歴代ビッグディールを振り返る…サッカー界の移籍金ランキングトップ10!!2017.08.04 18:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽3日、パリ・サンジェルマンがバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)の獲得を発表した。移籍金は史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)に設定されており、非現実的であり“天文学的な契約解除金"と思われた2億ユーロは、現実のものとなってしまった。▽そこで、これまでのサッカー界で生まれた多くのビッグディールを振り返り、歴代トップ10をランキング。ネイマールの移籍金がどれほどのものなのかが把握できるだろう。なお、ここに記す移籍金はメディアを通した推定金額であり、日本円は現在のレートに合わせたものとする。

◆歴代移籍金ランキング
Getty Images
9位タイ: FWアルバロ・モラタ (スペイン代表)
[レアル・マドリー⇒チェルシー/2017年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2016-17シーズンにユベントスからマドリーに復帰したモラタだったが、フランス代表FWカリム・ベンゼマの牙城を崩すことはできず。公式戦43試合20ゴールと結果を残したものの、途中出場が多く消化不良のシーズンとなった。そんな中、ユベントス時代にモラタ獲得を熱望したアントニオ・コンテ監督がラブコール。当時はモラタ加入とほぼ同時にイタリア代表監督に就任したため、指導することはなかったが、今度こそモラタを手中に収めることができた。スペイン代表FWジエゴ・コスタを構想外としていることもあり、エースFWとしての活躍に期待が懸かる。
Getty Images
9位タイ: MFハメス・ロドリゲス (コロンビア代表)
[モナコ⇒レアル・マドリー/2014年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2013-14シーズンはハメス・ロドリゲスにとって飛躍のシーズンだった。ポルトから移籍したモナコでは主力として活躍し、公式戦38試合10ゴールをマーク。シーズン後に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)では、コロンビア代表のエースとして5試合で6ゴールを奪いゴールデンブーツを獲得。この活躍が認められ、レアル・マドリーで10番を背負うこととなった。今夏、2年のレンタル移籍でバイエルンへと加入した。
Getty Images
8位: FWルイス・スアレス (ウルグアイ代表)
[リバプール⇒バルセロナ/2014年夏]
【移籍金】
8100万ユーロ (約105億8900万ユーロ)

▽リバプールの絶対的なエースだったスアレスだが、2014年に行われたブラジルW杯のイタリア代表戦でDFジョルジョ・キエッリーニへの噛みつき行為によりサッカー活動が禁止された。しかし、ストライカーを欲していたバルセロナが、シーズンの序盤はプレーできないと理解しながらも、スアレスに対して大金を費やした。バルセロナ加入後は公式戦147試合で121ゴール70アシストを記録。
Getty Images
7位: FWロメル・ルカク (ベルギー代表)
[エバートン⇒マンチェスター・ユナイテッド/2017年夏]
【移籍金】
8470万ユーロ (約110億7300万円)

▽エバートンに4シーズン在籍し、公式戦166試合で87ゴールを奪うなどエースとして活躍したルカク。チェルシー時代に指導を受け、実はルカクを高く評価していたジョゼ・モウリーニョ監督のラブコールがあり、移籍が実現。英国クラブ間では史上最高額を更新した。
Getty Images
6位: FWネイマール (ブラジル代表)
[サントス⇒バルセロナ/2013年夏]
【移籍金】
8820万ユーロ (約115億3200万円)

▽“ブラジルの至宝"がついに海を渡った。レジェンド・ペレもプレーしたサントスでエースとして活躍し、2011年にはクラブ史上3度目となるコパ・リベルタドーレス制覇に貢献。同年のFIFAクラブ・ワールドカップでは決勝でバルセロナと対戦し、0-4と完敗を喫するも人気沸騰。2013年にそのバルセロナへの加入が決まった。
Getty Images
5位: FWゴンサロ・イグアイン (アルゼンチン代表)
[ナポリ⇒ユベントス/2016夏]
【移籍金】
9000万ユーロ (約117億6600万円)

▽レアル・マドリー退団後、ナポリに在籍した3シーズンで公式戦146試合91ゴールを記録し、絶対的エースの地位を気付いていたイグアイン。しかし、積極的な補強を求めるイグアインと、補強に消極的なアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の間に亀裂が。そこに、MFポール・ポグバを失ったユベントスが目を付け、イグアインに設定された契約解除金である9000万ユーロを支払い“禁断の移籍"が成立した。
Getty Images
4位: FWクリスティアーノ・ロナウド (ポルトガル代表)
[マンチェスター・ユナイテッド⇒レアル・マドリー/2009年夏]
【移籍金】
9400万ユーロ (約122億9800万円)

▽2008年夏にマドリー移籍が囁かれていたC・ロナウドは、マドリー移籍に心が傾きかけていたことを明かすも、ユナイテッドに残留することを決断。2008-09シーズンには、ユナイテッドのエースとしてプレミアリーグ3連覇に導くと、初めてバロンドールを獲得するなどキャリアの絶頂期を迎えた。しかし、シーズン終了後の2009年夏にユナイテッドへ退団希望を伝え、レアル・マドリー加入が実現した。
Getty Images
3位: MFガレス・ベイル (ウェールズ代表)
[トッテナム⇒レアル・マドリー/2013年夏]
【移籍金】
1億100万ユーロ (約132億1000万円)

▽2013-14シーズンのベイルはトッテナムでトップ下を主戦場とし、自己最多となるリーグ戦21ゴールをマーク。この活躍でPFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞の“トレブル"を達成した。この活躍に目を付けたレアル・マドリーが9400万ユーロで獲得。しかし後に『フットボール・リークス』が、ベイルの移籍金は1億100万ユーロだったと暴露した。
Getty Images
2位: MFポール・ポグバ (フランス代表)
[ユベントス⇒マンチェスター・ユナイテッド/2016年夏]
【移籍金】
1億1000万ユーロ (約143億8400万円)

▽かつてユナイテッドと契約満了を迎え、フリートランスファーでユベントスに加入したポグバ。セリエAで頭角を現し、ユーベの中心選手として在籍した4シーズンで178試合34ゴールをマークするなど“世界最高のMF"と言われるまでに成長した。そんなポグバは2016年夏、史上最高額で古巣に出戻りとなった。
Getty Images
1位: FWネイマール (ブラジル代表)
[バルセロナ⇒パリ・サンジェルマン/2017年夏]
【移籍金】
2億2200万ユーロ (約290億2700万円)

▽バルセロナに在籍した4シーズンで公式戦186試合105と出色の出来を見せたネイマール。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスと共に形成するトリデンテは最高のアタッカーユニットとまで言われた。しかし「スポーツマンの人生とは常に挑戦がある」と語り、新たな道を歩み始めることを決断した。
コメント
関連ニュース
thumb

CLベスト16チームが決定! イングランドが最多4チーム突破

▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが決定した。 ▽昨季、準優勝チームのリバプール、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの4チームが同居した今グループステージで最激戦区となったグループCではPSGが首位通過、最終節のナポリとの直接対決を制したリバプールが決勝トーナメント進出を決定。首位で最終節を迎えながらもアンフィールドで散ったナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。 ▽同じく激戦区となったバルセロナ、トッテナム、インテル、PSVが同居したグループBではエースFWリオネル・メッシを筆頭に格の違いを見せつけたバルセロナが、第4節終了次点で今大会最速での決勝トーナメント進出を決め、2番手にはインテルと同勝ち点も当該戦績で上回ったトッテナムが2年連続での突破を決定した。 ▽その他のグループではCL3連覇中の絶対王者のレアル・マドリーがCSKAモスクワ相手に不覚を取ったものの、2位のローマと共にグループGをきっちり首位通過。また、マンチェスター・シティ、ユベントス、バイエルンといった優勝候補も順当に突破を決めている。 ▽日本人選手所属クラブではMF香川真司の所属するドルトムントがアトレティコ・マドリー、モナコらを退けてグループAを首位通過。ただ、香川はこのグループステージで一度も出場機会はなかった。 ▽一方、DF長友佑都の所属するガラタサライはシャルケ、ポルト、ロコモティフ・モスクワと本命不在の比較的恵まれたグループDに入ったものの、3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることに。さらに、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワは王者レアル・マドリー、昨季ベスト4のローマの牙城を破れず、最下位で敗退。なお、西村は第3節のローマ戦でCLデビューを飾っていた。 ▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。 ▽各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 【グループA】 1.ドルトムント(ドイツ) 2.アトレティコ・マドリー(スペイン) ――決勝T進出―― 3.クラブ・ブルージュ(ベルギー) ――EL決勝T進出―― 4.モナコ(フランス) 【グループB】 1.バルセロナ(スペイン) 2.トッテナム(イングランド) ――決勝T進出―― 3.インテル(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.PSV(オランダ) 【グループC】 1.パリ・サンジェルマン(フランス) 2.リバプール(イングランド) ――決勝T進出―― 3.ナポリ(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 【グループD】 1.ポルト(ポルトガル) 2.シャルケ(ドイツ) ――決勝T進出―― 3.ガラタサライ(トルコ) ――EL決勝T進出―― 4.ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 【グループE】 1.バイエルン(ドイツ) 2.アヤックス(オランダ) ――決勝T進出―― 3.ベンフィカ(ポルトガル) ――EL決勝T進出―― 4.AEKアテネ(ギリシャ) 【グループF】 1.マンチェスター・シティ(イングランド) 2.リヨン(フランス) ――決勝T進出―― 3.シャフタール(ウクライナ) ――EL決勝T進出―― 4.ホッフェンハイム(ドイツ) 【グループG】 1.レアル・マドリー(スペイン) 2.ローマ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ――EL決勝T進出―― 4.CSKAモスクワ(ロシア) 【グループH】 1.ユベントス(イタリア) 2.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ――決勝T進出―― 3.バレンシア(スペイン) ――EL決勝T進出―― 4.ヤング・ボーイズ(スイス) 2018.12.13 07:23 Thu
twitterfacebook
thumb

「望みがある限り殺す必要はない」イニエスタが素行不良のデンベレへに言及

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタは、素行が問題視されているバルセロナの後輩ウスマーヌ・デンベレについてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>今シーズン、全公式戦20試合に出場して9ゴール5アシストを記録するなど才能の片鱗を見せるデンベレ。しかし、練習への遅刻や欠席などを連発しており、プレー面よりも素行面に大きな注目が集っている。先日チームメイトのジェラール・ピケやルイス・スアレスらからプロとしての姿勢に苦言を呈されていたが、それでも9日の練習にも寝坊が原因で2時間遅れで合流したという。<br><br>度重なる素行不良が伝えられる中、現在スペインへ帰国中のイニエスタは21歳FWを擁護している。<br><br>「僕はここにはもういないから、デンベレの状況を評価することはできない。順守しなければならない規則や責任があり、それに従うことができなければ、クラブやチームはこの状況を是正しなければならないね」<br><br>「ただ、彼はバルセロナにとってとても重要な選手だ。僕たちは彼を殺すのではなく、その間違いを直させなければならない。殺すことができるときは、手に負えなくなったときだけだ。彼の状況に望みがないとは思えない。僕からのアドバイスは、時間に間に合うように来ることだ」<br><br>また、ヴィッセル神戸の新たなチームメイトであるダビド・ビジャについても言及。「バルセロナに来る前の日に彼に会ったよ。僕たちは元チームメイトだった。彼のようなレベルの選手と一緒にプレーできることにとてもワクワクしている」と興奮気味に語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

モラタがバルサに売り込み⁉

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が、バルセロナに売り込みをかけているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が、スペインのラジオ局『RAC1』での放送を引用して伝えている。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のモラタは2010-12シーズンのサラゴサ戦でトップチームデビューを飾った。しかし、モラタの務めるセンターフォワードには元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインが在籍していたため、出場機会に恵まれずにユベントスに移籍。その後、一度はマドリー復帰を果たしたものの、その際もポジションを奪い切ることはできず、2017年夏に推定移籍金6500万ユーロ(現在のレートで約83億円)+ボーナスでチェルシーへ加入していた。 ▽加入初年度となった昨シーズンは、アントニオ・コンテ前監督のもと、公式戦48試合で11ゴールを記録。さらに、マウリツィオ・サッリ新監督になった今シーズンも、プレミアリーグ14試合で5ゴールとまずまずの数字を残している。しかし、大一番でスタメンから外されることもあり、絶対的な信頼は得られていない。 ▽今回伝えられるところによれば、モラタ側がウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)の後継者の獲得を目指しているバルセロナに売り込みをかけた模様。しかし、バルセロナは移籍市場でのフォワードの動向に注意を払っているものの、現時点でのモラタ獲得は最優先事項とならないことも伝えられている。 2018.12.12 20:48 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、主力温存のスパーズ戦で12年ぶり支配率下回る

▽バルセロナが、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで12年ぶりに支配率を下回ったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽バルセロナは、11日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第6節でトッテナムと対戦。グループステージ首位突破が決まっていたバルセロナは、FWメッシやMFブスケッツら主力をベンチに置き、CLデビューとなったU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャ、U-19スペイン代表DFフアン・ミランダら若手選手を起用した。 ▽試合では、7分にバルセロナFWデンベレが個人技で打開し先制点を奪取。しかし、終了間際の85分にトッテナムFWルーカス・モウラに同点弾を浴び、試合は1-1で終了。バルセロナのボール支配率は、48.8%で相手を下回っていた。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によると、バルセロナがCLのグループステージで支配率を下回るのは、元ブラジル代表のロナウジーニョ氏らが在席していた2006-07シーズンのグループA第6節ブレーメン戦以来。この試合では、ロナウジーニョ氏と元アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン氏のゴールで2-0の勝利を収めたが、支配率は42.9%と下回っていた。 2018.12.12 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「メッシは僕にとって最高の選手」イニエスタ、ペレの「マラドーナの方が優れている」発言に言及

▽ヴィッセル神戸に所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、今年のバロンドールについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は3日、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールに輝いたことを発表。11年ぶりにバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド以外の選手が受賞した中、モドリッチの受賞や両選手の選外に賛否が集まっている。 ▽最近ではサッカー界のレジェンドであるペレ氏は、バロンドールの投票で5位だったメッシが「片足しか使えず、スキルも一つしかない。ヘディングもうまくない」とコメント。元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏の方が優れていると主張していた。 ▽そんな中、現在母国・スペインに帰国中のイニエスタは、『Ariel』のプロモーションイベントに参加。今年のバロンドールや先日のペレ氏の発言について以下のように語った。 「僕はペレが言ったことについてとやかく言うつもりはないよ」 「ただ、メッシはこれまでの歴史においても最高の選手だ。彼は全てのものを勝ち得てきた。技術があってヘディングもでき、右でも左でもボールを蹴れる。こんな選手は彼以外で見たことがない。そして彼は毎年僕の予想を上回ってくる」 「バロンドールの投票で5位だったことは屈辱ではない。僕にとっては最高の選手だ」 「モドリッチの受賞が不当だということもない。彼は素晴らしいシーズンを送った」 2018.12.12 10:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース