ルーニーの復帰弾で新生エバートンが白星スタート!《プレミアリーグ》2017.08.13 01:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、エバートンvsストーク・シティが12日にグディソン・パークで行われ、1-0でホームのエバートンが勝利した。

▽今夏ルカクを放出もルーニーの復帰やクラーセン、サンドロ・ラミレス、マイケル・キーンなど、大型補強を敢行した昨季7位の新生エバートンは、ホームでの開幕戦で13位のストークと対戦した。注目の先発メンバーでは、GKピックフォードやキーン、クラーセン、ルーニー、サンドロと今夏獲得した5人を早速起用し、ルーニーとサンドロを2トップに配した[3-5-2]の布陣を採用した。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続くが、徐々にボールを保持して相手を押し込むエバートンは、ルーニーを起点にグイエやサンドロがフィニッシュに絡んでいく。
▽互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機まで持ち込めない中、前半終了間際のアディショナルタイム1分、13年ぶりのグディソン・パーク凱旋を果たした新10番が先制点をもたらす。グイエとのパス交換でゴール前に走り込んだルーニーは、サンドロを経由して右サイド深くでボールを持ったカルバート=ルーウィンのクロスを冷静に頭で流し込んだ。

▽ルーニーの復帰弾で先手を奪ったエバートンは、後半も冷静に試合をコントロールする。前がかりになり始めたストークの攻撃を冷静に受けつつ、ルーニーが背後を狙うサンドロやカルバート=ルーウィンに決定的なミドルレンジのパスを何本も通すが、名手バトランドが守るゴールをあと一歩で崩し切れない。

▽その後、クラーセンやサンドロを下げてトム・デイビス、ミララスと昨季までの主力をピッチに送り出すエバートンに対して、ストークは長身FWクラウチと先日加入が決定したチュポ=モティングをピッチに送り出し、反撃に転じる。

▽試合終盤にかけてはクラウチとチュポ=モティングを使ったシンプルな長いボールでペースを掴んだストークの時間が続くが、試合終了間際にシャキリが放った枠の右上隅を捉える強烈なミドルシュートを新守護神ピックフォードが圧巻のビッグセーブで防ぎ、試合はこのままタイムアップ。

▽13年ぶりの復帰を果たしたルーニーの復帰弾で勝ち切った新生エバートンが、白星スタートを飾った。なお、エバートンは次節にルーニーのかつてのライバル、マンチェスター・シティとのビッグマッチに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

エムレ「トスンの不運はアラダイスがいること」トルコ代表後輩のエバートン移籍に同情

今冬の移籍市場でエバートンはベジクタシュからトルコ代表FWジェンク・トスンを獲得した。トルコ屈指のストライカーがプレミアリーグ初挑戦することとなったが、母国トルコのベテランMFエムレ・ベロゾールは、後輩の新天地がエバートンだったことに不安を隠せないようだ。<br><br>トルコメディア『Tivibu Spor』の取材に応じたエムレは「ジェンクがプレミアリーグで奮闘してくれることを願っている。トルコの選手が国外リーグにステップアップするところを見るのは嬉しいし、トルコ人選手にとって大きな挑戦に挑むことが昔よりも容易になったね」と述べている。<br><br>その一方で「イングランドのサッカーは確かにハイレベルだし、ジェンクのフィニッシュセンスはプレミアリーグでも十分に通用すると思う。だが、何よりも不運なのは、彼が移籍したエバートンは(サム・)アラダイスがいるということだね」と発言した。<br><br>「ロングボールの多いアラダイスのチームは、いつも前線のFWが孤立するんだ。彼のチームではFWが本来の仕事を全うすることさえも難しいのさ」<br><br>1980年生まれ、現在37歳のエムレは若くしてガラタサライで評価を高め、2001年にインテルへ移籍。その後、ニューカッスル、フェネルバフチェ、アトレティコ・マドリーを経て現在はバシャクシェヒルでプレーしている。<br><br>エバートンの現指揮官アラダイスは、エムレにとってニューカッスル時代の恩師でもあるが、ロングボールを駆使し、手数をかけず前線にボールを持ち込もうとするスタイルは以前からお馴染みとなっていた。<br><br>05-06シーズンには元日本代表MF中田英寿もボルトンでアラダイスから指導を受け、中盤を省略するスタイルの中、順応するのに苦労したことは有名だ。<br><br>アラダイスのサッカーを知るエムレにとって、後輩ジェンク・トスンのプレミアリーグ挑戦は茨の道になると見ている模様。トルコ代表FWトスンはプレミアリーグ第23節トッテナム戦で早速先発出場したものの、ノーゴールに終わりチームは0-4で敗れている。果たしてトスンはアラダイス指揮の下で結果を残せるのか、今後の躍進が期待されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.01.14 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインが4年連続20Gでクラブのプレミア最多得点者に! スパーズがエバートンを一蹴!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第23節、トッテナムvsエバートンが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。 ▽前節、ウェストハムとのダービーを1-1のドローで終えた5位のトッテナムは連勝が「3」でストップ。それでも、先週末に行われたFAカップではケインの2018年初ゴールを含む3発で格下ウィンブルドンに快勝した。迎えた今節は公式戦3連敗中でリーグ戦4戦勝ちなしの9位エバートン(勝ち点27)をホームで迎え撃った。ウェストハム戦からはムサ・シッソコに代えてデンベレを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むトッテナムは、高い位置を取るオーリエ、ベン・デイビスの両サイドバックが幅を作りながら中央を固める相手の守備を攻略にかかる。対するエバートンは今冬にベシクタシュから獲得した新FWトスンの強さを生かしたシンプルなカウンターで応戦する。 ▽徐々に拮抗した展開となる中、最初の決定機はエバートンに訪れる。22分、左CKの場面でシグルドソンのクロスをトスンが競り勝つ。これをゴール前のルーニーが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定となる。すると、直後にはボックス付近でパスを受けたケインが枠内シュート3連発を見せるが、ここはGKピックフォードがセーブする。 ▽だが、エースのプレーにけん引されるホームチームは立ち上がりから狙っていた形から先制点を奪う。26分、左サイドでの繋ぎで相手守備を寄せると、エリクセンが右サイドでフリーのオーリエにサイドチェンジ。ボックス内に持ち込んだオーリエのグラウンダークロスに反応したソン・フンミンがワンタッチで流し込み、2試合連続ゴールを達成。なお、ソン・フンミンはこの得点でホーム5試合連続ゴールとなった。 ▽その後は追加点こそ奪えなかったものの相手に枠内シュートを許さないトッテナムが1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半の立ち上がりにトッテナムがあっさりと追加点を奪う。47分、左サイドのスペースでDFと完璧に入れ替わったソン・フンミンがボックス内に持ち込んで左足のシュート。これをゴール前に走り込んだケインがワンタッチで流し込み、2018年のリーグ戦初ゴールを奪った。 ▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたトッテナムは、その後もソン・フンミンとケインの好調コンビが続けて相手ゴールに襲いかかる。すると59分、相手陣内右サイドでダイアーが最終ラインとGKの間に入れた斜めのグラウンダーパスに反応したケインが絶妙な飛び出しからワンタッチで流し込み、この試合2点目を奪取。なお、この得点でケインは、アラン・シアラー氏、ティエリ・アンリ氏に続いて歴代3人目となる4年連続リーグ戦20得点に加え、わずか24歳にしてテディ・シェリンガム氏超えのプレミアリーグ通算98得点というクラブ新記録まで樹立した。 ▽何とか一矢報いたいエバートンはプレミアデビューのトスンらを下げて古巣対戦のレノンを投入するなど、15分余りを残して3枚の交代カードを切っていく。しかし、トスンが下がったことで前半以上に前線で起点を作れなくなり、劣勢を強いられる。 ▽一方、試合を締めにかかりながらも攻撃の手を緩めないトッテナムは81分、オーリエ、ソン・フンミン、デレ・アリと繋いだ鮮やかなロングカウンターからデレ・アリのヒールパスをエリクセンが豪快に蹴り込んでこの日のゴールショーを締めくくった。そして、エバートンに4-0の快勝を収めたトッテナムは、暫定ながら4位リバプールと勝ち点と得失点差で並ぶことに成功した。 2018.01.14 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベにストゥラーロ放出の意思なし! バレンシア、エバートンが興味

▽ユベントスが、イタリア代表MFステファノ・ストゥラーロ(24)へのオファーを拒否したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2014-15シーズンからユベントスでプレーするストゥラーロは豊富な運動量を武器とするハードワーカー。しかしチーム内ではそれほど出場機会に恵まれておらず、セリエAでは4試合の出場にとどまっている。 ▽そんな同選手に対してイタリア国内のクラブだけでなく、バレンシアやエバートンと言った海外のクラブも興味を持っていると言われている。しかしユベントスは、ストゥラーロを放出する意思はないようで、同選手の代理人を務めるカルロ・ボルピ氏はユベントスから高い評価を受けていることを強調した。 「イタリアのおよそ80%ものクラブが彼を欲している。そして海外からも興味を持たれており、今はバレンシアやエバートンが獲得を考えている。しかしステファノの状況はクリアだ。ユーベにとって彼は必要な選手であり、放出されることはない」 「あらゆるクラブが私にコンタクトを取っている。代理人としては嬉しい話だ。それに移籍市場ではどんなことでもおこる。それでも明らかなことは、マッシミリアーノ・アッレグリはステファノに対して、チームに留まるように頼んだということだ」 2018.01.11 11:19 Thu
twitterfacebook
thumb

人種差別発言疑惑のフィルミノは10試合の出場停止が妥当! クラブOBコリモア氏が言及

▽かつてリバプールやノッティンガム・フォレストで活躍した元イングランド代表FWスタン・コリモア氏が、先日のFAカップ、マージーサイド・ダービーで人種差別発言を行ったとされるリバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノに対する処分に関して、10試合の出場停止が妥当であると主張している。同氏がイギリス『ミラー』のコラムで持論を語った。 ▽5日に行われたFAカップ3回戦、リバプールとエバートンによるマージーサイド・ダービーは、リバプールが2-1で勝利した。だが、この試合ではフィルミノとエバートンDFメイソン・ホルゲイトがピッチ内で激しくやり合った結果、ピッチサイドにいたフィルミノはホルゲイトに両手で押されてスタンドに入ってしまう一幕もあった。このラフプレーをキッカケにヒートアップした中、フィルミノはホルゲイトに対して人種差別的な発言を行った模様。 ▽その後、ロバート・マドレー主審がこのやり取りをフォースオフィシャルに申告した結果、試合後にイングランドサッカー協会(FA)が公式に調査を開始する事態となった。 ▽なお、『ミラー』は読唇術の専門家の意見として、この場面でフィルミノはホルゲイトの肌の色に関して言及したわけではなく、「フィーリョ・ダ・プッタ(ポルトガル語で娼婦の息子の意)」とも伝えている。 ▽しかし、コリモア氏はフィルミノの発言内容やホルゲイトがそれを聞いたか聞いていないかに関わらず、選手たちがピッチ内外における正しい分別をわきまえるべきであると主張している。 「誰もが人種差別に対する私の立場を理解しているはずだ。どんなプレーヤーやマネージャーであれ、有罪と判断されれば処分を科されるべきだ」 「フィルミノとホルゲイトの一件に関して、我々が結論を出す前にまずはロバート・マドレーからのレポートを待つ必要がある。もちろん、有罪判決が出るまではあくまで無罪だ」 「仮に、彼に10試合の出場停止処分が科された場合、人種差別に関する教育コースの受講および、それに関する真剣な話し合いの場への参加が必要だ」 「ロベルト・フィルミノがそれ(人種差別発言)を言ったか言わないか、あるいはメイソン・ホルゲイトがそれを聞いたか聞いていないかに関わらず、我々には確固たる態度を示す必要があると思う」 「つまり、イングランドでプレーするプレーヤーの中で受け入れ可能な用語とそうでないものを分別する、最新のプロトコルが必要なんだ」 2018.01.08 02:00 Mon
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス復帰のミララスは今季限りのレンタル移籍に

▽6日にエバートンからオリンピアコス復帰が発表されたベルギー代表FWケビン・ミララス(30)は、今シーズン限りのレンタル移籍となったようだ。エバートンが公式サイトで伝えている。 ▽オリンピアコスは6日、公式ツイッターでミララスの加入を発表。2012年にエバートンに移ってから5年半ぶりの古巣復帰となったが、契約の詳細は明かされていなかった。だが、7日のエバートンの発表によると、ミララスは半年間のレンタル移籍となったようだ。 ▽フランスのリールでプロキャリアをスタートしたミララスは、サンテチェンヌを経て2010年にオリンピアコス、2012年にエバートンに加入。エバートンではこれまで公式戦186試合に出場し38ゴール34アシストをマーク。今季は13試合の出場にとどまり、リーグ戦は5試合のみとなっていた。 2018.01.07 22:29 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース