新方式PK戦制したアーセナルが2年ぶり15度目の戴冠! チェルシーはペドロ退場響く…《FAコミュニティー・シールド》2017.08.07 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAコミュニティー・シールド、アーセナルvsチェルシーが6日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15回目の優勝を果たした。

▽昨シーズンのFAカップ王者アーセナルと、プレミアリーグ王者チェルシーが2017-18シーズンのプレミアリーグ開幕に向けて激突するスーパーカップ。奇しくも昨シーズンのシーズン終了を告げるFAカップ決勝で対峙した両者が再び相まみえることになった。

▽ヴェンゲル体制で初のトップ4圏外の5位フィニッシュとなったアーセナルだが、FAカップ制覇の影響もあり、新シーズンの現体制を維持。巻き返しを図る新シーズンに向けては、ラカゼット、コラシナツと2人の実力者を補強。チェルシーとのビッグロンドン・ダービーでは、昨季終盤から採用した[3-4-3]の布陣を採用。GKにチェフ、3バックにはホールディング、メルテザッカー、モンレアル。中盤はウイングバックにベジェリンとチェンバレン、セントラルMFにエルネニーとジャカ。3トップはイウォビ、ラカゼット、ウェルベックが並び、エジルやサンチェスはメンバー外となった。

▽一方、コンテ新監督の下で圧倒的な強さをみせ、群雄割拠の昨季プレミア王者となったチェルシー。リーグ連覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)復帰の新シーズンに向けては重鎮テリーやマティッチ、そのほか若手数名がチームを去ったもののモラタ、リュディガー、バカヨコとセンターラインに若手逸材を補強。この一戦ではお馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKにクルトワ、3バックに新主将のケイヒルと副将アスピリクエタ、ダビド・ルイス。中盤はウイングバックにモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFにセスクとカンテ。3トップはウィリアンとバチュアイ、ペドロが並び、ケガのアザールやバカヨコと共に去就が不透明なジエゴ・コスタはメンバーを外れた。

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ中国ラウンドで0-3の完敗を喫したアーセナルが、立ち上がりから出足鋭い守備をみせ、ペースを掴んでいく。連動したプレスで相手の攻撃を限定しながらカウンターや流動的な攻撃で相手を揺さぶると、イウォビの際どい折り返しや味方とのパス交換でゴール前に抜け出したウェルベックが決定機に絡むが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。

▽一方、徐々に相手のプレッシャーに慣れ始めたチェルシーは、セスクやペドロを起点に相手陣内の深い位置まで侵攻していくが、エリア付近で睨みをきかせるDFメルテザッカーを中心とした相手守備陣を前にフィニッシュまで持ち込めない。

▽試合が拮抗し始めたなか、22分にこの試合最初の決定機。カウンターからボックス付近でウェルベックとパス交換したラカゼットがボックス中央で右足を素早く振り切る。だが、このシュートは右ポストを叩いて先制点とはならず。絶好機を逸したアーセナルに今度はアクシデント発生。空中戦の競り合いでケイヒルのエルボーを顔面に受けたメルテザッカーが激しく流血し、33分にコラシナツとの負傷交代を強いられた。

▽前半終盤にかけてはウィリアンからのサイドチェンジを受けたペドロが35分にボックス左から強烈な左足シュートでGKチェフを脅かせば、アーセナルも前半終了間際にチェンバレンからパスを受けたイウォビがボックス付近でシュートを狙うが、これはGKクルトワの正面を突き、前半はゴールレスのまま終了した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半劣勢だったチェルシーが得意のセットプレーでいきなりゴールをこじ開ける。46分、右CKの場面でキッカーのウィリアンが入れたクロスはジャカのクリアに遭うが、ボックス手前で競り勝ったケイヒルのヘディングパスに反応したモーゼスがゴール前で胸トラップから右足のシュートを流し込んだ。

▽やや緩い入りから課題のセットプレーで先制を許したアーセナルはすぐさま反撃を開始。59分には右サイドに流れたエルネニーがシュート性のクロスでゴールに迫るが、ここはGKクルトワの好守に阻まれる。その後もやや重心を下げたチェルシーに対して攻勢を続けるが、なかなか決定機を作れない。

▽この状況を受けてヴェンゲル監督は65分過ぎにラカゼットとイウォビを下げて、ジルーとウォルコットを投入する2枚替えを敢行。75分にはボックス手前右でパスを受けたジャカが得意の左足で強烈なシュートを放つが、枠の左隅を捉えたボールはGKクルトワの圧巻のセーブに防がれた。

▽先制後はゲームコントロール優先の試合運びを見せていたチェルシーは、74分にバチュアイを下げてモラタ、79分にはアロンソに代えてリュディガーと続けて新戦力を投入。だが、直後の80分に後方からエルネニーの足にスパイク裏を見せた危険なタックルを見舞ったペドロにレッドカードが掲示され、まさかの一発退場に。

▽すると、このファウルにより相手陣内右サイドでFKを得たアーセナルは82分、キッカーのジャカがボックス左を狙ったボールを入れると、これを新加入のコラシナツが頭で流し込み、同点に追いついた。

▽その後、チェルシーはムソンダ、アーセナルはネルソンと若手選手をピッチに送り出して90分間での決着を目指すが、試合は1-1のままタイムアップ。新シーズン初タイトルの行方はPK戦に委ねられることになった。先攻と後攻が交互に入れ替わる『ABBA新方式』で行われたPK戦では、チェルシーの2人目のクルトワ、3人目のモラタが続けて枠外に外した一方、アーセナルは3人目まで全員が成功。そして、4人目のキッカーとなったジルーが冷静に右隅へ蹴り込み、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15度目のコミュニティー・シールド制覇を成し遂げ、新シーズン最初のタイトルを獲得した。

▽なお、新シーズンに弾みを付けたアーセナルは来週末に行われるプレミアリーグ開幕節でレスター・シティと対戦する。一方、敗れたチェルシーはバーンリーとの開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルがエメリ愛弟子のバネガ獲得に迫る! ウィルシャー代役か

▽アーセナルがセビージャのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(29)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でセントラルMFの獲得を目指すアーセナルは、すでにサンプドリアのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの獲得に迫っており、近日中に3000万ユーロ(約39億円)での獲得が発表される見通しだ。 ▽その一方で、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが現行契約を更新せず、今季限りでの退団を発表したため、同選手に代わる新たなセントラルMFの獲得が必要になっている。 ▽この状況を受けて、ウナイ・エメリ監督はバレンシアとセビージャ時代に指導した経験のある愛弟子、バネガの獲得をクラブにリクエストしたようだ。そして、アーセナルの首脳陣は数日以内にバネガの代理人との交渉を行う準備を進めているようだ。 ▽なお、昨夏インテルからセビージャに復帰したバネガはトップ下とセントラルMFを主戦場に今季公式戦50試合に出場し5ゴール6アシストを記録。また、現在開催中のロシア・ワールドカップにはアルゼンチン代表の一員として参加している。 2018.06.21 00:57 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルへ? サンプ会長、トレイラ放出認める

▽サンプドリアのMFルーカス・トレイラが、アーセナルへ移籍することになりそうだ。サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長が、同選手の放出を認めた。『Sportitalia』で語っている。 ▽ウルグアイ代表に招集されているトレイラは、アーセナルへの移籍が噂になっているところ。フェレーロ会長は「3000万ユーロ(約39億円)で彼は移籍する」と語り、クラブ名は明かしていないが、放出することは認めた。 ▽さらに同会長は、「私は彼をペスカーラから買った。だれも彼のことを信じていなかったが、300万ユーロ(約3.9億円)のギャンブルに勝ったんだ」と述べ、良い取引ができたと感じている様子だ。 2018.06.20 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが今季限りでアーセナルを退団…「僕はアーセナルを去る、ここで続けるのは難しい」

▽アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)が19日に自身のインスタグラムを更新し、今季限りでアーセナルを離れることを明らかにした。 ▽アーセナルとの契約が2018年6月30日までとなっているウィルシャーだったが、クラブとの契約延長交渉は一向に進まず、両者の間には大きな溝があると伝えられてきた。そんな中、先月始めには「今まで移籍なんて考えたことがなかった」と、残留を示唆するようなコメントを残していた。 ▽しかし、結局クラブとの合意には至らなかったようで、ウィルシャーは自身のインスタぐタムで今季限りでアーセナルを退団することを決意したことを伝えた。 「クラブとの契約が切れる6月終わりに、僕はアーセナルを去る」 ▽ユース時代からアーセナルで過ごしてきたウィルシャーは2008年のデビュー以降ここまで公式戦197試合に出場。大きな才能を持っているにもかかわらず、ケガが多いことから“ガラスの天才”と呼ばれ、順調なキャリアとはいえなかった。 ▽今回の決断についてウィルシャーは「レギュラーで活躍できる場が必要なんだ。(ウナイ・)エメリ新監督と話をして、アーセナルで続けるには難しいと感じた」と綴っている。 ▽なお、ウィルシャーの移籍先候補にはエバートンやサウサンプトン、来季からプレミアリーグで戦うウォルバーハンプトン、ほかにはパリ・サンジェルマンなどが挙がっている。 2018.06.20 06:08 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがドイツ代表GKレノを獲得! 「CLの舞台に返り咲きトロフィーを獲得するために貢献したい」

▽アーセナルは19日、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、契約に関する詳細は明かされていないが、ドイツ『キッカー』は移籍金は2500万ユーロ(約32億円)程度になり、レノ自身は2023年までの5年契約にサインしたと伝えている。 ▽アーセナル加入が決定したレノはクラブ公式サイトで意気込みを語った。 「いまはとても良い気分だよ。アーセナルとの契約にサインできたことを光栄に思うし、ここでプレーすることは自分にとって夢だったんだ」 「このクラブの歴史やファン、クラブのクオリティーは本当に素晴らしいと思う。そして、アーセナルがチャンピオンズリーグの舞台に返り咲き、いくつものトロフィーを獲得するために貢献したいんだ」 「このクラブに関してはティエリ・アンリやイェンス・レーマン、ハイバリー・スタジアム、アレクサンデル・フレブといった存在をすぐに思い浮かべるね。特に、フレブはシュツットガルトでプレーしていたときから知っているし、僕は彼と同じ道を歩んでいくことになるね」 ▽一方、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーに続く今夏2人目の補強に成功したウナイ・エメリ監督は、「ベルント・レノがチームに加わったことを嬉しく思うよ。彼はクオリティーと経験を持ったゴールキーパーだ。ベルントがアーセナルを選んでくれたことに興奮しているし、プレシーズンに共に仕事ができることを楽しみにしている」と、新守護神獲得に満足感を示した。 ▽2011年8月にシュツットガルトからレンタルでレバークーゼンに加入し、3カ月で完全移籍を勝ち取ったレノ。以降、7シーズンに渡って守護神としてチームを支え続け、ブンデスリーガでの233試合を含む公式戦304試合に出場。今シーズンも公式戦38試合に出場して12度のクリーンシートを達成した。 ▽また、通算6キャップを誇るドイツ代表ではロシア・ワールドカップの予備登録メンバーに選出されていたものの、本大会のメンバー入りは逃していた。 ▽アトレティコ・マドリーやナポリから関心を寄せられてきたとされるレノだが、昨シーズンの低調なパフォーマンスで限界説も伝えられる元チェコ代表GKペトル・チェフ(35)の後釜という形でアーセナルの正GK就任を目指す。 2018.06.20 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、待望のチェフ後任獲得へ…レバークーゼンGKレノ、19日にも5年契約にサイン

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表GKベルント・レノ(26)のアーセナル移籍が迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽アトレティコ・マドリーやナポリから関心を寄せられてきたとされるレノ。しかし、昨シーズン元チェコ代表GKペトル・チェフ(35)の加齢によるパフォーマンスの低下が目立ち、後任を探し続けてきたアーセナルが獲得を目前にしているという。 ▽伝えられるところによると、レノは火曜日(19日)にもメディカルチェックを行い、アーセナルと5年契約にサインする見込み。移籍金は約2500万ユーロ(約32億円)になると報じられている。一方、レバークーゼンは5月にフランクフルトからフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー(28)をフリートランスファーで獲得。すでに後釜を確保している状態だ。 ▽2011年8月にシュツットガルトからレンタルでレバークーゼンに加入し、3カ月で完全移籍を勝ち取ったレノ。以降、守護神としてチームを支え続け、今シーズンも公式戦38試合に出場して12度のクリーンシートを達成した。 2018.06.19 14:45 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース