歴代ビッグディールを振り返る…サッカー界の移籍金ランキングトップ10!!2017.08.04 18:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽3日、パリ・サンジェルマンがバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)の獲得を発表した。移籍金は史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)に設定されており、非現実的であり“天文学的な契約解除金"と思われた2億ユーロは、現実のものとなってしまった。▽そこで、これまでのサッカー界で生まれた多くのビッグディールを振り返り、歴代トップ10をランキング。ネイマールの移籍金がどれほどのものなのかが把握できるだろう。なお、ここに記す移籍金はメディアを通した推定金額であり、日本円は現在のレートに合わせたものとする。

◆歴代移籍金ランキング
Getty Images
9位タイ: FWアルバロ・モラタ (スペイン代表)
[レアル・マドリー⇒チェルシー/2017年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2016-17シーズンにユベントスからマドリーに復帰したモラタだったが、フランス代表FWカリム・ベンゼマの牙城を崩すことはできず。公式戦43試合20ゴールと結果を残したものの、途中出場が多く消化不良のシーズンとなった。そんな中、ユベントス時代にモラタ獲得を熱望したアントニオ・コンテ監督がラブコール。当時はモラタ加入とほぼ同時にイタリア代表監督に就任したため、指導することはなかったが、今度こそモラタを手中に収めることができた。スペイン代表FWジエゴ・コスタを構想外としていることもあり、エースFWとしての活躍に期待が懸かる。
Getty Images
9位タイ: MFハメス・ロドリゲス (コロンビア代表)
[モナコ⇒レアル・マドリー/2014年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2013-14シーズンはハメス・ロドリゲスにとって飛躍のシーズンだった。ポルトから移籍したモナコでは主力として活躍し、公式戦38試合10ゴールをマーク。シーズン後に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)では、コロンビア代表のエースとして5試合で6ゴールを奪いゴールデンブーツを獲得。この活躍が認められ、レアル・マドリーで10番を背負うこととなった。今夏、2年のレンタル移籍でバイエルンへと加入した。
Getty Images
8位: FWルイス・スアレス (ウルグアイ代表)
[リバプール⇒バルセロナ/2014年夏]
【移籍金】
8100万ユーロ (約105億8900万ユーロ)

▽リバプールの絶対的なエースだったスアレスだが、2014年に行われたブラジルW杯のイタリア代表戦でDFジョルジョ・キエッリーニへの噛みつき行為によりサッカー活動が禁止された。しかし、ストライカーを欲していたバルセロナが、シーズンの序盤はプレーできないと理解しながらも、スアレスに対して大金を費やした。バルセロナ加入後は公式戦147試合で121ゴール70アシストを記録。
Getty Images
7位: FWロメル・ルカク (ベルギー代表)
[エバートン⇒マンチェスター・ユナイテッド/2017年夏]
【移籍金】
8470万ユーロ (約110億7300万円)

▽エバートンに4シーズン在籍し、公式戦166試合で87ゴールを奪うなどエースとして活躍したルカク。チェルシー時代に指導を受け、実はルカクを高く評価していたジョゼ・モウリーニョ監督のラブコールがあり、移籍が実現。英国クラブ間では史上最高額を更新した。
Getty Images
6位: FWネイマール (ブラジル代表)
[サントス⇒バルセロナ/2013年夏]
【移籍金】
8820万ユーロ (約115億3200万円)

▽“ブラジルの至宝"がついに海を渡った。レジェンド・ペレもプレーしたサントスでエースとして活躍し、2011年にはクラブ史上3度目となるコパ・リベルタドーレス制覇に貢献。同年のFIFAクラブ・ワールドカップでは決勝でバルセロナと対戦し、0-4と完敗を喫するも人気沸騰。2013年にそのバルセロナへの加入が決まった。
Getty Images
5位: FWゴンサロ・イグアイン (アルゼンチン代表)
[ナポリ⇒ユベントス/2016夏]
【移籍金】
9000万ユーロ (約117億6600万円)

▽レアル・マドリー退団後、ナポリに在籍した3シーズンで公式戦146試合91ゴールを記録し、絶対的エースの地位を気付いていたイグアイン。しかし、積極的な補強を求めるイグアインと、補強に消極的なアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の間に亀裂が。そこに、MFポール・ポグバを失ったユベントスが目を付け、イグアインに設定された契約解除金である9000万ユーロを支払い“禁断の移籍"が成立した。
Getty Images
4位: FWクリスティアーノ・ロナウド (ポルトガル代表)
[マンチェスター・ユナイテッド⇒レアル・マドリー/2009年夏]
【移籍金】
9400万ユーロ (約122億9800万円)

▽2008年夏にマドリー移籍が囁かれていたC・ロナウドは、マドリー移籍に心が傾きかけていたことを明かすも、ユナイテッドに残留することを決断。2008-09シーズンには、ユナイテッドのエースとしてプレミアリーグ3連覇に導くと、初めてバロンドールを獲得するなどキャリアの絶頂期を迎えた。しかし、シーズン終了後の2009年夏にユナイテッドへ退団希望を伝え、レアル・マドリー加入が実現した。
Getty Images
3位: MFガレス・ベイル (ウェールズ代表)
[トッテナム⇒レアル・マドリー/2013年夏]
【移籍金】
1億100万ユーロ (約132億1000万円)

▽2013-14シーズンのベイルはトッテナムでトップ下を主戦場とし、自己最多となるリーグ戦21ゴールをマーク。この活躍でPFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞の“トレブル"を達成した。この活躍に目を付けたレアル・マドリーが9400万ユーロで獲得。しかし後に『フットボール・リークス』が、ベイルの移籍金は1億100万ユーロだったと暴露した。
Getty Images
2位: MFポール・ポグバ (フランス代表)
[ユベントス⇒マンチェスター・ユナイテッド/2016年夏]
【移籍金】
1億1000万ユーロ (約143億8400万円)

▽かつてユナイテッドと契約満了を迎え、フリートランスファーでユベントスに加入したポグバ。セリエAで頭角を現し、ユーベの中心選手として在籍した4シーズンで178試合34ゴールをマークするなど“世界最高のMF"と言われるまでに成長した。そんなポグバは2016年夏、史上最高額で古巣に出戻りとなった。
Getty Images
1位: FWネイマール (ブラジル代表)
[バルセロナ⇒パリ・サンジェルマン/2017年夏]
【移籍金】
2億2200万ユーロ (約290億2700万円)

▽バルセロナに在籍した4シーズンで公式戦186試合105と出色の出来を見せたネイマール。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスと共に形成するトリデンテは最高のアタッカーユニットとまで言われた。しかし「スポーツマンの人生とは常に挑戦がある」と語り、新たな道を歩み始めることを決断した。
コメント
関連ニュース
thumb

フレンキー・デ・ヨングってどんな子? 母がバルサ加入決定の息子を語る

アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの母が、息子の性格について明かした。スペイン『マルカ』がオランダ『Telegraaf』を引用して報じている。 2015年から名門アヤックスでプレーするF・デ・ヨング。中盤とセンターバックの複数ポジションをこなし、長短のパスセンスを兼備する将来を嘱望されているプレーヤーだ。今冬の移籍市場では幾多のビッグクラブから注目を集めた中、来シーズンのバルセロナ加入が決定している。 そんなF・デ・ヨングとはどんな人間なのか。同選手の母がエピソードを交えながら語り、息子を誇りに思っていることを明かした。 「バルセロナの選手になったとしても、彼は普通の少年で居続けると思うわ」 「フレンキーは落ち着いていて、思いやりのある子なの。私は息子を誇りに思っているわ。彼が何も考えずに決断するということはないの」 「お金のために決断することはしないわ。いつも何か一歩踏み出す時には数回考えてから決断するの」 「彼が良いフットボーラーであることは重要。でも、良い人間であることがより重要なの。私たちは彼を穏やかで謙虚な人になるよう育ててきたつもりだわ」 「多くの選手たちはタトゥーを入れてたりするわよね。私は息子に『中には年齢を重ねた時に、そのタトゥーが美しく見えないものもある』と言ったの。そしたら息子は笑って『どんなタトゥーも入れるつもりはないよ(笑)』と話していたわ」 2019.03.20 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマンに関心なし 西紙力説

スペイン『マルカ』がバルセロナのアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)獲得説を否定した。 昨夏にバルセロナ移籍の見方が強まったものの、最終的にアトレティコ・マドリー残留を決めたグリーズマン。その際に2023年6月30日までの新契約にサインも交わしたが、先日のフランス『レキップ』が報じたところによれば、バルセロナが昨夏に続き今夏の獲得に再び関心を抱いており、グリーズマン自身もチャンピオンズリーグ(CL)敗退のショックで移籍を考慮しているというのだ。 だが、『マルカ』はグリーズマンのバルセロナ移籍話を一蹴した。それはバルセロナが探すウルグアイ代表FWルイス・スアレス(32)の後継者として求めるタイプと異なるから。現有戦力と共存可能できるかどうかも見極め基準に掲げるなかで、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)やセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)ら候補リストに、グリーズマンはいない模様だ。 また、バルセロナの選手陣においても、グリーズマンを歓迎する声があまり聞こえてこないという。そして、バルセロナはアトレティコ・マドリーに契約解除金として1億2000万ユーロ(約151億5000万円)を支払うのであれば、他の選手に投じたい意向。そのため、バルセロナのグリーズマンに対する熱は昨夏と比べると、冷めているとのことだ。 2019.03.19 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

名手チャビが断言「メッシは史上最高の選手」

かつてバルセロナでプレーし、現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 17歳でトップチームデビューして以降、バルサ一筋を貫いてきたメッシ。ここまで公式戦674試合591得点238アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)を4度制した他、9度のリーガエスパニョーラ優勝、6度のコパ・デル・レイ優勝を果たすなど、数々のタイトルをクラブにもたらしてきた。 そんな中、長きに渡ってバルサの名手として活躍してきたチャビは、11シーズン共にプレーしたメッシを称賛。ついには「史上最高の選手」と言い切った。 「彼は毎日より良い選手になる。信じ難いほどにね。僕の意見では、彼が史上で最高の選手だよ。この瞬間だけではなく、歴史上においてだ」 「彼がしていることは素晴らしいことだ。全ての試合で違いを作る。12年前から毎試合そうなんだ。僕は彼と共にプレーしたけど、彼の技術…それはとてつもないものだ。私の中で、彼が史上最高の選手だということは揺るがない」 2019.03.19 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、CL展望を語る「優勝候補はバルセロナ。しかし…」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の展望を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヨーロッパNO.1の座を争うCLもラウンド16が終わり、ベスト8が出揃った。4月9日から開催される準々決勝の対戦カードは、アヤックスvsユベントス、リバプールvsポルト、トッテナムvsマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドvsバルセロナに決定している。 そんな中、トッテナムのポチェッティーノ監督は優勝候補筆頭にバルセロナを挙げた。しかし、トッテナムが大会をかき乱す存在になることを期待している。 「優勝候補を挙げるとするならバルセロナだ。バルベルデは素晴らしい仕事をしている。それにバルセロナには驚異的な選手たちがいる。それに(リオネル・)メッシもいるからね」 「マンチェスター・シティやユベントスのようなチームにも常にチャンスはある。それを成し遂げるだけの力があるチームだ。ただ、CLには常にサプライズが起こる可能性がある。それがトッテナムであることを願っている」 「マンチェスター・ユナイテッドのここ数年の構築は、大きなことを成し遂げるためのものであったと思う。ただ、CLやプレミアリーグのような大きな大会は、常にディティールが分かれ目となる」 「もちろん彼らにもバルセロナを困難に陥れることができる選手たちがいる。しかし、バルセロナはユナイテッドより一個上にいると思っている」 2019.03.19 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

右足首を捻挫のスアレスは10〜15日間の離脱…ウルグアイ代表も辞退

バルセロナは18日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが10日〜15日間の離脱になると発表した。 スアレスは、17日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のレアル・ベティス戦で負傷。右足首を捻挫したと発表されていた。 18日に検査を行ったところ、見立て通り右足首の捻挫を確認。10〜15日間の離脱となり、ウルグアイ代表の招集も辞退することになると発表されている。 スアレスは、今シーズンのリーガエスパニョーラで27試合に出場し18ゴールを記録。これは29ゴールのリオネル・メッシに次いで、リーグ2番目の得点を記録している。 2019.03.18 22:21 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース