歴代ビッグディールを振り返る…サッカー界の移籍金ランキングトップ10!!2017.08.04 18:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽3日、パリ・サンジェルマンがバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)の獲得を発表した。移籍金は史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)に設定されており、非現実的であり“天文学的な契約解除金"と思われた2億ユーロは、現実のものとなってしまった。

▽そこで、これまでのサッカー界で生まれた多くのビッグディールを振り返り、歴代トップ10をランキング。ネイマールの移籍金がどれほどのものなのかが把握できるだろう。なお、ここに記す移籍金はメディアを通した推定金額であり、日本円は現在のレートに合わせたものとする。

◆歴代移籍金ランキング
Getty Images
9位タイ: FWアルバロ・モラタ (スペイン代表)
[レアル・マドリー⇒チェルシー/2017年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2016-17シーズンにユベントスからマドリーに復帰したモラタだったが、フランス代表FWカリム・ベンゼマの牙城を崩すことはできず。公式戦43試合20ゴールと結果を残したものの、途中出場が多く消化不良のシーズンとなった。そんな中、ユベントス時代にモラタ獲得を熱望したアントニオ・コンテ監督がラブコール。当時はモラタ加入とほぼ同時にイタリア代表監督に就任したため、指導することはなかったが、今度こそモラタを手中に収めることができた。スペイン代表FWジエゴ・コスタを構想外としていることもあり、エースFWとしての活躍に期待が懸かる。
Getty Images
9位タイ: MFハメス・ロドリゲス (コロンビア代表)
[モナコ⇒レアル・マドリー/2014年夏]
【移籍金】
8000万ユーロ (約104億5900万円)

▽2013-14シーズンはハメス・ロドリゲスにとって飛躍のシーズンだった。ポルトから移籍したモナコでは主力として活躍し、公式戦38試合10ゴールをマーク。シーズン後に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)では、コロンビア代表のエースとして5試合で6ゴールを奪いゴールデンブーツを獲得。この活躍が認められ、レアル・マドリーで10番を背負うこととなった。今夏、2年のレンタル移籍でバイエルンへと加入した。
Getty Images
8位: FWルイス・スアレス (ウルグアイ代表)
[リバプール⇒バルセロナ/2014年夏]
【移籍金】
8100万ユーロ (約105億8900万ユーロ)

▽リバプールの絶対的なエースだったスアレスだが、2014年に行われたブラジルW杯のイタリア代表戦でDFジョルジョ・キエッリーニへの噛みつき行為によりサッカー活動が禁止された。しかし、ストライカーを欲していたバルセロナが、シーズンの序盤はプレーできないと理解しながらも、スアレスに対して大金を費やした。バルセロナ加入後は公式戦147試合で121ゴール70アシストを記録。
Getty Images
7位: FWロメル・ルカク (ベルギー代表)
[エバートン⇒マンチェスター・ユナイテッド/2017年夏]
【移籍金】
8470万ユーロ (約110億7300万円)

▽エバートンに4シーズン在籍し、公式戦166試合で87ゴールを奪うなどエースとして活躍したルカク。チェルシー時代に指導を受け、実はルカクを高く評価していたジョゼ・モウリーニョ監督のラブコールがあり、移籍が実現。英国クラブ間では史上最高額を更新した。
Getty Images
6位: FWネイマール (ブラジル代表)
[サントス⇒バルセロナ/2013年夏]
【移籍金】
8820万ユーロ (約115億3200万円)

▽“ブラジルの至宝"がついに海を渡った。レジェンド・ペレもプレーしたサントスでエースとして活躍し、2011年にはクラブ史上3度目となるコパ・リベルタドーレス制覇に貢献。同年のFIFAクラブ・ワールドカップでは決勝でバルセロナと対戦し、0-4と完敗を喫するも人気沸騰。2013年にそのバルセロナへの加入が決まった。
Getty Images
5位: FWゴンサロ・イグアイン (アルゼンチン代表)
[ナポリ⇒ユベントス/2016夏]
【移籍金】
9000万ユーロ (約117億6600万円)

▽レアル・マドリー退団後、ナポリに在籍した3シーズンで公式戦146試合91ゴールを記録し、絶対的エースの地位を気付いていたイグアイン。しかし、積極的な補強を求めるイグアインと、補強に消極的なアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の間に亀裂が。そこに、MFポール・ポグバを失ったユベントスが目を付け、イグアインに設定された契約解除金である9000万ユーロを支払い“禁断の移籍"が成立した。
Getty Images
4位: FWクリスティアーノ・ロナウド (ポルトガル代表)
[マンチェスター・ユナイテッド⇒レアル・マドリー/2009年夏]
【移籍金】
9400万ユーロ (約122億9800万円)

▽2008年夏にマドリー移籍が囁かれていたC・ロナウドは、マドリー移籍に心が傾きかけていたことを明かすも、ユナイテッドに残留することを決断。2008-09シーズンには、ユナイテッドのエースとしてプレミアリーグ3連覇に導くと、初めてバロンドールを獲得するなどキャリアの絶頂期を迎えた。しかし、シーズン終了後の2009年夏にユナイテッドへ退団希望を伝え、レアル・マドリー加入が実現した。
Getty Images
3位: MFガレス・ベイル (ウェールズ代表)
[トッテナム⇒レアル・マドリー/2013年夏]
【移籍金】
1億100万ユーロ (約132億1000万円)

▽2013-14シーズンのベイルはトッテナムでトップ下を主戦場とし、自己最多となるリーグ戦21ゴールをマーク。この活躍でPFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞の“トレブル"を達成した。この活躍に目を付けたレアル・マドリーが9400万ユーロで獲得。しかし後に『フットボール・リークス』が、ベイルの移籍金は1億100万ユーロだったと暴露した。
Getty Images
2位: MFポール・ポグバ (フランス代表)
[ユベントス⇒マンチェスター・ユナイテッド/2016年夏]
【移籍金】
1億1000万ユーロ (約143億8400万円)

▽かつてユナイテッドと契約満了を迎え、フリートランスファーでユベントスに加入したポグバ。セリエAで頭角を現し、ユーベの中心選手として在籍した4シーズンで178試合34ゴールをマークするなど“世界最高のMF"と言われるまでに成長した。そんなポグバは2016年夏、史上最高額で古巣に出戻りとなった。
Getty Images
1位: FWネイマール (ブラジル代表)
[バルセロナ⇒パリ・サンジェルマン/2017年夏]
【移籍金】
2億2200万ユーロ (約290億2700万円)

▽バルセロナに在籍した4シーズンで公式戦186試合105と出色の出来を見せたネイマール。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスと共に形成するトリデンテは最高のアタッカーユニットとまで言われた。しかし「スポーツマンの人生とは常に挑戦がある」と語り、新たな道を歩み始めることを決断した。

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ第16節プレビュー】乾エイバルvsバレンシア! バスク・ダービーも開催

▽先週末に行われた第15節では、それぞれ難敵相手に勝ち切った首位バルセロナ、2位バレンシア、3位、4位のマドリッド勢が揃って勝ち点3を積み上げて上位戦線に変化はなし。また、ヘタフェMF柴崎岳とエイバルMF乾貴士によるリーガ史上初の日本人対決は、共に出場を果たしたもののすれ違いとなり、ピッチ上の競演は果たされなかった。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーが、UAEで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)に参戦し、レガネスとの試合が延期されるため9試合の開催となる第16節。今節最大の注目カードは、13位のエイバル(勝ち点18)と2位のバレンシア(勝ち点34)が激突する一戦だ。 ▽前節、ヘタフェとの渋い内容の一戦をMFホルダンのPK失敗の影響もあってゴールレスドローで終えたエイバルは、リーグ戦の連勝が「3」でストップ。それでも、攻守両面で好調を継続しており、チームは自信を持ってバレンシアとのホームゲームに臨めるはずだ。一方、やや幸運なPKの判定もあってセルタとの接戦を2-1で制したバレンシアは、今回の一戦で連勝を目指す。共に[4-4-2]の布陣を採用し、素早いトランジションフットボールを展開する中、より個の能力に優れているバレンシアとしては局面でのマッチアップをきっちり制すことが勝利のカギだ。逆に、エイバルの乾としてはMFソレール、DFモントーヤという、相手右サイドのユニットに対して、果敢な仕掛けで圧倒したい。 ▽また、前節難敵ビジャレアルとの上位対決をFWルイス・スアレス、FWメッシの2トップの活躍で勝利し3試合ぶりの白星を手にした首位のバルセロナ(勝ち点39)は、次節に4位のレアル・マドリー(勝ち点31)との今季最初の“エル・クラシコ”を控える中で17位のデポルティボ(勝ち点15)とのホームゲームに臨む。実力差を考えれば、比較的簡単な試合になると思われるが、累積警告4枚で出場停止にリーチが懸かるMFブスケッツやコンディションに不安を抱える一部主力の温存が予想される。したがって、控え主体のメンバー構成の中、専守防衛のデポルティボに対して、できるだけ早いうちに試合を決める形が望ましい。 ▽そのバルセロナを勝ち点6差で追走する3位のアトレティコ(勝ち点33)は、格下ベティス相手にボールを保持される微妙な内容もMFサウールのゴールを守り切ってリーガ3連勝を達成。4連勝を目指す今節はアベラルド新体制で連勝中の18位アラベス(勝ち点12)をホームで迎え撃つ。アトレティコにとってはさほど難しい試合ではないものの、対戦相手のアラベスでは直近の公式戦3試合でそれぞれ4ゴール、3ゴールを記録しているFWイバイ・ゴメスとFWムニルが好調を継続しており、この2人のアタッカーをきっちり封じれるかが、勝敗のカギを握る。 ▽その他の試合では、前節柴崎が戦列復帰した7位のヘタフェ(勝ち点20)と、9位のジローナ(勝ち点20)による好調な昇格組対決、14位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点17)と10位のレアル・ソシエダ(勝ち点19)によるバスク・ダービー、前節レアル・マドリーに屈辱的な0-5の惨敗を喫した5位のセビージャ(勝ち点28)が、15位のレバンテ(勝ち点16)をホームに迎える一戦に注目したい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第16節》 ▽12/15(金) 《29:00》 セビージャ vs レバンテ ▽12/16(土) 《24:15》 ビルバオ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 エイバル vs バレンシア 《28:45》 アトレティコ・マドリー vs アラベス ▽12/17(日) 《20:00》 ジローナ vs ヘタフェ 《24:15》 セルタ vs ビジャレアル 《26:30》 ラス・パルマス vs エスパニョール 《28:45》 バルセロナ vs デポルティボ ▽12/18(月) 《29:00》 マラガ vs ベティス ▽未定 レガネス vs レアル・マドリー</div> 2017.12.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「最高の選手が最強チームを作るわけではない」ラキティッチ、ネイマール不在の影響なしと強調

バルセロナのMFイバン・ラキティッチにとってネイマールの不在は大きな問題では無いようだ。<br><br>ネイマールは今夏、史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍。世界最高選手の1人が抜けたことで、バルセロナのクオリティが下がるのではないかとの不安が広がっていたものの、リーグ戦15試合を終了して首位をキープする。このチームの状態にラキティッチはブラジル代表FWが去った影響をほとんど感じていないようだ。<br><br>ラキティッチは、クロアチア『スポルツケ・ノボスティ』で「彼はベストプレーヤーの1人だ。でも、世界最高の選手がベストチームを作るわけではない」と持論。続けて「僕たちは組織的に動いて彼の不在を乗り越えた。できる限りのハードワークをして、勝利を続けられるようになった」と話した。<br><br>また、23日に迫るレアル・マドリーとの伝統の一戦&ldquo;クラシコ&rdquo;に向けて「2チームのうちの一方は惨めなクリスマスを送るだろうね」と年末の大一番に向けて冗談交じりに話したラキティッチは「最高の試合になるだろうし、僕たちには勝利できるチャンスが十分にあるはずだ。この試合に勝てたら最高の形で1年を締めくくれると思う」と意気込みを語っている。<br><br>2月のチャンピオンズリーグラウンド16で対戦することが決まったチェルシーについて「他のチームと対戦するのと同様に重要な一戦になる。どのような結果になるかは定かではないが、戦えるように良い準備をしなければならない。僕たちは1試合、1試合良いプレーを見せているから、両方の試合に勝利したい」とコメントを残している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 16:57 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサとユナイテッド、エジルが望むのは…

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)は、クラブを退団することになった場合、マンチェスター・ユナイテッド移籍を望んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了するエジルに関しては、マンチェスター・ユナイテッドとバルセロナとの関連が強く伝えられている。一時はバルセロナが有力とみられていたが、『デイリー・メール』によればエジルは同クラブよりもユナイテッド移籍を望んでいるとのことだ。 ▽伝えられるところによれば、エジルはアーセナルからの週給23万5000ポンド(約3500万円)のオファーを既に拒否。週給30万ポンド(約4500万円)近くを求めており、レアル・マドリー時代に共闘したジョゼ・モウリーニョ監督に再び師事を受けることを望んでいるとのことだ。 2017.12.15 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

センターバック不足のバルサがユナイテッドとラツィオのあの選手を狙う!?

▽センターバック不足に悩むバルセロナが、冬の移籍市場でターゲットを絞ったようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナは現在、アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノとフランス代表DFサミュエル・ユムティティを負傷で欠く。そのため、本職のセンターバックはスペイン代表DFジェラール・ピケとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンだけとなっている。 ▽そこでバルセロナは冬の移籍市場でセンターバックの確保に動いているようだ。これまではソシエダのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(26)の獲得に動いていると言われていた。しかし負傷者が復帰すれば、枚数的な不足は補えることからあまり高額な移籍金を支払うことなく、センターバックの穴埋めをしたいと考えているという。 ▽『マルカ』によると、バルセロナはターゲットを2人に絞った模様。その中の一人はマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)のようだ。同選手は今シーズンまでの契約となっているが、今シーズンのリーグ戦でも3試合の出場にとどまるなど、契約延長を行う可能性は低い。さらにバルセロナは、ディフェンスラインだけでなく中盤でも起用できる点を評価しているようだ。 ▽そしてもう一人のターゲットはラツィオのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(25)だという。デ・フライも今シーズン限りでラツィオとの契約が切れる状況だが、選手自身が新契約を受けるつもりがないと言われている。そのため、デ・フライも比較的安価に獲得できるが、同選手に対してはチェルシーやリバプール、アトレティコ・マドリー、ユベントスなど多くのクラブが興味を示しているため争奪戦となる可能性もある。 2017.12.15 09:52 Fri
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ獲得に再び動き出すバルサ…イニエスタは「賢明な補強になる」と加入に期待

バルセロナのMFアンドレス・イニエスタは、フィリペ・コウチーニョの加入を望んでいるようだ。<br><br>今夏、バルセロナはコウチーニョ獲得に向け、複数回にわたりオファーを送ったものの、いずれもリバプールが拒否。しかし、ブラジル代表司令塔への関心を持ち続けているスペインのクラブは、冬の移籍市場でも同選手の獲得に動くとされている。<br><br>さらに、ハビエル・マスチェラーノの退団が近づく一方で、ブラジルのパラメイラスで活躍するコロンビア代表DFのジェリー・ミナの獲得にも強い興味を見せているバルセロナ。イニエスタはクラブの両ターゲットについて&ldquo;賢明な補強&rdquo;と考えているようだ。<br><br>13日に取材に応じたイニエスタは「彼らはチームにとって重要な補強になるだろう。クラブがそのポジションの強化を望むなら、このようなクラブでプレーすることへの圧力に耐えられるだけの選手でなければならない。だから彼らは2つの重要な契約になると思う」とバルセロナが獲得を狙う両選手について言及。<br><br>続けて「でも、まだ何も起きていないし、実現はなかなか難しいことだ」と2人の南米選手の加入を望むものの、1月に両選手の移籍が成立するか分からないと話している。<br><br>さらに、チャンピオンズリーグのラウンド16で対戦することが決まったチェルシーに関して「全ての部分で非常にパワフルなチームとの試合は非常にタフで難しくなると思う」と率直な感想を述べた。しかし、2009年の準決勝でチェルシー相手に劇的な決勝点を挙げたイニエスタは「いくつかの良い思い出がある。人生の中で最高の記憶だ」と再戦を楽しみにしているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 16:55 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース