新方式PK戦制したアーセナルが2年ぶり15度目の戴冠! チェルシーはペドロ退場響く…《FAコミュニティー・シールド》2017.08.07 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAコミュニティー・シールド、アーセナルvsチェルシーが6日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15回目の優勝を果たした。

▽昨シーズンのFAカップ王者アーセナルと、プレミアリーグ王者チェルシーが2017-18シーズンのプレミアリーグ開幕に向けて激突するスーパーカップ。奇しくも昨シーズンのシーズン終了を告げるFAカップ決勝で対峙した両者が再び相まみえることになった。

▽ヴェンゲル体制で初のトップ4圏外の5位フィニッシュとなったアーセナルだが、FAカップ制覇の影響もあり、新シーズンの現体制を維持。巻き返しを図る新シーズンに向けては、ラカゼット、コラシナツと2人の実力者を補強。チェルシーとのビッグロンドン・ダービーでは、昨季終盤から採用した[3-4-3]の布陣を採用。GKにチェフ、3バックにはホールディング、メルテザッカー、モンレアル。中盤はウイングバックにベジェリンとチェンバレン、セントラルMFにエルネニーとジャカ。3トップはイウォビ、ラカゼット、ウェルベックが並び、エジルやサンチェスはメンバー外となった。

▽一方、コンテ新監督の下で圧倒的な強さをみせ、群雄割拠の昨季プレミア王者となったチェルシー。リーグ連覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)復帰の新シーズンに向けては重鎮テリーやマティッチ、そのほか若手数名がチームを去ったもののモラタ、リュディガー、バカヨコとセンターラインに若手逸材を補強。この一戦ではお馴染みの[3-4-3]の布陣を採用し、GKにクルトワ、3バックに新主将のケイヒルと副将アスピリクエタ、ダビド・ルイス。中盤はウイングバックにモーゼスとマルコス・アロンソ、セントラルMFにセスクとカンテ。3トップはウィリアンとバチュアイ、ペドロが並び、ケガのアザールやバカヨコと共に去就が不透明なジエゴ・コスタはメンバーを外れた。

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ中国ラウンドで0-3の完敗を喫したアーセナルが、立ち上がりから出足鋭い守備をみせ、ペースを掴んでいく。連動したプレスで相手の攻撃を限定しながらカウンターや流動的な攻撃で相手を揺さぶると、イウォビの際どい折り返しや味方とのパス交換でゴール前に抜け出したウェルベックが決定機に絡むが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。

▽一方、徐々に相手のプレッシャーに慣れ始めたチェルシーは、セスクやペドロを起点に相手陣内の深い位置まで侵攻していくが、エリア付近で睨みをきかせるDFメルテザッカーを中心とした相手守備陣を前にフィニッシュまで持ち込めない。

▽試合が拮抗し始めたなか、22分にこの試合最初の決定機。カウンターからボックス付近でウェルベックとパス交換したラカゼットがボックス中央で右足を素早く振り切る。だが、このシュートは右ポストを叩いて先制点とはならず。絶好機を逸したアーセナルに今度はアクシデント発生。空中戦の競り合いでケイヒルのエルボーを顔面に受けたメルテザッカーが激しく流血し、33分にコラシナツとの負傷交代を強いられた。

▽前半終盤にかけてはウィリアンからのサイドチェンジを受けたペドロが35分にボックス左から強烈な左足シュートでGKチェフを脅かせば、アーセナルも前半終了間際にチェンバレンからパスを受けたイウォビがボックス付近でシュートを狙うが、これはGKクルトワの正面を突き、前半はゴールレスのまま終了した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半劣勢だったチェルシーが得意のセットプレーでいきなりゴールをこじ開ける。46分、右CKの場面でキッカーのウィリアンが入れたクロスはジャカのクリアに遭うが、ボックス手前で競り勝ったケイヒルのヘディングパスに反応したモーゼスがゴール前で胸トラップから右足のシュートを流し込んだ。

▽やや緩い入りから課題のセットプレーで先制を許したアーセナルはすぐさま反撃を開始。59分には右サイドに流れたエルネニーがシュート性のクロスでゴールに迫るが、ここはGKクルトワの好守に阻まれる。その後もやや重心を下げたチェルシーに対して攻勢を続けるが、なかなか決定機を作れない。

▽この状況を受けてヴェンゲル監督は65分過ぎにラカゼットとイウォビを下げて、ジルーとウォルコットを投入する2枚替えを敢行。75分にはボックス手前右でパスを受けたジャカが得意の左足で強烈なシュートを放つが、枠の左隅を捉えたボールはGKクルトワの圧巻のセーブに防がれた。

▽先制後はゲームコントロール優先の試合運びを見せていたチェルシーは、74分にバチュアイを下げてモラタ、79分にはアロンソに代えてリュディガーと続けて新戦力を投入。だが、直後の80分に後方からエルネニーの足にスパイク裏を見せた危険なタックルを見舞ったペドロにレッドカードが掲示され、まさかの一発退場に。

▽すると、このファウルにより相手陣内右サイドでFKを得たアーセナルは82分、キッカーのジャカがボックス左を狙ったボールを入れると、これを新加入のコラシナツが頭で流し込み、同点に追いついた。

▽その後、チェルシーはムソンダ、アーセナルはネルソンと若手選手をピッチに送り出して90分間での決着を目指すが、試合は1-1のままタイムアップ。新シーズン初タイトルの行方はPK戦に委ねられることになった。先攻と後攻が交互に入れ替わる『ABBA新方式』で行われたPK戦では、チェルシーの2人目のクルトワ、3人目のモラタが続けて枠外に外した一方、アーセナルは3人目まで全員が成功。そして、4人目のキッカーとなったジルーが冷静に右隅へ蹴り込み、PK戦を4-1で制したアーセナルが2年ぶり15度目のコミュニティー・シールド制覇を成し遂げ、新シーズン最初のタイトルを獲得した。

▽なお、新シーズンに弾みを付けたアーセナルは来週末に行われるプレミアリーグ開幕節でレスター・シティと対戦する。一方、敗れたチェルシーはバーンリーとの開幕戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルが3部相手に辛勝! チェルシーはバチュアイ3発で2部相手に快勝! ロンドン勢が順当に4回戦へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、アーセナルvsドンカスター・ローバーズが20日に行われ、1-0で勝利したアーセナルが4回戦進出を決めた。 ▽前節、チェルシーとの壮絶な“ビッグロンドン・ダービー”をゴールレスドローで終えたアーセナルは、今季のEFLカップ初戦となるリーグ1(イングランド3部)所属のドンカスター戦に向けてダービーからスタメン全員を変更。GKオスピナやサンチェス、ジルー、ウィルシャー、ウォルコットらと共に17歳の逸材MFネルソンがトップチームデビューを飾った。 ▽立ち上がりにウォルコットの一対一、ジルーの豪快なクロスバー直撃のバイシクルシュートなど、格下相手に押し込むアーセナルだが、粘り強い相手の守備を崩し切れない。 ▽それでも、攻勢を続けるホームチームは25分、バイタルエリア左でボールを持ったサンチェスから絶妙なフィードがボックス右に走り込むウォルコットに通ると、ウォルコットはGKとの一対一を冷静に制した。 ▽前半を1点リードで終えたアーセナルは、後半立ち上がりにチャンバースに代えて若手DFダ・シルバを投入し、ネルソンに続いてデビューさせる。だが、前半に引き続き最後の場面で決め切れないアーセナルは、なかなか試合を決定付ける追加点を奪えない。 ▽逆に、前がかりなところを相手のカウンターで突かれるが、ダ・シルバが快足を活かしたカバーリングで防ぐなど、失点を許さない。 ▽その後、イウォビ、ウィルロックをピッチに送り出して試合を締めにかかるアーセナルだが、試合終盤にかけてはなりふり構わずに仕掛けてくる相手の攻撃に晒される。後半アディショナルタイムにはセットプレーからクロスバー直撃のヘディングシュートを許すなど、最後までバタついたホームチームだが、何とか1-0で逃げ切った。3部相手に辛勝のアーセナルが4回戦進出を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170921_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日行われたチェルシーvsノッティンガム・フォレストは、5-1で勝利したチェルシーが4回戦進出を決めた。 ▽前節、アーセナルとのダービーを引き分け公式戦の連勝が4試合でストップしたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム戦に向けてその試合からケイヒルとセスクを除く9人を変更。アザールが今季初先発を飾ったほか、GKカバジェロがデビューを飾り、ケネディやムソンダがリュディガー、ザッパコスタの新加入選手と共にピッチに立った。 ▽立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは12分、右サイドを攻め上がったリュディガーからのクロスをボックス左に走り込んだケネディが冷静なトラップからニアに蹴り込み、早々にゴールをこじ開ける。 ▽これで完全に勢いづいたチェルシーは18分、ボックス手前中央のアザールの縦パスに抜け出したバチュアイが冷静に蹴り込み、追加点を奪取。さらに前半終了間際の40分にはボックス右でセスクから短いパスを受けたムソンダがファーポストに低い弾道の強烈なシュートを突き刺し、前半のうちに試合を決めた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないチェルシーは52分、セスクのロングフィードに抜け出したアザールがそのままボックス内に持ち込みGKとDFを引き付けてフリーのバチュアイにプレゼントパス。これをバチュアイが難なく流し込む。 ▽その後、アンパドゥ、クラーク・ソルター、スターリングと期待の若手をトップチームデビューさせたチェルシーは、85分にはケネディのシュートの跳ね返りをバチュアイが泥臭く押し込んでハットトリック達成。試合終了間際にはノッティンガムに一矢報いるゴールを許すも、5-1の大勝で4回戦進出を決めた。 2017.09.21 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルが“ガラスの天才”ウィルシャーとの新契約を考慮「彼は特別な選手」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)に対して新契約を提示する考えを明らかにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ウィルシャーは、アーセナルの下部組織出身で、2008年7月にトップチームへと昇格。才能溢れるウィルシャーは若くして多くの期待を背負うこととなったが、度重なるケガの影響で近年は満足にプレーできず、昨シーズンはボーンマスへとレンタル移籍していた。 ▽今シーズンはアーセナルに復帰するも、ここまでプレミアリーグでは出場機会なし。しかし、ヨーロッパリーグのケルン戦で途中出場を果たしていた。 ▽ヴェンゲル監督は、今シーズン限りで契約満了となるウィルシャーに対して“夢”と語り、ウィルシャーの才能にまだ惚れ込んでいることを明かした。 「我々全員にとっての夢だ。私は、17歳でジャック(・ウィルシャー)にキャリアのスタートを与えた。彼が特別なプレーヤーであることを、17歳のプレーを見て確信した。彼は特別な選手だが、プレーするために健康であることが必要という点では同じだ」 「彼はチームでの場所を取り戻すと決心している。彼は人間を形成する上でいくつか躓いたし、挫折も味わった。でも、それは彼にとって簡単なことだった」 「ジャックは厳しい時期を過ごした。彼のフィットネスは、人生がそう簡単ではないことを理解している」 2017.09.20 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチェス強奪を計画か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得を目指すようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。 ▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているサンチェスに関しては、契約延長交渉が進んでいないとみられる。今夏にはマンチェスター・シティが獲得に近づいているとみられていたが、最終的にサンチェスは残留。しかし、契約の更新には至っておらず、今冬の移籍市場か来夏のフリートランスファーでのシティ入りが濃厚とみられている。 ▽しかし、『ザ・サン』によれば、マンチェスター・ユナイテッドもサンチェスの獲得を目指す可能性があるようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督は、サンチェス獲得に向けて、2500万ポンド(約37億7000万円)を移籍金を提示してシティを出し抜く意向があるという。 2017.09.20 11:49 Wed
twitterfacebook
thumb

股関節負傷のウェルベック、少なくとも3週間は離脱か

▽アーセナルのイングランド代表FWダニー・ウェルベックは、少なくとも3週間の離脱を強いられることになりそうだ。 ▽17日に行われたプレミアリーグ第5節のチェルシー戦で、股間節を痛め73分に途中交代していたウェルベック。19日のEFLカップ3回戦のドンカスター・ローバーズ戦に向けた会見で、アーセン・ヴェンゲル監督が同選手の状態について説明した。 「ダニーは検査を受けているところだ。股関節のケガがどれほどのものかは分からないが、次のインターナショナルウィーク(10/5~10/10)まで欠場することは確実だ」 ▽2014年に加入し、アーセナルで4年目を過ごしているウェルベックは、今季のリーグ戦でここまで全5試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 2017.09.20 01:26 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、“ペレス一存”で来冬にサンチェス獲得へ

▽レアル・マドリーがアーセナルで去就に揺れるアタッカーをターゲットに定めているようだ。スペイン『Don Balon』が報じた。 ▽その選手とは、チリ代表FWアレクシス・サンチェスだ。アーセナルとの延長交渉が全く進まず、今夏移籍の可能性が高まっていたマンチェスター・シティ行きに関しても、最終的にとん挫。その結果、少なくともあと半年間、アーセナルに留まることが確定している。 ▽伝えられるところによれば、レアル・マドリーは、来冬にもサンチェス獲得に動くという。だが、この動きは、未来を見据えた積極的な若手起用を好むジネディーヌ・ジダン監督の意思ではなく、以前からサンチェスを評価するフロレンティーノ・ペレス会長の一存のようだ。 2017.09.18 21:35 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース