ドルトムントの新加入・トプラクが親善試合で鼻骨骨折…2017.08.08 08:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏にドルトムントに加入したトルコ代表DFエメル・トプラクが鼻骨を骨折した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽レバークーゼンからドルトムントに加入したトプラクは、6日に行われたロートヴァイス・エアフルト(ドイツ3部相当に所属)にキャプテンとしてピッチに立った。

▽試合は5-2でドルトムントが勝利したものの、12分に先制点を奪われた場面ではトプラクが相手選手に足首を蹴られて負傷。しかしピッチ外で治療後に、トプラクは再びプレーした。ところが、試合終了間際にもアクシデントが発生。クラブの発表によると、この負傷でトプラクは鼻骨を骨折したようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

プリシッチの1G1Aでドルトムントが完勝スタート、香川は86分から出場《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第1節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で完勝した。ドルトムントのMF香川真司は86分から出場している。 ▽5連覇中のバイエルンを追う筆頭の存在であるドルトムントは、1週間前に行われたDFBポカール1回戦のリーラジンゲン戦をオーバメヤンのハットトリックなどで4-0と快勝。そのドルトムントは、リーラジンゲン戦のスタメンから3選手を変更。ダフードやシュールレに代えてゲッツェやプリシッチを起用した。DFBポカールで左肩脱臼から復帰した香川はベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からプリシッチ、オーバメヤン、M・フィリップと並べる[4-3-3]で臨んだドルトムントが立ち上がりから押し込むと、17分に決定機。ボックス右に抜け出したプリシッチのクロスをカストロが右足ボレーで合わせたが、枠の左に外れた。 ▽それでも22分、ゲッツェのパスを受けたプリシッチがボックス右に侵入。正確なシュートをゴール左隅に流し込んだ。続く25分にはオーバメヤンの右クロスにM・フィリップが頭で合わせるもわずかに枠の左に外れる。 ▽しかし27分、セットプレーの流れからドルトムントが追加点を奪いきる。ボックス左に侵入したバルトラが意表を突いた技ありのコントロールシュートを、右サイドネットに流し込んだ。ハーフタイムにかけてもドルトムントが主導権を握り続け、2点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始5分にゲッツェが枠内シュートを浴びせたドルトムントが引き続きボールを保持すると、60分にダメ押しのゴールを奪う。プリシッチの右クロスをファーサイドのオーバメヤンがスライディングで押し込んだ。 ▽69分にFKからゴメスにネットを揺らされたものの、オフサイドで3点のリードを保ったドルトムントは、終盤にかけても余裕の試合運びを続ける。86分には1ゴール1アシストのプリシッチに代えて香川を投入したドルトムントが、完勝で白星スタートを切っている。 2017.08.20 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ボイコット行為のデンベレにカストロも失望「僕たちにとってショックだった」

ドルトムントMFのゴンサロ・カストロは、バルセロナ移籍を求めてボイコット行為に出たチームメイトに失望しているようだ。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで心境を明かした。<br><br>ドルトムントは今月10日に、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレに対する獲得オファーを断ったことを発表。その同日の午前中の練習を無断で欠席したデンベレに、クラブは当面の活動停止処分を科している。クラブ関係者との接触を一切拒否していると見られる同選手は既に国外に移動していると伝えられていた。<br><br>そんな振る舞いには同僚たちは納得できない模様。ギリシャ代表DFのソクラティス・パパスタソプーロスもドイツ誌『キッカー』で「ウスマーヌは良いやつだけど、チームより大きい選手なんていないということを理解しなければならない。何でも自分がやりたいことをやってはいけない」と苦言を呈していたところだ。<br><br>そして、カストロも黙っていられない。『ビルト』で次のように話している。<br><br>「当然、機会があれば、僕たちは彼はやってはいけないことをやっていること、彼の行動はチームにダメージを加えていることを言うつもりだ」<br><br>「彼は常にここにいて、素晴らしいシーズンを過ごしたんだ。それでも急に練習を欠席した。僕たちにとってショックだったよ。こういうことを経験したことはないからね。こういうことを経験するのは初めてだよ」<br><br>ただカストロは、デンベレが一人でこの行動を取ったとは考えられないようだ。<br><br>「彼はまだ20歳であることを忘れてはいけない。これらの裏に誰かがいること、彼は誰かに操られていることも考えられる。僕だって20歳のころはすべてを自分一人で決められなかったことは知っているのでね」<br><br>それでもこのようなケースはサッカー界に悪影響を及ぼしかねないと懸念の言葉を口にした。<br><br>「1人のプレーヤーが『他クラブが自分を欲しがっているので僕はもうここでの練習には参加しない』といった傾向がこのまま強まるとしたら、つまり選手がやりたい放題になるとしたら、サッカーにとっては致命的だね」<br><br>提供:goal.com 2017.08.19 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

デンベレの去就にボス監督「最後までどうなるかわからない。ここにいる選手に集中したい」

ドルトムントのピーター・ボス監督は、フランス代表MFウスマン・デンベレの去就について言葉を濁している。<br><br>デンベレはバルセロナ移籍を求めて、練習を無断で欠席。それにより、ドルトムントから罰金などの処分を科され、同僚のDFソクラティス・パパスタソプロスからも苦言を呈されるなどの騒ぎを引き起こしている。<br><br>ボス監督は戻ってくるなら歓迎するとしつつ、移籍市場最終日までどうなるかはわからないと会見で語っている。<br><br>「ここにいる選手にフォーカスする。ウスマンはそうではない。最後までどうなるかはわからない。ウスマンはナイスガイで良い選手だ。残るなら、どのように復帰させていくか話さなければならない」<br><br>まもなく開幕するブンデスリーガ。ドルトムントはアンドレ・シュールレといった負傷離脱者やデンベレ、エムレ・モルといった移籍希望者を抱え、やや不安定な状況でヴォルフスブルク戦に臨むこととなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.19 08:32 Sat
twitterfacebook
thumb

日本の子供たちの弱点を語るドルトムントアカデミーコーチのパトリック・クリンスキ氏「パス、シュートの技術は見劣りする」

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽今回のトレーニングキャンプは6回目の開催となり、これまでに多くの子供たちがドルトムントのメソッドを体験してきた。今回、初めて「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」にコーチとして参加したパトリック・クリンスキ氏(27)に、育成やドイツとの差についてお話を伺った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2013年からドルトムントのアカデミーコーチを務めているパトリックコーチは、最下級生のクラスを担当。サッカーの技術だけを教えるだけでなく、子供たちとのスキンシップやコミュニケーションを取りながら、ドルトムントのメソッドを伝授していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽初めて日本を訪れたパトリックコーチは、日本の子供たちを初めて指導。「今回のキャンプは6回目で、僕は初めてです。良い協力関係の下で(キャンプを)行えていることが良いと思います。どの国でも同じですが、サッカーをやりたいという気持ちは目を見た瞬間にわかります。70人しかいませんが、色々なコーチや親御さんが観ている中でサッカーができることは良いことだと思います」と、日本で実施しているキャンプの印象を語った。 ▽4日間にわたって行われたトレーニングキャンプ。パトリックコーチは今回のキャンプを通じて「1人1人の個人的なスキルにフォーカスしていきたいなと思っています。ドリブルであったり、シュートであったり、パスもそうですが、パスをどのポジションでどうやって受けるかを重点において臨みたいと思います」と意気込みを語ってくれた。 ▽下級生のクラスでありながら、単純なパスやボールを蹴る動きだけでなく、実戦を意識した動きながらのパスなどをトレーニングに取り入れていたパトリックコーチ。その狙いについて尋ねると、「今日(2日目)の練習はシュートでしたが、ドイツでは比較的シュートを打つことにフォーカスを置いて、全部の練習をすることが多いです」とドイツでの指導方法を取り入れていたことを明かし、以下の様に続けた。「まずは、ボールを沢山触るような、個人のトレーニングをやります。それをゲームの中で、使うようなシチュエーションを用いてトレーニングをします。その後、誰かとペアを組んで基礎的なことをやり、ゲーム形式でやります。強度は年齢によって変わっていきます。そういったものを取り入れながら、流れを重視をしてやっています」。試合で重要とされるシュートの動きを、基礎をシチュエーションを考えての両面でトレーニングしていたと教えてくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽普段はドルトムントのU-13チームでコーチを務めているパトリックコーチ。日本人とドイツ人の子供の差を尋ねると、「ドリブルに関しての個人戦術は、過ぎるほど上のレベルにあると思います。ヨーロッパでも通じるものがあると思います」と、ドリブルの技術に関しては高く評価していると教えてくれた。しかしながら、「ただ、パスの技術、パスを貰う技術、シュートの技術は見劣りすると思います」と語り、試合を決定づけるパス、シュートの能力の低さを危惧していた。 ▽また、重要なポイントを1つ挙げ「チームとして勝つという気持ちが足りないと思います」とコメント。これはブンデスリーガに所属する18クラブがDFB(ドイツサッカー連盟)から言われていることにも関連しているとのことで、「ドルトムントに限らず、ブンデスリーガに所属する全クラブがDFBから言われていることですが、チームスポーツなのでチームで勝つことを伝えて育成するようにと言われています」と明かし、ドイツでの育成方針の中にチームプレーがあることを教えてくれた。 ▽一時期は、世代交代が進んでいないことが危惧されていたドイツサッカー。しかし、2014年のブラジル・ワールドカップでは見事に優勝を果たし、選手の育成に関しては世界的に高いレベルであることが認められている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽最後にパトリックコーチに子供の頃からやっておいた方が良いことを尋ねると、「僕の個人的な意見ではありますが、たくさんボールタッチをした方がいいと思います。それが今後の成長につながると思います。日本ではあまりないと思いますが、他の国でトレーニングキャンプをすると、20人の子供に対してボールが10個しかなかったりします。そうなると、個人的な技術を上げるタイミングが計れません。必ず1人にボールが1個ある中で、どれだけボールに触れるかをトレーニング中に励んだほうが良いと思います」と語り、いかに数多くボールに触れているかが、後の成長に繋がると考えていることを教えてくれた。 ▽高い育成力が評価されているドイツ国内において、トップクラスの評価を得ているドルトムント。アカデミーコーチの話からも、高い評価を得ている理由が垣間見えた気がする。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2017.08.18 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

5度目のドルトムント・サマーキャンプ参加となった松野竜成くん…最も成長したのは“パス”

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽トレーニングに参加した小学生の中から、今回で5回目の参加となる松野竜成くん(小学6年生)にトレーニングキャンプについて話を聞いてみた。 ▽松野くんは、ドルトムントのサッカースクールにも通っており、「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」の常連とのこと。「2年生の時からずっと来ています」と語り、今年で5回目の参加となった。 ▽こんキャンプでは、普段のトレーニングとは異なる部分が多く、「ゴールがいつもより小さいので、より丁寧に打たないと入らないのが難しいです」とコメント。トレーニングで使うゴールをしっかりと狙う技術が重要になると語ってくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その成果はしっかりと実戦でも出ているようで、最も成長したことは「キック力がなかったので、キック力がつきました」とのこと。さらに、小さなゴールを使うことも生きたのか、「試合でゴールをたくさん決められるようになりました」と、この5年間での成長を教えてくれた。 ▽普段はFWやMFとしてプレーするという松野くん。ドルトムントサマーキャンプでは試合で使える技術を学べるとのこと。「いつもシュートがデタラメでしたが、しっかりと打てるようになりました」と語るとともに、最も変わった部分はパスだと教えてくれた。「パスはいつも適当に蹴っていましたが、このキャンプに来たことでパスが上手く蹴られるようになりました」と、ドルトムントサマーキャンプではコーチ陣からパスの重要性を教えられたとのこと。「試合でも味方にパスが通るようになりました」と実戦でも、トレーニングの成果を実感していると教えてくれた。 ▽松野くんは、5回目の参加となった今回のキャンプにも目標を設定しているとのことで、「ボレーをたくさん決められるようになりたいです」とコメント。自身の出来については「まだまだですね」と、さらなる技術の向上を誓ってくれた。 2017.08.18 13:30 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース