ライプツィヒSD、N・ケイタの残留確信も契約延長には長い目「今季のやり方やナビのプレーなどによって左右される」2017.08.03 10:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒのスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を明言しつつも、契約延長には時間を要するとの考えを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がイギリス『リバプール・エコー』を引用して報じている。

▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられていたN・ケイタ。しかし、ラングニック氏は、今夏の移籍市場でクラブのキープレーヤーとなる主力選手を売却しないとし、指揮官のラルフ・ハッセンヒュッテル監督も昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張していた。

▽その言葉通り、ライプツィヒはリバプールからの3度のオファーを拒否。また、他クラブから受け取った6700万ポンド(約98億円)以上のオファーにも断りを入れていた。これにより、リバプールは今夏の移籍市場での獲得は不可能と判断し、N・ケイタの獲得を断念したとの報道がイギリスメディアによって伝えられた。

▽ライプツィヒは現在、N・ケイタとの現行契約を2020年6月まで残しているものの、契約上、来夏に4800万ポンド(約70億2000万円)の契約解除条項を行使して移籍することが可能になる。そのため、早期での新契約を締結したいところだが、ラングニック氏は、それが難しいことを主張している。

「現在、契約を早い段階で延長できるとは思っていない」

「ただ、ナビ(・ケイタ)が今シーズン、我々と共にプレーすることは保証できる。他のことについては今シーズンのやり方やナビのプレーなどによって左右されるだろう」

「7500ユーロか1億ユーロなのかが問題ではない。初のチャンピオンズリーグイヤーでチームのペストプレイヤーを1人失うようでは、5年間で成長することはない。それでは要領が悪い。我々は成功していきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒがポルトを下しCL初勝利! ベシクタシュはモナコに競り勝ち開幕3連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節の2試合が17日に行われた。ライプツィヒvsポルトは、3-2でホームのライプツィヒが勝利した。 ▽CL初参加でここまで1分け1敗と、未だに初勝利がお預けとなっているライプツィヒは、3日前に行われたドルトムント戦からスタメンを3名変更。ベルナルド、イルザンカー、Y・ポウルセンに代えて、オルバン、クロステルマン、フォルスベリを起用した。 ▽対するポルトは、CL第2節で2003-04決勝の再現カードとなったモナコ戦を3-0で制し、1勝1敗。連勝を目指すチームはその試合からスタメンを2名変更し、カシージャス、リカルド・ペレイラに代えて、ジョゼ・サ、ラユンを起用しこの一戦に臨んだ。 ▽試合は序盤からライプツィヒがボールを支配しつつ進行。優勢を保つと、8分に先制点が生まれた。セットプレーの流れからボックス手前中央のブルマが低い弾道のミドルシュートを放つと、GKジョゼ・サがボールを取りこぼす。これに詰めていたオルバンが、ゴールに押し込んだ。 ▽続く13分には、オギュスタンが個人技からチャンスを作り出す。左サイド深い位置でDF2人と対峙すると、虚を突いたルーレットで間を抜いていく。ボックス内左で完全にフリーとなると、右足で巻くようにしてファーにシュート。しかし、これはGKジョゼ・サに阻まれた。 ▽押し込まれる展開が続くと、ポルトが同点弾を奪取する。敵陣右サイドからロングボールが放り込まれると、ボックス内で頭での競り合いが続き、ボールはアブバカルの下に。これを左足ボレーで合わせ、ネットを揺らした。 ▽それでもライプツィヒは、失点の影響を感じさせず攻勢を保つ。すると38分に勝ち越し弾を奪い切る。サビツァーからのスルーパスを受けたフォルスベリが、ボックス内中央に抜け出し、一対一を冷静に沈めた。さらに41分にも、相手DFのトラップミスを拾ったオギュスタンが、チームの3点目を決めてポルトを引き離す。 ▽3分間で一挙2失点を喫したポルトだったが、44分に右CKを獲得。これをニアのH・エレーラが頭でフリックし、マルカノが押し込んだ。直後に前半が終了し、1点差で試合を折り返すことに。 ▽後半もライプツィヒのペースで試合が進行。62分には、敵陣中央付近で収めたN・ケイタがスルーパスを供給。ボックス内に抜け出したブルマは、GKジョゼ・サの股を抜くシュートを放つ。しかし、ボールがゴールラインを割る直前、懸命にスライディングしたDFマルカノがかき出し、事なきを得た。 ▽結局、試合はスコアが動かないまま終了。この結果、ポルトは連勝ならず。対するライプツィヒは、念願のCL初勝利をホームで飾ることとなった。 ▽また、同時刻開催となったモナコvsベシクタシュでは、1-2でアウェイのベシクタシュが勝利した。 ▽前節のポルト戦で3-0の完敗を喫したモナコは、13日に行われたリーグ・アン第9節のリヨン戦でターンオーバーを採用し、2-3で敗北。立て直しを図りたいこの試合では、リーグ戦で休養させていたシディベ、ファビーニョ、ティーレマンス、ファルカオなどを先発で送り出し、ベストメンバーで連勝中のベシクタシュに挑むこととなった。 ▽序盤はベシクタシュが攻勢をかける展開となったものの、モナコは簡単にフィニッシュまでいかせない。耐える時間にしのぎ続けると、18分にボックス手前右の好位置からFKを獲得。キッカーのレマルが左足から鋭いシュートを放ったが、反応したGKファブリシオが片手で弾き、先制点とはならなかった。 ▽徐々にチャンスが訪れ始めると、30分にモナコのエースが仕事を果たす。カウンターの場面でボールを持ったケイタが、ボックス左にスルーパスを供給。これを受けたファルカオが対面のDFペペをかわし、ゴール右隅に流し込んだ。 ▽攻勢を保ちながらもカウンターに沈んだベシクタシュだったが、直後に試合をイーブンに戻す。右サイドを侵攻したクアレスマが、精度の高いクロスを供給。ボックス内で待ち構えていたトスンが高い打点のヘッドで合わせ、ネットを揺らした。 ▽同点のまま後半を迎えると、55分にベシクタシュが逆転弾を奪い切った。敵陣中央付近からアルスランが強烈なミドルシュートを放つと、これが右ポストを直撃。左サイドまで跳ね返ったボールをバベルが拾い、ボックス内中央フリーのトスンに折り返す。トスンが冷静に蹴り込み、自身のこの試合2点目とした。 ▽その後、モナコは反撃に出たもののいずれも実らず。結局、試合はこのまま終了。この結果、モナコはホームで手痛い連敗を喫することに。対するベシクタシュは、逆転勝利で開幕から3連勝を飾った。 2017.10.18 06:17 Wed
twitterfacebook
thumb

両者退場者を出す大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配! ドルトムントはリーグ戦ホーム無敗記録が途切れる…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節のドルトムントvsライプツィヒが14日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ライプツィヒが2-3で勝利した。ドルトムントの日本代表MF香川真司は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節のアウグスブルク戦を香川の決勝点で勝利した首位ドルトムント(勝ち点19)は、その試合からスタメンを6人変更。香川やプリシッチ、バルトラらがベンチスタートとなってゲッツェ、シャヒン、カストロらがスタメンとなった。 ▽一方、ここまで4勝2敗1分けで4位につけるライプツィヒ(勝ち点13)は、前節のケルン戦からスタメンを4人変更。フォルスベリやデンメ、コナテらに代えてオギュスタンやカンプル、出場停止明けのナビ・ケイタらがスタメンに名を連ねた。 ▽試合は開始早々に動く。4分、バックパスを受けたイルザンカーがオーバメヤンにプレスを受けると、不用意なバックパスを選択。このパスを奪ったオーバメヤンが、ボックス左から仕掛けると、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したライプツィヒは10分に反撃。バイタルエリア中央手前でFKを獲得すると、カンプルのFKをボックス左のハルステンベルクが頭で折り返し、最後はサビツァーがヘディングで流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、25分にライプツィヒが再びスコアを動かす。左サイドでボールを受けたブルマが縦への突破を図ると、ゴールラインぎりぎりからカットイン。飛び出したGKビュルキの股下を通した折り返しを、最後はゴール前のY・ポウルセンが左足でゴールに流し込んだ ▽逆転を許したドルトムントは、41分に決定機。スルーパスに抜け出したカストロがボックス左から折り返すも、これは飛び出したGKグラクシがブロック。こぼれ球をヤルモレンコがk~ぎ、最後はM・フィリップがシュートを狙ったが、これも相手DFにブロックされ、前半は1-2で終了した。 ▽迎えた後半、ドルトムントはトルヤンとシャヒンを下げてプリシッチとヴァイグルを投入する2枚替えを敢行。対するライプツィヒは、N・ケイタに代えてデンメをピッチに送り出した。すると47分、ライプツィヒはスルーパスに反応したオギュスタンがボックス左から仕掛けるも、ボックス内でパパスタソプーロスに倒されてPKを獲得。このプレーでパパスタソプーロスにはレッドカードが提示された。 ▽数的優位となったライプツィヒは、このPKをオギュスタンがゴール右隅に決め、追加点を奪う。しかし、49分と56分にイルザンカーが立て続けにイエローカードを受けて退場となってしまう。 ▽早い時間に数的不利が無くなったドルトムントは61分、ザガドゥの縦パスに反応した オーバメヤンがボックス左でウパメカーノに倒される。主審がすかさずビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求すると、ウパメカーノの左足がオーバメヤンの足を踏んでおり、主審はPKを宣告。このPKをオーバメヤンがゴール右隅に決め、ドルトムントが1点を返した。 ▽その後はポゼッションで上回るドルトムントがライプツィヒゴールに襲いかかる。84分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、ゲッツェのクロスをニアサイドのヤルモレンコが頭で合わせるも、これは相手GKがキャッチ。 ▽さらに試合終了間際の92分にも、ゲッツェのロングパスがハルステンベルクのクリアミスを誘うと、抜け出したオーバメヤンがシュート。GKグラクシが弾いたこぼれ球をヤルモレンコが押し込むが、これも枠の上に外れた。 ▽結局、そのまま試合は終了し、両チームに退場者を出した大荒れの上位対決はライプツィヒに軍配が上がった。かろうじて首位をキープしたドルトムントは、今季初黒星を喫すると共にリーグ戦ホーム無敗記録が“41”で途絶えた。 2017.10.15 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】ドルトムントvsライプツィヒ、武藤vs酒井高&伊藤、浅野vs大迫開催

▽代表ウィーク前に行われた前節ではアンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルンがヘルタ・ベルリンに引き分け、2試合勝利から見放される格好となった。一方でドルトムントは香川の今季2ゴール目が決勝点となって6勝目を挙げている。その他、マインツの武藤に今季3ゴール目が、ケルンの大迫に今季初ゴールが生まれている。迎える第8節では昨季3位のドルトムントvs2位ライプツィヒの好カードや、武藤マインツvs酒井高&伊藤HSVと浅野シュツットガルトvs大迫ケルンの日本人対決が開催される。 ▽前節アウグスブルク戦を香川の芸術的ループ弾で2-1と競り勝った首位ドルトムント(勝ち点19)は、2連敗中で後のない必勝のチャンピオンズリーグ(CL)アポエル戦を火曜日に控える中、ライプツィヒ撃破にかかる。代表戦でピシュチェクが重傷を負い、サイドバックが人材難となったが、乗り切れるか。代表戦2試合に出場し、ハイチ戦では終了間際に同点ゴールを決めた香川は先発予想となっている。 ▽一方、ケルンに2-1と勝利して4勝目を挙げた4位ライプツィヒ(勝ち点13)は、同じく火曜日に初勝利を目指すCLポルト戦を控える中、ドルトムントを止めて優勝争いに絡むための足がかりとできるか。めまいで代表戦を回避したヴェルナーはベンチスタート予想となっている。 ▽土曜日にはマインツの武藤と酒井高&伊藤のハンブルガーSVによる日本人対決が行われる。前節ヴォルフスブルク戦で今季3ゴール目を決めてチームに勝ち点をもたらしたマインツの武藤は、代表戦ではニュージーランド戦で先発したものの、インパクトを残せずハイチ戦では終盤の出場でアピールするには至らなかった。そんな中チームに戻り、2試合連続ゴールで今季3勝目をチームにもたらせるか。 ▽対する3試合連続スタメン出場中のHSV酒井高は、前節ブレーメンとのノルト・ダービー(0-0)では攻守に及第点のプレーを見せ、チームの連敗を4で止めた。その酒井高はハイチ戦ではフル出場し、終盤の同点弾を演出。良い流れのままチームに戻り、今季3勝目に貢献できるか。また、ダービーでスタメンデビューを果たし、キレ味鋭いドリブル突破で存在感を示して交代する際にスタンディングオベーションで見送られた伊藤は引き続きスタメン予想となっている。 ▽金曜日には浅野シュツットガルトvs大迫ケルンが行われる。ベンチスタートが続き、前節フランクフルト戦では出場機会のなかった浅野は、代表戦でもインパクトを残せず消化不良でチームに戻る形となった。一方、前節ライプツィヒ戦で今季初ゴールを決めたものの、チームは今季6敗目を喫した大迫のケルンは2戦連発弾で今季初勝利をもたらしたい。 ▽その他、2012-13シーズンにバイエルンを3冠に導いたハインケス監督を再招へいしたバイエルンは、フライブルクとのホーム戦で3試合ぶりの勝利を目指し、前節バイエルン戦で圧巻の3人抜きドリブルからのアシストを決めたヘルタ・ベルリンの原口は、シャルケとのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽10/13(金) 《27:30》 シュツットガルト vs ケルン ▽10/14(土) 《22:30》 ホッフェンハイム vs アウグスブルク ヘルタ・ベルリン vs シャルケ ハノーファー vs フランクフルト マインツ vs ハンブルガーSV バイエルン vs フライブルク 《25:30》 ドルトムント vs ライプツィヒ ▽10/15(日) 《22:30》 レバークーゼン vs ヴォルフスブルク 《25:00》 ブレーメン vs ボルシアMG 2017.10.13 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、16歳時に独2部行きに迫っていた…ライプツィヒSDが明かす交渉破談の理由は?

今夏モナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に向かったフランス代表FWキリアン・ムバッペだが、2年半前にはRBライプツィヒが獲得に迫っていたようだ。同クラブのラルフ・ラングニックSD(スポーツディレクター)がドイツ紙『ビルト』で明かしている。<br><br>PSGは今夏の移籍市場閉鎖間際にムバッペの買い取りオプション付きでのレンタル移籍を発表。来夏に1億8000万ユーロ(約236億円)を支払って完全移籍で獲得する見通しとなっている。しかし、そんなムバッペは16歳のとき、ブンデスリーガ2部に渡る可能性があったようだ。<br><br>ライプツィヒのラングニックSDは「過去にはムバッペの獲得に限りなく近づいていたことがある」と言及。最終的に同選手の移籍がまとまらなかった理由について次のように振り返っている。<br><br>「問題は、我々は当時アレクサンダー・ツォルニガー(前監督)に別れを告げたところだったことでね。つまり、この話は2015年の冬季中断期直後のことだった。その時点には、誰を後任に迎えるのか、今後どのような形で発展するのかがまだ見えていなかったんだ」<br><br>「ムバッペの父親は、私が監督になることを約束できるのなら、息子をすぐにも私に預けてくれると話していた。だが、(2015年)2月には彼にそれを約束できなかった」<br><br>当時2部に所属していたライプツィヒだが、2014-2015シーズン終了まではU-17チームのコーチが暫定的にトップチームを担当。翌シーズンにはラングニックSDは監督ポストを兼任し、クラブを初の1部昇格に導いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.12 19:29 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫が今季初ゴールもライプツィヒに敗れたケルンは未勝利継続《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第7節、ケルンvsライプツィヒが1日に行われ、1-2でライプツィヒが勝利した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、82分に今季初ゴールを決めている。 ▽前節ハノーファー戦をゴールレスドローで乗り切って開幕からの連敗を5で止めたケルンだったが、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のレッドスター戦を0-1で敗戦した。未だに今季の公式戦勝利がない中、レッドスター戦で後半からの出場となった大迫は先発での起用となった。 ▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して今季3勝目を挙げたものの、チャンピオンズリーグ(CL)のベシクタシュ戦を0-2と完敗したライプツィヒは、ベシクタシュ戦のスタメンから4選手を変更。騒音で途中交代したヴェルナーが欠場となり、Y・ポウルセンやブルマらが先発となった。 ▽フラットな[4-4-2]の2トップの一角で大迫が先発となったケルンは、序盤の一進一退の攻防を経て、14分にビッグチャンス。左CKからニアの大迫がヘディングシュート。しかし、GKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽直後にも大迫のポストプレーからビッテンコートがシュートを浴びせたケルンは、18分にはラウシュの左クロスから大迫がヘディングシュート。だが、再びGKのセーブに阻まれてしまう。 ▽しかし、29分にボックス左のハルステンベルクが左ポスト直撃のシュートを放ったライプツィヒが流れを引き寄せていくと、30分にはブルマが強烈なミドルシュートでGKホルンを強襲。そして直後、サビツァーのヒールパスをボックス右で受けたクロステルマンがシュートを流し込み、ライプツィヒが押し切った。 ▽先制されたケルンは38分に同点のチャンス。ロングボールをうまく収めたコルドバがGKと一対一となるも決めきれない。 ▽直後にフォルスベリがGKホルンを強襲するシュートを浴びせたライプツィヒは、続く40分にブルマのミドルシュートが枠の左隅を捉えるも、GKホルンのファインセーブに阻まれて追加点を奪うには至らない。 ▽守護神が奮闘する中、前半終盤の44分にケルンに決定機。ドリブルでボックス左に侵入したビッテンコートの折り返しをヨイッチがシュート。しかし、枠の上に外してしてケルンは前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、前がかるケルンは53分に左太もも裏を負傷したコルドバがプレー続行不可能となり、新戦力のピサーロを投入した。すると56分、ボックス左に侵入したS・ツォラーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 ▽その後はこう着状態が続いた中、ライプツィヒが80分に勝負を決定付ける。ボックス左のサビツァーのクロスをY・ポウルセンが頭で押し込んだ。 ▽敗色濃厚のケルンは82分、ボックス左角のハントヴェルカーのクロスを大迫がヘディングシュートで今季初ゴールを押し込み、1点を返した。しかし、反撃はここまで。ケルンは今季6敗目を喫している。一方で勝利したライプツィヒは4勝目を挙げている。 2017.10.02 03:02 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース