてフルアムの攻撃を抑え込んでいく。すると74分に追加点のチャンス。ワード=プラウズの右CKからニアの味方が逸らしてスティーブンスがヘッド。しかし、バーに直撃した。 ▽終盤にかけてフルアムの攻勢を凌いだサウサンプトンが1-0でシャットアウト。4回戦へ進出している。 2018.01.07 04:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ウォルコットがミランに売り込み!? 1月の移籍市場でセリエA挑戦か

▽アーセナルのイングランド代表FWセオ・ウォルコット(28)が、ミランに売り込みを実施していたようだ。イタリア『コッリエ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽2019年6月まで契約を残すウォルコットだが、アーセナルでは出場機会が限られており、移籍を考えていると報じられてきた。また、プレミアリーグでは4試合の出場に留まるも、公式戦13試合で見ると4ゴール5アシストと結果を残しており、自身がもっとプレーするべきだと考えて模様。 ▽そこでウォルコットは、再建途中のミランに自身を売り込んだようだ。今夏に行われるロシア・ワールドカップ出場を見据え、より出場機会を得られるチームに移籍することを考えているという。 ▽なお、ウォルコットに対しては下部組織時代を過ごしプロデビューを果たしたサウサンプトンやウェストハム、エバートン、ニューカッスルと言ったチームも興味を示しているようで、それらのクラブはレンタルでの獲得できないかを模索している段階だという。 2018.01.04 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

9試合勝利なしで吉田麻也に英メディアから厳しい評価…サウサンプトンは降格圏迫る

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、現地メディアから厳しい評価を付けられている。<br><br>サウサンプトンは2日、プレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスと対戦。ホームで先制しながら逆転負けを喫したサウサンプトンは、9試合勝利なしとなっている。<br><br>吉田は7試合連続のフル出場を果たしたものの、英メディアからの評価は芳しくない。『デイリー・メール』ではチーム最低タイとなる「5」の採点。『スカイスポーツ』では平均的な評価となる「6」となった。<br><br>11月から勝利のないサウサンプトンは、降格圏の18位ストークと勝ち点で並んでいる状況。次戦は13日のワトフォード戦と、やや時間が空くだけに、何とか持ち直したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.03 12:59 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場も逆転負け喫したセインツが9戦未勝利で17位まで後退…《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは2日、プレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスと対戦し、1-2で敗戦した。吉田はフル出場を果たした。 ▽リーグ戦8戦未勝利の13位サウサンプトン(勝ち点20)が、マンチェスター・シティの連勝をストップした17位クリスタル・パレス(勝ち点19)をホームに迎えた一戦。3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦を辛くも引き分けたサウサンプトンは、その試合から先発を2人変更。ホードとマックイーンに代えてバートランドとピエを先発で起用した。 ▽立ち上がりから一進一退が続く中、17分にスコアが動く。バートランドの左クロスが逆サイドに流れると、オーバーラップしたピエが拾い素早く折り返しを供給。最後はボックス中央のロングがゴール右にシュートを突き刺し、サウサンプトンが先制に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うC・パレスはキャバイエを下げてファン・アーンホールトを投入した。さらに64分にシュラップを下げてバカリ・サコをピッチに送り出した。 ▽すると69分、C・パレスに決定機。左FKのこぼれ球をバイタルエリア中央でタウンゼントが拾うと、ボックス内に浮き球のパスを供給。これをベンテケが頭で落とし、最後はゴール前に走り込んだマッカーサーがゴールで押し込んだ。 ▽同点弾を許したサウサンプトンは、71分にワード=プラウズを下げてデイビス、75分にホイビュルクを下げてガッビアディーニ、80分にタディッチを下げてレドモンドと続けて3枚の交代カード使い切る。 ▽しかし、直後に試合を動かしたのはC・パレスだった。80分、ボックス右角付近でボールを受けたタウンゼントが中央に横パスを送ると、バイタルエリアでフリーのミリボイェビッチがダイレクトシュート。このシュートにGKマッカーシーは一歩も動けず、ボールはゴール左隅に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。ホームで逆転負けを喫したサウサンプトンは、9試合未勝利で17位まで順位を落としている。 2018.01.03 06:55 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース