スパーズ、シメオネ息子獲得に迫る? 父の盟友ポチェッティーノの元でプレーか2017.08.02 23:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムが、ジェノアに所属するアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(22)の獲得に動いているようだ。アルゼンチンのリーベル・プレートに精通するアルゼンチン人ジャーナリストのルーカス・アフリア氏が伝えている。

▽アフリア氏が伝えるところによれば、シメオネがキャリアをスタートしたクラブであるリーベル・プレートは2日、クラブの理事会を開催しているという。その議題の1つとして、シメオネのトッテナム移籍に関する話し合いが行われているようだ。

▽現在、ジェノアに在籍するシメオネが国外のクラブに移籍する場合、国際サッカー連盟(FIFA)の定める「連帯貢献金」がリーベル・プレートに支払われることになる。アフリア氏は、現時点でシメオネにはトッテナムとフィオレンティーナが獲得に動いていると主張しており、リーベル・プレートは同選手がトッテナムに移籍した場合の移籍金について話し合いを行っているとのことだ。

▽2016年にリーベル・プレートからジェノアに完全移籍したシメオネは、昨シーズンのセリエA35試合に出場し、12ゴールを記録。本職のセンターフォワードに加え、右ウイングでのプレーも可能だ。

▽なお、シメオネの父親である現アトレティコ・マドリー指揮官のディエゴ・シメオネ監督と、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、アルゼンチン代表時代のチームメートであり、同時期に指導者としてのキャリアをスタートした盟友だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ソン・フンミンが偉大な先輩に並ぶ可能性…ネビル氏「彼らは似ている」

元マンチェスター・ユナイテッドのフィリップ・ネビル氏は、韓国代表のウィンガーであるソン・フンミンのプレミアリーグでの鮮烈な活躍に驚きはないようだ。<br><br>ソン・フンミンは2015年にレバークーゼンからトッテナムへ2200万ポンド(約33億2000万円)で加入して以来、プレミアリーグでセンセーショナルな活躍を続けている。ネビル氏は同選手について初めて見たときからポテンシャルの大きさを感じていたと『Goal』に語ってくれた。<br><br>「私がユナイテッドでコーチをしているときに、レバークーゼンでプレーしている彼を初めて見た。とても印象的だったね。そしてバレンシアでコーチをやったときに、ソン・フンミンを獲得するように提言したんだ。素晴らしい若手だと思ったからね」<br><br>さらに、ネビル氏はユナイテッドでレジェンド的存在となった韓国人選手とも重ね合わせているようだ。<br><br>「パク・チソンとはユナイテッドで一緒にプレーしたが、彼らは似ているね。姿勢が素晴らしいんだ。彼らはエネルギーをチームに注入してくれる。パクは自己犠牲の姿勢でビッグマッチで活躍し、ユナイテッドでレジェンドになった。チャンピオンズリーグで(アンドレア)ピルロを止めたのは全員が覚えているだろう。彼を相手にするのは悪夢だ」<br><br>「ソンはパクがユナイテッドでやったことと同じ方向を向いているように思える。おそらくソンのほうがゴールを奪えて、パクはよりチームプレイヤーだ。でも彼らは似ているね」<br><br>ソン・フンミンがプレミアリーグの歴史に名を残す選手になると語ったネビル氏。今後の活躍に期待したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.19 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

スワンズ戦ドローを悔やむポチェッティーノ…PK見逃し判定には不満

▽トッテナムは16日、ウェンブリー・スタジアムで行われたプレミアリーグ5節でスウォンジーと対戦し、ゴールレスドローに終わった。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、チームパフォーマンスに満足感を示しつつも、試合を決め切れなかったことを悔やんでいる。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグのドルトムント戦でウェンブリーでの今季初勝利を収めたトッテナムは、相性の良いスウォンジー相手にリーグ戦でのホーム初勝利を目指した。試合を通して75パーセントのボールポゼッション、26本のシュートとアウェイチームを圧倒したトッテナムだが、FWハリー・ケインのシュートがクロスバーに阻まれるなど、好守連発の相手GKウカシュ・ファビアンスキの牙城を最後まで崩せなかった。 ▽試合後、クラブ公式サイトのインタビューを受けたポチェッティーノ監督は、パフォーマンスに満足感を示しながらも、「2ポイントを逃したことが残念」と結果への失望を認めた。 「我々は多くのシュート、11本のCK、75パーセントのボールポゼッションなど、全てを支配した。うまくプレーしてチャンスを作り、試合を支配したが、これもフットボールだ」 「勝利を手にするにはより効率的にゴールを奪う必要があった。パフォーマンスは素晴らしかったが、2ポイントを失ったことを残念に思っている」 ▽その一方で、ポチェッティーノ監督は相手DFマルティン・オルセンの2度に渡るボックス内でのハンド、試合終盤にボックス内でDFセルジュ・オーリエが相手DFに倒されるも、胸トラップがハンドと判断されるなど、マイク・ディーン主審の微妙なレフェリングに不満を示している。 「(オーリエのプレーに関して)あれはハッキリしたものだった。マイク・ディーンがなぜオーリエのハンドを取ったのか理解できない。状況がハッキリしていないならば、あそこでハンドを取るべきではなかった」 「我々はそれ以外にも明確なPKが見逃されるなど、不運だった。我々にとってはあまり良いレフェリングとはならなかった」 ▽また、アルゼンチン人指揮官はこの試合で起用を見送ったDFベン・デイビスに関して、「彼はドルトムント戦で足首に強い打撲を負った。ただ、我々には今後多くの試合があり、それをこなすうえでローテーションの必要があるし、1人の出場の可否で勝敗が決まるわけではない」と、同選手が軽傷を抱えていることを明かした。 2017.09.17 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

仮住まいウェンブリーで勝てないスパーズ、スウォンジーとドローでホームでのリーグ戦3戦未勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のトッテナムvsスウォンジーが16日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0で終了した。 ▽前節のエバートン戦を3-0と快勝したスパーズは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でもドルトムントを相手に3-1で勝利した。勢いに乗り始めたチームを率いるポチェッティーノ監督は、そのドルトムント戦からオーリエとデンベレに代えてトリッピアーとムサ・シッソコを起用する2点を変更。アンカーにエリック・ダイアーを据えて、ソン・フンミンを左サイドバックとする [3-5-1-1]を採用した。 ▽序盤からスパーズが積極的に仕掛けていく。9分にはゴール正面のペナルティアーク手前から得たFKでキッカーのケインが直接狙う。しかし、ゴール右隅を捉えた見事なコントロールシュートは、GKファビアンスキのファインセーブに阻まれる。 ▽攻めるトッテナムは直後にもボックス左に抜けたソン・フンミンがGKファビアンスキの好セーブを強いる枠内シュートを放つ。トッテナムはエリクセンのパス出しを起点に、ソン・フンミンを高い位置に張り出させて攻撃的に振る舞わせる。 ▽しかし、時間の経過とともにスパーズは攻めあぐねていく。重心を下げるスウォンジーのブロックをなかなか崩すことができず、前半はゴールレスのまま終了した。 ▽迎えた後半、ポチェッティーノ監督はトリッピアーを左に回し、インサイドMFを務めていたムサ・シッソコを右ウイングバックに配置。E・ダイアーとエリクセンの2センターでソン・フンミンとデレ・アリの2シャドーとする攻撃的な布陣に変更する。 ▽その後半の序盤も攻めあぐねたが、58分には決定機を演出する。ボックス右に流れたソン・フンミンが縦パスを受けてシュート。これはGKに弾かれるも、ボックス右でルーズボールを拾ったムサ・シッソコの折り返しをゴール至近距離のケインが合わせる。しかし、今度はバーに直撃し、先制とはならない。 ▽ゴールが欲しい展開の中、ポチェッティーノ監督は64分にムサ・シッソコに代えてプレミアリーグデビューとなるオーリエを同ポジションに投入。直後にはエリクセンの左CKにニアサイドで合わせたケインのヘディングシュートが枠に飛ぶが、ここもGKファビアンスキの好守に遭う。 ▽74分にはソン・フンミンに代えて新戦力のジョレンテを送り込んだスパーズ。しかし、81分にケインが放ったミドルシュートはわずかにゴール左。アディショナルタイムにCKのこぼれ球を叩いたトリッピアーの強烈なミドルシュートも枠を捉えきれない。 ▽結局、試合はそのままゴールレスドローで終了。スパーズはこれで、仮住まいウェンブリーでリーグ戦2分け1敗と未勝利が続いている。 2017.09.17 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインこそ怪物中の怪物…メッシ、C・ロナウド、ネイマールを上回る記録

▽トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(24)の“怪物ぶり”が改めて注目されている。イギリス『BBC』は、「ケインは将来のバロンドーラーか」という特集を組んだ。 ▽スパーズユース出身のケインは、2011年に同クラブでトップチームデビュー。これまでスパーズで公式戦170試合に出場して103得点を記録している。 ▽ケインは、スパーズでの公式戦169試合目で100得点に到達。『BBC』によれば、クラブレベルで100得点に到達するまでに擁した試合数では、パリ・サンジェルマンのFWネイマール(177試合)、現役時代にアーセナルで活躍したFWティエリ・アンリ(181試合)、バルセロナFWリオネル・メッシ(188試合)、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド(253試合)という、そうそうたるプレーヤーたちを上回っている。 ▽さらに、『Opta』によれば過去3シーズンにおけるゴールアベレージでケイン(31.33)を上回っているのは、C・ロナウド(51.33)、メッシ(51)、そしてユベントスFWゴンサロ・イグアイン(33)の3人のみとのことだ。 ▽一方、スパーズで103得点を記録しているケインだが、これまでクラブで獲得したトロフィーはゼロだ。それもあり、現役時代にマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFフィル・ネビル氏は、以下のように話している。 「彼はトップ中のトップ、ロベルト・レヴァンドフスキのようなワールドクラスの選手になるためにはスパーズを離れる必要性がある」 「彼はバロンドールに挑戦する必要がある。チャンピオンズリーグもそうだ。スパーズが“それに近いチーム”にとどまるならば、彼は最終的に退団を望み、レアル・マドリーかバルセロナに行くだろう」 ▽なお、『BBC』は「ケインはバロンドールを獲得できるか」とのアンケートで3つの選択肢を用意。以下の結果が出ている。 ・バロンドールを獲得できる。だが、スパーズを退団する必要がある…34% ・スパーズでバロンドールを獲得できる…28% ・バロンドールは獲得できない…37% 2017.09.15 20:16 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、2発のケインを「世界で最も優れたストライカーの一人」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ドルトムント戦で2得点を決めたFWハリー・ケインを「世界で最も優れたストライカー」だと称賛した。<br><br>トッテナムは、現地時間13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦でドルトムントと対戦。開始4分にソン・フンミンが先制ゴールを決めると、続く15分にエースのケインが追加点をマーク。さらに後半にも再びケインが決めて3得点でドルトムントを下した。<br><br>「我々はドルトムントの速いパス回しに少し苦労した」と苦戦を認めたポチェッティーノ監督。それでも「ハーフタイムに問題を修正し、何人かの選手の位置を修正した」と対策を講じ、終わってみれば3ゴールを奪っての快勝であった。「勝利することが大事だったし、とても幸せだ」と初戦の白星を喜んだ。<br><br>さらに、この試合で2ゴールを挙げたケインを「世界で最も優れたストライカーの1人」と称し、「CLでゴールを決めることで、彼はそう思われるに相応しい信用を得ている」と評価。また、ケインは先制点となったソン・フンミンのゴールもアシスト。ハーフウェイラインから送ったスルーパスから、電光石火の先制点奪取に貢献した。<br><br>レアル・マドリーも入るグループHで幸先の良いスタートを切ったトッテナム。「今チームはより成熟している。我々はこの試合から多くを学ぶことができたね」とポチェッティーノ監督が語るように、トッテナムは強豪が揃うグループで、しっかり勝てる戦いを実践している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.14 18:10 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース