ルーニーの復帰弾で新生エバートンが白星スタート!《プレミアリーグ》2017.08.13 01:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、エバートンvsストーク・シティが12日にグディソン・パークで行われ、1-0でホームのエバートンが勝利した。

▽今夏ルカクを放出もルーニーの復帰やクラーセン、サンドロ・ラミレス、マイケル・キーンなど、大型補強を敢行した昨季7位の新生エバートンは、ホームでの開幕戦で13位のストークと対戦した。注目の先発メンバーでは、GKピックフォードやキーン、クラーセン、ルーニー、サンドロと今夏獲得した5人を早速起用し、ルーニーとサンドロを2トップに配した[3-5-2]の布陣を採用した。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続くが、徐々にボールを保持して相手を押し込むエバートンは、ルーニーを起点にグイエやサンドロがフィニッシュに絡んでいく。
▽互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機まで持ち込めない中、前半終了間際のアディショナルタイム1分、13年ぶりのグディソン・パーク凱旋を果たした新10番が先制点をもたらす。グイエとのパス交換でゴール前に走り込んだルーニーは、サンドロを経由して右サイド深くでボールを持ったカルバート=ルーウィンのクロスを冷静に頭で流し込んだ。

▽ルーニーの復帰弾で先手を奪ったエバートンは、後半も冷静に試合をコントロールする。前がかりになり始めたストークの攻撃を冷静に受けつつ、ルーニーが背後を狙うサンドロやカルバート=ルーウィンに決定的なミドルレンジのパスを何本も通すが、名手バトランドが守るゴールをあと一歩で崩し切れない。

▽その後、クラーセンやサンドロを下げてトム・デイビス、ミララスと昨季までの主力をピッチに送り出すエバートンに対して、ストークは長身FWクラウチと先日加入が決定したチュポ=モティングをピッチに送り出し、反撃に転じる。

▽試合終盤にかけてはクラウチとチュポ=モティングを使ったシンプルな長いボールでペースを掴んだストークの時間が続くが、試合終了間際にシャキリが放った枠の右上隅を捉える強烈なミドルシュートを新守護神ピックフォードが圧巻のビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。

▽13年ぶりの復帰を果たしたルーニーの復帰弾で勝ち切った新生エバートンが、白星スタートを飾った。なお、エバートンは次節にルーニーのかつてのライバル、マンチェスター・シティとのビッグマッチに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

去就注目のエジル&サンチェスが今季初ゴール! 10人エバートンに完勝のアーセナルがヴェンゲルの68歳誕生日に白星捧げる!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、エバートンvsアーセナルが22日にグディソン・パークで開催され、アウェイのアーセナルが5-2で快勝した。 ▽直近の公式戦4試合未勝利と今夏の大型補強も実らず、苦しい序盤戦となったエバートンは、指揮官クーマンが解任の可能性に言及するなど、苦境を迎える。公式戦5戦ぶりの勝利を目指す今節は1-2で競り負けたヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を欠場したルーニー、これがプレミアリーグデビューとなる若手DFケニーを起用するなど、数名のメンバー変更を行った。 ▽前節、ワトフォード相手に試合終了間際の痛恨失点で逆転負けを喫したアーセナルだが、直近のELでは多くの主力を温存した中、ジルーのゴールで接戦を制してグループステージ3連勝を飾った。今回の一戦ではGKチェフを除くフィールドプレーヤー全員を入れ替え、エジルとサンチェス、ラカゼットの3トップが初共演を果たした。 ▽試合開催日の10月22日に68歳の誕生日を迎えた指揮官ヴェンゲルに白星をプレゼントするため、立ち上がりからエンジン全開のアーセナルは、開始3分にラムジー、5分にコラシナツ、ラカゼットと続けてフィニッシュに持ち込むなど、敵地で積極的な入りを見せる。 ▽一方、難敵相手にホームで勝ち切りたいエバートンは、今月24日に32歳のバースデーを迎えるエースがいきなり魅せる。12分、高い位置で相手のビルドアップにプレッシャーをかけると、ジャカからグイエがボールを奪い、ボックス手前中央のルーニーにシュートチャンスが訪れると、右足の見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、プレバースデーゴールを決めた。 ▽敵地で厳しいスタートとなったアーセナルだが、その後はサンチェスの積極的な仕掛けや両ウイングバックの攻撃参加を活かし、サイドと中央をバランス良く使った厚みのある仕掛けを見せる。16分にはサンチェス、ラムジーの連続シュートに始まり、その後もボックス付近での細かい連携からサンチェスやラカゼットがGKとの一対一のチャンスを得るが、相手GKピックフォードの牙城をあと一歩で破れない。 ▽それでも、ホームチームを押し込み続けるアーセナルは40分、ボックス付近での波状攻撃からジャカが強烈なミドルシュートを放つと、これをGKピックフォードが前にこぼす。ルーズボールにいち早く反応したモンレアルのシュートはピックフォードに触られるも、そのままニアサイドに吸い込まれた。 ▽1-1のイーブンで折り返した中、エバートンは前半にカードをもらっていたうえ、際どい対応が目立っていたウィリアムズを下げてハーフタイム明けにトム・デイビスを投入。この交代でシステムを4バックに変更した。 ▽一方、前半終盤に追いついた勢いを後半も継続するアーセナルは、今後の去就が注目される2大エースが仕事を果たす。53分、左サイド深くに流れてパスを受けたサンチェスが絶妙なインスウィングのクロスをゴール前に供給すると、これをゴール前に走り込んだエジルが頭で流し込み、今季初ゴールを記録した。 ▽後半早い時間帯に試合を引っくり返したアーセナルは、その後も試合をきっちりコントロール。すると69分には前半にカードをもらっていたグイエがやや軽率なファウルで2枚目の警告をもらい退場に。アーセナルはリードに加えて、数的優位まで手にする。 ▽この退場をキッカケに完全に試合を掌握したアウェイチームは74分、ラムジーのワンタッチパスに抜け出した右サイドのエジルが丁寧に中央へ折り返すと、これをラカゼットが冷静に流し込み、3点目を奪取。その後、77分にそのラカゼットを下げて今季リーグ初出場のウィルシャーをピッチに送り出すと、90分にはウィルシャーのアシストからラムジーが決定的な4点目を奪う。 ▽その後、93分にはDFモンレアルとGKチェフの連係ミスから1人少ないエバートンのニアッセにゴールをプレゼントしてしまうが、95分にはボックス手前左でラムジーからパスを受けたサンチェスが右にドリブルで運びながら腰のキレを生かした右足のシュートを左隅に流し込み、エジルに続いて今季リーグ戦初ゴールを奪った。そして、10人のエバートンに完勝したアーセナルが、指揮官の68歳のバースデーに白星をプレゼントした。 2017.10.22 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンがELリヨン戦の乱闘における声明を発表…特定のサポーター告発へ

▽エバートンは20日、19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)リヨン戦での乱闘騒動について、該当サポーターに対する声明を発表した。 ▽64分ごろに、リヨンGKアントニー・ロペスと競り合ったエバートンDFアシュリー・ウィリアムズが意図的な腹部へのヒジ打ちで押し倒すというラフプレー、これをきっかけに両軍入り乱れる乱闘騒ぎとなる中、あるエバートン側のサポーター1名がリヨンの選手に危害を加える行為を働いた。事態を重く見たエバートンは後日、次のように声明を発表している。 「クラブはオリンピック・リヨンとの試合で64分に発生した事件の映像を見直しました。そこには、選手たちの乱闘に加わるサポーターが映し出されていました」 「我々は今すぐ対処されるべき個人を特定しました。今後、エバートンの試合・イベントなどへの参加を禁止し、クラブはマージーサイド警察へ正式な告発をいたします」 2017.10.20 19:47 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨンに競り負けたエバートンが3戦未勝利で敗退危機に…イリチッチ躍動のアタランタが首位キープ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第3節、エバートンvsリヨンが19日に行われ、アウェイのリヨンが2-1で勝利した。 ▽エバートン、アタランタ、リヨンと欧州主要リーグの上位チームが同居した今グループステージ最激戦区のグループE。初戦のアタランタ戦を落とし、格下アポロン・リマソル相手にも勝ち切れず、まさかのグループ最下位に沈むエバートンは、公式戦3戦未勝利と低迷が続く。必勝が求められる今節だが、週末にアーセナルとのリーグ戦を控えるため、ルーニーを招集外としたほか、シグルドソンら一部主力をベンチに置いた。 ▽対するリヨンもグループステージ2戦連続ドローに加え、公式戦5戦未勝利が続いたが、直近のリーグ戦ではモナコを破り、復調気配を見せる。今回の試合ではモナコ撃破の立役者となったフェキルら主力をピッチに送り込んだ。 ▽互いに今大会初勝利を目指す中、アウェイチームが早々に試合を動かす。開始6分、ボックス左で仕掛けたマルカルがDFホルゲイトに倒されてPKを獲得。これをキッカーのフェキルが冷静に決め、幸先良く先制に成功した。 ▽立ち上がりの失点でまたしても厳しい展開を強いられたエバートンは、21分にボックス右からカットインしたミララスがミドルシュート。32分にもトム・デイビスのスルーパスに抜け出したミララスがGKと一対一を迎えるが、ここは相手GKアントニー・ロペスの好守に阻まれ、追いつくことができない。 ▽一方、守勢に回りながらも効果的なカウンターで2点目に迫るリヨンは37分、ボックス手前の好位置で得たFKを名手デパイが直接狙うが、壁に当たってコースが変わったボールはポストを叩いた。 ▽1点ビハインドで前半を終えたエバートンは、クラーセンに代えて後半頭からルックマンを投入。キックオフ直後には左サイドからのクロスをカルバート=ルーウィンが頭でフリックしたボールをファーのルックマンが押し込みにかかるが、ここはGKにキャッチされる。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、シュナイデルランの負傷に伴い、シグルドソンの投入を余儀なくされたエバートンは、64分にハイボールをキャッチした相手GKアントニー・ロペスに対し、ウィリアムズが意図的な腹部へのヒジ打ちで押し倒すラフプレーを敢行。このプレーをキッカケに両軍、ピッチサイドの観客まで入り混じる乱闘に発展。ウィリアムズにはレッドカードの可能性もあったが、同じく乱闘に関わった相手FWトラオレと共にイエローカードでの喧嘩両成敗の裁定に救われる。 ▽すると69分、エバートンが相手陣内右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのシグルドソンがゴール前に入れた絶妙なクロスをウィリアムズが頭で流し込み、退場の可能性もあった主将のゴールでエバートンが試合を振り出しに戻す。 ▽だが、乱闘の被害者でもあるリヨンにとって収まりがつかない展開の中で、ウィリアムズと共にカードをもらっていたトラオレがやり返す。75分、右サイドをドリブルでこじ開けた途中出場のM・コルネがゴール前に低いクロスを入れると、DFキーンに寄せられながらもトラオレが右足ヒールで合わせたボールがゴールネットに吸い込まれ、リヨンが勝ち越しに成功した。 ▽ホームで負けられないエバートンは試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていくが、再三の決定機を創出したシグルドソンのプレースキックが右ポストに阻まれるなど、ツキにも見放されて試合はこのままタイムアップ。リヨンにグループステージ初勝利を献上したエバートンは、ここまでの3戦でわずかに勝ち点1の大苦戦でグループステージ突破に黄色信号が灯る。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、アタランタvsアポロン・リマソルは、ホームのアタランタが3-1で快勝した。 ▽ここまで1勝1分けで首位に立つアタランタは試合開始12分、左サイドを破ったスピナツォーラからのグラウンダーのクロスをイリチッチが冷静に流し込み、幸先良く先制に成功する。 ▽その後、ここまでリヨン、エバートン相手に引き分けているアポロンにゴールをこじ開けられ、後半序盤に試合を振り出しに戻される。それでも、慌てないホームチームはイリチッチの左CKをペターニャが頭で合わせ、64分に勝ち越す。この2分後には左サイド深くでアレハンドロ・ゴメスが上げたクロスを中央のイリチッチがおしゃれな胸での落としでボックス右に走り込むフロイラーに繋ぐと、ここからダメ押しの3点目が生まれた。 ▽イリチッチの1ゴール2アシストの活躍でアポロンに今大会初黒星を与えたアタランタが、首位の座をがっちりとキープした。 2017.10.20 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表でも違いを見せたMF乾貴士、エイバルとの契約延長を希望「長期間エイバルに留まりたい」

▽日本代表のMF乾貴士が、今シーズンで満了を迎えるエイバルとの契約を延長したいと考えているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽乾は、“セクシーフットボール”で話題となった野洲高校から横浜F・マリノスに入団しプロキャリアをスタート。セレッソ大阪への期限付き移籍を経て、2009年に完全移籍。2011年に、当時ドイツ2部のボーフムへと移籍した。2012年6月にはフランクフルトに移籍。3シーズンプレーすると、2015年8月にエイバルへと完全移籍を果たした。 ▽かねてからスペインでのプレーを目指していた乾にとって、エイバルからのオファーは喉から手が出るほどのものだったようで、自身の給料などは気にしなかったと明かした。 「僕はずっとスペインでプレーしたかった。日本に居た時にエージェントと話をしたし、最初のステップとしても近付いていた。僕はブンデスリーガに行ったけど、僕のゴールはいつでもラ・リーガだった」 「2年前、エイバルからオファーを貰った。今の給料を投げ出し、全てを条項に入れられたとしても、喜んできたと思う。エイバルがどれぐらいの位置にいるかは分からなかったけど、僕は気にしなかった」 ▽エイバルでの3シーズン目を過ごす乾。昨シーズンは、最終節のバルセロナ戦で2ゴールを記録し、スペイン国内でも一躍注目の的となった。今シーズンで契約は切れるものの、乾はエイバルでのプレーを続けることを望んでいるようだ。 「僕はできる限りスペインのフットボールをプレーしたい。そして、可能であれば、長期間エイバルに留まりたい。ここに居ることは、とても幸せだよ。なぜなら、選手としての成長が止められないからだ」 また、エイバルのチームメイトで最も好きな選手については、「ダニ・ガルシアが一番好きな選手だ。彼は頭が良く、テクニックに優れ、守り方を知っている。日本では彼のような選手は居ないと思う」とコメントしている。 さらに、同じリーガエスパニョーラのヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳についてもコメント。「スペインと日本を繋げる」とコメントした。 「彼がどの様にプレーしてきたのかを知っているし、彼は偉大な選手だよ。僕はスペインのフットボールと日本のフットボールの間の、重要な橋渡し役になると思う」 2017.10.12 19:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ジルー、今夏の去就騒動について明かす「エバートン移籍に限りなく近づいていた」

アーセナルのFWオリヴィエ・ジルーは、今夏エバートンに移籍間近であったと語っている。<br><br>7月にフランス代表のチームメイトであるアレクサンドル・ラカゼットがアーセナルにクラブ史上最高額で移籍した際、ジルーは出場機会を失われることを恐れ、ロンドンから離れることを真剣に考えていたようだ。しかし、同選手は残留を決断し、先日行われたヨーロッパリーグのBATE戦ではクラブ通算得点数を「100」の大台に乗せている。<br><br>ジルーがアーセナルから退団するとのうわさを受け、リヨン、マルセイユ、プレミアリーグのライバル、ウェストハムなどが同選手の獲得に乗り出していた。さらに、今夏大型補強を敢行したエバートンもフランス代表FWに関心を寄せ、移籍成立にあと一歩のところまで近づいていたようだ。<br><br>ジルーは『カルナ・プラス』で「クラブから離れる可能性があって、イングランドの他クラブ、エバートンに移籍寸前だった。でも、僕は最善の選択をしたと思っている」と今夏騒がれていたアーセナル退団報道について初めて口を開いた。<br><br>また、リーグ・アンのクラブが獲得に動いていたことについて同選手は「僕は何年も前からマルセイユのファンで、敬意を払っている。僕の獲得に興味を持ってくれたリヨンも同様だ。イングランドで幸せを感じていて、それらのクラブを嫌っているわけではないが、今はフランスに帰る気がない。でも、いつの日かフランスに戻る可能性はあると思う」と将来的には母国でプレーする可能性はあるも、当分はイングランドでプレーを続けたいと明かしている。<br><br>移籍市場閉幕後、アーセナル残留を決めた理由について「まだ物語は完結していない」と語っていたジルーは今シーズン、プレミアリーグで先発出場を果たせてはいないものの、全7試合に途中出場している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.10 18:57 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース