ライプツィヒSD、N・ケイタの残留確信も契約延長には長い目「今季のやり方やナビのプレーなどによって左右される」2017.08.03 10:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒのスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を明言しつつも、契約延長には時間を要するとの考えを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がイギリス『リバプール・エコー』を引用して報じている。

▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられていたN・ケイタ。しかし、ラングニック氏は、今夏の移籍市場でクラブのキープレーヤーとなる主力選手を売却しないとし、指揮官のラルフ・ハッセンヒュッテル監督も昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張していた。

▽その言葉通り、ライプツィヒはリバプールからの3度のオファーを拒否。また、他クラブから受け取った6700万ポンド(約98億円)以上のオファーにも断りを入れていた。これにより、リバプールは今夏の移籍市場での獲得は不可能と判断し、N・ケイタの獲得を断念したとの報道がイギリスメディアによって伝えられた。

▽ライプツィヒは現在、N・ケイタとの現行契約を2020年6月まで残しているものの、契約上、来夏に4800万ポンド(約70億2000万円)の契約解除条項を行使して移籍することが可能になる。そのため、早期での新契約を締結したいところだが、ラングニック氏は、それが難しいことを主張している。

「現在、契約を早い段階で延長できるとは思っていない」

「ただ、ナビ(・ケイタ)が今シーズン、我々と共にプレーすることは保証できる。他のことについては今シーズンのやり方やナビのプレーなどによって左右されるだろう」

「7500ユーロか1億ユーロなのかが問題ではない。初のチャンピオンズリーグイヤーでチームのペストプレイヤーを1人失うようでは、5年間で成長することはない。それでは要領が悪い。我々は成功していきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

大迫がブンデス100試合出場のケルン、CL権争うライプツィヒに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第24節、ライプツィヒvsケルンが25日に行われ、1-2でケルンが勝利した。ケルンのFW大迫勇也は82分までプレーしている。 ▽前節フランクフルトに敗れて5位に後退したライプツィヒ(勝ち点38)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリ戦を0-2と敗れたものの1stレグのアドバンテージを生かしてベスト16進出を決めた。そのナポリ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンがベンチスタートとなり、2トップはオギュスタンとルックマンが組んだ。 ▽一方、前節ハノーファー戦で大迫が先制ゴールを奪ったものの終了間際のピサーロの劇的弾がVARによりオフサイドと判定され、1-1の引き分けに終わった最下位ケルン(勝ち点14)は、大迫が2試合連続スタメンとなった。 ▽立ち上がりから仕掛けたライプツィヒは5分に先制する。左サイドをブルマが突破してクロスを上げると、ルックマンが右足で合わせる。シュートは右ポストに直撃したものの、ルーズボールをオギュスタンが押し込んだ。 ▽あっさり失点したケルンは9分に反撃。左サイドからの大迫のクロスにテローデがヘッド。シュートは枠を捉えていたが、GKグラーチのファインセーブに阻まれた。 ▽その後も敵陣でボールを保持したライプツィヒは20分にオギュスタンがゴールに迫ると、前半半ば以降もブルックマンやサビツァーが立て続けに惜しいシュートを浴びせていく。 ▽そして40分にも決定機。オギュスタンがポストプレーで落としたパスをペナルティアーク中央のフォルスベリが狙いすましてダイレクトシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽劣勢が続くケルンは45分、右CKから大迫がヘッドで合わせ、ゴール前のメレがヘディングで押し込むもオフサイドを取られ、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、ケルンが圧力を強めた中、劣勢のライプツィヒは59分にルックマンに代えてY・ポウルセンを投入。それでも、67分に途中出場のビッテンコートが際どいシュートを浴びせたケルンが、70分に同点に追いついた。ルーズボールを拾ったコジエロがペナルティアーク中央から左足を一閃。抑えの利いたシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽コジエロの移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻したケルンは、勢いそのままに77分、逆転に成功する。リッセが大迫のパスを受けて右サイドを突破。ボックスゴールライン際からグラウンダーのクロスを送り、ファーサイドのビッテンコートが蹴り込んだ。 ▽これが決勝点となってケルンが逆転勝利。5試合ぶりに白星を飾ったケルンは17位ハンブルガーSVに勝ち点で並び、残留プレーオフに回れる16位マインツとは7ポイント差に縮めている。一方、2試合連続逆転負けとなったライプツィヒは6位に後退している。 2018.02.26 03:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、逆転突破まであと一歩及ばず・・・ライプツィヒのラウンド16進出が決定! 《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、RBライプツィヒvsナポリが22日にライプツィヒホームで行われ、0-2でナポリが勝利。この結果、2戦合計3-3となり、アウェーゴール数で上回るライプツィヒがラウンド16に駒を進めることとなった。 ▽1stレグをホームで行い1-3の大敗を喫したナポリが、ライプツィヒのホームに乗り込んで逆転を目指した一戦。 ▽アウェイゴール3点を奪い圧倒的優位に立つライプツィヒは、1-2で敗北した直近のブンデスリーガ第23節フランクフルト戦からスタメンを6名変更。オギュスタン、N・ケイタらに代えて、ヴェルナー、カンプルらを起用した。 ▽対して、セリエAでユベントスと勝ち点1差で首位に立つなど、し烈な優勝争い中のナポリは1-0で勝利した直近のセリエA第25節SPAL戦からスタメンを4名変更。カジェホン、クリバリらに代えて、ジエリンスキ、マッジョらを起用した。 ▽試合の序盤はメルテンスの裏抜けに対して、ナポリがシンプルにボールを供給し続けるといった展開が続く。ライプツィヒのラインがやや下がると、ナポリはサイドからの切り崩しを図っていく。 ▽すると11分、左サイド深くまで侵攻したインシーニェが、中央にグラウンダーで折り返す。ボールは最前線まで上がっていたハムシクの足下に合うが、上手くミートさせることができず。決定機を逸することとなった。 ▽ボール奪取後に素早く前線までボールを繋いで得点を目指すライプツィヒは、14分に惜しいシーンを作り出す。左サイドでボールを持ったカンプルが、ボックス手前にクロスを供給する。サビツァーがボレーシュートを放つとDFトネッリが頭でクリアしたが、ボールは絶妙な軌道を描いてバーに直撃。そのままラインを割り大事には至らなかったものの、あわやオウンゴールという場面になった。 ▽一進一退の攻防が続く中、スコアが動いたのは33分。メルテンスのフライスルーパスに抜け出したインシーニェが、ボックス内左からシュートを放つ。GKグラーチが弾いたところを、詰めていたジエリンスキが押し込んだ。 ▽試合は、ナポリが1点のリードを得たところで後半に突入。2戦合計のスコアは3-2となり、ライプツィヒは点差を縮められた状態で試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入ると、ライプツィヒは長いボールを使った大きな展開を増やしていく。リズムを変えたいナポリは、66分にハムシクに代えてカジェンホンを投入。打開を図っていく。 ▽しかし、ライプツィヒが後ろに重心をかけ始めると、ナポリはなかなかチャンスを手にすることができない。ライプツィヒも素早いカウンターを繰り出していくが、シュートまでは至らない。77分にはカウンターの場面で左サイドに抜け出したヴェルナーが中央に折り返したが、走り込んだサビツァーには合わなかった。 ▽それでも86分、カジェホンが右サイドに抜け出して、中央に鋭いグラウンダーのクロスを折り返す。足で合わせたインシーニェが、確実にネットを揺らし、ホームチームが逆転突破に望みを繋げる。 ▽しかし、逆転でのラウンド16進出に向けて、ナポリがあと1点まで迫ったところで試合が終了。試合が0-2のナポリ勝利に終わった結果、2戦合計スコアが3-3でイーブンに。アウェイゴール数で上回るライプツィヒが、ラウンド16に進出することとなった。 2018.02.23 05:07 Fri
twitterfacebook
thumb

そこまでやる必要ある? RBライプツィヒ、敵将のために●●を仮設

▽ドイツ『ビルト』は、RBライプツィヒが22日にホームで行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのナポリ戦に向け、敵将のためにとあるブースを設けたと報じた。 ▽新たに仮設されたのは、喫煙ルームだ。ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、フットボール界でも有名な愛煙家の1人。試合中でも、度々タバコを咥えながら指揮する姿が見受けられるほどだ。 ▽伝えられるところによれば、ナポリ側の要望を受けたRBライプツィヒは、アウェイチームのロッカールームに幅3m、高さ3.5mの喫煙室を設置。気になる費用に関しては、サッリ監督の全額負担だという。 ▽なお、1stレグは3-1でアウェイのRBライプツィヒが先勝している。喫煙ルームを手にしたサッリ監督は、どのような采配で瀬戸際に立たされるチームを逆転突破に導いてくれるのだろうか…。 2018.02.21 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部が中盤でフル出場のフランクフルト、CL権争うライプツィヒとの上位対決を制して3位浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、フランクフルトvsライプツィヒが19日に行われ、2-1でフランクフルトが競り勝った。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、4-2と快勝して4位に浮上したフランクフルト(勝ち点36)は、長谷部が定位置となっている3バックの中央ではなく、[3-4-3]の中盤センターで先発となった。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点38)は、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のナポリとのアウェイ戦を3-1と快勝して先勝。好調なチームはナポリ戦のスタメンから4選手を変更。ヴェルナーとY・ポウルセンの2トップをベンチスタートとし、オギュスタンとルックマンを先発で起用した。 ▽ホームチームのフランクフルトが慎重にボールを動かす静かな展開で立ち上がった中13分、ライプツィヒが先制する。ライマーがフリーランでボックス右に侵入してうまく味方のパスを引き出し、マイナスのクロスを折り返すと、オギュスタンがシュートを流し込んだ。 ▽それでも22分、フランクフルトがすかさず同点に追いつく。右CKの流れからアブラアムがヘディングでゴールに押し込みにかかると、ゴールエリア左のチャンドラーが右足を伸ばして押し込んだ。 ▽さらに26分、フランクフルトが一気に逆転する。左サイドのスペースをレビッチが突いてボックス左ゴールライン際からクロス。これをK・ボアテングが左足ダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 ▽たちまち逆転されたライプツィヒは30分、PKの判定をもらう。サビツァーがボックス左でレビッチに倒されたかに思われたが、VARによって判定が覆り、ライプツィヒは1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半から数的優位となったライプツィヒはデンメに代えてY・ポウルセンを投入。アタッカーを増やしたが、一進一退の攻防で試合は推移していく。するとライプツィヒにアクシデント。61分、N・ケイタが太ももを痛めてフォルスベリとの交代を強いられた。 ▽逃げ切りを図るフランクフルトはK・ボアテングに代えてジェルソン・フェルナンデスを投入。その後も選手交代を使ってライプツィヒの攻撃を凌いだフランクフルトが2-1で逃げ切り。CL出場権を争うライプツィヒを下して2連勝とし、3位に浮上している。 2018.02.20 06:57 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】月曜に長谷部フランクフルトvsライプツィヒのCL出場権争い

▽前節は首位バイエルン(勝ち点56)がシャルケ(勝ち点34)との上位対決を制して連勝を9に伸ばした。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではライプツィヒ(勝ち点38)、ドルトムント(勝ち点37)、フランクフルト(勝ち点36)が勝利し、それぞれ順位を上げている。一方でレバークーゼン(勝ち点35)が敗戦し、CL圏外の5位に転落した。迎える第23節は月曜にフランクフルトvsライプツィヒのCL出場権争いが開催される。 ▽前節ケルン戦を長谷部がPKを献上したものの、セットプレーなどから効率的にゴールを重ねて4-2と快勝したフランクフルトは、CL圏内の4位に浮上した。長谷部もPKを献上した以外は3バックの中央で安定した守備を見せ、チームの勝利に貢献した。ライプツィヒにはスピードに優れたヴェルナーやY・ポウルセン、オギュスタンらがいるが、うまくスペースを埋めつつ対応できるか。 ▽一方、前節アウグスブルク戦を2-0と快勝して2位に浮上したライプツィヒは、木曜日にヨーロッパリーグ(EL)でナポリとのアウェイ戦を戦い、ヴェルナーの2発などで3-1と快勝。ベスト16進出が見えてきた中、休養十分のフランクフルトに勝利して2位死守となるか。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムントは、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦する。HSV戦では終盤に押し込まれる時間が続くなど依然として内容は芳しくないものの、リーグ戦2連勝とした中、ELではアタランタとホームで戦い、バチュアイの3戦連発弾で3-2と勝利。不安定な戦いが続く中、不調のボルシアMGを叩いてCL圏内キープとなるか。 ▽DFBポカールを延長まで戦った影響もあり、ヘルタ・ベルリンに低調な戦いの末に0-2と敗れた5位レバークーゼンは、酒井高の17位HSVと対戦する。今節は1週間の調整期間があったため、フレッシュに戦えるレバークーゼンだが、勝利を取り戻してCL圏内浮上となるか。 ▽一方、ホラーバッハ監督就任後も勝利がなく復調の兆しが見えないHSVは、9戦勝利なしと泥沼から抜け出せずにいる。右ウイングバックでまずまずのプレーを見せた酒井高は引き続きスタメン予想となっており、レバークーゼンの左サイドに入ることが予想されるブレイク中のベイリーとのマッチアップに注目だ。 ▽前節ホッフェンハイム戦もチームが劣勢を強いられ、見せ場を作れなかったマインツの武藤は、金曜日にヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦する。リーグ戦3連敗で残留圏内へなかなか浮上できないチームだが、武藤は4試合ぶりのゴールで救えるか。 ▽その他、ケルンの大迫は引き続きベンチスタート予想、シュツットガルトの浅野はベンチ外予想となっている。最後に3月上旬での優勝が現実味を帯びているバイエルンは、ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。レヴァンドフスキのホーム戦11試合連発弾で9連勝としたバイエルンは、火曜日にCLベシクタシュ戦を控える中、連勝を10に伸ばしてリーグ6連覇へ邁進したい。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/16(金) 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs マインツ ▽2/17(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs バイエルン ハンブルガーSV vs レバークーゼン フライブルク vs ブレーメン ケルン vs ハノーファー 《26:30》 シャルケ vs ホッフェンハイム ▽2/18(日) 《23:30》 アウグスブルク vs シュツットガルト 《26:00》 ボルシアMG vs ドルトムント ▽2/19(月) 《28:30》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.02.16 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース