ライプツィヒSD、N・ケイタの残留確信も契約延長には長い目「今季のやり方やナビのプレーなどによって左右される」2017.08.03 10:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽RBライプツィヒのスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を明言しつつも、契約延長には時間を要するとの考えを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がイギリス『リバプール・エコー』を引用して報じている。

▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられていたN・ケイタ。しかし、ラングニック氏は、今夏の移籍市場でクラブのキープレーヤーとなる主力選手を売却しないとし、指揮官のラルフ・ハッセンヒュッテル監督も昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張していた。

▽その言葉通り、ライプツィヒはリバプールからの3度のオファーを拒否。また、他クラブから受け取った6700万ポンド(約98億円)以上のオファーにも断りを入れていた。これにより、リバプールは今夏の移籍市場での獲得は不可能と判断し、N・ケイタの獲得を断念したとの報道がイギリスメディアによって伝えられた。

▽ライプツィヒは現在、N・ケイタとの現行契約を2020年6月まで残しているものの、契約上、来夏に4800万ポンド(約70億2000万円)の契約解除条項を行使して移籍することが可能になる。そのため、早期での新契約を締結したいところだが、ラングニック氏は、それが難しいことを主張している。

「現在、契約を早い段階で延長できるとは思っていない」

「ただ、ナビ(・ケイタ)が今シーズン、我々と共にプレーすることは保証できる。他のことについては今シーズンのやり方やナビのプレーなどによって左右されるだろう」

「7500ユーロか1億ユーロなのかが問題ではない。初のチャンピオンズリーグイヤーでチームのペストプレイヤーを1人失うようでは、5年間で成長することはない。それでは要領が悪い。我々は成功していきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒがベンフィカに2発快勝!《エミレーツカップ2017》

▽エミレーツカップ2017のRBライプツィヒvsベンフィカが30日に行われ、ライプツィヒが2-0で勝利した。 ▽前日に行われた試合でそれぞれセビージャ、アーセナルに敗れた両者による一戦。試合は立ち上がりからグリマルドやセルヴィを軸にベンフィカが押し込む展開となる。 ▽だが、序盤のピンチを凌いだライプツィヒが19分に先制点を奪う。左サイドからドリブルで切り込んだハルステンベルクがF・マルティネスとのワンツーでボックス左に抜け出し、最後は豪快な左足のシュートを叩き込んだ。 ▽先制に成功したライプツィヒは前半半ばから終盤にかけても、得意の縦に速いシンプルな攻撃が機能。37分にはボックス内に持ち込んだバークに決定機も、ここは相手GKの好守に遭い、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半もライプツィヒが先にゴールをこじ開ける。53分、ボックス手前の好位置で得たFKの場面でキッカーのカイザーがゴール前に入れたボールをコンパーが頭で右隅に流し込んだ。 ▽立ち上がりの失点で2点を追う展開となったベンフィカは、ジョナスやミトログルら攻撃的なタレントをピッチに送り出すが、連戦の影響もあってなかなか攻撃にエンジンがかかり切らない。79分にはジョナスのミドルシュートのこぼれ球をミトログルが泥臭く押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。さらに86分には、セットプレーの流れから左サイドでウィルロックが上げたクロスをリサンドロ・ロペスが頭で合わすが、今度は左ポストに阻まれた。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、攻守に安定した試合運びを見せたライプツィヒがベンフィカに2-0で快勝した。 RBライプツィヒ 2-0 ベンフィカ 【RBライプツィヒ】 ハルステンベルク(前19) コンパー(後8) 2017.07.30 23:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ指揮官、MFナビ・ケイタの残留を確信「退団する可能性はゼロだ」

▽RBライプツィヒを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は、ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の残留を確信しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽かねてよりリバプールから獲得への関心が寄せられているN・ケイタ。しかし、ライプツィヒはN・ケイタに対するリバプールからの3度のオファーを拒否しており、『スカイ・スポーツ』は先週、リバプールがN・ケイタの獲得を断念したことを報じた。また、リバプール以外の他クラブからも6700万ポンド(約97億3600万円)以上のオファーを受け取ったようだが、これに対しても断りを入れていたようだ。 ▽そうした中、ライプツィヒの指揮官であるハッセンヒュッテル監督は、「退団する可能性はゼロだ」とN・ケイタの残留を強調。また、彼を含めた昨シーズンのチームのままで、初となるチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが重要だと主張した。 「ナビ(・ケイタ)が今シーズン、ライプツィヒでプレーすることは100パーセント明白なことだ。我々が移籍期間の初めに言ったように、(今シーズンも)同じチームでスタートする。そして、昨シーズンからいた選手は誰も移籍しない」 「ナビが我々にとってどれだけ重要な選手かというのはチーム全員が理解している。彼がライプツィヒの一員としてCLに出場することは確実だ」 「昨年のような素晴らしいシーズンを送り、他のクラブから選手たちに関心が寄せられるのはごく普通のことだ。ただ、私は初めてのCLのために共にチームに残ることが大切だと選手全員に話している」 「我々は非常に若いチーム。そして、彼らにとって、チームとして初のCLを戦うことがとても重要だと思っている。ナビは昨年よりも集中していて、今シーズンを楽しみにしているだろう」 「彼は今シーズンが我々にとって素晴らしい年になることを知っている。初めてのCL。それはナビにとって大きいことだ」 「彼の契約の詳細については話さない。皆さんは他の人に尋ねるべきだね」 「ナビの来夏の去就がリバプール一つであるとは思っていない。ただ、来年の夏までは我々はドアを閉めておくよ」 ▽2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは昨シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。 2017.07.30 14:09 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャがベン・イェデルのPK弾でライプツィヒに勝利《エミレーツカップ2017》

▽エミレーツカップ2017のライプツィヒvsセビージャが29日に行われ、0-1でセビージャが勝利した。 ▽毎年、アーセナル主催で行われるエミレーツカップ。今カップ初戦では昨季ブンデスリーガで2位となったライプツィヒと、リーガエスパニョーラ4位のセビージャが激突した。 ▽ライプツィヒは昨季同様フラットな[4-4-2]を採用し、新戦力のFWオギュスタンのパートナーをY・ポウルセンが務めた他、N・ケイタやフォルスベリ、オルバンら主力がスタメンとなった。 ▽対するセビージャはこれまでのプレシーズンマッチ同様[4-3-3]を採用。新戦力のノリートが先発となった他、バネガやベン・イェデル、W・モントーヤらがスタメンとなった。 ▽ほぼ互角の展開で推移した中、34分にセビージャに先制のチャンス。ノリートの持ち上がりからラストパスを受けたW・モントーヤがボックス内に侵入。後方からベルナルドに倒されてPKを獲得した。これをベン・イェデルが決めてセビージャが先制した。 ▽迎えた後半、ホアキン・コレアやガンソ、サラビアら6選手を変更したセビージャに対し、ライプツィヒが前がかっていく。 ▽しかし55分、コレアがGKと一対一の決定機を生み出すと、ここからセビージャがペースを握っていく。67分にはサラビアが直接FKでゴールを脅かせば、続く68分にはW・モントーヤがバー直撃のボレーシュートを浴びせた。 ▽終盤にかけて選手交代を行わないライプツィヒが反撃に転じたものの、決定的なシュートを浴びせるには至らず0-1のまま敗戦。セビージャが初戦を制している。 2017.07.29 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、ライプツィヒMFナビ・ケイタ獲得へ勝負? 来週にも100億円越えオファーか

▽リバプールは、ライプツィヒに所属するギニア代表MFナビ・ケイタ(22)の獲得にラストスパートをかけるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽かねてよりN・ケイタの獲得を熱望しているリバプール。先日、『スカイ・スポーツ』では、リバプールがこれまで3度のオファーを提示したものの、ライプツィヒに全て拒否されていたことが報じられた。また、イギリス『ガーディアン』によると、ライプツィヒ側は、同選手の放出に対して、7000万ポンド(約101億5000万円)の移籍金を要求しているとのことだ。 ▽そんな中、『デイリー・ミラー』が伝えるところによると、リバプールはN・ケイタ獲得に向けて最後の策を準備している模様。来週にも7000万ポンド(約101億5000万円)を越えるオファーを提示するようだ。 ▽2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは昨シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。 2017.07.28 14:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ペリシッチ獲得失敗ならライプツィヒMFフォルスベリ? 約65億を準備か

▽マンチェスター・ユナイテッドがRBライプツィヒに所属するスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『デイリー・ミラー』がイタリア『カルチョメルカート』を引用して報じている。 ▽2015年1月にマルメからライプツィヒ(当時ドイツ2部)へ加入したフォルスベリは昨シーズン、ブンデスリーガで30試合に出場し、8ゴール22アシストを記録。チームの1部昇格年での2位躍進に貢献した。 ▽伝えるところによると、ユナイテッドは現在、獲得への関心を寄せているインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)の獲得に失敗した場合に備えて、フォルスベリの動向を注視している模様。また、すでにフォルスベリの代理人に接触しており、5000万ユーロ(約65億1000万円)のオファーを準備しているようだ。 ▽しかし、ライプツィヒのスポーツ・ディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は先月の時点で、今夏の移籍市場において昨シーズンの主力メンバーを放出しないことを主張している。 「我々にはこの夏、チームのベストプレーヤーを売却することを考えていない」 「戦力を維持しつつ、いくつかのポジションで選手を獲得することで、チームを改善していくつもりだ」 2017.07.27 16:23 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース