新方式PK戦制したアーセナルが2年ぶり15度目の戴冠! チェルシーはペドロ退場響く…《FAコミュニティー・シールド》2017.08.07 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAコミュニティー・シールド、アーセナルvsチェルシーが6日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15回目の優勝を果たした。

▽昨シーズンのFAカップ王者アーセナルと、プレミアリーグ王者チェルシーが2017-18シーズンのプレミアリーグ開幕に向けて激突するスーパーカップ。奇しくも昨シーズンのシーズン終了を告げるFAカップ決勝で対峙した両者が再び相まみえることになった。

▽ヴェンゲル体制で初のトップ4圏外の5位フィニッシュとなったアーセナルだが、FAカップ制覇の影響もあり、新シーズンの現体制を維持。巻き返しを図る新シーズンに向けては、ラカゼット、コラシナツと2人の実力者を補強。チェルシーとのビッグロンドン・ダービーでは、昨季終盤から採用した[3-4-3]の布陣を採用。GKにチェフ、3バックにはホールディング、メルテザッカー、モンレアル。中盤はウイングバックにベジェリンとチェンバレン、セントラルMFにエルネニーとジャカ。3トップはイウォビ、ラカゼット、ウェルベックが並び、エジルやサンチェスはメンバー外となった。

▽一方、コンテ新監督の下で圧倒的な強さをみせ、群雄割拠の昨季プレミア王者となったチェルシー。リーグ連覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)復帰の新シーズンに向けては重鎮テリーやマティッチ、そのほか若手数名がチームを去ったもののモラタ、リュディガー、バカヨコとセンターラインに若手逸材を補強。この一戦ではお馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKにクルトワ、3バックに新主将のケイヒルと副将アスピリクエタ、ダビド・ルイス。中盤はウイングバックにモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFにセスクとカンテ。3トップはウィリアンとバチュアイ、ペドロが並び、ケガのアザールやバカヨコと共に去就が不透明なジエゴ・コスタはメンバーを外れた。

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ中国ラウンドで0-3の完敗を喫したアーセナルが、立ち上がりから出足鋭い守備をみせ、ペースを掴んでいく。連動したプレスで相手の攻撃を限定しながらカウンターや流動的な攻撃で相手を揺さぶると、イウォビの際どい折り返しや味方とのパス交換でゴール前に抜け出したウェルベックが決定機に絡むが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。

▽一方、徐々に相手のプレッシャーに慣れ始めたチェルシーは、セスクやペドロを起点に相手陣内の深い位置まで侵攻していくが、エリア付近で睨みをきかせるDFメルテザッカーを中心とした相手守備陣を前にフィニッシュまで持ち込めない。

▽試合が拮抗し始めたなか、22分にこの試合最初の決定機。カウンターからボックス付近でウェルベックとパス交換したラカゼットがボックス中央で右足を素早く振り切る。だが、このシュートは右ポストを叩いて先制点とはならず。絶好機を逸したアーセナルに今度はアクシデント発生。空中戦の競り合いでケイヒルのエルボーを顔面に受けたメルテザッカーが激しく流血し、33分にコラシナツとの負傷交代を強いられた。

▽前半終盤にかけてはウィリアンからのサイドチェンジを受けたペドロが35分にボックス左から強烈な左足シュートでGKチェフを脅かせば、アーセナルも前半終了間際にチェンバレンからパスを受けたイウォビがボックス付近でシュートを狙うが、これはGKクルトワの正面を突き、前半はゴールレスのまま終了した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半劣勢だったチェルシーが得意のセットプレーでいきなりゴールをこじ開ける。46分、右CKの場面でキッカーのウィリアンが入れたクロスはジャカのクリアに遭うが、ボックス手前で競り勝ったケイヒルのヘディングパスに反応したモーゼスがゴール前で胸トラップから右足のシュートを流し込んだ。

▽やや緩い入りから課題のセットプレーで先制を許したアーセナルはすぐさま反撃を開始。59分には右サイドに流れたエルネニーがシュート性のクロスでゴールに迫るが、ここはGKクルトワの好守に阻まれる。その後もやや重心を下げたチェルシーに対して攻勢を続けるが、なかなか決定機を作れない。

▽この状況を受けてヴェンゲル監督は65分過ぎにラカゼットとイウォビを下げて、ジルーとウォルコットを投入する2枚替えを敢行。75分にはボックス手前右でパスを受けたジャカが得意の左足で強烈なシュートを放つが、枠の左隅を捉えたボールはGKクルトワの圧巻のセーブに防がれた。

▽先制後はゲームコントロール優先の試合運びを見せていたチェルシーは、74分にバチュアイを下げてモラタ、79分にはアロンソに代えてリュディガーと続けて新戦力を投入。だが、直後の80分に後方からエルネニーの足にスパイク裏を見せた危険なタックルを見舞ったペドロにレッドカードが掲示され、まさかの一発退場に。

▽すると、このファウルにより相手陣内右サイドでFKを得たアーセナルは82分、キッカーのジャカがボックス左を狙ったボールを入れると、これを新加入のコラシナツが頭で流し込み、同点に追いついた。

▽その後、チェルシーはムソンダ、アーセナルはネルソンと若手選手をピッチに送り出して90分間での決着を目指すが、試合は1-1のままタイムアップ。新シーズン初タイトルの行方はPK戦に委ねられることになった。先攻と後攻が交互に入れ替わる『ABBA新方式』で行われたPK戦では、チェルシーの2人目のクルトワ、3人目のモラタが続けて枠外に外した一方、アーセナルは3人目まで全員が成功。そして、4人目のキッカーとなったジルーが冷静に右隅へ蹴り込み、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15度目のコミュニティー・シールド制覇を成し遂げ、新シーズン最初のタイトルを獲得した。

▽なお、新シーズンに弾みを付けたアーセナルは来週末に行われるプレミアリーグ開幕節でレスター・シティと対戦する。一方、敗れたチェルシーはバーンリーとの開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

モンレアル、退団浮上のエジルとサンチェスの残留を願う「ここでプレーを続けるだろう」

アーセナルのDFナチョ・モンレアルは、退団の憶測が広がるメスト・エジルとアレクシス・サンチェスの残留を願っているようだ。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルと契約の切れるエジルとサンチェスだが、依然として契約延長に至っていない。この状況を受け、両選手は早ければ1月に退団するのではないかとのうわさが頻繁に流れている。<br><br>さらに、両選手にはマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドのリーグ優勝を争うライバルが獲得に興味を持っていると報じられているが、モンレアルはチームの2大エースが退団することはないと感じているようだ。<br><br>イギリス『IBタイムズ』でモンレアルは「彼らはここで引き続きプレーすると思う。ここにいる誰もが彼らがチームから退団する可能性があるなんて思っていないし、そのようなことについて話してもいない。彼らはいつもチームのために努力している」と両選手の残留を願った。<br><br>続けて「誰もが知っている通り、彼らはアーセナルにとって不可欠な選手でもあるけど、シーズン終了後に契約が終わる選手で、これは明らかなことだ。クラブが12月以降もチームに残していたいと思えば、彼らはそれに従うだろう。でも、僕はクラブがどう思っているのかわからない。それに決断を下せるのは僕ではなく、別の人間だ」と両選手の残留はクラブの決断次第だと明かしている。<br><br>退団が囁かれる両選手の活躍でノースロンドンのライバル、トッテナムを3年半ぶりに下して勢いに乗るアーセナルだが、冬の移籍市場でどのような決断を下すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

人気沸騰中の“バラック2世”、アーセナルも来夏トップターゲットに指名か

▽アーセナルがシャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)を来夏のトップターゲットに指名しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽シャルケとの契約が今シーズン限りとなっているゴレツカ。ドイツのレジェンドであるミヒャエル・バラック氏の再来とも謳われる才能は、シャルケから届いた延長オファーを拒否したとされ、来夏のフリー移籍が決定的な情勢とみられる。 ▽ドイツの有望株を巡ってマンチェスター・シティやリバプール、ユベントス、バイエルンが凌ぎを削っているとみられるが、そのうちの1つであるアーセナルも追跡中。移籍金が発生する来冬1月を避け、来夏にフリーでの獲得を目指すという。 ▽だが、シャルケ側は移籍金が発生する来年1月のゴレツカ売却を検討している様子。アーセナルにとって、思惑どおりにゴレツカをフリーで迎え入れるとなれば、今夏加入のDFセアド・コラシナツに続く2人目の移籍金ゼロ円での獲得選手となる。 2017.11.22 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、エジル獲得を検討か...1月の移籍市場で攻撃的MF確保を目指す

バルセロナは、アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル獲得を検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。<br><br>今季現時点でトップ登録選手を24名としているバルセロナ。クラブは冬の移籍市場で攻撃的MFを補強する考えだという。<br><br>バルセロナのトップターゲットはリヴァプールMFフィリペ・コウチーニョである。だが今夏リバプールは頑なにブラジル代表MFの放出を拒んだ。そのような経緯から、1月の移籍においてもリバプールの抵抗が予想される。<br><br>そこでバルセロナは&ldquo;プランB&rdquo;としてエジルの獲得を考慮している。エジルは今季終了時にアーセナルとの契約が満了する。アーセナルとの契約延長交渉は遅々として進んでおらず、移籍の可能性が取りざたされ始めている。<br><br>バルセロナはすでにエジルの代理人と接触したとされる。エジル側は2年半の契約を希望しているようだが、バルセロナ側は1年半+1年延長オプションでの契約を望んでいるとみられ、両者の意見には相違があるといわれている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.21 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

キッカケはトゥヘル前監督? 元スカウトが愛するドルトムントを離れた理由とは…

ドルトムントのスカウトを10年務めた後、アーセナルに加わることになったスヴェン・ミスリンタートが、クラブを離れた理由を明かした。『SportBild』の報道をもとに、『daily Mirror』が伝えている。<br><br>ドルトムントで長年スカウトを務めてきたミスリンタート氏。まだ欧州の舞台で際立った活躍を見せていなかった香川真司やロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール=エメリク・オーバメヤンやウスマーヌ・デンベレら、数々の選手のポテンシャルを見極め安価で獲得するなど、ドイツ国内では高い評価を受けている。<br><br>そんな45歳のドイツ人スカウトに対し、アーセナルは違約金100万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、クラブのスカウティング部門のトップに引き入れた。アーセン・ヴェンゲル監督も、公式HP上でミスリンタート氏の加入を喜んでいる。<br><br>「(以前は)クラブを離れることなんて考えもしなかった」と話すミスリンタート氏だが、トーマス・トゥヘル前監督時代のある出来事がキッカケとなったようだ。<br><br>昨夏の移籍市場で、トゥヘル監督は当時アトレティコ・マドリーに所属していたMFオリベル・トーレスを求めていたという。しかしO・トーレスはポルトへの期限付き移籍を選択し、ドルトムントは獲得に失敗。代わりにMFマリオ・ゲッツェが復帰したが、この出来事で指揮官とミスリンタート氏の関係が悪化し、トゥヘル監督が練習場への立ち入りを禁じる事態にまで発展した。<br><br>「監督から練習場への立ち入り禁止処分を科され、何年も緊密に働いてきた選手やスタッフ、友人と離れなくてはならなくなった。これは私の考えに大きな影響を及ぼした」<br><br>「ドルトムントではいつも、ミヒャエル(ツォルクSD)やアキ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)がサポートしてくれた。彼らはいつも会合に私を呼んでくれた。スカウトチームは本当に、本当に高いレベルで行われていたよ。ある人物(トゥヘル)がいたかどうかにかかわらずね。私にとっては重大な出来事だった」<br><br>以前にはドイツ王者バイエルンからも誘いがあったというミスリンタート氏。しかしドルトムントへの愛から、国内の他クラブでの仕事は考えなかったと明かしている。<br><br>「以前にもオファーはあった。だけど、クラブを変えようとは思わなかったね。ここで生まれ、ここで育ってきたんだ。2006年から仕事をしてきたし、私は完全なるボルシアの人間だ」<br><br>提供:goal.com 2017.11.21 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司らの発掘者加入にヴェンゲルも期待「選手スカウトと育成は我々の理念」

アーセナルは、ドルトムントのスカウトを務めるスヴェン・ミスリンタート氏の引き抜きが決まったようだ。アーセン・ヴェンゲル監督が認めている。<br><br>スカウトとして10年間、ドルトムントで活躍したミスリンタート氏。まだ欧州の舞台で際立った活躍を見せていなかった香川真司やロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール=エメリク・オーバメヤンやウスマーヌ・デンベレら、数々の選手のポテンシャルを見極め安価で獲得するなど、ドイツ国内では高い評価を受けている。<br><br>以前に王者バイエルンからの誘いを断っていたミスリンタート氏だが、今回イングランド挑戦が決定的となったようだ。ヴェンゲル監督も公式HPで、同氏の加入を喜んでいる。<br><br>「我々はスヴェンの加入を本当に喜んでいる。選手のスカウトと育成は、我々の理念の核となる部分であり、スヴェンは長年に渡って素晴らしい実績を残している。彼が我々のスカウト部門を良くしてくれるのを楽しみにしているよ」<br><br>なお『キッカー』によると、アーセナルはスカウティング部門のトップに就任する同氏の獲得のために、違約金100万ユーロ(約1億3000万円)を支払うという。<br><br>またこの人事により、25年以上アーセナルのチーフスカウトを務めてきたスティーブ・ロウリー氏は、その座から降格することになるようだ。ヴェンゲル監督も、「彼の長年に渡るクラブへの貢献に感謝したい」と述べている。<br><br>選手の才能を開花させることには定評のあるヴェンゲル監督のもとに、敏腕スカウトが加わることになるようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.11.21 12:50 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース