コウチーニョに移籍志願報道 放出拒否声明のリバプールと対立か2017.08.11 22:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは11日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)売却の可能性を否定した。しかし、選手自身は移籍を志願しているのかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽コウチーニョを巡っては、今夏のバルセロナ移籍報道が加熱。パリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールの後釜筆頭として、バルセロナがコウチーニョ獲得に力を注いでいるとみられてきた。

▽そうしたなか、リバプールは「フィリペに対するオファーを熟考することはない。それがクラブの最終的なスタンスだ。今夏の移籍市場が閉幕時、彼はリバプールの一員として留まっているだろう」との声明を発表した。

▽しかし、『スカイ・スポーツ』はリバプールの声明発表後、スクープとしてコウチーニョのトランスファーリクエストを報道。リバプールの売却否定表明の傍らで、選手自身は移籍を希望しているという。コウチーニョの去就問題は終わっていなさそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ、CLで7発大勝に喜び…十八番の“ゲーゲンプレス”炸裂に大満足

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、よもやの大勝に喜んでいるようだ。<br><br>リバプールは17日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でマリボルと対戦。立ち上がりから猛攻を仕掛け、先制点を奪うと、90分の笛を知らせる笛が鳴った頃には7-0。今シーズンのCLで3試合目にして初勝利を奪った。クロップ監督はチームのパフォーマンスに非常に満足しているようだ。<br><br>「良かった。いやかなり良かったね。最初の1秒から我々のやりたいことができた。ゲーゲンプレスを見せたかったが、今夜は上手くできていた。マリボルのようなチームを相手にそれができたことには意味がある。プレスから先制点を奪えたし、ゲーゲンプレスから他のゴールも生まれたからね」<br><br>また、イングランドのチームとして敵地で7点を挙げたのは初めてのこと。新たな歴史を作った試合に、クロップも喜びを示した。<br><br>「試合後すぐに言ったが、本当かどうかはわからなかった。このクラブには素晴らしい歴史が背後にある。新しい歴史を作るのは良いことだし、難しいことでもある。7-0で勝つなんて非常に珍しいが、今夜は上手くできたね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:39 Wed
twitterfacebook
thumb

サラー&フィルミノ2発のリバプールが7発圧勝で初勝利《CL》

▽リバプールは17日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第3節でマリボルとのアウェイ戦に臨み、7-0で圧勝した。 ▽前節スパルタク・モスクワ戦を圧倒しながらも1-1と引き分けて2引き分けスタートとなったリバプールは、0-0と引き分けた直近のマンチェスター・ユナイテッド戦のスタメンから3選手を変更。ヘンダーソンやJ・ゴメス、GKミニョレに代えてミルナーやアーノルド、GKカリウスを起用した。 ▽中盤アンカーにジャン、3トップに右からサラー、フィルミノ、コウチーニョと配す[4-3-3]で臨んだリバプールは開始4分、ドリブルでボックス右に侵入したサラーのクロスをフィルミノが合わせてあっさり先制する。 ▽続く7分にミルナーの左足ミドルでGKを強襲したリバプールは、13分にサラーのスルーパスでボックス右深くまでえぐったミルナーのマイナスクロスをコウチーニョがボレーで合わせて2点目を奪いきった。 ▽止まらないリバプールは19分にフィルミノのスルーパスでボックス右に抜け出したサラーがGKとの一対一を制すと、40分にはワイナルドゥムのスルーパスでボックス左に侵攻したA・モレーノのクロスをサラーが詰めて4-0とし、前半を終えた。 ▽迎えた後半も攻め手を緩めないリバプールは54分、コウチーニョの直接FKはGKの好守に阻まれるも直後の左サイドからのコウチーニョのFKにフィルミノが頭で合わせて5-0。 ▽さらに86分にはチェンバレンの移籍後初ゴールも生まれる。スタリッジのパスを受けたチェンバレンがボックス中央へ侵入。GKとの一対一を決めた。そして90分にアーノルドのミドルシュートも決まったリバプールが7-0で圧勝。今季のCL初勝利を飾っている。 ▽グループEのもう一試合、スパルタク・モスクワvsセビージャは5-1でスパルタク・モスクワが圧勝し、リバプールと並んで1勝2分けとしている。 2017.10.18 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ロブレン怒りの主張「ルカクは意図的だった」

▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメロ・ルカクに対して怒りをぶちまけた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽問題が起こったのは14日に行われたプレミアリーグ第8節、リバプールvsユナイテッドのノースウェスト・ダービー。この試合のハーフタイム間際、ピッチに倒れ込んだロブレンの顔をルカクが右足で蹴っていた。 ▽その後、イングランドサッカー協会(FA)はこの場面を調査。しかし意図的なものではなかったとの判断から、処分しないことが明らかとなっている。 ▽しかし被害者のロブレンは、ルカクに対する怒りが収まらない模様。意図的な踏みつけ行為であり、さらにはルカクからの謝罪がないことに激怒した。 「これは僕の見方だが、正直に言えばあれは意図的だったともう。また、意図的でなかったにしても、本来ならばすぐに謝罪するものだ」 「ただ、これはピッチ上で起こったことであり、もう決定は出ている。これで終わりであり、その決定を覆すことはできない。当然、僕個人の決定ではないし、失望しているとも言えない。これがフットボールだよ」 2017.10.17 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ロブレンの顔面を蹴ったルカクにお咎めなし

▽イングランドサッカー協会(FA)はマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクに対し、処分を下すことはないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ルカクは14日に行われたプレミアリーグ第8節リバプール戦のハーフタイム間際、地面に倒れ込んだDFデヤン・ロブレンに対し、意図的ではない様子だったものの右足で顔面を蹴ってしまっていた。 ▽そのルカクの行為に対し、元主審のデルモット・ギャラガー氏は次のような見解を示している。 「ルカクのヒザの動きを見ると、意図したものではないことがわかると思う。ロブレンを避けようとした際に当たってしまったものだったと見るのが自然だよ」 2017.10.17 04:48 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、攻撃的スタイルに批判の声も「モウリーニョのようにやっても優勝は無理」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、成功への&ldquo;レシピ&rdquo;はないと考えているようだ。<br><br>リバプールは14日、プレミアリーグ第8節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、スコアレスドローに終わった。ジョゼ・モウリーニョ監督の戦術の前に、無失点に抑えられ、リバプールの攻撃的なスタイルには批判の矛先を向けられている。<br><br>クロップはマンチェスター・Uの守備的なアプローチには理解を示しつつ、それが成功をつかむために必要なことではないと主張している。<br><br>「ユナイテッドがやっていることははっきりしていた。ジョゼは自分が正しいと思っていることをやった。もしくはやりたかったことをね。それはOKだ。しかし、我々にとってそれは楽にするものではない」<br><br>さらに続けて、「我々は数年間チャレンジャーであり続ける。大きなハートで、勇気を持たいないといけない」と話している。<br><br>今季も攻撃的な姿勢をトレードマークにシーズンに臨んでいるリバプールだが、開幕8試合で首位と9ポイント差の8位に沈むなど、今のところ実を結んでいない。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.10.16 23:38 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース