歴代ビッグディールを振り返る…サッカー界の移籍金ランキングトップ10!!2017.08.04 18:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽3日、パリ・サンジェルマンがバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)の獲得を発表した。移籍金は史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)に設定されており、非現実的であり“天文学的な契約解除金"と思われた2億ユーロは、現実のものとなってしまった。

▽そこで、これまでのサッカー界で生まれた多くのビッグディールを振り返り、歴代トップ10をランキング。ネイマールの移籍金がどれほどのものなのかが把握できるだろう。なお、ここに記す移籍金はメディアを通した推定金額であり、日本円は現在のレートに合わせたものとする。

◆歴代移籍金ランキング
Getty Images
9位タイ: FWアルバロ・モラタ (スペイン代表)
[レアル・マドリー⇒チェルシー/2017年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2016-17シーズンにユベントスからマドリーに復帰したモラタだったが、フランス代表FWカリム・ベンゼマの牙城を崩すことはできず。公式戦43試合20ゴールと結果を残したものの、途中出場が多く消化不良のシーズンとなった。そんな中、ユベントス時代にモラタ獲得を熱望したアントニオ・コンテ監督がラブコール。当時はモラタ加入とほぼ同時にイタリア代表監督に就任したため、指導することはなかったが、今度こそモラタを手中に収めることができた。スペイン代表FWジエゴ・コスタを構想外としていることもあり、エースFWとしての活躍に期待が懸かる。
Getty Images
9位タイ: MFハメス・ロドリゲス (コロンビア代表)
[モナコ⇒レアル・マドリー/2014年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2013-14シーズンはハメス・ロドリゲスにとって飛躍のシーズンだった。ポルトから移籍したモナコでは主力として活躍し、公式戦38試合10ゴールをマーク。シーズン後に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)では、コロンビア代表のエースとして5試合で6ゴールを奪いゴールデンブーツを獲得。この活躍が認められ、レアル・マドリーで10番を背負うこととなった。今夏、2年のレンタル移籍でバイエルンへと加入した。
Getty Images
8位: FWルイス・スアレス (ウルグアイ代表)
[リバプール⇒バルセロナ/2014年夏]
【移籍金】
8100万ユーロ (約105億8900万ユーロ)

▽リバプールの絶対的なエースだったスアレスだが、2014年に行われたブラジルW杯のイタリア代表戦でDFジョルジョ・キエッリーニへの噛みつき行為によりサッカー活動が禁止された。しかし、ストライカーを欲していたバルセロナが、シーズンの序盤はプレーできないと理解しながらも、スアレスに対して大金を費やした。バルセロナ加入後は公式戦147試合で121ゴール70アシストを記録。
Getty Images
7位: FWロメル・ルカク (ベルギー代表)
[エバートン⇒マンチェスター・ユナイテッド/2017年夏]
【移籍金】
8470万ユーロ (約110億7300万円)

▽エバートンに4シーズン在籍し、公式戦166試合で87ゴールを奪うなどエースとして活躍したルカク。チェルシー時代に指導を受け、実はルカクを高く評価していたジョゼ・モウリーニョ監督のラブコールがあり、移籍が実現。英国クラブ間では史上最高額を更新した。
Getty Images
6位: FWネイマール (ブラジル代表)
[サントス⇒バルセロナ/2013年夏]
【移籍金】
8820万ユーロ (約115億3200万円)

▽“ブラジルの至宝"がついに海を渡った。レジェンド・ペレもプレーしたサントスでエースとして活躍し、2011年にはクラブ史上3度目となるコパ・リベルタドーレス制覇に貢献。同年のFIFAクラブ・ワールドカップでは決勝でバルセロナと対戦し、0-4と完敗を喫するも人気沸騰。2013年にそのバルセロナへの加入が決まった。
Getty Images
5位: FWゴンサロ・イグアイン (アルゼンチン代表)
[ナポリ⇒ユベントス/2016夏]
【移籍金】
9000万ユーロ (約117億6600万円)

▽レアル・マドリー退団後、ナポリに在籍した3シーズンで公式戦146試合91ゴールを記録し、絶対的エースの地位を気付いていたイグアイン。しかし、積極的な補強を求めるイグアインと、補強に消極的なアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の間に亀裂が。そこに、MFポール・ポグバを失ったユベントスが目を付け、イグアインに設定された契約解除金である9000万ユーロを支払い“禁断の移籍"が成立した。
Getty Images
4位: FWクリスティアーノ・ロナウド (ポルトガル代表)
[マンチェスター・ユナイテッド⇒レアル・マドリー/2009年夏]
【移籍金】
9400万ユーロ (約122億9800万円)

▽2008年夏にマドリー移籍が囁かれていたC・ロナウドは、マドリー移籍に心が傾きかけていたことを明かすも、ユナイテッドに残留することを決断。2008-09シーズンには、ユナイテッドのエースとしてプレミアリーグ3連覇に導くと、初めてバロンドールを獲得するなどキャリアの絶頂期を迎えた。しかし、シーズン終了後の2009年夏にユナイテッドへ退団希望を伝え、レアル・マドリー加入が実現した。
Getty Images
3位: MFガレス・ベイル (ウェールズ代表)
[トッテナム⇒レアル・マドリー/2013年夏]
【移籍金】
1億100万ユーロ (約132億1000万円)

▽2013-14シーズンのベイルはトッテナムでトップ下を主戦場とし、自己最多となるリーグ戦21ゴールをマーク。この活躍でPFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞の“トレブル"を達成した。この活躍に目を付けたレアル・マドリーが9400万ユーロで獲得。しかし後に『フットボール・リークス』が、ベイルの移籍金は1億100万ユーロだったと暴露した。
Getty Images
2位: MFポール・ポグバ (フランス代表)
[ユベントス⇒マンチェスター・ユナイテッド/2016年夏]
【移籍金】
1億1000万ユーロ (約143億8400万円)

▽かつてユナイテッドと契約満了を迎え、フリートランスファーでユベントスに加入したポグバ。セリエAで頭角を現し、ユーベの中心選手として在籍した4シーズンで178試合34ゴールをマークするなど“世界最高のMF"と言われるまでに成長した。そんなポグバは2016年夏、史上最高額で古巣に出戻りとなった。
Getty Images
1位: FWネイマール (ブラジル代表)
[バルセロナ⇒パリ・サンジェルマン/2017年夏]
【移籍金】
2億2200万ユーロ (約290億2700万円)

▽バルセロナに在籍した4シーズンで公式戦186試合105と出色の出来を見せたネイマール。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスと共に形成するトリデンテは最高のアタッカーユニットとまで言われた。しかし「スポーツマンの人生とは常に挑戦がある」と語り、新たな道を歩み始めることを決断した。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサがラビオ獲得に大きな前進! “タフな交渉人”の母親説得で個人間合意!

▽バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に大きな前進を見せたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽10代後半頃からラビオに関心を示していたバルセロナは、先日にゼネラル・マネージャーのペップ・セグラ氏と強化担当のエリック・アビダル氏がPSG関係者と交渉を行い、今季限りでPSGと契約満了となる同選手に関して4000万ユーロ(約52億5000万円)前後での移籍成立に向けて大筋で合意に至ったという。 ▽また、“タフな交渉人”と知られるラビオの実母にして代理人のヴェロニク・ラビオ女史との間ではアビダル氏が交渉にあたり、個人間での合意を取り付けた模様だ。 ▽バルセロナのラビオ獲得オペレーションが順調に進んでいる一方、PSGのオーナーを務めるナセル・アル・ケラフィ氏は同選手との契約延長に未だ自信を示しているようだ。 2018.07.19 15:03 Thu
twitterfacebook
thumb

カッサーノ「ロナウドはナダルで、メッシはフェデラー」

▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、FWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシを、テニス界のスーパースターに例えて比較した。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。 ▽その突出した才能から度々比較対象にされるC・ロナウドとメッシ。おそらく一生この話題がピリオドを迎えることはないだろうが、カッサーノはテニス界のアイコンである、ラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーに例えて、彼らを比較している。 「俺はメッシが大好きだ。クリスティアーノが嫌いというわけではない。だが俺の観点からすると、彼は常に世界のベストで、彼から受ける感情はユニークなものだ」 「合理化しなければならないならば、俺はメッシのように巧みにボールを扱い一貫してゴールを奪えるような選手を望む」 「クリスティアーノに欠けているものはなにもない。が、それは論点ではない。わかりやすくするなら、クリスティアーノはナダルだ。素晴らしいアスリートで才能に磨きをかけている。熱意も持っているしハードワークも欠かさない」 「メッシはフェデラーに似ている。彼は純粋な芸術的才能と上品さを備えている。彼らは異なるタイプの選手だ。メッシと一緒にいるとただ立っているだけで違いが見えてくる。かれにフィジカル的な強さは必要ないんだ。自分の2番目の息子には“リオネル”と名付けたよ」 ▽さらに、C・ロナウドについて述べたカッサーノはこうも語っている。 「彼は母なる大地からの贈り物を授かっているが、なによりメンタリティ、一貫したトレーニング、そしてプロ精神を持っている。それらはすべて俺が嫌いなものだ」 「彼の集中力にはいつも感心している。彼は偉人の1人として永遠に歴史に名を残すだろう。それは彼の才能のおかげでもあるが、とりわけハードワークの賜物なのさ」 2018.07.18 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナの収入が歴代最高を記録! 1200億円超え

▽バルセロナは、2017-18シーズンの収益を発表。クラブレコードとなる9億1400万ユーロ(約1205億円)の収入があったとのことだ。 ▽2017-18シーズンの収入は、ブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍にかかった契約解除金が大きく反映されている。収入は9億1400万ユーロに対し、費用は8億8200万ユーロ(約1162億円)。営業利益は3200万ユーロ(約42億2000万円)、純利益は1300万ユーロ(約17億1300万円)とのことだ。 ▽また、今回の収益は取締役会も高く評価しており、2021年にはクラブ戦略計画によって10億ユーロの収入を達成できる見込であると考えているようだ。 2018.07.17 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「これからも比較するんだろう?」ユーベ移籍のC・ロナウド、メッシとのライバル関係について語る

▽ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのライバル関係について考えを明かした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで数々のタイトル獲得に貢献し、個人としても同クラブ在籍時に4度のバロンドールを受賞してきたC・ロナウドは10日、ユベントスへの加入が決定。9年間過ごし、輝かしいキャリアを築き上げたエル・ブランコに別れを告げた。 ▽そんなマドリー時代には宿敵バルセロナ所属のメッシと常に世界最高の称号を争い、周囲からも比較されてきた。長きにわたってリーガエスパニョーラで凌ぎを削ってきたメッシについてC・ロナウドは以下のように答えている。 「メッシとのライバル関係? 僕は他の選手をライバルだと考えことはないよ。僕らしくない。常にチームのために全力を注ぐということしか考えていないよ。それはスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、マドリー、全ての場所でそうしてきた」 「メッシもバルセロナでそうしているさ。結局なんだかんだこれからもどっちがベストプレイヤーかって比べられるんだろうけどね」 2018.07.17 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、選手層拡充へフランス代表MFエンゾンジ獲得に興味?

▽バルセロナがセビージャに所属するフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)やブラジル代表MFパウリーニョ(29)がそれぞれ退団し、中盤の補強を画策しているバルセロナ。これまでパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)やアヤックスに所属するU-21オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(20)の獲得に動いているとされるが、選手層拡充に向けてエンゾンジにも獲得への興味を示しているようだ。 ▽母国・アミアンでプロキャリアをスタートさせたエンゾンジは、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャに加入。2017-18シーズンでは公式戦44試合に出場していた。現在行われているロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦しており、ここまで4試合に出場している。 ▽エンゾンジには現在元セビージャ指揮官ウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが獲得に向けて動いている模様。なお、同選手には4000万ユーロ(約52億円)の契約解除金が設定されている。 2018.07.15 15:40 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース