柴崎ヘタフェ、アーセナルからGKマルティネスをレンタルで獲得!2017.08.03 03:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェは2日、アーセナルからアルゼンチン人GKエミリアーノ・マルティネス(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽2010年に母国インデペンディエンテの下部組織からアーセナルのアカデミーに加入したマルティネスは、2012年にトップチームに昇格。2012-13シーズンのリーグカップでトップチームデビューを飾るも、以降は出場機会に恵まれず。これまでオックスフォード・ユナイテッドやシェフィールド・ウェンズデイ、ロザラム・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンへのローン移籍を繰り返してきた。

▽なお、昨シーズンはアーセナルで公式戦8試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

アンヘル躍動のヘタフェがリーグ戦5試合ぶりの白星! 柴崎はベンチ入りも出場せず…《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは19日、リーガエスパニョーラ第24節でセルタと対戦し、3-0で勝利した。柴崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦4試合ドロー中の11位ヘタフェ(勝ち点30)が、ホームに10位セルタ(勝ち点32)を迎えた一戦。柴崎はベンチスタートとなった。立ち上がりからセルタがボールを保持し、ヘタフェがショートカウンターを狙うという構図で試合は展開していく。 ▽すると37分、中盤で相手選手のミスパスを奪ったアマトが素早く前線に繋ぐと、これを受けたアンヘルがボックス手前まで持ち上がりシュート。ブロックに入ったDFにディフレクトしたボールは、そのままゴール右隅に吸い込まれ、ヘタフェが先制に成功した。 ▽迎えた後半も、先にスコアを動かしたのはヘタフェ。51分、ポルティージョのスルーパスでボックス右に抜け出したアンヘルの折り返しをモリーナが流し込み追加点。 ▽その後も持ち味の堅守でセルタに決定機を作らせないヘタフェは85分、セットプレーのクリアボールをバイタルエリア中央のアランバッリがダイレクトでゴール前に供給すると、浮き球のパスに反応したアンヘルが後方からのボールをダイレクトボレーで叩き込んだ。 ▽結局、試合は3-0で終了。アンヘルの2ゴール1アシストの活躍でヘタフェが、リーグ戦5試合ぶり白星を飾った。 2018.02.20 06:53 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ戦先発の柴崎、スペインメディアは「明確なゴールチャンスを二回逸した」

10日のリーガエスパニョーラ第23節、ヘタフェは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦をスコアレスドローで終えた。先発出場を果たし、87分までプレーしたMF柴崎岳は、スペインメデイアから明確な決定機を逸したことを指摘されている。<br><br>2試合ぶりに先発出場を果たした柴崎は、二度にわたってゴールチャンスを迎えた。まず41分、巧みに最終ラインを抜け出したが、シュートはGKテア・シュテーゲンの正面に飛んだ。また60分には右サイドを突破し、テア・シュテーゲンが前に出ていたことを受けて直接ゴールを狙うも、これは枠の上に外れている。<br><br>スペイン『アス』の採点(3点満点)で、柴崎はチームメートほか5選手と並び2点を付けられた(最高はDFジェネ、DFブルーノ・ゴンサレスの3点)。同紙は選手の個別評価で、日本人MFが決定機を逸したことに言及しながら、攻守両面で良い働きを見せていたとの見解も示している。<br><br>「二つの明確なゴールチャンスの仕上げは酷いものだった。プレッシングでは良い仕事を見せ、DFとMFのライン間でクオリティーも発揮。消耗激しく、交代となった」<br><br>一方『マルカ』の採点で、柴崎はチームメートほか3選手と並び最低点となる1点の評価。同紙の電子版の試合レポートでは、前半の決定機のプレーについて「悪い解決法」と形容され、また後半のものついては「ヘタフェホームの試合で途方もないゴラッソを決めたガクはもう一度明確なチャンスを得た。ループを狙い、ゴールの上に飛んだ」と記されている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.12 08:50 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎先発のヘタフェがカンプ・ノウから勝ち点1持ち帰る! バルサは今季初無得点で2戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第23節のバルセロナvsヘタフェが11日にカンプ・ノウで行われ、0-0の引き分けに終わった。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、先発して88分までプレーした。 ▽前節エスパニョールとのダービーマッチを1-1で引き分けたが無敗を維持する首位バルセロナ(勝ち点58)が、直近の4試合で負けがないものの3試合連続引き分け中と勝ち切れない11位ヘタフェ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。 ▽バルセロナは直近の試合である、2-0で勝利したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバレンシア戦からスタメンを5名変更。シレッセン、ユムティティ、ピケ、アンドレ・ゴメス、イニエスタに代えて、テア・シュテーゲン、ミナ、ディーニュ、コウチーニョ、アルカセルを起用した。また、ヘタフェの柴崎はトップ下のポジションで先発となった。 ▽最終ラインに左からジョルディ・アルバ、ディーニュ、ミナ、セルジ・ロベルトを並べたバルセロナに対して、ヘタフェは前線からプレッシャーをかけていくがなかなかボールを奪えない。序盤からバルセロナが支配を高めていく。 ▽21分、バルセロナはヘタフェ陣内中央で獲得したFKでメッシが直接狙う。壁に阻まれたが、再びボックス内にボールが供給されたところに残っていたミナがシュートを放つ。しかし、シュートはブロックに遭い得点には繋がらない。 ▽さらに26分にも、セルジ・ロベルトのクロスからボックス内に混戦がもたらされる。最後はスアレスが右足を振り抜いたが、ボールは枠を捉えなかった。 ▽32分、ボックス手前でボールを持ったラキティッチが最終ラインの裏に浮き球のパスを送ると、メッシが上手く胸で落としてGKグアイタとの一対一に。しかし、メッシの背後に居たDFダミアン・スアレスがギリギリのタイミングで足を出してクリアした。 ▽前半終了間際の40分にはカウンターからボックス中央に侵攻したアンヘルがシュートを放ったが、枠を捉えない。続く左CKの流れから柴崎がボックス内左に抜け出して右足アウトサイドで中央に折り返す。しかし、これも駆け込んだポルティージョには合わなかった。 ▽前半はお互いにスコアを動かすことができないまま終了。バルセロナが優勢を保ちつつも、ヘタフェが幾度かチャンスを作り出して試合を折り返した。 ▽後半立ち上がり、ヘタフェは精力的に仕掛けていく。49分に柴崎が中央をドリブルで侵攻してボックス手前のアンヘルがシュートを放つ。しかし、これはブロックされてゴールに至らない。 ▽逆に50分には左サイドでボールを持ったコウチーニョがカットイン。右足で巻くようにファーを狙ったシュートはGKグアイタに阻まれたものの、徐々に攻勢をかけていく。 ▽さらに56分、アルカセルのラストパスにスアレスが飛び込んでいく。倒れこみつつ足で合わせたが、枠には飛ばなかった。 ▽一方60分には、カウンターから右サイドを抜け出した柴崎が、前に出たGKテア・シュテーゲンの位置を見て頭上を越すようなシュートを狙う。しかし、これも枠を捉えることができなかった。試合はややオープンな展開となっていく。 ▽得点を奪い切りたいバルセロナは、62分に2枚替えを敢行。コウチーニョ、アルカセルをイニエスタ、デンベレに代えて前線の圧力を高めていく。 ▽すると、70分にボックス左のイニエスタが巧みなドリブルでヘタフェDFをかわす。そのまま深い位置から右足アウトサイドで折り返したが、中央のデンベレには合わなかった。 ▽77分にはデンベレの右CKにミナが飛び込んでいく。高い打点からヘディングシュートが放たれたが、これも枠を捉えることはできない。流れを変えたいヘタフェは、78分にアンヘルに代えて移籍後初出場となるフラミニを投入した。 ▽対するバルセロナも、82分に最後のカードを切る。ブスケッツに代えてパウリーニョを送り出した。それでもスコアが動かずにいると、ヘタフェは試合終了間際の88分に柴崎をカブレラに代え、守備面の強度を高めていく。 ▽91分には、右サイドからのデンベレのクロスにボックス内のスアレスが競り合いを制して頭で合わせる。完全にミートさせたシュートだったが、GKグアイタの好守に阻まれて得点を奪うことはできず。 ▽結局、試合はゴールレスのまま終了。この結果、バルセロナは今シーズンのリーガエスパニョーラで初めて無得点で試合を終え、2戦連続ドローに。対するヘタフェは4試合連続で引き分けたものの、カンプ・ノウから勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 2018.02.12 02:18 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第23節プレビュー】バルサvs柴崎ヘタフェ! バレンシア・ダービーも開催!

▽先週末に行われた第22節では首位のバルセロナがエスパニョールとのダービーで、4位のレアル・マドリーがレバンテ相手に引き分ける波乱の結果となった一方、2位のアトレティコ・マドリーは3位のバレンンシアとの上位対決に競り勝ち、首位チームとの勝ち点差を「9」に縮めている。 ▽来週ミッドウィークからチャンピオンズリーグ(CL)と、ヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントがスタートする中で行われる今節。注目の対戦カードは首位のバルセロナ(勝ち点58)と、11位のヘタフェ(勝ち点29)がカンプ・ノウで激突する一戦だ。 ▽前節、DFピケの終盤同点弾で辛くも無敗キープに成功したものの、厳しいピッチコンディションに悩まされた敵地コルネジャでのダービーを1-1のドローで終えたバルセロナ。この引き分けで連勝が「7」でストップしたブラウグラナだが、ミッドウィークのコパ・デル・レイ準決勝ではMFコウチーニョの移籍後初ゴールなどもあり、バレンシアを退けて5年連続の決勝進出を決めた。そして、今節では前回対戦で苦しめられたヘタフェをホームで迎え撃つ。再来週にCLチェルシー戦を控えるチームとしてはコパ準決勝で強行起用を行ったDFピケなど、連戦となる主力の温存も予想される。その中でリーグ戦一本のコウチーニョにはリーガでの初ゴールも期待される。 ▽一方、直近3試合連続ドロー中のヘタフェは持ち味の堅守が機能する一方、FWアマスを起点としたカウンターの迫力に欠けて勝ち切れない状況が続く。そのため、終始劣勢が強いられるバルセロナとのアウェイゲームではそのカウンターの精度がカギとなる。今冬の移籍市場ではその解決策となりうるFWレミら新戦力を獲得しており、主砲ホルヘ・モリーナらと共に奮起が期待される。また、前回対戦で圧巻のゴラッソでリーガ初ゴールを記録したMF柴崎岳は直近のレガネス戦で4試合ぶりの先発落ちとなっているが、前回対戦の活躍を考慮されて先発復帰が濃厚と思われる。 ▽同じマドリッド勢のヘタフェのアシストに期待しつつ連勝を目指す2位のアトレティコ(勝ち点49)は今節、最下位に低迷するマラガ(勝ち点13)とのアウェイゲームに臨む。前節のバレンシア戦ではFWコレアのゴラッソで勝ち切ったものの、3本の歯を失ったDFゴディンとハムストリングを痛めたDFサビッチが負傷離脱を強いられ、最終ラインの陣容に不安を残す。終始押し込む展開となる中、引いた相手になかなかゴールを奪えずにいると、前がかりなところを引っくり返される可能性もあるだけに早い時間帯の先制点に加え、相手のカウンターへの対応に気を配りたい。 ▽リーグ戦3連敗に加え、直近6戦未勝利(5敗1分け)と泥沼の状況が続く3位のバレンシア(勝ち点40)は、前節レアル・マドリー相手にドローに持ち込んだ17位のレバンテ(勝ち点20)とのバレンシア・ダービーで久々の勝利を目指す。ここ最近の不調に関してはバルセロナやレアル・マドリー、アトレティコと強豪との連戦が続いたというエクスキューズはあったものの、6戦3得点という攻撃面の迫力不足が気がかりだ。とりわけ、カウンターの精度にかげりが見えており、MFパレホを起点にしっかりとした攻撃の組み立てでダービー勝利を目指したい。 ▽リーガ連覇の可能性がほぼ潰えた4位のレアル・マドリー(勝ち点39)は、同じく不調に喘ぐ14位のレアル・ソシエダ(勝ち点26)と対戦。すでにチームの主眼はCL3連覇に向けられているものの、5位のビジャレアル(勝ち点37)との勝ち点差が拮抗しており、トップ4フィニッシュに向けて勝ち点逸は許されない。今節では相手が守備に多くの問題を抱えているため、大量ゴールが期待される。その一方で、FWウィリアン・ジョゼを筆頭に攻撃力が高い相手に対して、不調のDFマルセロらの奮起が期待される。 ▽その他の注目カードは、前節セビージャに5-1の大勝を収めたMF乾貴士が在籍する7位のエイバル(勝ち点32)と、コパでベスト4に入る躍進を見せた12位のレガネス(勝ち点29)。また、クラーレンス・セードルフ新監督を迎えた18位のデポルティボ(勝ち点17)と、10位のベティス(勝ち点30)という2つのカードだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第23節》 ▽2/9(金) 《29:00》 ビルバオ vs ラス・パルマス ▽2/10(土) 《21:00》 ビジャレアル vs アラベス 《24:15》 マラガ vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 レガネス vs エイバル 《28:45》 レアル・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽2/11(日) 《20:00》 セビージャ vs ジローナ 《24:15》 バルセロナ vs ヘタフェ 《26:30》 セルタ vs エスパニョール 《28:45》 バレンシア vs レバンテ ▽2/12(月) 《29:00》 デポルティボ vs ベティス</div> 2018.02.09 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェSDが説く日本人選手の価値「あそこには柴崎のような選手が他にもいる」

ヘタフェのMF柴崎岳についてスペイン『エル・ムンド』が特集を組み、周囲の人々のコメントを紹介している。<br><br>柴崎は2017年1月にスペイン・テネリフェへ渡り、夏にはヘタフェへとステップアップしていった。当時テネリフェでともにプレーし、現在はナスティックへレンタル移籍中のオマール・ペルドモは「頭の中に地図がある。すべてがどこにあるかを分かっている」と、柴崎のビジョンを称賛する。<br><br>また、柴崎獲得を決断したヘタフェのラモン・プラネスSD(スポーツディレクター)も、高く評価する人物の一人だ。<br><br>「彼はまるでスポンジで、すべてを即座に飲み込み、監督が何を望んでいるかを把握する。とても頭が良い」<br><br>続けて、プラネス氏はさらなる日本人選手獲得の可能性について言及した。<br><br>「とても素晴らしい若手選手たちがここに来ることを望んでいる。彼らはプレミアよりリーガに来ることを選択するだろう。私たちの仕事をそんな彼らを誘うことだ。あそこには柴崎のような選手がほかにもいるんだよ」<br><br>過去には、他の日本人選手たちに目を向けていることも明かしたプラネス氏。それほど遠くない未来に、新たな日本人選手が海を渡ることになるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2018.02.06 11:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース