新方式PK戦制したアーセナルが2年ぶり15度目の戴冠! チェルシーはペドロ退場響く…《FAコミュニティー・シールド》2017.08.07 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAコミュニティー・シールド、アーセナルvsチェルシーが6日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15回目の優勝を果たした。

▽昨シーズンのFAカップ王者アーセナルと、プレミアリーグ王者チェルシーが2017-18シーズンのプレミアリーグ開幕に向けて激突するスーパーカップ。奇しくも昨シーズンのシーズン終了を告げるFAカップ決勝で対峙した両者が再び相まみえることになった。

▽ヴェンゲル体制で初のトップ4圏外の5位フィニッシュとなったアーセナルだが、FAカップ制覇の影響もあり、新シーズンの現体制を維持。巻き返しを図る新シーズンに向けては、ラカゼット、コラシナツと2人の実力者を補強。チェルシーとのビッグロンドン・ダービーでは、昨季終盤から採用した[3-4-3]の布陣を採用。GKにチェフ、3バックにはホールディング、メルテザッカー、モンレアル。中盤はウイングバックにベジェリンとチェンバレン、セントラルMFにエルネニーとジャカ。3トップはイウォビ、ラカゼット、ウェルベックが並び、エジルやサンチェスはメンバー外となった。

▽一方、コンテ新監督の下で圧倒的な強さをみせ、群雄割拠の昨季プレミア王者となったチェルシー。リーグ連覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)復帰の新シーズンに向けては重鎮テリーやマティッチ、そのほか若手数名がチームを去ったもののモラタ、リュディガー、バカヨコとセンターラインに若手逸材を補強。この一戦ではお馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKにクルトワ、3バックに新主将のケイヒルと副将アスピリクエタ、ダビド・ルイス。中盤はウイングバックにモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFにセスクとカンテ。3トップはウィリアンとバチュアイ、ペドロが並び、ケガのアザールやバカヨコと共に去就が不透明なジエゴ・コスタはメンバーを外れた。

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ中国ラウンドで0-3の完敗を喫したアーセナルが、立ち上がりから出足鋭い守備をみせ、ペースを掴んでいく。連動したプレスで相手の攻撃を限定しながらカウンターや流動的な攻撃で相手を揺さぶると、イウォビの際どい折り返しや味方とのパス交換でゴール前に抜け出したウェルベックが決定機に絡むが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。

▽一方、徐々に相手のプレッシャーに慣れ始めたチェルシーは、セスクやペドロを起点に相手陣内の深い位置まで侵攻していくが、エリア付近で睨みをきかせるDFメルテザッカーを中心とした相手守備陣を前にフィニッシュまで持ち込めない。

▽試合が拮抗し始めたなか、22分にこの試合最初の決定機。カウンターからボックス付近でウェルベックとパス交換したラカゼットがボックス中央で右足を素早く振り切る。だが、このシュートは右ポストを叩いて先制点とはならず。絶好機を逸したアーセナルに今度はアクシデント発生。空中戦の競り合いでケイヒルのエルボーを顔面に受けたメルテザッカーが激しく流血し、33分にコラシナツとの負傷交代を強いられた。

▽前半終盤にかけてはウィリアンからのサイドチェンジを受けたペドロが35分にボックス左から強烈な左足シュートでGKチェフを脅かせば、アーセナルも前半終了間際にチェンバレンからパスを受けたイウォビがボックス付近でシュートを狙うが、これはGKクルトワの正面を突き、前半はゴールレスのまま終了した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半劣勢だったチェルシーが得意のセットプレーでいきなりゴールをこじ開ける。46分、右CKの場面でキッカーのウィリアンが入れたクロスはジャカのクリアに遭うが、ボックス手前で競り勝ったケイヒルのヘディングパスに反応したモーゼスがゴール前で胸トラップから右足のシュートを流し込んだ。

▽やや緩い入りから課題のセットプレーで先制を許したアーセナルはすぐさま反撃を開始。59分には右サイドに流れたエルネニーがシュート性のクロスでゴールに迫るが、ここはGKクルトワの好守に阻まれる。その後もやや重心を下げたチェルシーに対して攻勢を続けるが、なかなか決定機を作れない。

▽この状況を受けてヴェンゲル監督は65分過ぎにラカゼットとイウォビを下げて、ジルーとウォルコットを投入する2枚替えを敢行。75分にはボックス手前右でパスを受けたジャカが得意の左足で強烈なシュートを放つが、枠の左隅を捉えたボールはGKクルトワの圧巻のセーブに防がれた。

▽先制後はゲームコントロール優先の試合運びを見せていたチェルシーは、74分にバチュアイを下げてモラタ、79分にはアロンソに代えてリュディガーと続けて新戦力を投入。だが、直後の80分に後方からエルネニーの足にスパイク裏を見せた危険なタックルを見舞ったペドロにレッドカードが掲示され、まさかの一発退場に。

▽すると、このファウルにより相手陣内右サイドでFKを得たアーセナルは82分、キッカーのジャカがボックス左を狙ったボールを入れると、これを新加入のコラシナツが頭で流し込み、同点に追いついた。

▽その後、チェルシーはムソンダ、アーセナルはネルソンと若手選手をピッチに送り出して90分間での決着を目指すが、試合は1-1のままタイムアップ。新シーズン初タイトルの行方はPK戦に委ねられることになった。先攻と後攻が交互に入れ替わる『ABBA新方式』で行われたPK戦では、チェルシーの2人目のクルトワ、3人目のモラタが続けて枠外に外した一方、アーセナルは3人目まで全員が成功。そして、4人目のキッカーとなったジルーが冷静に右隅へ蹴り込み、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15度目のコミュニティー・シールド制覇を成し遂げ、新シーズン最初のタイトルを獲得した。

▽なお、新シーズンに弾みを付けたアーセナルは来週末に行われるプレミアリーグ開幕節でレスター・シティと対戦する。一方、敗れたチェルシーはバーンリーとの開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

ミランSD、EL抽選結果に前向き「我々はアーセナルを恐れない」

▽23日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われ、ミランはイングランドの強豪アーセナルと対戦することが決まった。スポーツディレクターのマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、イタリア『プレミアム・スポルト』で抽選について話している。 ▽ミランはこのラウンドで最も厳しい相手の一つを引いた形だが、「名門チームとの素晴らしい試合だ。良い時期にやってきたね」とコメント。「我々は恐れない。この大会で勝ち上がっていきたいんだ」と意気込んだ。 ▽この試合に向けての準備について聞かれると同氏は、「敬意を持っているが、我々はどこも恐れない。我々ははっきりしているし、落ち着いている。サン・シーロでもロンドンでも、多くのファンがやってきて後押ししてくれるはずだ」と述べた。 ▽一方、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権は獲得できるかが微妙なところだ。ミラベッリ氏は「我々は信じている。最後までいけると信じているよ。このクラブのDNAは勝利だけだ」と語っている。 ▽本拠地サン・シーロでの1stレグは3月8日に行われる。アウェイでの2ndレグは、同15日の開催だ。 2018.02.24 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランvsアーセナル&香川ドルトvs南野ザルツ! ラウンド16のカード決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が23日に行われ、対戦カードが決定した。 ▽優勝候補でありMF香川真司が所属するドルトムントは、MF南野拓実が所属するザルツブルクと対戦。また、イタリアの名門であるミランと、初のEL参戦で優勝でのチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙うアーセナルが激突する好カードが実現した。 ▽そのほか、スペインの強豪であるアトレティコ・マドリーは、ロシアのロコモティフ・モスクワと対戦。DF酒井宏樹が所属するマルセイユはビルバオと相まみえる。 ▽ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同15日に行われる。 ◆ELラウンド16対戦カード ※左側のチームが1stレグのホームチーム ラツィオ(イタリア)vsディナモ・キエフ(ウクライナ) RBライプツィヒ(ドイツ)vsゼニト(ロシア) アトレティコ・マドリー(スペイン)vsロコモティフ・モスクワ(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア)vsリヨン(フランス) マルセイユ(フランス)vsアスレティック・ビルバオ(スペイン) スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ) ドルトムント(ドイツ)vsザルツブルク(オーストリア) ミラン(イタリア)vsアーセナル(イングランド) 2018.02.23 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、ELホームでまさかの敗戦に「独りよがりで集中できていなかった」

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、チームとして&ldquo;独りよがり&rdquo;な姿勢を糾弾している。<br><br>アーセナルは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでエステルスンドと対戦。敵地での初戦を3-0で快勝していたが、エミレーツスタジアムでのリターンマッチで1-2とまさかの敗戦を喫している。<br><br>合計スコア4-2で次のラウンドへの突破を決めたものの、ヴェンゲル監督は試合後の記者会見で「前半は十分ではなかった」と話し、反省を促している。<br><br>「独りよがりで集中できていなかったゆえに、問題が生じていた。ボールを失い、ボールを持ってるときにもアイディアがなかった。それは問題が生じていたからだ」<br><br>「後半はだいぶ良くなった。エネルギーが上がり、支配が一貫性のあるものになった。突破するという最低限の仕事は果たせた」<br><br>そしてアーセナルは25日にカラバオカップ(リーグカップ)決勝でマンチェスター・シティとの大一番を控える、ヴェンゲルは「フットボールはどのように働くかわからない。FAカップを見れば何が起きるかわかるだろう。常に100%でなければ、トラブルは生じうる」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 13:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィルシャー、ホームで格下に敗戦には「過小評価してしまったかも…」

アーセナルのMFジャック・ウィルシャーは、チームの不甲斐ない出来に苛立ちを隠せないようだ。『BTスポーツ』が報じた。<br><br>アーセナルは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでエステルスンドと対戦。初戦は敵地で3-0と快勝を収めていたが、エミレーツスタジアムでのリターンマッチは1-2とまさかの敗戦を喫した。<br><br>先発出場したウィルシャーは「十分じゃなかったね」と話し、このように続けている。<br><br>「正直に言えば、後半は改善できたと思うが、それでも十分ではなかった。突破はしたし、抽選結果を待ってみよう。その前にも日曜日にはビッグマッチがあるし、集中するよ」<br><br>「初戦を3-0で勝利していたとしても、2戦目もタイの気持ちで戦わないといけなかった。おそらく過小評価してしまったのだろうけど、重要なのは突破したことだよ」<br><br>ホームで敗れたアーセナルは、25日にカラバオカップ(リーグカップ)決勝でマンチェスター・シティと激突する。<br><br>提供:goal.com 2018.02.23 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16進出チームが決定! 日本人所属3クラブは揃って勝ち抜け!《EL》

▽22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の全日程が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。いずれも接戦が目立った中、RBライプツィヒに敗れたナポリを除きアーセナルやミラン、アトレティコ・マドリー、ドルトムントといった優勝候補が順当にラウンド16進出を果たした。 ▽また、日本人選手所属ではMF香川真司が2試合共に欠場となったドルトムントがアタランタとの接戦を制した。また、グループIで同居して共にグループステージ突破を決めたDF酒井宏樹のマルセイユ、MF南野拓実のザルツブルクはそれぞれブラガ、レアル・ソシエダを下してラウンド32を突破した。なお、1stレグでは酒井がアシスト、南野が貴重な同点ゴールときっちりチームの突破に貢献していた。 ▽また、国別での勝ち上がりをみると、唯一の参戦となったイングランド勢のアーセナルを除き、5大リーグと評されるスペイン、イタリア、ドイツ、フランスがそれぞれ2チームずつをラウンド16に送り込んでいる。その一方で、ラウンド16に最多3チームを送り込んだのは優勝候補にも挙がるゼニトを含め、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが勝ち上がったロシア勢だった。 ▽なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日の日本時間21時にスイスのニヨンで開催される予定だ。また、ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同月15日に行われる。ELラウンド16進出チームは以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム アーセナル(イングランド) ミラン(イタリア) ラツィオ(イタリア) ドルトムント(ドイツ) RBライプツィヒ(ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) アスレティック・ビルバオ(スペイン) リヨン(フランス) マルセイユ(フランス) スポルティング・リスボン(ポルトガル) ゼニト(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2018.02.23 08:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース